高校英文法・語法の攻略方法

お世話になります。毎日学習会林です。

今日は「高校英文法・語法の攻略方法」ということで、中学英文法が一通り完璧になった段階での高校英文法・語法の攻略方法についてお話したいと思います。

まず、高校英文法・語法についてですが、なにはともあれ1000問程度の英文法・語法問題集をやる必要があります。桐原英頻でもいいですし、河合塾の小森先生が書いている英文法の本でも、東進の山中先生が書いている英文法の本でも構いません。有名な関先生が書いているものは三分冊すべて買えば悪くはないのですが、いささか網羅性に欠けるきらいがあります。なので、関先生のものをやるとなると、桐原のファイナル問題集などなにか別のもので仕上げをする必要が出てきます。

さて、問題集そのもののやり方についてですが、これは基本的に1日30題ずつ解き、昨日・一昨日解いた問題については正解・不正解を問わず解き直しましょう。正解がまぐれ当たりの可能性もあるからです。ここまでやれば、一通り終わった後にもう一周テスト感覚で解いてみても大半の問題は解けるようになります。

ここまでやって正答率が低い場合には、解説の内容を理屈から理解できていない可能性があります。そういう意味でいうと解説が手薄なネクステージをやることは絶対におすすめしません。ネクステージを薦める人は、フォレストなどの文法書を手元に置けば問題ないといいますが、いちいち調べている時間が時間の無駄です。逆転合格をするには、こういった一分一秒をいかに縮めていくかを考えなければいけません。こういう細々とした時間をいかになくしていくかが大事なのです。そういう意味でいうと、やはり桐原英頻や小森先生・山中先生の本を演習するのが良いでしょう。また、受験サプリの関先生の授業で文法の基本的な考え方をおさらいするのも理屈から理解できない方にはおすすめの勉強法です。わからないことがあればLINE気軽にください。

小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「小論文、どう書けばいいかわからない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(記事執筆者が相談対応させていただきます!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です