上智大学 法学部 国際関係法学科 海外就学経験者入試 2016年 小論文 解答例

■設問

以下の文章を読んで、太字・下線部の理由を文脈にしたがって簡潔に説明してください。さらに、グローバル化、テクノロジーの発展などによって、現代社会の問題点がより深刻化する側面と解決が促進される側面について簡潔に説明した上で、現代社会の進むべき方向性についてあなた自身の意見を述べて下さい。(MERS感染拡大 文明が生んだ不意の一撃 神里達博、朝日新聞朝刊2015年06月19日)

■答案構成

議論の整理・結論1 → 「このように考えていくと、長期的には感染症をあまり心配しなくても良くなるのではなないか、とも思えてくる」の説明

議論の整理・結論2 → 「グローバル化、テクノロジーの発展などによって、現代社会の問題点がより深刻化する側面と解決が促進される側面とは何か」の解答

議論の整理・結論3 → 現代社会が進むべき方向性に関する意見

■答案

議論の整理・結論1 → 「このように考えていくと、長期的には感染症をあまり心配しなくても良くなるのではなないか、とも思えてくる」の説明

まず、「このように考えていくと、長期的には感染症をあまり心配しなくても良くなるのではなないか、とも思えてくる」とは、次のような意味である。たいていの病気は症状が似通っていることから、これまでは既知の病気とは異なる症状の患者が一定数集まらないと「新しい病」とは認識されなかった。しかし、現在は遺伝子を扱う技術が飛躍的に向上し、その技術を応用した検査技術も普及している。それで、そのような検査技術を用いることにより、MERSのように、新しい感染症も早期に認定することが可能になった。このような状況から、冒頭のように思えてくるのである。

議論の整理・結論2 → 「グローバル化、テクノロジーの発展などによって、現代社会の問題点がより深刻化する側面と解決が促進される側面とは何か」の解答

次にグローバル化、テクノロジーの発展などによって、現代社会の問題点がより深刻化する側面と解決が促進される側面について述べる。まず、前者の側面は次の2点である。テクノロジーの発展により自然環境の開発が進み、人間がこれまでは出会うことのなかったウィルスと出会う機会が増えたこと。そして、グローバル化によって今まで一定の地に局在していた病原体が世界中に拡散するようになったことである。次に解決が促進される側面は、冒頭で説明したように、遺伝子を使う検査技術が普及し、早期の段階で新しい病がみつかるという点である。

議論の整理・結論3 → 現代社会が進むべき方向性に関する意見

最後に、現代社会が進むべき方向性について問題文を基に私の意見を述べる。それは以下の3点である。1点目は過度の自然開発をやめ環境保全に努めることである。それは上述のような病気関連の問題ばかりでなく、最近多発している自然災害の被害を減少させ、一部の気象変動の解決にもつながるからである。2点目は予防医学や検査技術をより発展させ、先進国だけでなく途上国においても感染症予防を徹底することである。そのことにより、グローバル化による感染リスクが防げるからである。3点目は治療技術を発展させ、ウィルス変異などによる絶え間ない感染症に対応できるようにすることである。(795字)

まず、「このように考えていくと、長期的には感染症をあまり心配しなくても良くなるのではなないか、とも思えてくる」とは、次のような意味である。たいていの病気は症状が似通っていることから、これまでは既知の病気とは異なる症状の患者が一定数集まらないと「新しい病」とは認識されなかった。しかし、現在は遺伝子を扱う技術が飛躍的に向上し、その技術を応用した検査技術も普及している。それで、そのような検査技術を用いることにより、MERSのように、新しい感染症も早期に認定することが可能になった。このような状況から、冒頭のように思えてくるのである。

次にグローバル化、テクノロジーの発展などによって、現代社会の問題点がより深刻化する側面と解決が促進される側面について述べる。まず、前者の側面は次の2点である。テクノロジーの発展により自然環境の開発が進み、人間がこれまでは出会うことのなかったウィルスと出会う機会が増えたこと。そして、グローバル化によって今まで一定の地に局在していた病原体が世界中に拡散するようになったことである。次に解決が促進される側面は、冒頭で説明したように、遺伝子を使う検査技術が普及し、早期の段階で新しい病がみつかるという点である。

最後に、現代社会が進むべき方向性について問題文を基に私の意見を述べる。それは以下の3点である。1点目は過度の自然開発をやめ環境保全に努めることである。それは上述のような病気関連の問題ばかりでなく、最近多発している自然災害の被害を減少させ、一部の気象変動の解決にもつながるからである。2点目は予防医学や検査技術をより発展させ、先進国だけでなく途上国においても感染症予防を徹底することである。そのことにより、グローバル化による感染リスクが防げるからである。3点目は治療技術を発展させ、ウィルス変異などによる絶え間ない感染症に対応できるようにすることである。(795字)

 

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です