[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学 文学部 小論文 2014年 過去問

2014年 慶應義塾大学 文学部 小論文 課題文

次の文章を読み、設問に答えなさい。

異邦人ーという言葉は、私にとって特別の響きを持っている。 もう半世紀以上も前のこと、学生時代に読んだカミュの『異邦人』の読 後感は、鋭利なナイフで心臓を切り裂かれたかと思うほど強烈なものだっ た。戦後になって現代フランス文学が怒潟のように翻訳されるようになっ た中で、高校時代には、理想主義の文学とも言うべきロマン・ロランの気 高い精神性に惹かれて傾倒し、ロランの様々な作品が翻訳されると、すぐ に買って読んだ。やがて上京して大学に入ると、友人の影響もあって、太 宰治などの小説で脳みそを軟化させられ、そこへカミュが入ってきた。 十九歳から二十歳にかけてのこと。「異邦人」「不条理」という言葉が、突然脳内を闘歩し始めたのだ。世界と人間は不条理な出来事に満ち満ちている。たとえば、親が難病で全面介 護に明け暮れているさなかに、子どもが交通事故で死亡し、勤務先の会社 は倒産、自分も胃がんが見つかるといったぐあいに、自分を現代のヨプと たくなるほど、苦難がこれでもかこれでもかと襲ってくる時、当人に とって世界も人生も不条理の塊に見えるだろう。それでも人は、ほどほど に他者と妥協したり、嘘をついたり、自分を問い詰めることをしなかった りしながら、何とか生きていく。 もし妥協も誤魔化しもしなかったらどうなるのか。殺人の罪を問われた 『異邦人』の主人公ムルソーは、社会や宗教から与えられた教義を真理と 考えない。自分が存在すること、世界と他者について感じることが、世界認識の出発点であり、その自己のあるがままが真理なのだ。真理を貫くた めに、虚飾を排除し、嘘をつかない。母親の葬儀で涙を流さなかったこと を検事に認めるなど、社会通念に反するような矛盾に満ちた自分のことを 率直に供述すると、どうなるか。検事は法廷で陪審員に向かって、こう言 い放った。「母の死の翌日、この男は、海水浴へゆき、女と情事を始め、喜 劇映画を見に行って笑いころげたのです」と。弁護士が、「要するに、彼 は母親を埋葬したことで告発されたのでしょうか、それとも一人の男を殺 害したことで告発されたのでしょうか?」と反論しても、陪審員は関心を示さない。 カミュがこの小説で表現しようとしたことは、新潮文庫版(窪田啓作訳) の解説でフランス文学者・白井浩司氏が紹介しているカミュ自身の言葉(英 語版への自序)によって明快に述べられている。

– – – – – -母親の葬儀で涙を流さない人間は、すべてこの社会で死刑を宣告 されるおそれがある、という意味は、お芝居をしないと、彼が暮す社 会では、異邦人として扱われるよりほかはないということである。ム ルソーはなぜ演技をしなかったか、それは彼が嘘をつくことを拒否し たからだ。(中略)ムルソーは人間の属ではない。彼は絶対と真理に 対する情熱に燃え、影を残さぬ太陽を愛する人間である。彼が問題と する真理は、存在することと、感じることとの真理である。(以下略)

私が学生時代にこの小説を読んで強烈な影響を受けたのは、ムルソーが 焼けつくような太陽の光に耐えかねて、ピストルの引き金を引いたといった、不条理さを派手に表現した点よりは、むしろムルソーが嘘も取りつく ろいもない自分の真実を貫こうとすると、たちまちにして社会的には悪役 に祭り上げられて疎外されてしまうという、個としての人間存在の危うさ を完璧に描き出した点だった。 それまで私の脳内の辞書にあった異邦人という言葉は、誇りを持った同 朋人とは異質な、立ち位置の安定しない異邦からの人間といった意味で使 うものだった。上から見下ろす目線による他者なのだ。しかし、カミュの 『異邦人』は、そんな表面的なとらえ方を突き崩した。異邦人とは人間の 内面に潜む問題であって、たとえ同朋の中にいても、自分がいつ異邦人と 見られ、疎外されるかわからないのだ。

