[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 1996年 大問一 空所補充問題

空所補充問題
■第1段落
1:1 on a daily basis everyone comes into contact with persuasive forces.
1:1誰もが日常的に説得行為に接する。
1:2 Whether it is with friends, family members, or co-workers, elements of persuasion can be found in almost any social interaction.
1:2友人とであれ家族とであれ、同僚とであれ、ほとんどすべての社会的相互作用において説得の要素を見出すこができる。
1:3 Although most people would argue that they are responsible for their attitudes and beliefs, social scientific theory and research has (1)(1. yielded 2. assumed 3. declared) a large body of evidence that does not support this notion.
1:3 ほとんどの人は、自分の態度や信念については自分に責任があると主張するだろうが、社会科学の理論と研究によって、この考えを支持しない多くの証拠が挙げられている。
1:4 Within the United States and other developed nations, the media present powerful persuasive forces in the form of consumer advertising, political campaigning, and the dissemination of general news and information that, by and large, play a crucial role in the development of opinions, beliefs, and attitudes of individuals and groups.
1:4 アメリカ合衆国や他の先進諸国では、メディアが消費者への広告、政治運動、一般的なニュースや情報の普及という形で、強い説得力を示しており、それが個人および集団の意見、信念、態度の形成において、概して重要な役割を果たしている。
・解答 
(1)1
Yield「産生する」
Assume「当然のことと思う」
Declare「宣言する」
多くの証拠を~に当てはまるのは1

■第3段落
3:1 Persuasion has often been defined as an act of human communication that has the specific goal of influencing the beliefs, opinions, and attitudes, and/or behavior of others.
3:1説得はしばしば、人間のコミュニケーション行為であり、他人の信念、意見、態度、そして(または)行動に影響を与えるという特定の目標をもつと、定義されてきた。
3:2 In many instances this definition does not describe the full range of conditions under which persuasion takes place.
3:2多くの場合、この定義は説得が行われる状況の全範囲に言及するものではない。
3:3 Specifically, when receiver factors are taken into account one message may be a clear example of persuasive communication to a specific audience or individual, while presented to another it may simply (2)(1. devalue 2. impair 3. validate) existing beliefs and opinions and thus fail to present a clear distinction of persuasion.
3:3特に、受け手側の要素を考慮してみると、あるメッセージが特定の聴き手や個人にとっては説得的な意志伝達の明らかな例であるのに別の者に示されると、ただ単に既存の信念や意見を確証するだけになり、したがって説得行為であるとは明確に区別できなくなることがある。
3:4 Furthermore, instances of coercion can be (3)(1. misguided 2. misplaced 3. misconstrued) as acts of persuasion since there is a fine boundary between forced change and persuasive change.
3:4 さらに、強制的変化と説得的変化の間の境界は微妙なものなので、強制例が説得的行為として誤解されることがある。
3:5 For practical purposes, we will focus on the more (4)(1. salient 2. opaque 3. congenial) instances of persuasion and contrast them with examples that are not as distinct.
3:5実際的には説得のより顕著な例に焦点を当て、それほど明確ではない例と対比してみることにする。
・解答 (2)3 (3)3 (4)1
(2)
Devalue「価値を減じる」
Impair「痛める」
Validate「有効にする、確認する」
3行目の文脈で判断できる
(3)
Misguide「間違って案内する」
Misplace「置き違える」
Misconstrue「誤解する」
境界は微妙だと前にある。
(4)
Salient「顕著な」
Opaque「不透明な」
Congenial「同性質の」
明確ではない例と対比する。

■第4段落
4:1 Within the large body of theory and research on persuasion the concept of attitude has received a great deal of attention since itis closely linked to the success of persuasive communication.
4:1説得に関する多くの理論と研究の中で、「態度」が説得的な意志伝達の成功に密接に関係していることから、「態度」の概念が大きな注目を集めている。
4:2 The mental state of the receiver is an important part of persuasion and in many instances the ultimate goal of the persuader is to bring about some form of attitude change.
4:2受け手の精神状態は説得の重要な部分であり、多くの場合、説得する側の最終的な目標は何らかの形の態度の変化を引き起こすことである。
4:3 Furthermore, in many cases attitudes are the (5) (1. precedents 2. precursors 3. premises) to behavior, and many theories of persuasion involve the concept of attitude.
4:3 さらに、多くの場合、態度は行動に先行するものであり、説得に関する多くの理論には態度の概念が含まれるのである。
・解答 
(5)2
Precedent「先例」
Precursor「先駆者」
Premise「前提」
3行目後半より、態度が行動より先にくることがわかる。

