[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 1995年 大問二 単語

●構文・語句●
[第1段]
If~, then… 「もし~ならば…」
just as~, so… 「ちょうど~であるように…」
owe A to B 「AはBのお陰である」
on the contrary 「逆に」
be confined to~ 「~に限られる」
・having stated that~「~と述べて」完了形の分詞構文

[第2段]
arose directly out of~ 「~から直接起こった」
in point of fact 「実際のところ」
little more than~ 「~にすぎない」
be liable to do 「~しがちである」

[第3段]
be true of~ 「~にあてはまる」
right up to~ 「正に~まで」rightは強調。
as well as being~ 「~であるのに加えて」
・the more rules~, the more arguments… the+比較級、the+比較級…に注意。
・without the game’s officials arguing~「ゲームの役員が議論することなしに」arguingは動名詞。

[第4段]
be restricted to~ 「~に限られる」
at the cost of~ 「~を犠牲にして」
in the interests of~ 「~のために」
waste + 時 + ~ing 「~して時を浪費する」
blame A for B 「BのことでAをとがめる」
as is the case with~ 「~の場合のように」

[第5段]
to a~extent 「~の程度まで」
all in all 「概して」
not merely ~ but also… 「~だけでなく…も」

[第6段]
so long as~ 「~する限り」
be placed in~ 「~に置かれる」
・it is in ancient rhetoric, but not~ that…「…するのは~ではなくて古代の修辞学においてである」強調構文。

copyright 2016/Everyday school