さて、哲学者・鷲田清一先生が著書『「聴く」ことのカー臨床哲学試論』 (阪急コミュニケーションズ)の中で、興味深い異邦人論を述べられてい ることについて、その議論をもう少し丁寧に紹介すると、こうだ。

その議論では、「臨床」と「歓待」が重要なキーワードになる。「臨床」 とは、第一義においては、〈ひとが特定のだれかとして他のだれかに遇う 場面〉という常識的なとらえ方がされる。そのうえで深い意味づけが加え られる。すなわち、第一義において、ルネ・シェレールというフランスの 哲学者の論を踏まえて(その詳論は省略するが)、〈ひとがある他者の前に 身を置くことによって、そのホスピタプルな(=歓待される)関係のなか でじぶん自身もまた変えられるような経験の場面〉と規定される。

また、「歓待」とは、シェレールによれば、《客》を迎え入れる者(ホ スト役のひと)を本来の自分から逸脱させるもの〉、〈いいかえるとそれは、「社会的分類の中での範疇化された」自己を揺さぶり、つきくずすきっか けとなるもの〉であり、主客逆転の結果をもたらす行為ととらえられる。 鷲田先生はこれら二つのキーワードのはたらきを明確にしたうえで、歴 史に名を残した小説家、画家、音楽家などが「異邦人」となったことによっ て、いかに才能を発揮させたかを贈り出す。ただし、この議論においては、 「異邦人」と言っても、必ずしも疎外された者ではなく、持てる才能ゆえ に「歓待」された者 (古代、中世、近世における王侯などによる「歓待」 だけでなく、「異邦の地」で苦労しながらも作品が認められ受け入れられ た者も含む)となっている点は、留意しておく必要はあろう。この議論に おける「異邦人」とは、人格も存在も疎外された者という、カミュがテー マにした異邦人とは全く違っている。 で、驚田先生が挙げた西洋の人物は、次のとおりだ。

ルソー、ベケット、アポリネール、カンディンスキー、ヴアン・ゴッ ホ、ジャコメッティ、シャガール、ピカソ、ショパン、ストラヴイン スキー、レヴィナス、ゾラ、そしてナボコフ、ゴンプローヴィチ、リルケ。 そして、シェレールの言葉を続ける。

彼らはすべて、異邦の地に客となって、そこでその作品のすべてを、 たいしその一部を生みだした。

たかなかに興味深い着眼だ。オランダ出身のヴァン・ゴッホのように パリに出て、「歓待」してくれるパトロンはいなかったが、印象派などの 家たちから大きな刺戦を受けたという場合も、「異邦の客」と呼んでも 本質的には差しつかえはないだろう。 では、なぜ「異邦の客」となると、輝かしい才能を発揮することができ るのか。シェレールの「歓待」論が意味を持つのは、まさにその問いに対 してなのだ。 人が主人として誰か他者を客として歓待し、自分の座に座らせると、そ の人は他者にとって他者となる。自分が他者の他者となった時、それまで の狭い枠のなかの自分(つまり自分を縛っていた本来の自分)を容易に突 き崩して解放することができ、新しい自分を奔放に伸ばすことができるよ うになる。シェレールをベースにした鷲田先生の異邦人論をくだいて言え ば、そういうことだろう。 そこに私見をつけ加えるなら、感性の鋭敏な若い時期に、異邦の客にな ると、様々な異質の才能の持ち主に遭遇してどんどん刺戦を受けるし、生 活を取り巻く環境も大きく違う。井の中の峠ではいられないし、故郷でお 山の大将になっていられるような甘えは許されない。故郷にいたのでは、 自分を何かに映して省みるということは発想もしないが、異邦の地では緊 張感も加わって、たえず周囲の反応に映し出される自分を見てしまう。才 能は発達し、人間的な成長もするだろう。よく海外留学をして帰国すると、 一まわりも二まわりも成長した感じになると言われることと似ている。

