深セン・広州旅行の注意点と諸連絡

■ 深セン・広州旅行参加の方へのお願い

1. 予約した便の発着時間をグループで共有してください

2. パスポートの顔写真が載ってる面の写メを私にください
(現地での宿泊場所登録に必要です)

■ 深セン・広州旅行の注意点と諸連絡

お世話になります。じゅくちょうこと林です。

深セン・広州旅行について、予定や気をつけるべき点をまとめました。

ご覧いただければ幸いです。

□ 私の発着便

いずれも、HKexpressのものですが、今から予約される方はGoogle検索したほうが良いです。
他の航空会社の方が安いようです。

Tue, 19 Feb, 2019
17:00
成田国際空港 ターミナル 2
Tue, 19 Feb, 2019
21:40
香港国際空港 ターミナル 1

Tue, 26 Feb, 2019
13:00
香港国際空港 ターミナル 2
Tue, 26 Feb, 2019
18:05
成田国際空港 ターミナル 2

□ 宿泊先一覧

【深セン】第一宿舎(9部屋・9ベッド・10名宿泊予定)

ジョージさん、おひたしさん、阪田さん、すけPさん、トモカズさん、Gさん、杏奈さん、そよかさん、じゅくちょうと彼女

5 Dachong Road 7栋34B, Shenzhen Shi, Guangdong Sheng 518000, 中国

【深セン】第二宿舎(3部屋・3ベッド・2名予定)

島野さん、高波さん

跃华园 18F, Shenzhen Shi, Guangdong Sheng 518052, 中国

【深セン】第三宿舎(3部屋・3ベッド・2名予定)

とのいけさん、Shinさん

南山区前海路333号中海阳光玫瑰园 三栋二单元17C, 深圳市, 广东省 518000, 中国

※1 宿泊先はいずれも高級なタワーマンションで、なおかつ1人1部屋・1人1ベッドを確保しています。
※2 それぞれの距離はタクシーで150円の初乗りで移動できる圏内です。(南山区)
※3 基本的に宿泊はそれぞれの宿舎でお願いしていますが、第一宿舎は16名で予約を取っているので、懇親会などは第一宿舎で行います。睡眠が十分必要な方もおりますので、第二宿舎・第三宿舎の方は24時には解散し各々の宿舎に戻ることを徹底してください。

【広州】 第一宿舎(6部屋・6ベッド・8名予定)

Gさん、Shinさん、おひたしさん、kobataさん、KTさん、じゅくちょうと彼女、阪田さん(リビングで布団で寝る)

広州市海珠区南华东路朗晴居二期

※1 3名のドタキャンが発生したのと、豪邸の家主が返信が遅くあまり信用できなかったので、以前Twitterでお見せしていたのとは別の高級タワーマンションを確保しました。

□ 予定表細目(出国入国の流れは私の発着便に併せています。一人ひとり違うと思いますので必要であれば個々に案内します。)

2/19 (香港→深セン)

21:40 香港国際空港着

23:00 香港入国審査通過(LCCなのと、春節なので入国列が長いのでこのぐらいはかかると思います)
23:30 スカイリモで香港国際空港から深センに出発(イミグレまでで1000円弱)

※ スカイリモについてはこちらをお読みください。(以下、URL指定してあるものについては、自身と関係あるものは、必ず【印刷】もして当日持ち歩いてください。)
https://worldtravelog.net/2018/06/hkia-shenzhen-skylimo/

24:30 皇崗イミグレ(24時間営業)到着

※ 通常のスカイリモだと、さらにここから宿泊先のドア前まで送ってくれるのですが、深夜のスカイリモにはそうしたサービスがないため、ここからタクシーを拾うことになります。皇崗イミグレは、みなさんが行く華強北(電気街)の近くで、みなさんが泊まる南山区からは遠いので、タクシーで1時間ぐらい(金額は1000円ぐらい)の出費を覚悟しておいたほうがいいです。同時間帯の飛行機に乗ってる人とみんなで乗り合わせて安くしたほうがいいです。
→ なので【予約便のグループでの共有】忘れずにお願いします!グループ組みましょう!

