[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 1998年 大問一 本文対訳

本文
■第1段落
1:1 Consider three type of graduate students with whom I have been associated.
1:1私が接してきた3つのタイプの大学院生のことを考えてみよう。
1:2 If you understand the similarities and differences among these students — we’ll call them Alice, Barbara, and Celia — and their strengths and weaknesses, you will have a better basis for understanding the tribrachic theory of human intelligence that I am proposing.
1:2 もしこれらの学生(彼女たちをアリス、バーバラ、セリアと呼ぶことにしよう)の間の類似点と相違点、長所と短所を理解するならば、私がこれから提唱しようとしている人間知能の三様性理論を理解するのに、かなりよい下地をつくったことになるであろう。

■第2段落
2:1 Alice was the admissions officer’s dream.
2:1 アリスは入学許可担当者の夢であった。
2:2 She was easily admitted to our graduate program.
2:2彼女はわれわれの大学院課程に入るのを容易に認められた。
2:3 She came with (1) (1. average 2. stellar 3. satisfactory) test scores, outstanding college grades, excellent letters of recommendation, and, overall, close to a perfect record.
2:3彼女は、すばらしい試験結果と傑出した大学の成績とすぐれた推薦状、そして、全体としてほとんど完璧な履歴をもって入ってきた。
2:4 Alice proved to be more or less what her record promised.
2:4 アリスはだいたいその履歴が約束したものになった。
2:5 She had excellent critical and analytical abilities, which earned her outstanding grades during her first two years at our school.
2:5彼女にはすぐれた批判能力、分析能力があり、そのおかげで彼女はわれわれの学校での最初の2年間は傑出した成績を得ることができた。
2:6 When it came to taking tests and writing papers, she (2) (1. had no peer 2. had no help 3. was popular) among her classmates.
2:6試験を受けるとか論文を書くということになると、クラスメートの中で彼女に並ぶ者はなかった。
2:7 But after the first two years, Alice no longer looked quite so outstanding.
2:7 しかし、最初の2年が終わると、アリスはもはやそれほど傑出しているようには見えなかった。
2:8 In our graduate program, as in most, emphasis shifts after the first couple of years.
2:8 ほとんどの大学院課程と同様に、われわれの大学院課程も最初の2年が終わると、重視する点が変わる。
2:9 It is not enough just to criticize other people’s ideas or to study concepts that other people have proposed.
2:9他人の考えを批判したり、他人が提唱している概念を研究するだけでは不十分なのである。
2:10 You must (3) (1. not rely on 2. begin reviewing 3. start coming up with) your own ideas and figuring out ways of implementing them.
2:10自分自身の考えを思いつき、それらを実行する方法を考え出し始めなければならないのである。
2:11 Alice’s synthetic abilities were far inferior to her analytic ones.
2:11 アリスの統合能力は分析能力よりはるかに劣っていた。
2:12 But there was no way of knowing this from the evidence available in the admissions folder, for (4) (1. although 2. however 3. whenever) conventional measures can give us a good reading on analytic abilities, they give virtually no assessment of synthetic abilities.
2:12 しかし、入試書類で入手できる証拠からこれがわかる術はまったくなかった。というのは、昔ながらの尺度では分析能力に関しては正確な値がわかるが、統合能力に関する評価は実際のところまったくわからないからである。
2:13 Thus, Alice was “IQ test” smart, but not equally (5)1. discreet 2. disciplined 3. distinguished) in the synthetic, or practical, areas of intelligence.
2:13 かくしてアリスは「知能指数テスト」的には利口だが、知能の統合的または実用的な分野では同じように、すぐれているというわけではなかった。

■第3段落
3:1 In sharp contrast to Alice, Barbara was the admissions officer’s nightmare.
3:1 アリスとはまったく対照的に、バーバラは入学許可担当者の悪夢であった。
3:2 When she applied to our graduate school, she had good grades but abysmal aptitude test scores.
3:2彼女はわれわれの大学院に出願してきたとき、成績はよかったが適性検査の得点はひどく悪かった。
3:3 Still, she had superlative letters of recommendation, which described her as an exceptionally creative young woman who had designed and implemented creative research with only minimal guidance.
3:3 それでも、彼女の推薦状は最高のもので、それによると彼女は最小の指導で創造的な研究を計画、実行してきた非常に創造的な若い女性ということであった。
3:4 Moreover, her resume showed her to have been actively involved in important research.
3:4 さらに、彼女の履歴書から彼女が重要な研究に積極的に関わってきたことがわかった。
3:5 Unfortunately, people like Barbara are rejected from many graduate programs.
3:5不幸なことに、バーバラのような人は多くの大学院課程から受け入れてもらえない。
3:6 As a result, they either have to enter a program that is much less competitive or change their field altogether.
3:6 その結果、そのような人ははるかに競争の楽な課程に入らざるをえなくなるか、その専攻をまったく変えてしまうのである。

