基礎が危うい人のための英単語の覚え方

お世話になります。毎日学習会林です。

今日は「基礎が危うい人のための英単語の覚え方」ということで、英単語が全く覚えられていないという方向けに、どのような英単語の覚え方があるかについて一通りお話したいと思います。

まず、基礎が危うい人は本当に危ういということを認識しなければいけません。それこそ、中学校段階での英単語もよくわからないということもあります。Takeとかitとかeasyの意味が分からないので、Take it easyで気楽にやれよという意味だと言ってもピンとこない生徒はいるのです。こういう段階で長文を暗誦しようとおもってもなかなかうまく行きません。セレクト70英語構文という本があるので、その本の附属のCDを毎日一セクションごと100回繰り返し音読しながら聞いてください。それで、その日のうちにやった一セクションについてはすべて暗誦できるようにしましょう。これは一ヶ月ぐらいで終わります。ここまでやれば最後に通しでテストしても一通り全問正解できるようになります。

その次は、Duo3.0というたいていの高校生が知っているレベルの1600単語と1000熟語を習得するための560短文が集まった例文集を暗誦しましょう。これも毎日1セクションずつやれば2ヶ月もあれば終わります。受験が近い方は毎日2セクションやって1ヶ月で終わらせましょう。意外と多くの高校生は1600単語はどうにか覚えているのですが、1000熟語は覚えていないものなので、多くの高校生はまずここから始めたほうがいいです。1000熟語覚えているかどうかというのは、語法問題が多い慶應の合否を大きく左右します。

ここまで終わったらいよいよ慶應対策に向けた仕上げですが、リンガメタリカとアカデミックシリーズ5冊の計6冊をやりましょう。時間がなければアカデミックの初級は飛ばしても大丈夫です。これらを1日2パッセージずつ暗誦して、一通り単語テストして満点取れるようになれば大丈夫です。わりと慶應対策は最後は単語力で決まる部分があるので、ここで書いてあることをしっかりとこなすことで一気に合格が近づきます。単語覚えている上でなにか困ったことがあれば気軽にLINEください。

小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「小論文、どう書けばいいかわからない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(記事執筆者が相談対応させていただきます!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です