25:30 宿泊先到着
(第一宿舎でも第二宿舎でも第三宿舎でも私と同じ便の人はこれぐらいの時間になると思います。)
(当日懇親会をする時間はないので、それぞれの宿泊先の施設に直接向かってください。)

【深セン】第一宿舎(9部屋・9ベッド・9名宿泊予定)

ジョージさん、おひたしさん、阪田さん、すけPさん、トモカズさん、Gさん、杏奈さん、そよかさん、じゅくちょう

5 Dachong Road 7栋34B, Shenzhen Shi, Guangdong Sheng 518000, 中国

【深セン】第二宿舎(3部屋・3ベッド・2名予定)

島野さん、高波さん

跃华园 18F, Shenzhen Shi, Guangdong Sheng 518052, 中国

【深セン】第三宿舎(3部屋・3ベッド・2名予定)

とのいけさん、Shinさん

南山区前海路333号中海阳光玫瑰园 三栋二单元17C, 深圳市, 广东省 518000, 中国

※ 中国では各タワーマンションに24時間体制で複数の警備員がいます
※ 事前に登録したパスポートと同様の人が入っているか確認します
※ 第一宿舎については16人、第二、第三宿舎については3人ずつ登録してますので、第一に全員分登録し、第二、第三は宿泊者のみ登録します。

26:00 部屋割り確認・就寝

2/20 (深セン)

この日は実質的な初日ですので、基本的に集団行動です。いくつか待ち合わせポイントを決めますので、VPN付きのSIM(※ 後述で紹介)がある携帯を使って、グループLINEで連絡を取りながら待ち合わせをしましょう。

9:00 起床

※ 中国は東から西まで時間帯が同じなので、7時に起きても外は真っ暗です。
※ 10:00ぐらいに華強北(電気街)に行っても、ビルは開いてますが、テナントは営業してたりしてなかったりするので、昼ごはん食べてから行くのがおすすめです。

10:00 宿泊施設から出発

11:00 深圳書城(深圳市福田区福中一路2014号)にタクシーで到着

☆待ち合わせスポット1 深圳書城前のファミリーマート

宿泊施設からここまでのタクシー代はどんなに掛かっても1000円は超えません。複数で乗って割り勘してください。深圳書城では、それぞれ興味があるジャンルの本や設備を見たら、11:30ぐらいを目処に日本でも人気の「味千ラーメン」(中国には1000店舗以上あります)をいただきます。普通に食べていれば500円程度で済む安さと、中国人向けにカスタマイズされた味(たとえば、麺が柔らかかったり、肉を八角で処理するなど)、中国で成功している日本のビジネスの姿が垣間見えるはずです。(ついでにいうと、この施設のコンビニはファミリーマートなので興味があったら寄ってみてください。日本とは料金帯も商品も違うので面白いです。)

12:45 深圳書城→華強北へ移動

13:00 華強北の「華強電子世界」(福田区华强北路华强集团2号楼6楼)にタクシーで到着

☆待ち合わせスポット2 メイン通り沿いの「華強電子世界」入り口前

深圳書城からここまではタクシーで初乗り圏内か、もうすこし高めぐらいで行けると思います。200円〜300円ぐらいだと思います。基本的に華強北はおもしろガジェットを見るだけなら、「華強電子世界」にいけば十分です。後はセキュリティー関係器具で有名な「太平洋安防专业市场」(广东省深圳市福田区振中路175号京华大院3栋)とかスマホ関係で有名な店とかいろいろありますが、このあたりは翌日見る形でもいいと思います。まずはどんな商品があるか土地勘を掴みましょう。

15:00 華強北→Dafen Oil Painting Villageに移動

15:40 Dafen Oil Painting Village(深圳市龙岗区布吉镇大芬村)にタクシーで到着

☆待ち合わせスポット3 Dafen Oil Painting Village 入り口前

華強北からここまでは、1000円はまずかかりません。せいぜい600円とか700円とかそこらへんでいけます。渋滞がひどくても800円あれば行けるでしょう。分乗して一人あたりの交通費を浮かせるのが良いと思います。

周囲には画商のビルなども多いのですが、やはりいちばん面白いのは、このDafen Oil Painting Villageです。特に、映画「世界で一番ゴッホを描いた男」の主人公がやっている店にはぜひ行きたいところです。