■第4段落
4:1 Celia, on paper, appeared to be somewhere between Alice and Barbara in terms of suitability for admission to the graduate program.
4:1 セリアは、書類上では、大学院課程入学の適性の点から考えると、アリスとバーバラの間に位置するように見えた。
4:2 She was good on almost every measure of success but not truly outstanding on any.
4:2彼女はほとんどすべての成功の尺度においてよい成績だったが、いずれにおいても非常に傑出しているというわけではなかった。
4:3 We admitted her, (6) (1. expecting that she comes out 2. expecting her to come out 3. having expected to come out) near the middle of the class.
4:3 われわれは彼女がクラスの真ん中くらいにはなるだろうと思って、彼女の入学を認めた。
4:4 This did not happen.
4:4 このようにはならなかった。
4:5 Celia proved to be outstanding, though in a way that is quite different from Alice’s or Barbara’s.
4:5 セリアは傑出した学生とわかったが、それはアリスやバーバラとはまったく異なった面でだった。
4:6 Celia’s expertise lies in figuring out and adapting to the demands of the environ mint.
4:6 セリアの能力は周囲の要求を理解し、適応していく点にある。
4:7 Placed in a totally new setting, she loses no time identifying what is required of her and behaving (7) (1. agreeably 2. accordingly 3. selectively).
4:7彼女はまったく新しい状況に置かれると、すぐに自分に要求されていることを特定し、それに応じて行動するのである。
4:8 She knows exactly what to do to get ahead.
4:8彼女は成功するために何をすればよいかを正確にわかっている。
4:9 In conventional parlance, Celia is “street smart.”
4:9型にはまった用語でいえば、セリアは「世渡りにたけている」のである。
4:10 She excels in practical intelligence.
4:10彼女は実用的な知能にすぐれている。

■第5段落
5:1 Just how would you characterize the similarities and differences among Alice, Barbara, and Celia?
5:1 アリスとバーバラとセリアの間の類似点と相違点を、どのように特徴づけることができるだろうか。
5:2 Clearly, all are exceedingly intelligent, though in very different ways.
5:2明らかに3人とも非常に知能は高いが、まったく異なった面においてである。
5:3 People like Alice excel in traditional academic, or analytic, intelligence.
5:3 アリスのような人は伝統的な学問的、つまり分析的能力にたけている。
5:4 To the extent that intelligence is measured by (8)1. conventional 2. genetic 3. creative) factors or information processing components, by its relationship to the internal world, Alice and individuals like her would be considered very, very smart.
5:4知能が型にはまった要素や情報処理要素とか内部世界との関係によって測られる限りは、アリスや彼女のような人は非常に利口であると考えられる。
5:5 Individuals like Barbara, on the other hand, do not appear nearly so intelligent by such ordinary standards.
5:5他方、バーバラのような人は、そのような通常の基準ではそれほど知能が高いようには見えない。
5:6 Where they excel is in their synthetic ability, the ability to deal with novelty — to view new things in old ways or old things in new ways.
5:6彼女たちがすぐれているのは、その統合能力においてであり、それは新しいものを処理する能力、つまり新しいものを古い観点から、古いものを新しい観点から見る能力である。
5:7 Hence Barbara’s intelligence, and that of others like her, becomes truly apparent (9) (1. unless 2. even though 3. only if) it is viewed in terms of the relationship of intelligence to experience, particularly novel experience.
5:7 したがって、バーバラの知能および彼女のような他の人たちの知能は、知能が経験、特に新しい経験とどのように関係しているかという点から見られる場合のみ、本当に明らかになるのである。
5:8 People like Celia have neither Alice’s nor Barbara’s pattern of strength.
5:8 セリアのような人は、アリスやバーバラのような型の長所をもっていない。
5:9 Instead, they excel in terms of the relationship between intelligence and the external world of the individual.
5:9 その代わりに、彼女たちは知能と個人の外的世界との間の関係という点においてすぐれている。
5:10 Their excellence resides in their practical intelligence — the ability to apply their mental abilities to (10) (1. novel 2. unusual 3. every day) situations.
5:10彼女たちのすぐれている点は、その実用的な知能、つまり知的能力を常の状況に応用する能力にある。
5:11 Their street smarts are not measured by typical tests but quickly show up in their performance in real-world settings.
5:11 その世渡り能力は典型的なテストでは測定できないが、現実世界の状況の中で行動していくにつれて、すぐに現れる。