物事には、しばしばプラスとマイナスの両面がある。一面だけを見ていたのでは、深い真実あるいは物事の全体像をとらえることはできない。また、対立するように見える事象であっても、深層においては、同じ基盤の 上にある問題であるケースが少なくない。 既述のように、自分の真実に忠実であろうとすればするほど、群れの中 で孤立した異邦人となり、疎外され抹殺されるという、カミュが描いた世 界が、一方にある。他方、シェレールの所説によれば、歴史に名をとどめ る多くの作家や芸術家たちは、「異邦の客」として歓待されたことで才能 を開花させたという。 これら異なった使われ方をした二つの異邦人と呼ばれる人間は、外見的 には相反する方向を向いている。だが、二項対立的に相容れない関係にあ るのかというと、私はそうとは思わない。それぞれに噛み砕いた解釈を加 えると、両者は対立するものでないどころか、同じ庭に生えた同種の樹木 とも言うべき関係にある。 私の解釈は、こうだ。嘘もとりつくろいもなく、自分の真実をひたむき に貫いて生きるなら、確かに群れの中で疎外されるだろうが、そのような 人間がそれでもなお絶望することなく、何らかの活動領域において生きな おす力を獲得するか、個性的な活路を見出すなら、その人の人生は極めて 積極的なものとなるだろう。 ちなみに、『異邦人』の解説のなかで、白井氏は、主人公のムルソーに ついて、「否定的で虚無的な人間にみえる」が、「人間とは無意味な存在で あり、すべてが無償である、という命題は、到達点ではなくて出発点であ ることを知らなければならない。ムルソーはまさに、ある積極性を内に秘 めた人間なのだ」(傍点・柳田)と、この人物の造形にこめられたカミュの意図を明解に腕分けしてくれている。さらに氏は、「(この小説は)不条 理に関し、不条理に抗してつくられた、古典的作品」というサルトルの評 を付して、「積極性を内に秘めた人間」の意味をしっかりと補強している。

一方、数多くの作家や芸術家たちが異邦の地に客となって、優れた作品 を生んだというシェレールの言説に対する私の解釈は、こうだ。未来に夢 を抱き、生まれ育った地を離れて異邦に旅立った人々は、貧しい移民まで 含めると、世界にゴマンといる。だが、ここで目を向けたいのは、作家や 芸術家のように、高いレベルの表現活動の場を求めたり自らの才能を大き く開花させたいという意識から、異邦の地に出立した人々のことだ。

そういう限られた数の人々のすべてが、客としての歓待を受けたわけで はない。しかも歓待を受けた人々の中でも、歴史に名を残す作品を生み出 し得たのは、一部に過ぎない。平凡に人生を終えた人々のほうが、はるか に多いはずだ。しかし、だからといって、異邦の地が才能の開花とは無関 係かというと、そうではなかろう。異邦の地という特異な環境が、人生を 危くしかねない毒を含みつつも、前頭葉の言語野や感覚野を劇的に活性化 する特効薬の効能を秘めているのは確かだ。

なぜこのように私は、「異邦人」や「異邦の地」という言葉の内実にこ だわるのか。それは、長年にわたって、がんや難病の人々の生き方につい て取材し考えてきた中で、そういう人々の心模様の中に、異邦人意識とで も言うべき特別の感情がかなり強く見られるのを、どのように解釈すべき かとずっと考えていたからだ。

