[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

二浪から慶應SFC合格


 私は二浪の末、慶應義塾大学環境情報学部に合格することができました。
 私のこれまでの経験が、少しでもこれから大学受験をなさる方の力になればという思いから、拙い文章ではありますが体験記を記させていただきます。

 高校在学中から合格するまでの間、私はとにかく慶應に行きたくて行きたくて、受けることのできる受験は全て利用しました。しかし、受けるたびに不合格を頂戴し、幾度となく悔しい思いを味わってきました。そんな私が毎日学習会と出会ったのは、二度目のSFC・AO入試にて不合格を知らされたまさにその日でした。

 当時の私は一応浪人生という身分ではあったものの、スポーツに打ち込み勉強を疎かにしてしまった高校時代の影響からか独特な自己流の勉強方法はそのままに、具体的な計画や目標設定も無しに、ただ漠然と机に向かう日々でした。二度目のSFCAO入試に失敗した私は、このままでは同じように悔しい思いを味わってしまうでのはないかと焦り、慶應へ入学するための勉強ができる塾はないかと探したところ、林代表の毎日学習会と出会いました。

 翌日からは林代表の直接のご指導の下勉強方法を劇的に変え、各教科の参考書や英単語帳は全て刷新し、慶應合格のための勉強を実践していました。日・週・月間の段階的目標設定や、同じく段階的到達度・習熟度を徹底的に管理しながら勉強する方法論は、今でこそ当然のように思えますが、これは毎日学習会に出会っていなければ身に付いていなかった習慣だと思っています。

 そうして迎えた二度目の慶應入試は、全敗でした。
 滑り止めで受けた大学は受かってはいたものの、やはり「慶應に行きたい」という思いは絶対に捨てることができず、さらに一年間の浪人生活を送ることを決めました。

 二浪目の一年間については、特筆すべき勉強法や真新しいことをやっていたかというと、正直なところやっていません。高校時代にろくに勉強もしていなかったのが不幸中の幸いなのか、きちんとした勉強法も知らなかったため、ただひたすら毎日学習会の方法論を信じてやり抜く日々でした。

 結果として私は、環境情報学部合格を決め、「とにかく慶應に行く」という目標をまずは達成することができました。
 正直なところをお伝えすると、私より成績の良い方、私より英文が読める方、嫌味ではなく本当に事実としてそのような方々が毎日学習会に在籍されているでしょう。そのような私であっても、この体験記を読まれている方々にお力添えできる唯一の点が、「勉強に対する意志・モチベーションはいかにして作るか」という部分です。
 
 なぜ二浪してまで慶應にこだわったのか。途中で心が折れそうにはならなかったのか。
 私がこれまで自分自身で自分の精神面を奮い立たせてこれたのは、『大学に行きたいのではなく、慶應に行きたい!』と強く思っていたからです。わかりにくいとは思いますが、仮に滑り止めの他の大学に入学するくらいであれば、ペンを置き受験勉強をとっくに終え、大学にすら行っていなかったでしょう。
 あくまでの私個人の意見ではありますが、こうした強固な意志というのは、受験勉強をやる上では本当に大切だと思います。自分はなにをしたいのか、最終的な目標はどこにあるのか、なぜその大学に行きたいのか、など、これらを自分の中で一貫性を保ちながら目標として保持し続けることで、誰でも頑張れると私は強く強く信じています。

 具体的な勉強方法などを記すことができず申し訳ありませんが、二浪であろうが三浪であろうが自分の行きたい大学への合格を目指している人がいるということは、私と同じような境遇の方がたくさんいるということになります。強い意志を持てなどという非科学的な精神論ではありますが、そうすることで私のようになんとか合格を勝ち取った人がいるということを示すことにより、少しでも同じような境遇の受験生の支えになれれば幸いです。

copyright 2016/Everyday school