だいたい、800元(1万円弱)ぐらいで肖像画を描いてくれる店も多いので(値段交渉で600元ぐらいにできそう)、キム将軍風の似顔絵とか、ゴッホ風の似顔絵とか頼んでみたいものです。最近では複製画だけでなくオリジナル画も多いですが、複製画もそれなりの価格(大判ポスターの4倍ぐらいの大きさのものでマリリン・モンローの絵などが3万円ぐらい)で売っています。そういうのが好きな方は買ってみたらいいと思います。

18:00 Dafen Oil Painting Village→第一宿舎に移動

19:00 第一宿舎に到着

☆待ち合わせスポット4 各自第一宿舎に入る

ここで24:00ぐらいまで懇親会を開きたいと考えています。ケンタッキーフライドチキンで相当買い込んでも1人500円もあればお腹いっぱい食べられるので、なにかそういうチェーン店のフライドチキンとポテトとエッグタルトかなにかを人数分と、あと中国のいろいろなアルコールを持ち寄って、食べれればと思います。

基本的にチェーン店しか案内しないのは、屋台や現地の食堂などだと、ちょっと食品の安全性の問題がなかなか難しいからです。私も現地の人気店で前回は食べましたが、味の素を入れすぎていて、少し気持ち悪くなりました。ですから基本的には慣れないうちはチェーン店のものを食べるのが安心です。アルコールについては大企業が品質基準を元に作っているのでさほど問題ないと思います。

運が良ければ、この日のイルミネーションがタワマンの外から見えるかもしれません。

睡眠が十分必要な方も居ますので、遅くとも24:00までにはそれぞれの部屋で就寝するようご協力よろしくおねがいいたします。

2/21 (深セン)→ 3ルートに分かれて自由行動

8:00 起床
(マカオルートの人のみ6:00起床)

この日は、それぞれの興味関心に併せて、

1. 華強北ルート
2. Dafenルート
3. マカオルート

に分かれます。

1.2.については、前日の行動で土地勘がついてると思うので、移動などは各自行ってください。この機会に地下鉄に乗ってみるのもいいと思います。(1回30円なので圧倒的に安いです。)

華強北についてはこちらの記事が参考になります。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1712/07/news123_4.html

3.については、私も今回はこのルートで行きます。

6:00 起床

7:00 蛇口邮轮中心(not蛇口駅・目的地からかなり遠い!)にタクシーで到着(せいぜい300円程度の距離)

8:00 マカオ行きフェリーに乗る

9:00 マカオフェリー乗り場到着

10:00 タクシーでラザロ地区到着、エッグタルトを食べながら雑貨を見る

11:00 タクシーで福隆新街到着、人気がありそうな現地の店で軽食を食べる

12:00 タクシーでカジノ街到着、様々なカジノホテルでのショーを楽しむ&高級なランチ&ディナーも食べたい&夜のイルミネーションも見たい

※ >マカオ組の方 どんなショーを見るか&どんなランチ&どんなディナーを食べるかは前日の懇親会で決めましょう!

・ ショー一覧

http://www.sctrvl.jpn.org/ja/macaushow

・ レストラン一覧

【マカオのおすすめ・人気グルメ】地元マカオ・ポルトガル・中華料理や穴場まで! マカオ在住ツアーガイドが紹介

19:00 タクシーでフェリー乗り場に行き深センに

20:15 最終フェリー【だから絶対乗り過ごしてはいけない!】

21:00 深センフェリー乗り場到着

21:30 宿舎に戻る

※ マカオ組以外の方は、18:00以降を目処に前日のように第一宿舎で懇親会していただいて構いません。

2/22 (深セン→広州)

※ この日に帰る方も多いと思いますので、まずは深センからのイミグレの越え方について説明します。

まず、この日深センから香港に帰る方ですが、基本的に飛行機の発着時間が何時であれ、朝6:00には起床して、朝7:00には宿泊施設を出てください。

理由としては、

・ 春節期間に微妙に入っているので、イミグレが混雑する可能性が高い
・ 多分LCCを使ってくる人が多いので、香港国際空港のターミナルを移動しなければならず移動距離が長い

