上智大学 経済学部 経営学科 海外就学経験者入試 2016年 小論文 解答例

問1

■設問

下線部(A)~(J)のカタカナを漢字に直しなさい。

■答案

  • 踏 (B) 浮上 (C) 創出 (D) 呼応 (E) 顕在化 (F) 緩和 (G) 抑制 (H) 駆除 (I) 創意工夫  (J) 委

 

問2

■設問

下線➀の「環境効率性」はどのような概念であるかを、「環境」とは何かを指しているのかを明らかにした上で、述べなさい。

■答案構成

議論の整理 → 「環境」とは

結論 → 「環境効率型」の概念:資源消費が少なく環境への負荷が小さいタイプの生産性

■答案

議論の整理 → 「環境」とは資源を含む自然環境

まず、「環境」とは私たちを取り巻く状況であるが、この問題文の文脈では主に「資源」を含む自然環境を指していると考える。

結論 → 「環境効率型」の概念:資源消費が少なく環境への負荷が小さいタイプの生産性

次に、「環境効率型」とは、資源消費が少なく環境への負荷が小さいタイプの生産性を意味する概念である。この概念をふまえると、対人サービスに代表される「労働集約的」な領域が最も「生産性が高い」領域となる。(157字)

 

まず、「環境」とは私たちを取り巻く状況であるが、この問題文の文脈では主に「資源」を含む自然環境を指していると考える。

次に、「環境効率型」とは、資源消費が少なく環境への負荷が小さいタイプの生産性を意味する概念である。この概念をふまえると、対人サービスに代表される「労働集約的」な領域が最も「生産性が高い」領域となる。(157字)

 

問3

■設問

下線部②について、生産性の概念をどのようなものに転換していく必要があると著者は考えているか述べなさい。

■答案構成

結論 → 「労働生産性」から「環境効率性」への転換

論証1 → 筆者の論拠1:「労働生産性」の問題点

論証2 → 筆者の論拠2:「環境効率性」の利点

結論の吟味 → 論証1・2の統合

■答案

結論 → 「労働生産性」から「環境効率性」への転換

筆者は生産性の概念を「労働生産性」から「環境効率性」へと転換していく必要があると考えている。

論証1 → 筆者の論拠1:「労働生産性」の問題点

これまでのような「労働生産性」は「資源集約的」な活動により成り立っているが、この「資源集約的」な活動は生産過剰になりがちで、それが失業、貧困につながるというデメリットがある。また、このような生産活動は資源消費につながり、環境への負荷も大きい。

論証2 → 筆者の論拠2:「環境効率性」の利点

一方、「環境効率性」からみると、福祉や教育、医療などのような基本的に「労働集約的」な分野が最も「生産性が高い」領域である。この「労働集約的」な分野は、多くの労働力を必要とすることから、これまで「生産性が低い」と言われてきたのだが、それは多くの雇用を創出しやすいということを意味する。高度な機械化やAIにより多くの雇用が喪失しつつある現在、多くの雇用を創出する「労働集約的」な生産は社会全体を救うという側面もある。

結論の吟味 → 論証1・2の統合

以上のようなことから、筆者は生産性の概念を「労働生産性」から「環境効率性」へと転換していく必要があると考えているのである。(434字)

 

筆者は生産性の概念を「労働生産性」から「環境効率性」へと転換していく必要があると考えている。

これまでのような「労働生産性」は「資源集約的」な活動により成り立っているが、この「資源集約的」な活動は生産過剰になりがちで、それが失業、貧困につながるというデメリットがある。また、このような生産活動は資源消費につながり、環境への負荷も大きい。

一方、「環境効率性」からみると、福祉や教育、医療などのような基本的に「労働集約的」な分野が最も「生産性が高い」領域である。この「労働集約的」な分野は、多くの労働力を必要とすることから、これまで「生産性が低い」と言われてきたのだが、それは多くの雇用を創出しやすいということを意味する。高度な機械化やAIにより多くの雇用が喪失しつつある現在、多くの雇用を創出する「労働集約的」な生産は社会全体を救うという側面もある。

以上のようなことから、筆者は生産性の概念を「労働生産性」から「環境効率性」へと転換していく必要があると考えているのである。(434字)

 

問4

■設問

下線部③の「サービサイズ」の例を一つ上げなさい。ただし、問題文中に登場する事例を除いて解答せよ。

■答案構成

結論 → サービサイズの例示:カーシェアリング

論証 → カーシェアリングの効果:資源節約、過剰生産の抑制、環境への負荷の軽減

■答案

結論 → サービサイズの例示:カーシェアリング

サービサイズの例としてカーシェアリングが挙げられる。

論証 → カーシェアリングの効果:資源節約、過剰生産の抑制、環境への負荷の軽減

1台の自動車を複数人でシェアするため、生産のための資源消費が抑制できるし、過剰生産も防げる。また、使用も自然に抑制されるので、環境への負荷も軽減できるのである。(106字)

 

サービサイズの例としてカーシェアリングが挙げられる。

1台の自動車を複数人でシェアするため、生産のための資源消費が抑制できるし、過剰生産も防げる。また、使用も自然に抑制されるので、環境への負荷も軽減できるのである。(106字)

 

 

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です