慶應英語の特定段落の内容から考える問題の対策方法

お世話になります。毎日学習会林です。
今日は「特定段落を読めば答えが分かる語法問題」の対策方法についてお話したいと思います。

まず、大前提としてお話しておきたいことは、慶應の語法問題では語法知識だけを問う問題は少なく、多くの問題が本文の内容と分かちがたく結びついた上で構成されているということです。ですから、慶應の問題を解くときに、鉄壁や単語王のような単語や熟語の知識をひたすら詰め込む単語帳をやるのはあまり効果がありません。別に十分な問題演習ができるのであればそれでも合格する可能性はありますが、受験生はなかなか時間がないのが実情なので、Duo3.0で最低限の基礎力を固めたら、さっさとリンガメタリカやアカデミックに入ってしまいましょう。

慶應の英語の試験において大切なのは、当たり前のことですが、本文の内容をしっかり理解できることです。日本語の単語がわかっていれば、日本語の難しい文章を読めるわけではないように、英語の単語が分かっていても、英語の難しい文章が読めるわけではありません。大切なことは、「考え方」「概念」を知っているかどうかということです。たとえば、「排出権取引」という概念を知らない人が、排出権取引についての文章(まして英文)を読んでもそれを理解することには骨が折れるでしょう。文章中には定義なども書かれているかもしれませんが、SFCで出題されるのはたいてい外国人でも読むのが難しい高級紙からの引用だったりするので、やはりなかなか難しいでしょう。

ですから、慶應の英語長文読解についていうと、たとえ語法三択問題、それも特定段落の内容を見れば答えが分かる問題といえども、やはり十分な内容理解が必要で、そのためには文脈を読む能力というのを、英単語を習得する段階から鍛えるべきなのです。それができるかどうかで結局のところ合否がかなり左右されます。とにかく英単語を覚えるという一番基礎の段階から、本番を意識した練習をすることが、時間がない中で極めて大切になってきます。

小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「小論文、どう書けばいいかわからない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(記事執筆者が相談対応させていただきます!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です