ためです。

あとは、

・ うまく時間を使えば、空港内にはなるけれど、空港内が一つのショッピングモールみたいになっているし、美味しいレストランも多いので、香港旅行が楽しめる

というのもあります。実際第1ターミナルの1Fにあった(と記憶している)高級(そうな)中華料理店で食べた小籠包は日本では味わえない絶品でした。(日本に帰国してからいくつか店周りましたが、日本のそれは総じて皮が厚すぎるように思いました。)

タイムスケジュールとしては、

6:00 起床

7:00 宿泊場所から皇岡口岸にタクシーで向かう

少し遠いイミグレですが、確実にイミグレからスカイリモで香港国際空港まで行けるのでおすすめしてます

8:00 皇岡口岸のイミグレを抜けて、香港へスカイリモで行く

9:00 香港国際空港到着

HKexpressの人は、ここからさらに3時間は所要時間を見ておいたほうがいいです。

香港国際空港からLCC「香港エクスプレス」を利用して日本へ帰る時の流れ

この記事ではバスで搭乗ゲート方面に移動になってますが、今はシャトルトレインが通っているので大分楽になりました。12:00以降離陸の人はこれぐらいのタイムスケジュールでぜんぜん問題ないと思います。

※ では、ここから広州出発編です。

08:00 起床

09:00 荷物をまとめた上でチェックアウト、タクシーで羅湖駅に向かう
(广东省深圳市罗湖区建设路1003号)

10:00 乗車【事前にTrip.jpで予約取っておく!支払い済ませておく!必須!】

12:00 広州東駅着

13:00 タクシーで宿泊施設まで移動、部屋割り確定

広州の参加者は、おひたしさんやGさんなど現役経営者も多く、それぞれが仕入れなどで動く形になると思うので、特段確定させることはしません。

あと、香港からこの日に出発される方は、下記のサイトの通りの手続きを忘れずに!

日本で予約OK! 香港から広州への直通列車のチケット購入方法

一応、参考までに、私がいく予定のスポットを一通り並べておきます。

・ グルメスポット
https://www.compathy.net/magazine/2017/08/18/guangzhou-sightseeing/5/

・ その他観光地
https://www.compathy.net/magazine/2017/08/18/guangzhou-sightseeing/3/

・ 沙面島

租界時代の洋風建築が並ぶ沙面島

物販のプロのおひたしさんとGさんは下記スポットの中で自分が強い分野のビルに行くと思うので、興味がある人は同行すると良いと思います。このあたりは毎晩懇親会をして、翌日の予定を話し合いましょう。

広州卸売市場マップ

> おひたしさん、Gさん
ご協力よろしくおねがいします。

2/23 (広州)

2/24 (広州)

2/25 (広州)

2/26 (広州→香港)

※ ここでは、広州から香港国際空港への行き方をまとめます。

まず、私は13:00発の便に乗らないといけないので、相当早く出る必要があります。

5:00 起床即出発

6:00 広州東駅出発

8:00 深セン駅着

9:00 イミグレ通過

10:00 香港国際空港着

11:00 味千ラーメン(本土の3倍の値段!)で昼食

13:00 飛行機発

□ 旅行に際して準備しておくべきもの

・ ポケットwifi(VPN)

https://amzn.to/2SxLIKk

・ SIM(中国対応VPN付)

https://amzn.to/2MS3McH

・ 盗難防止用のポケット

https://amzn.to/2HZma4E

□ 旅行に際しての注意点

・ 盗難防止について

私は基本的には、旅行中は盗まれても構わない古い財布を常に財布の中に入れて、直近使う予定の5000円ぐらいの現地通貨しか入れないようにしています。残りのお金については、盗難防止用の首掛けポケットに入れて、シャツの下に隠しています。

・ 両替について

https://www.card-hoken.com/preparation/money-exchange-rate/

私はいつもここで替えています。業者によってかなりレートが違うので確認しましょう。

・ 空港からイミグレ、イミグレから宿泊先までの交通手段について

基本的に使えるならすべてスカイリモで行ったほうがいいです。イミグレから宿泊先まではタクシーのほうが安くて早いのですが、イミグレ時の乗り降り以外はほぼドアtoドアで行けるのは魅力的です。

・ 現地での交通手段について(タクシーを使うか、地下鉄を使うか)