■第6段落
6:1 Credible communicators are looked upon as experts.
6:1 「信頼できる伝達者」は専門家と見なされる。
6:2 That is, they display a degree of competence in their field and are commonly viewed as knowledgeable and experienced.
6:2 つまり、彼らは自分の分野においてある程度の能力を示し、知識があり経験があると一般に見られているのである。
6:3 Furthermore, receiver judgments of competence are significantly influenced by the communicator’s level of training, occupation, and experience.
6:3 さらに受け手側が能力を判断する際には、伝達者の訓練、職業、経験の程度に影響されるのである。
6:4 This value judgment made on the part of the receiver is important in whether the message is accepted or rejected.
6:4受け手側においてなされるこのような価値判断は、メッセージが受け入れられるか拒絶されるかどうかにおいて重要である。
6:5 If the receiver believes the communicator has (6)( 1. disposed 2. displayed 3. dismissed) a high degree of competence, then it is much more likely that the message being conveyed will have an impact.
6:5 もし受け手が、伝達者がかなりの程度の能力を示していると信じるならば、伝えられているメッセージが影響を与える可能性ははるかに大きくなるだろう。
6:6 In addition to this, a communicator’s degree of trustworthiness is also (7) (1. assessed 2. assured 3. accorded) by the receiver.
6:6 これに加えて、伝達者の信頼度もまた、受け手によって測られうる。
6:7 If a communicator is viewed as being truthful then the message will seem much more reliable and acceptable.
6:7 もし伝達者が信頼できると見なされれば、そのメッセージははるかに信頼でき受け入れられうるものになる。
6:8 On the other hand, if a persuasive message is remembered but not its source, then the influence of a communicator of high credibility may have a diminishing effect over time.
6:8また一方、説得的なメッセージ自体は覚えられているが、その出所が覚えられていない場合、信用度の高い伝達者がもたらす影響でも、時がたてば弱くなるかもしれない。
6:9 However, low credibility communicators may receive a beneficial gain in this situation which would result in having a more persuasive response to their message after a period of time has passed.
6:9しかしながら、このような状況では信用度の低い伝達者が利益を得る(大きな影響を与える)こともあり、ある期間が経過した後、自分のメッセージに対してより説得的な反応を得るという結果になる。
6:10 This is a phenomenon known as the sleeper effect that occurs under circumstances in which the receiver remembers the message but not reasons that may (8)(1. discount 2. support 3. discourage) it.
6:10 これは、「仮眠効果」と呼ばれる現象で、受け手がメッセージは覚えているが、それを支持する理由を覚えていない状況で起こるものである。
6:11 For example, a receiver may remember factual information from a message but forget about the credibility of the communicator and other source factors which we normally rely upon to judge information.
6:11例えば、受け手がメッセージから得た事実に基づく情報は覚えているのだが、我々が情報を判断するために普通頼っている伝達者の信頼性や他の出所の要素を忘れる場合がそれである。
6:12 (9)(1. Thus 2. On the contrary 3. In addition) , practical issues that may influence the credibility of communicators include their rate of delivery and the degree of confidence in their tone.
6:12 その上、伝達者の信頼性に影響を与えるであろう現実的な問題には、話し方の速さと口調における自信の度合いが含まれる。
6:13 A communicator is viewed as more credible if his or her speech contains no hesitations and is delivered at a rapid pace.
6:13伝達者は、ためらいのない話しぶりで速く話すと、より信頼できると見なされるのである。
・解答 (6)2 (7)1 (8)2 (9)3
(6)
Dispose「配置する、処分する」
Display「表示する、陳列する」
Dismiss「解散させる」
(7)
Assess「評価する」
Assure「保証する」
Accord「一致する」
(8)
Discount「割引する」
Support「支える」
Discourage「落胆させる」
すべて文脈から判断できる。
(9)
Thus「このように」
On the contrary「それどころか」
In addition「加えて」
メッセージの出所に関する要素を忘れることに加えて、口調なども影響を与える。

