慶應英語が怖くなくなる英文解釈の対策法

お世話になります。毎日学習会林です。
今日は「慶應英語が怖くなくなる英文解釈の対策法」についてお話しようと思います。

まず、英文解釈についてですが、今日のトレンドとして、受験英語でも実用性を求める方向に変わっており、かつての入試で主流だったら「英文解釈教室」などの非常に難しい構文を訳す必要性は薄くなってきました。とくに慶應SFCのように長文を読んで内容把握ができれば良いという学部の対策では、そこまで難しい英文解釈の問題集はオーバーワークでしょう。

しかし一方で考えなければならないのは、わかりやすそうな装丁をしていて、実はわかりにくいという英文解釈の問題集の存在です。この手の問題集として代表的なものとしては、「英文解釈の技術」があります。これは装丁をみただけではわかりやすそうに見えるのですが、実は一つ一つの解説を読んでみると、結構わかりにくい記述が多くて難儀するのです。ですから、この問題集を使うことはあまりおすすめしません。

文句なしでおすすめできる参考書としては、近年の入試の動向も踏まえると、ビジュアル英文解釈かなと思います。上下巻2冊あるので、なかなか解き進めるのが大変だというイメージを持たれがちですが、これさえやっておけば完璧という安心感の持てる問題集です。最初は毎日5題ずつぐらい、まず解説読まずに訳してみて、その後解説読みながら答え合わせすると良いでしょう。まず解いてみて、その後に知識を入れるというのは知識習得の効率性を上げるには重要なテクニックです。一通り終わったら通しで訳してみたりする日を設けて、しっかり定着しているかどうかをチェックしましょう。

小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「小論文、どう書けばいいかわからない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(記事執筆者が相談対応させていただきます!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です