地下鉄を使うと安いのですが、深センも広州も非常に広い都市で、地図では地下鉄からちょっと歩く程度に見える場所も、歩いてみるとなかなか距離があります。特に深センについては、年がら年中工事をしており(人口10万人程度の都市が30年ほどで人口1000万人以上になったので当然といえば当然ですが)なかなか移動しにくい部分が多いのも事実です。タクシーを使ってもさほど高くないのでタクシーを使うべきだと思います。

深セン 地下鉄・タクシー・バス 乗車指南

タクシーを使う時のコツですが、深センの場合白地に青ラインのタクシーが認可タクシーで料金も明瞭なのでそれに乗るといいです。間違っても国境近くで声をかけてくるタクシーに乗ってはいけません。(白タクなのでボッタクられますし、最悪現地人しか知らない場所に連れて行かれ暴行されます)

また、広州では「didi」というタクシーアプリも試してみたいと考えています。日本のクレカからも使えるようになったようです。

・ WechatPay/Alipayの設定方法について

深センでは決済をWechatPay/Alipayで試してみたいという方も多いはずです。

https://www.apollomaniacs.com/ipod/howto_wechatpay.htm

https://www.apollomaniacs.com/ipod/howto_wechatpay_chargejapan.htm

https://www.apollomaniacs.com/ipod/howto_wechatpay_pay.htm

このあたりが日本人にとっては一番やりやすそうです。ぜひ試して見てください。

・ 入れておくべきおすすめアプリ

基本的にVPNのSIMとwifiを買うので翻訳などはGoogle翻訳が使えるのですが、一部アプリは中国製のアプリのほうが中国国内の情報については詳しかったり、中国国内でなにかのサービスを使うのに必要だったりします。

代表的なものをいくつか挙げると、

(0) wechatpay or alipay
https://www.apollomaniacs.com/ipod/howto_wechatpay.htm
https://www.apollomaniacs.com/ipod/howto_wechatpay_chargejapan.htm
https://www.apollomaniacs.com/ipod/howto_wechatpay_pay.htm

(1) タクシーアプリdidi
https://www.dekoboko-world.com/entry/2016/11/20/182746

(2) レンタサイクル movike or ofo
https://tabihack.jp/mobike-go-go/
https://tabihack.jp/ofo/

(3) 百度地图
https://map.baidu.com/

(4) Trip.com【鉄道の予約に超便利】【必須】
https://jp.trip.com/?Allianceid=14886&SID=1625353&ds_cid=71700000040948368&ds_kid=43700038962697153&utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=GG_SE_JP_ja_Brand_Ctrip_NA_BilingualBroad&gclid=CjwKCAiAy-_iBRAaEiwAYhSlA-1fC8CBil8QC5KRTqWF490q6iRomvhvZfk-C1r5GWVy8wwlf23TFxoCCiEQAvD_BwE&gclsrc=aw.ds

(5) Youdao Translate
https://unusual-web.com/?p=11459

Googleより音声認識の質が中国語に関しては高いようです。

・ 食事について

基本的に現地の店はチェーン店しか使わないほうがいいです。衛生管理が悪かったり過剰に食品添加物を使っている店がかなり多いように思います。現地の個人店に行くときは、旅行サイトなどをみてよほど高く評価されてないければ入らないほうが良いように思います。

・ 現地の物価差について(香港と本土の物価差について)

基本的に、本土と香港では物価がものによっては3倍ぐらい違います。マカオについては詳しくないですが、一応タクシー・飲食店などは深センとさほどかわらないようです。

・ 現地での予定の立て方について

深センについては、海外旅行が初めてという方もいるようなので、ざっと名所をすべて回ってから、ご自身が好きな場所を次の一日はじっくり楽しんでいただくという形で考えています。

一方、広州については、ビジネス目的で来ている経営者の方も多いので、目的が最短で達成できるように(といっても目当てのジャンルの卸売市場をすべて回るのはとても時間がかかるのですが)自由行動を増やしています。広州まで来る大学生にとっても勉強になるように、お互いに協力しあって、良い旅にしたいと考えています。

大変お忙しい中ではございますがここまで読んでいただいて感謝です。

なにとぞよろしくおねがいいたします。