上智大学 法学部 国際関係法学科 海外就学経験者入試 2018年 小論文 解答例

■設問

問い:次の文章において、「(歴史というのは、)一つの社会過程でありまして、個人は社会的存在としてこの過程に入り込んでいる」(太字下線部)とはどのような意味だろうか。筆者が「偉人」をどのような人だと考えているのか、「偉人」を適切に理解するとはどういうことだと考えているのかを明らかにしながら、筆者の意見を踏まえつつあなたの考えを論じなさい。

■答案構成

議論の整理・結論1 → 「筆者は『偉人』をどう考えているか」の解答

議論の整理・結論2 → 「筆者は『偉人』を適切に理解するとはどういうことだと考えているか」の解答

議論の整理・結論3 → 「筆者いう『(歴史というのは)一つの社会過程でありまして、個人は社会的存在としてこの過程に入り込んでいる』とはどのような意味か」の解答

■答案

議論の整理・結論1 → 「筆者は『偉人』をどう考えているか」の解答

まず、筆者は「偉人」について、ヘーゲルの叙述どおり、「彼の時代の意志を表現し」、その意志を「その時代に向かって告げ、これを実行することの出来る人間」であり、「その時代を実現するもの」であると考えている。つまり、「偉人」とはその時代を生き、その時代を代表するものであると筆者は考えているのである。

議論の整理・結論2 → 「筆者は『偉人』を適切に理解するとはどういうことだと考えているか」の解答

次に、筆者は「偉人」を適切に理解するということは、「偉人」が次のような点で「卓抜した個人」であることを認めることだと考えている。すなわち、「歴史的過程の産物であると同時に生産者」であること、および「世界の姿と人間の思想とを変える社会的諸力の代表者であると同時に創造者」でもあるということである。筆者のいう「歴史的過程」とは、ある時代が次の時代を作り、次の時代がまたその次の時代を作っていくというプロセスを指しているものと考える。「産物であると同時に生産者」とは、そうした歴史的過程である、ある時代が「偉人」を生み、そうして生まれた「偉人」が歴史的過程であるその時代の社会を作るという意味だと考える。

議論の整理・結論3 → 「筆者いう『(歴史というのは)一つの社会過程でありまして、個人は社会的存在としてこの過程に入り込んでいる』とはどのような意味か」の解答

以上のような筆者の考えを踏まえ、「(歴史というのは)一つの社会過程でありまして、個人は社会的存在としてこの過程に入り込んでいる」とはどのような意味かを考える。筆者は卓抜した個人である「偉人」はその時代のその社会を生きる他の人々の代表であり、他の人々とともにその社会を生き、その社会を創造しているのだという。歴史とはその連続であるから、ここで「歴史とは社会の連続体である」ということができる。つまり、どの社会もその連続体の中の一過程であり、その連続体が歴史なのである。「(歴史というのは)一つの社会過程でありまして」とは以上のような意味であると考える。したがって、「個人は社会的存在としてこの過程に入り込んでいる」とはその社会を生きる個人は、こうした社会過程の中に組み込まれているという意味であると考える。(798字)

まず、筆者は「偉人」について、ヘーゲルの叙述どおり、「彼の時代の意志を表現し」、その意志を「その時代に向かって告げ、これを実行することの出来る人間」であり、「その時代を実現するもの」であると考えている。つまり、「偉人」とはその時代を生き、その時代を代表するものであると筆者は考えているのである。

次に、筆者は「偉人」を適切に理解するということは、「偉人」が次のような点で「卓抜した個人」であることを認めることだと考えている。すなわち、「歴史的過程の産物であると同時に生産者」であること、および「世界の姿と人間の思想とを変える社会的諸力の代表者であると同時に創造者」でもあるということである。筆者のいう「歴史的過程」とは、ある時代が次の時代を作り、次の時代がまたその次の時代を作っていくというプロセスを指しているものと考える。「産物であると同時に生産者」とは、そうした歴史的過程である、ある時代が「偉人」を生み、そうして生まれた「偉人」が歴史的過程であるその時代の社会を作るという意味だと考える。

以上のような筆者の考えを踏まえ、「(歴史というのは)一つの社会過程でありまして、個人は社会的存在としてこの過程に入り込んでいる」とはどのような意味かを考える。筆者は卓抜した個人である「偉人」はその時代のその社会を生きる他の人々の代表であり、他の人々とともにその社会を生き、その社会を創造しているのだという。歴史とはその連続であるから、ここで「歴史とは社会の連続体である」ということができる。つまり、どの社会もその連続体の中の一過程であり、その連続体が歴史なのである。「(歴史というのは)一つの社会過程でありまして」とは以上のような意味であると考える。したがって、「個人は社会的存在としてこの過程に入り込んでいる」とは、その社会を生きる個人はこうした社会過程の中に組み込まれているという意味であると考える。(798字)

 

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です