[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 1995年 大問二 本文対訳

本文
■第1段落
1:1 If rules are treated as fixed and non­controversial entities, then it becomes difficult to explain their origins.
1:1 もしルールが固定した議論の余地のないものだとすれば、その起源を説明することは難しくなる。
1:2 The problem is a particularly acute one for theorists applying the game metaphor.
1:2 ゲームをたとえに使う理論家にとっては、それは特に深刻な問題である。
1:3 The difficulty of discussing the origins of games by applying the game metaphor is well illustrated by Michael Argyle’s article about the rules of social life.
1:3 ゲームをたとえに使ってゲームの起源を議論する難しさは、社会生活のルールに関するマイケル=アーガイルの論文によってうまく説明されている。
1:4 Argyle, having stated that “even the most fiercely competitive and aggressive games can only take place if both sides abide by the rules”, adds the comment that “rules are developed gradually, as cultural products, as ways of handling certain situations; they can be changed, but changes are slow.”
1:4 アーガイルは、「最も激しく争われ攻撃的なゲームでさえ、両者がルールを守る場合にのみ起こりうるのである」と述べ、さらに「ルールは、文化的産物として特定の状況を処理する方法として徐々にでき上がる。つまりルールは変えられうるが、その変化はゆっくりしたものである」ということばを付け加えている。
1:5 These comments suggest that the formulation of rules is something which somehow evolves with (1) (1. observable changes 2. sluggish mystery 3. open arguments) almost as imperceptibly as biological evolution.
1:5 これらのことばによってルールの制定はいつまでも解けない謎をかかえ、生物進化とほとんど同じくらい知覚されずに、なぜか進化していくものだということがわかる。
1:6 Just as the experimental social psychologist can safely assume that the course of biological evolution is not going to be changed in the middle of an experiment, so the rule theorist can rest (2) ( 1. assured 2. debated 3. informed) that the rules of social life will not be subject to sudden and troublesome alterations.
1:6生物進化の道筋が1つの実験の間に変わることはないと、実験社会心理学者が考えるのは間違いではないのとちょうど同様に、社会生活のルールも突然で面倒な変化を受けるものではないと、ルールの理論家は確信できる。
1:7 However, this tacit dismissal of the issue of rule formulation is based upon (3) (1. a misconception 2. a new assumption 3. a historical condition).
1:7 しかしながらこのようにルール制定の問題を暗黙のうちに放棄することは、誤解に基づくものである。
1:8 The major Sports of the modern world, such as football, cricket, tennis, and rugby, do not owe their rules to a slow process of accumulation, stretching over centuries of folk custom.
1:8 サッカー、クリケット、テニス、ラグビーのような現代世界の主要スポーツにおいて、そのルールが存在するのは、何世紀もの民衆の習慣にわたるゆっくりとした蓄積の過程の故ではない。
1:9 On the contrary, the nineteenth century (4) (1. reached 2. evolved 3.saw) an energetic burst of rulemaking.
1:9実際は逆に、19世紀においてルール制定が突然激しく見られたのであった。
1:10 Some important studies in the sociology of sport have shown that this rulemaking occurred at specific times of social change.
1:10 スポーツ社会学における重要な研究によって、このようなルール制定が社会変化の特定の時代に起こったことがわかった。
1:11 Moreover, it was predominantly confined to a particular class.
1:11 さらに、それはある特定の階級に主に限定されていた。