■第7段落
7:1 A related source factor which is closely linked to credibility involves the receivers’ liking of the communicator.
7:1信頼性と密接に結びついた関連のある出所要素には、受け手が伝達者を好むかどうかが含まれる。
7:2 Although the effects of liking tend to be weaker than those of credibility factors, they still play a dominant role in persuasibility.
7:2好みの影響は信頼性の要素の影響よりは弱い傾向があるが、それでも説得力において有力な役割を果たしている。
7:3 There are two general rules to this source factor; one of these rules is that when a receiver is highly involved in an issue, influences such as liking are greatly reduced.
7:3 この出所要素には2つの一般的なルールがある。これらのルールのひとつは受け手がある問題に深く関わっていると、好みなどの影響は非常に少なくなるということである。
7:4 In this case, receivers tend to actively process the message and pay less attention to peripheral cues such as liking.
7:4 このような場合、受け手はメッセージを積極的に処理する傾向があり、好みなどの周辺的な手がかりにはあまり注意を払わないのである。
7:5 On the other hand, if a receiver is not highly involved inthe issue then he or she is more likely to rely on (10)(1. simplistic 2. controversial 3. obnoxious) cues such as liking to develop opinions about the message.
7:5一方、受け手がその問題にあまり深く関わっていない場合、好みなどの、単純な手がかりにより頼ってそのメッセージに関する意見を展開させようとする傾向がある。
7:6 In some cases disliked communicators are more effective than liked communicators.
7:6場合によっては、嫌いな伝達者の方が、好きな伝達者よりも影響を与えやすいことがある。
7:7 This has been shown to occur when other characteristics of the communicator, such as credibility factors, produce a compensation effect.
7:7 これが起こるのは、信頼性の要素など伝達者の他の特徴が補償効果を引き起こす時である。
7:8 Furthermore, disliked communicators are more persuasive in cases where the receiver has paid more attention to the message content than to the communicator’s personal characteristics.
7:8 さらに、嫌いな伝達者は、受け手が伝達者の個人的特徴よりもメッセージの内容に多くの注意を払ったような場合にも、より説得力が増す。
・解答 
(10)1
Simplistic「過度に単純化した」
Controversial「論争上の」
Obnoxious「気に障る」
3行目からの2つの対比を視野に入れると1が最適。

■第8段落
8:1 Along with factors involving the communicator’s own personal characteristics, structural components of the message contribute to effective persuasive communication also.
8:1伝達者自身の個人的特徴を含む要素とともに、メッセージの構造的要素もまた、説得的コミュニケーションを効果的なものにするのに役立つのである。
8:2 There are a number of important questions to consider concerning the content of persuasive messages.
8:2説得的なメッセージの内容に関しては考慮すべき多くの重要な問題がある。
8:3 For example, should the message arouse emotion or highlight well-reasoned examples to support your ideas?
8:3例えば、自分の考えを支持するために、メッセージは感情を刺激すべきであろうか。それとも事実に基づいた例を強調すべきであろうか。
8:4 Should you use one­ or two-sided appeals?
8:4一面から訴えるべきであろうか。それとも両面から訴えるべきであろうか。
8:5 And lastly, how much discrepancy should the message contain in (11)(1. sight 2. light 3. retrospect) of the audience’s own existing opinions and beliefs?
8:5 そして最後に、聞き手自身がすでにもっている意見と信念を考慮して、メッセージはどれぐらいの相違点をもつべきだろうか。
8:6 These issues will be examined closely.
8:6 これらの問題を注意して考えてみることにする。
・解答 (11)2
(11)
In sight of~「~の観点から」
in light of~「~を考慮して」
in retrospect「過去を振り返って」

