[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 1998年 大問二 空所補充問題

空所補充問題
■第1段落
1:1 In the social sciences the terms “literate” and “literacy” occur in a variety of contexts.
1:1社会科学では、“literate”と“literacy”という用語は、さまざまな状況の中で使われる。
1:2 Most generally a contrast is drawn between those preliterate or no literate (and therefore in one sense prehistoric) societies that do not have a full-fledged system of writing for transcribing language and those that do.
1:2最も一般的には、言葉を書き取るための十分に出来上がった書記法をもたない文字使用以前または文字不使用(それゆえにある意味では有史前)の社会と、書記法をもつ社会の間には一線が引かれている。
1:3 More frequently the terms refer not to societies but to individuals, the percentage of people who can read and write in a particular society, which is therefore divided into the literate and the illiterate.
1:3 しばしば、それらの用語は社会ではなくて個人、つまり、ある特定の社会における読み書きのできる人の割合のことを表すことがあり、そのため社会は読み書きのできる人とできない人に分かれるのである。
1:4 Even among those who can read, competence obviously varies, so that literacy becomes a measurable quality, (1) (1. for 2. with 3. because) some individuals being more literate than others.
1:4読むことができる人の間でさえ能力は明らかにさまざまであり、その結果、読み書きができることは測定可能な特質となり、ある人は他の人より読み書きができる、となっている。
・解答 (1)2
For「というのも(接続詞)」
With「~と(前置詞)」
この後の文章に動詞がないので前置詞のみ当てはまる

■第2段落
2:1 In most societies with writing, until 100 years ago only a minority could read and write; the rest were illiterate and hence were themselves dependent on the oral or visual transmission of knowledge.
2:1文字をもつ大部分の社会でも、100年前までは読み書きができたのはごく一部の者で、残りの者は読み書きができず、そのため口頭または視覚による知識の伝達に頼っていた。
2:2 They were not, (2) (1. therefore 2. however 3. on the contrary) , dependent on knowledge originating in the oral or visual registers, and, consequently, their traditions differed in kind from those of a society without writing because they would be indirectly influenced by the written forms; illiterates would absorb Christian or Buddhist book learning through stories, sermons, paintings, and sculpture.
2:2 しかしながら、彼らは口頭または視覚による言語形態から生まれた知識には頼っていなかった。その結果、彼らの慣習は文字のない社会の慣習とは本質的に異なっていた。なぜなら、彼らは書き言葉の影響を間接的に受けたからである。たとえば、読み書きのできない人は、話や説教や絵画や彫刻を通してキリスト教や仏教の本を理解したのである。
2:3 Equally, they might learn to conduct cognitive operations invented by the written culture (such as the arithmetic tables learned by heart).
2:3同様に、彼らは文字文化によって発明された(九九の表を暗記するなどといった)認識作業を行うことを学んだであろう。
2:4 The same is true of technological advances developed through the medium of written operations; illiterates may (3) (1. benefit from 2. be prevented from 3. resist) living in a literate culture, although the inability to read and write will place them in a disadvantageous position relative to others who can.
2:4文字作業の手段を通して発達した科学の進歩にも同じことがあてはまる。読み書きのできない人は、読み書きができないために読み書きのできる人に比べて不利な状況に置かれるだろうが、文字のある文化で暮らすことで利益を得ることもあろう。
2:5 Even cultures without writing may be influenced by contact with literate outsiders in a similar manner.
2:5文字のない文化でさえ、読み書きのできる外部の者との接触によって似たような形で影響を受けるであろう。
2:6 The radio could stand as one example, because literacy was clearly (4)(1. a side effect 2. an outcome 3. a prerequisite) of its invention but not its operation.
2:6 ラジオが1つの例としてあげられよう。なぜなら、明らかに、読み書きができることがその発明の必須条件であったが、その操作の必須条件ではなかったからである。
2:7 Today, however, there is probably no society in the world that does not have some literates who are capable of (5) (1. deriving 2. manipulating 3. gaining) access to written knowledge produced elsewhere.
2:7 しかし、今日では世界のどの社会でも、他のところで生み出された文字による知識の利用権を得る(=知識を利用する)ことのできる読み書きのできる人がたぶん存在するであろう。
・解答 
(2)2
2行目の内容を考えると逆接が当てはまることがわかる
(3)1
Benefit「~に役立つ」
Prevent「予防する、防ぐ」
Resist「対抗する」
(4)3
Prerequisite 「必要条件」
(5)3
Derive「引き出す」
Manipulate「操る」
Gain「手に入れる」
2段落で読み書きについて述べられているのでそれを念頭において回答する。

