「上智大学総合グローバル学部 総合グローバル学科 カトリック高等学校特別入試 2018年 小論文 解答例」

■設問

国内外で現在起きている紛争や人の移動、貧困、環境など開発に関わる問題を一つ以上取り上げ、「人間の安全保障」(注)という概念を用いて論じなさい。

■答案構成

5STEPで書く

議論の整理→ 「人間の安全保障」の定義

問題発見→ アフリカの子供達の貧困問題について、「人間の安全保障」で説明

論証→ 基本的人権が尊重されていない

解決策or結論→ 「人間の安全保障」は満たされていないし、アフリカの子供たちの将来の可能性を奪うことになる

解決策or結論の吟味→ 持って生まれた才能

■回答

議論の整理→ 「人間の安全保障」の定義

「人間の安全保障」とは、暴力を伴う紛争が起きていないことだけではない。人権、良い統治、教育や保険医療へのアクセスのみならず、ひとりひとりの人間が可能性を実現する機会と選択肢を手に入れることも意味している。

問題発見→ アフリカの子供達の貧困問題について、「人間の安全保障」で説明

ここでは、アフリカの子供達の貧困問題について、「人間の安全保障」という概念を用いて論じてみる。

論証→ 基本的人権が尊重されていない

アフリカの子供達の多くは、貧困状態での暮らしを余儀なくされている。例えば、学校に通うことが出来ず基礎的な教育を受けることもままならない。また、水や食料の不足により、慢性的な栄養失調に陥っている。さらに、住居レベルも、健康で文化的な生活が送れる適切なレベルに達していない住居ばかりである。このように、アフリカの子どもたちは、暴力こそ受けてないものの、基本的人権が尊重されていない環境で生活を余儀なくされている。

解決策or結論→ 「人間の安全保障」は満たされていないし、アフリカの子供たちの将来の可能性を奪うことになる

冒頭で述べた「人間の安全保障」の概念でいうと、人権や良い統治、教育や保健医療へのアクセスの機会が失われているといえる。その結果、アフリカの子供達の多くは、自分たちの可能性を実現する機会を失っている。これは国家的に考えれば、経済的・文化的に大きな損失である。アフリカの子供達は、適切な教育機会を受けていれば、将来、社会に貢献する大発明をするような学者に育つ可能性はあっただろう。また、適切な食事を与えていれば、スポーツ選手で大成した可能性も考えられる。貧困という現象がこうした可能性を奪ったのである。

解決策or結論の吟味→ 持って生まれた才能

学者やスポーツ選手で成功するには、受けてきた教育以上に、持って生まれた才能が重要だという人もいるかもしれない。しかし、そんな天才は一握りであり、多くの学者たちは、与えられた教育環境や生活環境のなかで努力を続け、その努力が実を結んだのである。

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です