■第9段落
9:1 In cases where existing audiences are composed of well-educated people, messages that have objective and rational appeals tend to be much more persuasive than those containing fearful or emotional appeals.
9:1目の前にいる聴衆が教養のある人から構成されている場合は、客観的で合理的な訴えをもったメッセージの方が、恐怖に満ちたまたは感情的な訴えを含むものよりもはるかに説得的である傾向がある。
9:2 (12)(1. Otherwise 2. Likewise 3. However) , highly motivated and involved audiences are equally as responsive to rational appeals.
9:2同様に、非常にやる気に富み関心のある聴衆も、合理的な訴えに同じぐらい反応してくれる。
9:3 On the other hand, audiences that may be less analytically oriented or not personally involved in the message content will be motivated more by the liking of the communicator than the content of the message.
9:3 一方、分析的な傾向をあまりもたなかったり、メッセージの内容に個人的な関心がなかったりする聴衆は、メッセージの内容よりも伝達者の好みの方により気持ちが向くのである。
・解答 (12)2
(12)
Otherwise「別な方法では」
Likewise「同様に」
どちらも合理的な訴えが効果を持つ。

■第10段落
10:1 Moreover, emotional appeals have been found to be quite effective, especially when they are incorporated with factual information.
10:1 さらに、感情的な訴えが非常に効果的であるとわかっているのは、特に事実に基づく情報と合わさった時にである。
10:2 For example, the American Lung Association’s antismoking campaign and the driver education programs in high schools that show horrible traffic accidents both share a common element of fear with the (13)(1. intention 2. pretension3. contention) to persuade.
10:2例えば、American Lung Associationの禁煙運動と、高校における運転教育プログラムで恐ろしい交通事故を見せることは、説得の意図に加えて、恐怖という共通の要素を共有しているのである。
10:3 Research suggests that fearful and emotional appeals that are successful in producing greater fear will, in fact, strengthen the message’s effectiveness.
10:3調査によれば、より大きな恐怖を生み出すことに成功するような、恐怖に満ちた感情的な訴えは、実際メッセージの効果を強めるのである。
10:4 The degree of fear appeals in a message and the amount of fear (14)(1. established 2. erased 3. evoked) in an audience are prime determinants of successful persuasion.
10:4 あるメッセージにおける恐怖に満ちた訴えの程度と、聴衆の中に引き起こされる恐怖の量によって、説得が成功したかどうかが一番に決まるのである。
10:5 However, if a message contains an extremely high degree of fear it may persuade an audience but it might also (15)(1. attract 2. detract from 3. diversify) the message content, producing an opposite effect.
10:5 しかしながら、メッセージが極端に強度な恐怖を含む場合は、その恐怖は聴衆を説得するかもしれないが、同時にメッセージの内容を損ない、逆効果を生み出すかもしれない。
・解答 (13)1 (14)3 (15)2
(13)
Intention「意図」→intendの派生
Pretension「見かけ、うぬぼれ」
Contention「口論」
説得の~に入るのは文脈から1が最適。
(14)
Establish「創立する」
Erase「消す」
Evoke「(感情などを)呼び起こす」
恐怖という感情を表す単語があるので、文脈からも3が適当。
(15)
Attract「魅了する」
detract from「減ずる」
diversify「様々に変化させる」
逆効果ということから考える。

■第11段落
11:1 It has been found that the amount of fear experienced in any given audience is variable and complex.
11:1一定の聴衆が経験する恐怖の量は多様で複雑であるとわかっている。
11:2 Even in carefully controlled experimental designs the (16)(1. infringement 2. deduction 3. inducement) of fear is variable across individuals.
11:2慎重に管理された実験計画においても、恐怖が誘発する物は個人によって多様である。
11:3 In general, research shows that fearful persuasive appeals may or may not be effective.
11:3一般に、研究からは恐怖に満ちた説得的訴えは効果的な場合もあればそうでない場合もあることがわかる。
・解答 (16)3
Infringement「冷蔵や冷凍するプロセス」
Deduction「控除」
Inducement「誘導」
10段落から恐怖の誘発に関する実験について述べられているので3.