■第3段落
3:1 The first achievement of writing is to ensure the storage and communication over time and space of linguistic messages.
3:1文字による業績の第1のものは、時間と空間を超えて言語メッセージを蓄え、伝えることである。
3:2 There lies its prime role in transforming social organizations, but the process of setting down such messages, whether or not they are then communicated to anyone, leads to changes in human understanding itself.
3:2 その主要な役割は社会組織を変えることにあるが、そのようなメッセージを書き留める過程は、次に誰かに伝えられようと伝えられまいと、人間の理解そのものを変えることにつながる。
3:3 In terms of the mechanics of reading and writing, these involve the development of secondary skills, the coordination of the eye with the brain, the inner ear, and the silent voice, by which linguistic thoughts are expressed in visual formulae and vice versa.
3:3読み書きの仕組みの点からみると、これらには、目と脳との協調、内なる耳や音にならない声などといった二次的な技術の発達が必要になる。それらによって、言語的な考えは視覚的な方法で表現され、また逆にもなるのである。
3:4 The process of learning to read involves the deliberate cultivation of exact memory and verbatim recall right from the start.
3:4読むことができるようになる過程には、まさに最初から正確な記憶力と一語一句思い出す力を計画的に養うことが伴うのである。
3:5 The memorizing of hundreds of basic shapes is (6) (1. crucial 2. marginal 3. irrelevant) to any logographic writing such as Chinese; syllabic scripts make fewer initial demands, and alphabetic ones fewer still.
3:5 何百もの基本的な形を覚えることは中国語のような表語文字には、決定的なことである。音節文字は最初にそれほどの要求はしないし、アルファベット文字はさらに要求は少ない。
・解答 
(6)1
Crucial「決定的な、重要な」
Marginal「周辺的な、あまり重要でない」
Irrelevant「不適切な」
中国語とアルファベットは反対の立場で書かれている。

■第4段落
4:1 The deliberate visual recording of language means not only a search for words but a search for genres.
4:1言葉を考えながら目に見える形で記録することは、単語を探すことだけではなくて、様式を探すことでもある。
4:2 Oral discourse, even when not informal, often trails off into another activity, being punctuated by a drink of water, a mouthful of food, the rustle of paper, the closing of a door, or, in other words, by another nonlinguistic activity.
4:2口頭による談話は、公式の場においてさえしばしば次第に別の行動となる。談話を水を飲んで中断したり、食物を一口食べて中断したり、紙をがさがさ動かして中断したり、ドアを閉めて中断したり、言い換えると、別の非言語的な行動をして中断するのである。
4:3 Written composition, however, has to have a formal beginning and an end; “Dear Christine” is completed by “Yours sincerely, Stephen,” (7) (1. put out 2. put forward 3. laid out) in a particular format, with the specification of place and date.
4:3 しかし、書かれた文章には、「親愛なるクリスティーナ」と書き出せば、最後は「敬具スティーブン」で締めくくり、書き出しは、場所と日付をきちんと記した上で特定の書式にのっとって配置する、といった形式上の始まりと終わりがなければならない。
4:4 Apart from the letter, there is a gamut of genres from the report to the passport, as well as the literary genres ranging from the novel to the poem.
4:4文学のジャンルが小説から詩にいたるまであるように、手紙以外にもレポートからパスポートにいたるまで、あらゆる様式(ジャンル)がある。
4:5 These developments appear gradually over time, but eventually not only each composition but each subunit (8) (1. takes after 2. takes on 3. takes in) a specific form each topic requires a paragraph, each sentence a capital letter and full stop, each word its break.
4:5 このような進展は時を経て徐々に現れるのであるが、結局はそれぞれの文章だけでなくそれぞれの下位単位も特定の型をとる。それぞれのトピックには段落が必要で、それぞれの文には大文字とピリオドが必要で、それぞれの単語には切れ目が必要である。
4:6 Syntax and punctuation become more precise and more formal as a result of becoming visual.
4:6目に見えるようになった結果、構文と句読がより正確で、より形式的になるのである。
4:7 Part of the reason behind these changes is that whereas speech (9) (1. operates as 2. addresses 3. defines) one of the channels in face-to-face communication, writing as a register stands on its own.
4:7 これらの変化の背後にある理由の一つには、話し言葉は面と向かって意思伝達のチャンネルの1つとして働くが、1つの言語形態としての書き言葉はそれ自体で独立している。
4:8 It is “decontextualized,” or rather the context is highly (10) (1. restricted 2. redundant 3. reserved) .
4:8 それは「脱文脈化」されている。もっと正確にいえば、文脈はきわめて限定されているのである。
4:9 Hence, clarity of expression and precision of genre, syntax, and punctuation are encouraged by the visual representation of language.
4:9 したがって、表現の明快さと様式、構文、句読の正確さは言葉を視覚的に表現することによって促進されるのである。
・解答 
(7)3
put out「消す、差し出す」
put forward「提唱する」
lay out「ひろげる、展開する、配置する」
(8)2
Take after「似ている」
Take on「雇う、引き受ける」
Take in「騙される」
(9)1
Operate「働く、影響する」
(10)1
Restricted「制限された」re(もとへ)+strict(締め付けられた)
Redundant「過剰な」
Reserved「供給された」