たとえば、幼い子どもが2人もいるのに、母親が進行した癌であることがわかった時、「なぜ私ががんにならなければいけないの! 何も悪い

ことをしていないのに。私が死んだら子どもたちを誰が世話するのよ。神 様はなぜこんなむごいことを私に科すの?」と、神を恨む。そして、「こ の苦しみは誰にもわからない」と孤独感に打ちひしがれる。それまで仲良 くつきあっていた、子どもたちの通う小学校や保育園の母親たちの元気で 明るい顔を見るだけで心が傷つき、会うのが辛くなってくる。自分がこの 世でいちばん不幸な人間だと思ってしまう。彼女は異邦の地に移住したわ けでもないのに、心理的にまさに異邦人になってしまったのだ。 このように、治癒の困難な病気になった人が絶望的なまでの孤立感や孤 独感の魔になる例は少なくない。「日常のなかの異邦人」と言おうか。事 故や脳卒中などで、身体に重い障害を背負う身になった人々のなかにも、 同じような傾向が見られる。 かつて治療薬がなかった時代の結核やハンセン病の患者たちは、社会的 な偏見から赤裸々に疎外され排庁されたがゆえに、追放された異邦人とし て、苛酷な人生を送ることになった。最近においては、そうした社会的な 偏見は薄くなったが、医学・医療の発達や公衆衛生の向上などによって、 健康でいるのが当たり前という錯覚にとらわれる時代になったぶんだけ、 重大な病気になった時の、他者との相対的な幸・不幸の落差感が大きく、 そのことが「日常のなかの異邦人」という心理状態を引き起こしているよ うに見えるのだ。 昨日までは、以心伝心でわかり合える同朋のなかで暮らしていると思い こんでいたのに、進行がんが見つかったとたんに、まるで言葉の通じない 異邦の地に投げこまれたような心理状態になるというのは、誰にでも起こ り得ることだ。明日は、自分かもしれない。人みな異邦人、とりわけ病者みな異邦人というのが、現代なのだ。

ただ、現代におけるがんや難病の病者は「日常のなかの異邦人」であっ て、往年のハンセン病や結核の病者とは、質的な違いがある。後者におい ては、地域社会の中で冷酷に差別され忌避された異邦人だった。とくにハ ンセン病患者は戸籍から抹消され、家族からさえ排除され、生涯を隔離さ れた施設で暮らさなければならなかったのだから、人生も人格も奪われた 異邦人だった。

ともあれ、社会的にであれ心理的にであれ、異邦人となった病者が、挫 折と絶望感のその先で精神生活を支えたものは、何だったのか。数は多く はなかったけれど、絵を描いたり、詩歌を詠んだり、随筆や小説を書いた りして、精神性の豊かな日々を過ごした人々がいた。それらの人々の中に は、文学性の高い作品を残した人々がいた。代表的な作品としては、ハン セン病では、北条民雄の実体験の小説『いのちの初夜』や村越化石の数々 の句集、結核では、堀辰雄の『風立ちぬ』、がんでは、高見順の『死の淵 より』など数え切れないほどある。

なぜ、人は病者となり、命の限界を悟った時、精神性の高い優れた文学 作品を生み出すのか。その質問を解く鍵は、すでに書いたカミュの『異邦 人』をめぐる考察やルネ・シェレールの異邦人歓待論、をめぐる考察の 中に示されている。答は明確だ。病者という異邦人になったことによって、 同朋に対してさえ隔絶感を抱き孤独になったがゆえに、否応なしに自分が それまでの自分ではない他者に見えてくる。しかも異邦人となった自分は、 それまでの自分を縛っていたあるべき自分像のままではなく、変容した自分になっている。その衝撃の日々を、書くという才能なり生活習慣を持っ 者であれば、書かないではいられないという高揚した気持ちになる。 そこに言葉が生まれ、立ち上がってくる。死とせめぎ合ういのちの叫び、いのちの映きとしての言葉が。ほかの誰かによって使い古されたのではな い、その人のその瞬間の息づかいを映した言葉が立ち上がってくる。

(柳田邦男『言葉が立ち上がる時』より)

設問1 この文章で論じられている「異邦人」について、三〇〇字以上三六〇字以内にまとめなさい。

設問2 「異邦人」とはどのような存在か、この文章を踏まえてあなたの考えを三ニ〇字以上四〇〇字以内で述べなさい。

copyright 2016/Everyday school