慶應数学が得意になる方法

お世話になります。毎日学習会林です。
今日は「慶應の数学受験」についてお話したいと思います。数学受験をお考えの方は参考にしてください。

まず、そもそも慶應を数学で受験すべきか否かについてですが、目安となるラインとしてはセンター数学で満点を取れないのであればやめたほうがいいと思います。特に慶應SFCを数学で受験して簡単だったと言っている合格者は、私の記憶があるかぎりではだいたいセンター数学は満点です。ですから、安易に数学受験を考えるべきではないというのがまず一点です。(安易に数学受験をするぐらいであれば、むしろ情報受験をしたほうがいいです。)

その上で、どのようにすれば数学が得意になるかというお話をしたいと思います。まず、数学がぜんぜんできないけれど、やむをえず数学をしなければならないという場合には、残り時間にもよりますが、マセマシリーズを一通り買って解くことをおすすめします。途中計算も含めて解説は極めてわかりやすく、これを一通りやればまず失敗はありません。大学に入ってからもマセマシリーズの大学数学シリーズを解けば就職もうまくいき、まず人生で失敗することはなくなるでしょう。数学力はわりと人生における成功を保障する一つの要素だとは思います。(人工知能や画像認識などの高度なプログラミングを理解するにも必須です。)

数学がもともと得意な場合は青チャート式一冊を、最後の総合演習などを含めてやるだけで全く問題ありません。大切なことは、昨日・一昨日やった問題については、正答誤答問わず演習しなおすということです。一度目に解けた時はまぐれ当たりだったかもしれませんし、あるいは例題をじっくり見たから解けたのかもしれません。大切なことは、わかる→できる→早くできる、というプロセスを踏むことです。わかるだけでは点数にはなりません。できるだけでも点数になりません。とにかく早くできるようにすることが数学の勉強ではなによりも大事です。

小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「小論文、どう書けばいいかわからない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(記事執筆者が相談対応させていただきます!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です