■第6段落
6:1 The actual ideas for my theory of intelligence were inspired by contact with people I have known.
6:1私が知能に関する理論を実際に考えるようになったのは、知り合った人たちとの付き合いを通してであった。
6:2 In developing a (11) (1. consensus 2. purpose 3. rationale) for a theory of intelligence, however, it is necessary to have both a scientific and an observational basis for making theoretical claims.
6:2 しかしながら、知能に関する理論の調論的根拠を築き上げる際には、理論的主張のための科学的かつ観察に基づく根拠が必要である。
6:3 I therefore decided to look back at the major theories of intelligence that have been proposed during the twentieth century.
6:3 それゆえに、私は20世紀に提唱された知能に関する主な理論を振り返ろうと決めたのである。
6:4 All of these seemed to be doing one, or in rare cases, two, of three things.
6:4 これらはすべて、3つのうちの1つ、または(まれな場合だが)2つを扱っているように思われた。
6:5 The first kind of theory attempted to relate intelligence to the internal world of individuals: What goes on inside people’s heads when they think intelligently?
6:5第1のタイプの理論は、知能を個人の内的世界に関係づけようと試みていた。つまり、人が知的に考えるとき、その頭の中では何が起こっているのかということである。
6:6 In the second kind of theory, psychologists sought to relate intelligence to the experience of individuals: How does experience affect people’s intelligence, and how does their intelligence affect the kinds of experiences they have?
6:6第2のタイプの理論では、心理学者が知能を個人の経験に関係づけようと努めていた。つまり、経験がいかに人の知能に影響を与えるのか、人の知能がいかに人の経験の種類に影響を与えるのかということである。
6:7 The third kind of theory is concerned with the relationship of intelligence to the external world of individuals: How do their interactions with the world at large affect their intelligence, and how does their intelligence affect the world in which they live?
6:7第3のタイプの理論は、知能が個人の外的世界といかに関係しているかに関わるものである。つまり、世界全体との触れ合いがいかに人の知能に影響を与えるのか、人の知能がその住む世界にいかに影響を与えるのかということである。
6:8 Furthermore, how does the world in which we live shape our very notions of what intelligence is?
6:8 さらに、われわれの住む世界が、知能とは何なのかに関するわれわれの概念そのものを、いかに形成してくれるかということでもある。

■第7段落
7:1 After conducting this extensive review of the literature on intelligence, I was impressed that my review led me to exactly the same place that my observations of Alice, Barbara, and Celia had taken me.
7:1知能に関する論文をこのように幅広く調査したあと、私が感銘を受けたのは、その調査によって、アリスとバーバラとセリアの観察によってたどりついたのとまったく同じところへたどりついたことであった。
7:2 To understand intelligence completely, it seems that one needs to understand the relationship of intelligence to three things: the internal world of the individual, the external world of the individual, and the experience with the world that (12) (1. Separates 2. Intercepts 3. Mediates between) the internal and the external worlds.
7:2知能を完全に理解するためには、知能が3つのものといかに関係するかを理解する必要があるようだ。つまり、個人の内的世界、個人の外的世界、内的世界と外的世界記の間の仲介をする世界との経験である。

