数学第一段階「中学数学」

慶應を受験する方で、入試まで一年以上あるのであれば、数学を受験科目に選ぶことはかなりおすすめでする選択肢である。もし仮に学力が伸びれば東大を始めとする難関国立大学の受験も視野に入る上、仮に学力が伸びなくとも商学部の小論文のような数学的思考力を重視する問題に手が出せるようになるためである。ここではえてしてセンスだと言われがちな数学の勉強法に一石を投じ、誰もがセンスと関係なく数学の学力を定着させることができる方法を提案する。

■ 数学 第一段階「中学数学」(1ヶ月目・1日3時間)

まずは、中学数学レベルの徹底が必要である。語りかける中学数学などがおすすめだ。ただし、これは中学校の段階でかなり数学が得意だったケースに限られる。計算部分で躓いている場合は、百ます計算や計算ドリルをおすすめする。

小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「小論文、どう書けばいいかわからない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(記事執筆者が相談対応させていただきます!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です