■第12段落
12:1 When presenting an argument one must consider whether opposing arguments should or should not be addressed.
12:1議論をするときは、反対意見も述べるべきかどうかを考えなければならない。
12:2 As a general rule, presenting two-sided arguments is more effective because the audience tends to believe that the communicator is offering objective and unbiased information.
12:2一般に、両面から議論をすることはより効果的である。なぜなら、聞き手は、伝達者が客観的で偏見のない情報を提供してくれていると信じやすくなるからである。
12:3 Moreover, well-informed and well-educated audiences are more (17)(1. receptive 2. subordinate 3. liable) to two-sided appeals as opposed to one-sided arguments.
12:3 さらに、知識と教養のある聴衆は、一面だけの議論に対して両面からの訴えを受け入れやすいのである。
12:4 Although there are instances in which recognizing opposing arguments may obscure the communicator’s message and fail to sway people’s opinions, the vantage point is still more robust with a two-sided appeal.
12:4反対意見を認めることで、伝達者のメッセージが不明瞭になり、他人の意見に影響を与えることができなくなるという例があるけれども、両面からの訴えの方が有利なのはそれでもなお間違いない。
12:5 However, in instances where the audience is in full agreement with the message of the communicator a one-sided appeal is more effective.
12:5 しかし、聴衆が伝達者のメッセージにまったく同意している場合には、一面だけの訴えの方が効果的である。
12:6 Speculation (18)(1. makes 2. has 3. leaves) it that factors which influence people’s persuasibility to one­ as opposed to two-sided arguments are dependent upon their educational level and their acquaintance with the issue.
12:6人が両面からの議論に対して一面だけの議論に説得されやすいことに影響を与えている要素はその人の教育レベルとその問題に対する知識次第であると推測できる。
・解答 
(17)1
Be receptive to「~を受容する」
Be subordinate to「~に従属する」
Be liable to「~しがちである」
12段落の内容を丁寧の把握する。
(18)2
このhaveは使役と考えられる。

■第13段落
13:1 Persuasive communicators commonly have an idea of how much they wish to modify a given audiences attitudes and opinions.
13:1説得的な伝達者は普通、特定の聴衆の態度と意見をどれぐらい変えたいかということを考えている。
13:2 Some communicators may defend a position strongly discrepant to that held by the audience, while others may possibly advocate a position which is only somewhat discrepant from the audiences initial opinion.
13:2伝達者の中には聴衆がもつ立場とはまったく異なった立場を保持するものもいれば、一方、聴衆の最初の意見とは少ししか異なっていない立場を主張するものもいるだろう。
13:3 Overall, research shows that with both excessive and (19)(1. conservative 2. liberal 3. radical) usage of discrepancy a communicators effectiveness is diminished.
13:3一般的に、研究によると、(意見の)相違の利用はやりすぎても抑えすぎても効果を減らすらしい。
13:4 The instance where discrepancy (20)(1. sustains 2. affords 3. works) best is when the message of the communicator is only slightly different from the opinions held by the audience.
13:4 (意見の)相違が最も効果的に機能する例は、伝達者のメッセージが聴衆のもつ意見とほんの少しだけ異なる時である。
13:5 As one would guess, moderate levels of discrepancy work best when the message is delivered by a credible communicator.
13:5誰もが推測することであろうが、適度な相違が最も効果的に機能するのは、信頼できる伝達者によってメッセージが伝えられる時である。
13:6 In some cases, messages with extreme levels of discrepancy seem to have positive results when given by a credible communicator.
13:6場合によっては極度な相違をもつメッセージが、信頼できる伝達者によって伝えられた時に、肯定的な結果となることもあるようである。
13:7 Additionally, when a receiver maintains a high degree of involvement with a message the communicators range of discrepancy is greatly reduced.
13:7 その上、受け入れ側がメッセージとかなりの程度の関わりを維持している時には、伝達者のもつ相違の許容範囲は大いに狭まるのである。
13:8 As may already be apparent, a receiver who has a personal acquaintance with an issue may become more intolerant of strongly discrepant points of view.
13:8 すでに明らかなように、問題を個人的に知っている受け手は大きく違った意見にはより不寛容となるであろう。
・解答 
(19)1
Conservative「保守的な、控えめな」
Liberal「自由な」
Radical「過激な」
この文の後に例示があるので、参考にするとexcessiveと対照的な語が入ることがわかる。
(20)3
Sustain「維持する」
Afford「余裕がある」
Work「機能する」
意見の相違が~するのは…に当てはまるのは前文からも3が最適。

copyright 2016/Everyday school