日本史・世界史第三段階 「実戦演習による網羅性の向上」

■ 日本史・世界史 第三段階 「実戦演習による網羅性の向上」(5ヶ月目〜・1日3時間)

これらの基礎を経て始めて、早慶の日本史or世界史過去問20年分の演習が生きてくる。過去問で出た部分については、「詳説日本史研究」or「詳説世界史研究」に記載し、入試頻度順がわかるように整理していくことで、勉強においても緩急の付け方がわかるようになり、日本史or世界史でも9割近い得点率を叩き出すことが可能になるだろう。

小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「小論文、どう書けばいいかわからない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(記事執筆者が相談対応させていただきます!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です