■第2段落
2:1 Much of the early rule formation arose directly out of argumentation, for it had been necessary to develop more regular procedures for settling disputes.
2:1初期のルール制定の多くは論争の結果直接起こったものであり、それは争いを解決するためのより一般的な手続きを見い出すことが必要だったからである。
2:2 For example, the 1846 rules of rugby were (5) (1. complete 2. not exhaustive 3.closed) rules of procedure, covering all aspects of the sport, but, in point of fact, were little more than decisions of certain disputed points.
2:2例えば、1846年のラグビーのルールは、そのスポーツのあらゆる面を統轄する包括的な手続きのルールではなくて、実際のところ特定の争点の解決例にすぎなかった。
2:3 Things were not settled once-and­for­all when the various self-appointed rule makers had codified their decisions into proper systems of rules.
2:3自任のルール制定者が各自の解決例を適当なルールのシステムに成文化していたような状況では、物事はきっちりとは解決しなかった。
2:4 Disputes were still liable to arise, especially as tactics and styles developed.
2:4特に作戦と型が発達したので、争いは依然として起こりがちであった。
2:5 In fact, the administrators of all sports need to monitor the rules, in order to make certain that the delicate balances between attack and defense, between vigor and dullness, and so on, are maintained.
2:5事実、あらゆるスポーツの運営委員は、攻撃と防御、激しさと単調さ等の微妙なバランスが維持されているのを確認するためにルールをチェックする必要がある。
2:6 If the authorities (6) (1. succeed in 2. tackle with 3. fail in) this task, the new developments, which are so necessary if a game is to continue to be interesting, can so easily upset the balances on which all sports depend.
2:6 もし当局者たちがこの仕事に失敗すれば、新しい進展(これはゲームがおもしろくあり続けるためにかなり必要である)によって、あらゆるスポーツが依っているバランスは非常に容易に崩されるであろう。
2:7 Within every sport there will be individuals or lobbies who will (7) (1. deny 2. announce 3. support) that the change would lead to improvement.
2:7 どのスポーツ内にも、変化が改善につながることを拒否する個人または団体があるであろう。
2:8 The continual monitoring of rules ensures that the process of rule formulation is never ended.
2:8 ルールを絶えずチェックすることで、ルール制定の過程が決して終わらないことが保証される。

■第3段落
3:1 If rule-following is a necessary prerequisite on the field of play, one might say that the existence of such rules implies an off field structure to permit the alternation of rules amidst argument and debate.
3:1 もしルールを守ることがプレーの現場において必要前提条件であれば、そのようなルールの存在が論争と議論の中でルールの変更を許す現場外の組織の存在を意味すると言ってもかまわないであろう。
3:2 In fact, the more rules a sport may have, the more arguments and changes of rules can be expected.
3:2事実、スポーツにルールが増えれば増えるほど、議論とルールの変化も増えると思われる。
3:3 Cricket is probably the most ornate of all sports, demanding that the players (8) (1. break 2. question 3. obey) both the formal rules and informal spirit of the game.
3:3多分クリケットはあらゆるスポーツのなかで最も派手で、選手はそのゲームの公式のルールと非公式の精神に従うことを要求される。
3:4 Not a season passes without the games officials arguing amongst themselves about changing rules.
3:4 いずれのシーズンも、ゲームの役員が自分たちの間でルールを変えることについて議論しないということはない。
3:5 In fact controversies on the pitch can end up in the (9) (1. committee rooms 2. on­the­field fights 3. new rules) as controversies about the appropriateness of rules.
3:5実際、投球に関する対立が委員会室においてのルールの適格性に関する議論につながることもありうる。
3:6 This is certainly true of the most furious, and enduring, of cricket’s on­the­field controversies.
3:6 これはクリケットの現場における議論のうちで最も激しく、最も延々と続いた議論には確かに当てはまる。
3:7 On the tour of Australia in 1932/3, the English bowlers adopted a tactic which the Australian team and public considered to be unfairly dangerous.
3:7 1932年から33年のオーストラリアへのツアーにおいて、イングランドの投手は、オーストラリアのチームと人々が不当に危険と考える作戦を採用した。
3:8 The arguments stretched from the field of play right up to the highest levels of government.
3:8 その論争はプレーの現場からそのまま政府の高い部所まで広がった。
3:9 As with Socrates and Protagoras, the words used in the dispute would not keep agreeably (10) (1. open 2. still 3. conflicting), but the choice of terms became a matter of controversy in itself, as well as being a signal of the speakers sympathies.
3:9 ソクラテスやプロタゴラスの場合と同様に、議論において使われたことばがいつまでも心地よくそのままでいることはなく、どういうことばを選ぶかが、話し手の同情を表すとともに、それ自体が議論の対象ともなった。
3:10 The British preferred to call their bowling tactic by the neutral, even academic, name of ‘Leg Theory’, (11) ( 1. in case 2. even if 3. as if) nothing more than strategy were involved.
3:10 イギリス人は自分たちの投球術を、まるで戦術上のみの問題であるかのように、当たり障りのない、学問的でさえある「レッグ・セオリー」という名前で呼びたいと思った。
3:11 The Australians insisted on Bodyline to express their indignation with a ploy which they felt to be unsparingly intimidator.
3:11 オーストラリア人は公正でないほどに脅迫的であると感じられる策略に対して怒りを表すために、「ボディライン」と呼ぶことを主張した。
3:12 What is significant is that the controversy led to a change in the rules of cricket, and that the merits of this change (12) (1. occasion 2. discontinue 3.discourage) arguments to this day amongst the legislators of the game.
3:12重要であるのは、その議論がクリケットのルールの変更につながり、この変更のお陰でそのゲームのルール制定者の間で今日まで論争が起こっていることである。

