慶應英語の前置詞の意味が重要な問題

お世話になります。毎日学習会林です。
今日は「前置詞の意味が重要な問題」の対策方法についてお話したいと思います。

慶應の問題を解いていると、前置詞を選ぶ問題が出てきます。これもまた微妙にどれも正解に思えるような選択肢ばかりであることが多く、果たしてどれが正解だったのか考えてしまうことがよくあります。たいていの場合は、Duo3.0で暗記していた1000熟語のどれかで対応できたり、あるいは文脈を読むことで解決できるのですが、覚えていたはずの熟語をど忘れしたり、あいまいな記憶で二つの選択肢の中で迷うこともあるかと思います。

慶應の英語で高い得点を取るために必要な心構えの一つですが、複数のルートから正答にたどり着けるようにすることです。これは数学などでもそうですが、自分で出した答えを自分で検証できることが大切なのです。そういう意味でいうと、熟語知識からも熟語の成り立ちからも語源からも前置詞からも正答が妥当かを検証できるというのが理想的なあり方であり、とにかく正答までたどり着ける手段はたくさん持っておくというのが大切な心構えになります。それができるかどうかが結局の所うまくいくかどうかの鍵になります。

慶應英語の中で、前置詞の意味が重要な問題の対策をするのであれば、「ネイティブスピーカーの英語〜前置詞編〜」を一通り読んでおくことを強くおすすめします。べつに何か暗記しなければならないとかそういうことではなく、ただパラパラ時間に余裕があるときに読んでいただくだけで大丈夫です。それができるかどうかで結局のところすべてが決まります。とにかく正答に至るまでのルートを常に複数本持っておくことが大事なのです。

小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「小論文、どう書けばいいかわからない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(記事執筆者が相談対応させていただきます!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です