[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

毎日小論文指導で、合格!

合格体験記 数学 主に使用した教材 青チャート1A2B 赤チャート1A2B 入試問題集数学1A2B理系 慶応環境情報赤本 慶応sfcの数学は、公式の暗記を用いるというより、論理的に考えられるかが問われます。ただ公式を暗記するだけでなく、その公式の求め方を考えてみたりするといいと思います。あとは問題を解くとき1つの解法だけで満足するのではなく、色々な解法パターンを考えることが大切です。そのことが、慶応の受験の際に役に立ったように思います。そして、慶応のマークシートの仕方や問題は独特なため、出来るだけ過去問を解いて慣れておいた方がいいです。私は過去問20年分くらいは目を通しました。そうすると、傾向が掴めてくるため、傾向にあったところを問題集なんかで強化する方法で勉強していました。この勉強法で本番では、9割くらいとることができました。 小論文 私が小論文対策をしたのは、1ヶ月足らずです。センター試験がおわってから取り掛かりました。いくつかの個別指導塾をたずねたところ、月20万円程とすごく高かったのを覚えてます。あまりに高かったため、自分でなんとかするか、と思い個別指導塾にはいかないことにしました。実際に赤本を開き、問題を見てみるとなにを書けばいいのかが、さっぱり分かりませんでした。やばい、このままじゃ落ちると思い、ネットで調べたところ、この毎日学習会を見つけました。月2万8千円と安かったというのが始めたきっかけでした。授業のやり方は、まず自分で過去問を解いたものをカメラでとって、先生に送り、先生がそれを見て、電話で授業するというやり方です。授業は1日10分の電話でした。1日10分ときくと、1日たった10分したところでなにが変わるんだと思うかも知れません。しかし、この10分は無駄なことがなにもなく、普通の授業の2時間分くらいの質です。私が小論文の授業をはじめる前は、学校で小論文模試があった際に、小論文自体よく分からず、学校の先生に、 あんたのは小論文じゃない、なんて言われる程、小論文は苦手でした。てか、小論文ってそもそもなに?作文となんか違うの?というレベルでした。そんな無謀と言われていた私の小論文が、1ヶ月足らずで慶応に合格するレベルまで上がり、見事合格することができました。学校に合格の報告に行った際、その先生は、あんた小論文できたんね?、と驚いていました笑。このことが、1日10分の受験が普通の授業の2時間の質であることの根拠ですね。あと、1ヶ月足らずで合格できたのは、この毎日学習会のブログ教材や動画教材が充実しているからですね。いつでもどこでも、携帯で解説授業や小論文の書き方やポイントを何度でも見ることができます。携帯で見ることができるため、少しの空いた時間にも活用することができます。私も、暇さえあれば、よく小論文の書き方の動画なんかを見てました。小論文と作文の違いや、小論文の構成なんかも学びました。これらのおかげで、無謀と言われていた小論文が劇的に上がり、1ヶ月足らずで合格することができました。

copyright 2016/Everyday school