[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学 経済学部 小論文 2003年 過去問

2003年 慶應義塾大学 経済学部 小論文 課題文

 

次の[課題文]を読んで、以下の設問I~Iに答えなさい。解答は解答用紙の所定の欄に横書きで記入しなさい。

[課題文]

 20世紀における日本の経済社会の発展は、人々の生活に大きな変化をもたらした。生活を営む人々の数も、営まれる生活の水準も、未曾有の変化を経験した。実際、20世紀の100年間で、人口は3音近くに増加し、また、1人当たりの実質的な個人消費支出は、1970年代には20世紀初めの5倍以上に達し、その後は曲折を経ながらも緩やかに上昇した。家計におけるエンゲル係数も、20世紀初めの60%台から、20世紀末には20%余りにまで低下した。これらは、より多くの人々が、平均的にはより高い水準の生活を営むようになったことの表れであろう。

 19世紀末の日本社会の過半が「下層社会」と言い表され、1940年代半ばの日本経済が生活物資の窮乏に直面していたことを思い起すと、1960年代までの生活の変化は、多くの人々にとっては貧しさからの脱出の過程でもあった。その方向は比較的はっきりとしていた。すなわち、主として世帯主の収入にもとづいて、構成員が協力して生活水準の向上を目指すという。家族としての生活を志向するものであった。新しい衣服や耐久消費財の購入、子供へのより高い教育の付与などは、具体的で確かな家族生活の目標であった。

 このような家族生活のあり方には、それなりの根拠があった。20世紀前半のライフサイクルはほとんどの男女が結婚して家族を形成し、多くの女性は出産と子育てに終始し、多くの男性は一家を支えるために働き通しで、それぞれ余生を享受する間もなく生涯を終える、というものだったからである。夫婦の平均的なライフサイクルが、子育てを中心とする家族生活の周期と重なり、そのなかにほとんど収まっていたのである。

 けれども、20世紀後半からの出生児数の減少と平均寿命の伸びは、それまでのライフサイクルを変容させはじめた。子育てを終えた後の期間が、次第に伸長して、1980年代に入ると、男女にとって結婚後の生活の半分かそれ以上を占めるようになった。子育てを終えて30年以上を過ごす女性はもちろん、定年後15年以上を過ごす男性にとっても、それぞれの生き方があらためて課題として浮かび上がる。夫婦のライフサイクルが、子育て中心の家族生活には収まらなくなるのである。

 それまでの家族生活のあり方では、構成員それぞれの自己実現やキャリア形成などと、必ずしも合致しない事態さえ生じることになる。こうして、家族としての生活は誰もが目指すべき目標ではなくなり、結婚するかどうか、子供を産むかどうか、産むとしたら何人産むか、そして家族生活を続けるかどうか、これらのことが選択の対象として受け止められるようになる。事実、1960年と2000年を比較すると、生涯未婚率(注1)は、男性が1.3%から12.6%に、女性が1.9%から5.8%にそれぞれ上昇した。また合計特殊出生率(注2)は、2.00から1.36に低下し、当該年の婚姻数に対する離婚数の割合は、8.0%から33.1%に上昇した。このように多様な選択が行われるようになった結果、(A)平均的なライフサイクルを描く意味が不明確になり、家族生活が揺らいでいるのである。

 日本の世帯人員別世帯数の分布は、1920年の第1回国勢調査以来、長いあいだ4人世帯が中心であったが、1990年には初めて1人世帯に分布の中心が移り、2000年には、1人世帯が27.6%、2人世帯が25.1%で、両者を合わせると半数を上回っている。夫婦と親子という家族の基本的な関係を備えた世帯は、今日もはや多数派ではなくなっている。

 結婚し子供を産み育てるという家族生活のあり方が、近代以降これほど揺らぎ不確かになったことはない。同時に、個々人にとって80年前後に及ぶ長い生涯が、これほど確実になった時代もない。

 21世紀のわれわれは、このような長い生涯の確実さの一方で、家族生活の不確かさに直面しているといっても過言ではない。また、2002年の国立社会保障・人口問題研究所の『日本の将来推計人口』によれば、日本の人口は、2006年をピークに超勢的な減少局面に入り、2050年には約1億人に減少すると推計されている。日本の経済社会は、これまで経験したことのない局面を迎える。

 (B)近未来の日本において、家族生活はどのように歴開していくのであろうか、家族生活が再び人々の共通の目標として構築される(シナリオ1)のであろうか。個々人を基盤とした、家族に代わる社会関係が構築される(シナリオ2)のであろうか。それとも異なった展開がみられるのであろうか、20世紀における生活の変化がもたらした新たな問いかけである。

注1生涯未婚率:50歳の時点で結婚経験がない人の割合で、45歳~49歳と50歳~54歳の未婚率の平均値

注2合計特殊出生率:ある年次に観察された女性の年齢別出生率の合計値で、それぞれの年齢別出生率にしたがって女性が出生過程を過ごした場合に産むと想定される生涯の平均出生児数.

[設問] 

1

20世紀において家族生活がどのように変化したのかを、80字以上100字以内でまとめなさい。

2

 [課題文]の下線部Aに関連して、次の設問に答えなさい。

20世紀後半からの社会状況が家族生活の揺らぎにどのような影響を及ぼしているのかを,高学歴化と性別役割分業という2つの用語を使って180字以上200字以内で説明しなさい。

3[課題文]の下線部Bに関連して、次の設問に答えなさい。近未来の家族生活の展開について、2つのシナリオに言及しながら、あなたの見解を460字以上500字以内で述べなさい。

copyright 2016/Everyday school