■第8段落
8:1 The (13) (1. convergence 2. divergence 3. incompatibility) of my analysis of the research literature and my personal experience convinced me that what was needed was a “triarchic” theory of human intelligence — one that did justice to each of these three aspects of intelligence.
8:1研究文献の分析と私の個人的経験が、二点に集中していることから、必要なものは人間知能の「三様性」理論であると私は確信した。それは、知能の三面のそれぞれを公平に扱うものであった。
8:2 It is important to mention that my goal in constructing the tribrachic theory was quite (14) (1. contrary to 2. interchangeable with 3. compatible with) that of most psychologists who have developed theories of intelligence.
8:2三様性理論を築く際の私の目標が、知能に関する理論を築いた大部分の心理学者の目標とはまったくは異なったものであったと述べるのは重要である。
8:3 The field has been (15)1. Exceptionally focused 2. Notoriously contentious 3. Unusually harmonious), with every theorist setting out to prove that his theory is right and everyone else’s is wrong.
8:3 その分野は、悪名高いほど争い好きで、すべての理論家が、自分の理論が正しく他のみなの理論が間違いであると証明しようと努めている。
8:4 For example, Arthur Jensen argues for the predominance of a single, general factor in human intelligence, while Howard Gardner maintains that there are at least seven or eight multiple intelligences.
8:4 たとえば、アーサー=ジェンセンは、人間知能において単独の一般的な要素が支配していると主張しているが、ハワード=ガードナーは、少なくとも7つか8つの複合的な知能があると主張している。
8:5 For me, the most disturbing element of these and other opposing theorists has been that while they have done reasonably well in (16) (1. amassing 2. refuting 3. responding to) evidence to support their own point of view, they have generally failed to disprove the views of others.
8:5 これらの理論家や他の異なった意見の理論家に関する、私にとって最も頭を悩ます要素は、彼らは自分自身の観点を支持する証拠を集めるのにはかなり成功しているが、他人の観点の反証をあげることには、だいたい失敗しているということである。
8:6 How could this be?
8:6 どうしてこのようになるのであろうか。
8:7 After reviewing earlier theories, I came to the conclusion that the reason for this was that virtually all of them have been (17)(1. inaccurate 2. incomplete 3. inconsistent).
8:7私は初期の理論を調査したあと、この理由はそれらの理論のすべてが実際、不完全であったからだという結論に達した。
8:8 Though proposed as full theories of intelligence, each has dealt with only some limited aspects.
8:8 それぞれは知能に関する完全な理論として提唱されるが、ある限られた面しか扱っていないのである。
8:9 Often, too, these theories have proved to be complementary rather than contradictory, as might be expected.
8:9 またしばしば、これらの理論はお互いに矛盾したものではなくて、相補的なものであるともわかったが、そのことは予想のつくことだったかもしれない。
8:10 It is not difficult to show that a theory of general intelligence and the theory of multiple intelligences can be (18) (1. infused 2. installed 3. integrated) in a hierarchical framework, with general intelligence at the top of the hierarchy and multiple intelligences lower down.
8:10一般的知能に関する理論と複合的知能に関する理論が階層構造の中に、一般的知能が階層の頂点に、複合的知能が底辺の方にというように、まとめられうることを示すのは難しいことではない。
8:11 More specific abilities would then be viewed as sub-abilities.
8:11 より特定的な能力は下位能力と見られるであろう。
8:12 The point to be made, then, is that often the competition among theorists has been (19) (1. fierce 2. spurious 3. accommodating).
8:12 したがって、言いたい点は、理論家間の論争はしばしば、まがいものであるということである。
8:13 Their theories are really theories of different aspects of intelligence.
8:13彼らの理論は実際は、知能の異なった面に関する理論なのである。

■第9段落
9:1 The goal of the tribrachic theory is not to compete with other theories, but to (20) (1. subsume 2. submerge 3. sublet) them in a sense; that is, to view them as subdivisions of a more general theory.
9:1三様性理論の目標は他の理論と争うことではなくて、ある意味においてそれらを包括することである。つまり、より一般的な理論の下位区分であるとみなすことである。
9:2 The tribrachic theory is so named because it attempts to deal with each of the three aspects of intelligence described earlier.
9:2三様性理論と名づけられているのは、それが先に述べられた知能の三面のそれぞれを扱おうと試みているからである。
9:3 It is not the only possible theory that might successfully account for the interplay of intelligence with the internal world of the individual, with experience, and with the external world of the individual.
9:3 それは、知能がいかに個人の内的世界や経験や個人の外的世界と相互に作用しているかをうまく説明する唯一の可能な理論ではない。
9:4 Indeed, I hope other theories will be proposed.
9:4実際、私は他の理論が提唱されることを望んでいる。
9:5 But for the present, it does seem to have somewhat fewer gaps than existing theories.
9:5 しかし、現在のところ、それは既存の理論に比べると多少とも欠陥は少ないように思われる。

copyright 2016/Everyday school