慶應英語の特定段落の内容から類推する選択肢を選ぶ問題

お世話になります。毎日学習会林です。
今日は「特定段落の内容から類推する選択肢を選ぶ問題」です。これは、早慶上智ICUとMARCHの英語レベルを分ける一つの分岐点になる問題です。

たいてい、MARCHレベルの大学の英語長文読解問題は、本文の記述がほとんどそのまま選択肢でも書かれています。しかし、早慶上智ICUになると顕著になるのが、本文中の記述では具体例が書かれているのに、選択肢ではそれを抽象的にまとめて、正誤を判断させるという問題です。これがあるからMARCHの英語よりも、早慶上智ICUの英語が難しいのだと言っても過言ではありません。(もちろん、それ以外にも早慶上智の英語の方が難しい理由はやまほどありますが……)

こうした問題に対してどのように取り組むべきかというと、日頃から抽象論と具体例を行き来しながら文章を読む習慣を形成することが大切です。いざ過去問演習のときになってからそれを始めてももう遅いというのが実情です。単語を覚える段階から、Duo3.0で基礎的な単語を一通り覚えてしまったら、リンガメタリカやアカデミックに取り組んで、この抽象論と具体例を行き来する習慣を付けることが非常に大切になってきます。

結局のところ、早慶上智ICUレベルに達するための頭の良さというのは、小論文であれ現代文であれ、この抽象論と具体例を自由自在に行き来できるかということです。英語力をただ単純に伸ばせばいいという視点ではなくて、常にこの抽象論と具体例を意識して文章を読む習慣を、日本語でも英語でも付けると、かなり結果が違ってくると思います。

小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「小論文、どう書けばいいかわからない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(記事執筆者が相談対応させていただきます!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です