早稲田大学 社会科学部 自己推薦入試 2018年 小論文 解答例

設問

近年、日本では海外からの旅行者が増加傾向にあります。海外からの旅行者のニーズを考えた場合、日本が「観光立国」そして「観光大国」を目指すには、どのような改善が必要だと考えますか。あなたの意見を具体的に800字以内で述べてください。

5STEPsでまとめる。

議論の整理→「観光立国」「観光大国」を目指す意味

「観光立国」「観光大国」を目指すことは、国の経済成長を実現するための一つの手段である。

問題発見→日本が「観光立国」「観光大国」を目指すための改善点とは

では、日本が「観光立国」「観光大国」を目指すには、どのような改善が必要なのだろうか。

論証→「日本国内における移動手段の利便性向上」を提案し、有効性を検証(演繹法)

 日本は狭い島国でありながら観光資源が豊富であり、観光地から観光地への距離が比較的近いという特徴がある。そこで私は、観光客にとっての「日本国内における移動手段の利便性」を向上させることが重要であると考えた。
観光による収入を増やすには、「観光客を増やす」「リピートさせる」の2つのアプローチが存在する。
前者について考える。例えば一点の観光地で集客を行う場合、どんなに人気があったとしても受け入れには物理的な上限が生じる。観光客の分散が実現すれば、全体的な受け入れ可能人数が増やすことができる。つまり、観光客数の伸びしろを多く確保することができるのである。
次に後者について考える。一点の観光地頼みの集客は「気に入られなければ終わり」というリスクがある。移動を促すことで、気に入る場所を見つけてもらう機会そのものを増やすことが可能となる。

解決策or結論→移動手段の利便性を上げることは、日本が観光大国を目指す上で有効である

以上より、「国内での移動を容易にし、観光客に複数の目的地を持ってもらう」ことは観光大国を目指す上で有効である。
では、具体的に何ができるのだろうか。インフラの整備などの根本的解決に加え、例えば観光客に向けた掲示板や案内人を各地に配置することで、公共交通機関の利用ハードルは下がるだろう。また、フリーWi-Fiなどのネット環境を充実させることも、観光客のフットワークを軽くする方向にはたらくと考えられる。

解決策or結論の吟味→この改善は観光客のニーズに応える行動でもある

これらの行動はここまで述べた通り日本の観光収入増加のために効果的な行動であるが、一方でこれは「旅を楽しみたい」「見知らぬ土地を歩く不安を軽減したい」といった外国人観光客のニーズにぴったり対応する行動でもある。「おもてなし」の精神こそが、結果的に日本を豊かにしてくれるということかもしれない。
(796)

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です