■第4段落
4:1 There is a general point which does not concern the details of that unhappy cricket tour, and which is not even restricted to the world of sport.
4:1 その不幸なクリケットのツアーの詳細とは関係なく、スポーツの世界に限られるわけでもない一般的な論点がある。
4:2 The (13) (1. more specific 2. more ambiguous 3. wider) issue is the close connection between lawmaking and argumentation.
4:2 より広い問題は法律制定と論争の間の密接な関係である。
4:3 Laws may exist to resolve disputes, but they are created out of dispute, frequently at the cost of provoking further Argument.
4:3法律は争いを解決するために存在するのであろうが、法律は争いから生まれる。しかも一層の論争を引き起こすという代価を払うことがしばしばである。
4:4 A simple syllogism might illustrate this: if there are lawyers, there will be arguments; therefore, if there are laws, there will be arguments.
4:4 これは簡単な三段論法によって証明されよう。つまり、もし法律家がいれば論争があるであろう。それゆえに、もし法律があれば論争があるであろう、ということである。
4:5 This same general point is better expressed in Plato’s Republic, which looked forward to the creation of a well-ordered state.
4:5 これと同じ一般的な論点はプラトンの「国家論」によりよく示されていて、それは秩序のとれた国を創造することを期待していた。
4:6 The citizenry of this ideal republic would obey the states rationally founded laws without dispute.
4:6 この理想的な国の市民は、その国において合理的に作られた法律に疑いもなく従うであろう。
4:7 Such a perfect state, in the interests of maintaining its ordered harmony, would need to (14) (1. dispense with 2. formulate 3. abide by) laws about trivia such as contracts made in the market and contracts for manufacture, questions of slander and assault, the lodging of legal actions and empaneling of juries, exaction and payment of market or harbor dues and the general business of regulating business and police and harbor charges and other similar matters.
4:7 そのような完璧な国は、秩序のとれた調和を維持するために、次のような基細なことに関する法律はなしですます必要があるであろう。つまり、市場や製造のための契約、中傷や暴行の尋問、法的訴訟の提出や陪審員の選出、市場や港の使用料の徴収と支払い、事業や警察や港の使用料やその他細かい事柄を規制する一般的な業務等に関してである。
4:8 If laws were formulated on such minor matters, then the citizenry would waste their whole time making and correcting detailed regulations, with the result that harmonious order would (15) (1. naturally follow 2. never be achieved 3. often be guaranteed).
4:8 もし法律がそのような基細なことに関して制定されれば、市民は自分たちの時間をすべて、細かい規制を作ったり改めたりするのに浪費するであろう。その結果、調和ある秩序は決して達成されないことになるであろう。
4:9 Sextons Empirics blamed the rhetoricians, rather than the existence of laws, for argumentation.
4:9 セクスツス=エンピリクスは論争の責任を、法律の存在よりもむしろ修辞学者の非とした。
4:10 He noted that among the barbarians there were no rhetoricians, and the laws remained unaltered and generally obeyed, whereas amongst those who cultivate rhetoric they are altered daily, as is the case with the Athenians.
4:10彼によると、未開人の間には修辞学者はいなくて法律は変更なく一般に守られるが、それに対して古代アテネ人の場合のように、修辞法を修める人々の間では法律は日々変更される、ということである。
4:11 We could add that the “barbarians” Sextus Empiricus had in mind would not have codified their laws with the precision of the legislative bodies presiding over modern bat and ball games.
4:11 セクスツス=エンピリクスが心に抱いていた「未開人」は、現代のクリケットを統轄する立法府のような正確さで、自分たちの法律を成文化してはいなかったであろうと付け加えることができよう。

■第5段落
5:1 The close links between rules and arguments can be illustrated by considering a culture which has formalized its rules of everyday behavior to an unequalled extent.
5:1 ルールと論争の緊密な結びつきは、日常の行動のルールを比類ないほどまで作り上げた文化を考えれば証明できうる。
5:2 The Talmud, containing the rules of Orthodox Judaism, specifies in detail what correct actions for every aspect of daily life are.
5:2正統ユダヤ教のルールを含むタルムードは、日常生活のあらゆる面で何が正しい行動であるかを詳細に規定する。
5:3 Even the most trivial action must be performed in a sanctified manner to prevent godlessness from (16) (1. entering into 2. ruling over 3. opening up) everyday routines.
5:3不信心が毎日の日課に入ってこないようにと最も基細な行動でさえ規定された方法でなされなければならない。
5:4 The novelist Jorge Luis Borges, in his story The Zahir, describes the Talmud as having “codified every conceivable human eventuality.”
5:4小説家ジョルジュ=ルイ=ボルジュは、彼の小説のThe Zahirにおいて、タルムードを「考えうる人間の可能性のすべてを成文化している」ものと描いている。
5:5 This is (17) (1. an accurate description 2. a general conclusion 3. an exaggerated description), for the continuation of Talmudic debates shows that the complete codification is unattained but aimed for.
5:5 これは誇張された描写である。なぜなら、タルムードに関する議論が続いていることから、完全な成文化は達成不可能で目標にすぎないのだとわかるからである。
5:6 The Talmud represents a self-produced anthropology, explaining to orthodox Jews the meaning of their rituals in a detail which the professional anthropologist, seeking the unwritten rules of social life, can only admire.
5:6 タルムードは自ら生み出した人類学を表しており、正統派ユダヤ人に自分たちの儀式の意味を詳しく説明する。それは、不文律の社会生活のルールを求める専門の人類学者が賞賛するしかないようなものである。
5:7 Just as the behavior of game players is meaningless without knowledge of the rules of the game, so the customs of orthodox Jews are incomprehensible without the Talmud.
5:7 ゲームのルールの知識がないとゲームの選手の行動が無意味になるのとちょうど同じように、タルムードがないと正統派ユダヤ人の習慣は理解できない。
5:8 However, this great code of behavior, which seeks to leave (18) (1. nothing to chance 2. a lot to be desired 3. much room to debate) but dictates detailed rule following, is principally a record of arguments.
5:8 しかしこの偉大な行動規範は何事も運任せにしないで詳しくルールの遵守を指示しており、これは主として論争の記録なのである。
5:9 From its opening page, through its sixty or so volumes of tractates, it describes the arguments of the ancient rabbis, as they disputed their interpretations of the Holy Law.
5:9 それは、最初のページから約60巻の文章を通して、聖なる法律の解釈をめぐって議論する古代のラビの論争を描いている。
5:10 Every pronouncement is a subject of argument, and, as Heiman has shown in his account of modern Talmudic study groups, even today the Orthodox learn the rules by (19) ( 1. abandoning 2. reliving 3.authorizing) the ancient arguments.
5:10 すべての宣告が議論の対象であり、ハイルマンが現代のタルムードの研究グループに関する報告で示しているように、今日でさえユダヤ教正統派は古代の論争を追体験することによってルールを学ぶのである。
5:11 All in all, the Talmud represents not merely one of the most detailed codes of behavior ever produced, but is also one of the greatest collections of arguments in literature.
5:11要するに、タルムードはただ単にこれまでに生まれた最も詳細な行動規範のひとつであるだけでなく、文献に残る最も大きな論争の収集物のひとつでもある。

■第6段落
6:1 Because arguments are such a constant theme in the history of social rules, their psychological importance should be recognized.
6:1論争は社会ルールの歴史においてまったく絶えることのないテーマであるので、その心理的な重要性が認められるべきである。
6:2 However, psychologists will be unable to give due attention to argumentation as long as they employ theoretical frameworks which subtract the argumentative aspects from human activities.
6:2 しかしながら、心理学者は、人間活動から論争的側面を取り去るような理論的枠組みを用いるかぎり、論争に対してしかるべき注意を払うことはできないであろう。
6:3 If this point is accepted, then we now have our excuse to (20) (1. leave 2. emphasize 3. construct) modern theory, and to enter the ramshackle old city center of rhetoric: it is in ancient rhetoric, but not in recent social psychology, that argumentation is placed in the center of human affairs.
6:3 もしこの論点が受け入れられれば、我々には今や、現代理論を離れ、今にも倒れそうな古い修辞学の町中へ入っていける言い訳ができる。論争が人間活動の中心に置かれるのは、古代の修辞学においてであって、最近の社会心理学においてではない。
6:4 Consequently, the antiquarian psychologist is able to offer a justification for temporarily closing the modern psychology books, and for opening the texts of the ancient rhetorical tradition.
6:4 その結果、しばらく現代心理学の本を閉じ、古代修辞学の伝統に関する文献を開くことに対する正当化を、古代研究の心理学者が与えてくれるのである。

copyright 2016/Everyday school