■第5段落
5:1 Not only is language decontextualized but because of the permanency of writing, which materializes the flow of speech, words can be rearranged (11) (1. equally 2. less 3. more) freely in composition and also taken out of the sentence structure as individual items and grouped with others of the same “class.”
5:1文字で書かれた文章は話の流れを形にするために、永久に残るという性質があり、そのため、言葉は脱文脈化されるだけでなく、単語は文章の中では、より自由に配列し直され、また個々の項目として文構造から取り出され、同じ「クラス」の他のものと一緒に分類される。
5:2 Such an activity is not impossible in oral discourse, but its use is enormously developed in early literate cultures where the reading and copying of lists, as in Mesopotamia, is one of the basic methods of instruction.
5:2 そのようにすることは口頭談話においても不可能ではないが、そのような習慣が非常に発達するのは、リストを読んで書き写すのが、メソポタミアにおけるように基本的な教授法の一つである初期の文字文化においてである。
5:3 Listing has other implications, because it means placing items in unambiguous categories, giving each one a position, leading to (12)(1. contextualization 2. consolidation 3. contradiction) on the one hand and reconsideration on the other.
5:3 リストを作ることには他の意味もある。というのは、そうすることは各項目をはっきりと区分けし、それぞれに位置を与え、一方では、強化に、他方では再考につながることを意味するからである。
5:4 The list is a component of the table or matrix, an important instrument of intellectual operations.
5:4 そのリストは表やマトリックスの構成要素で、知的作業の重要な手段である。
5:5 It is also intrinsic to recordkeeping of a multitude of kinds, from trading operations to administrative personnel to astronomical observations.
5:5 それはまた、商業取引や行政職員や天文観測にいたるまで多くの種類のものの記録をとるのに本質的なものである。
5:6 It is the relative permanency of writing that makes it valuable as a means of storing information, (13)(1. whatever 2. whether 3. whichever) in the form of note taking, of the more deliberate recording of the Nile floods over time, of the history written for future generations, or of the accidental survival of personal letters.
5:7 メモ書きの形であれ、時を超えたナイル川の洪水の記録といったより計画的な形であれ、将来の世代のために書かれた歴史の形であれ、個人的な手紙が偶然に残ったという形であれ、情報を蓄える手段としてそれを価値あるものにしているのは、文章というものが比較的永久に残るものであるということだ。
・解答 
(11)3
1行目を丁寧に読むと単語がより自由に配列しなおされる、が一番自然であることがわかる
(12)2
Contextualization「文脈化」
Consolidation「強化、合同」
Contradiction「否定、矛盾」
(13)2
後半にorとあるので、whetherが呼応する。

■第6段落
6:1 So much for writing.
6:1文章についてはここまでにしよう。
6:2 While reading aloud is necessarily an individual task and a frequent feature of early literacy, especially when only a small proportion of the population had the skills, it involved an immediate audience, the (14)(1. Physiological 2. Virtual 3. Physical) presence of hearers.
6:2人口のほんの一部しか読む技術をもっていなかったときに特にそうなのだが、音読が必然的に個人の作業であり、読み書きを覚えた初期にしばしば見られる特徴である間は、直接の聴衆、つまり聞き手の、実際の存在が必要であった。
6:3 So, too, did a parallel feature of early literacy, the repetitive reading to oneself of a piece, then its subsequent recitation, as if produced purely orally, to a collected audience.
6:3 また、読み書きを覚えた初期の同様の特徴である、ある文章を繰り返し自分に読むことにも直接の聞き手が必要であったし、その次の段階である集まった聴衆に対して行うまるでまったく口頭で生み出されたかのような暗唱にも、直接の聞き手が必要であった。
6:4 Such a process involves rereading, that is, going over for a second or a third time the linguistic message, in a fashion that is virtually impossible without writing.
6:4 そのような過程には読み返しが伴う。すなわち、2回、3回と言語的メッセージを読み返さねばならない。それは文字なしにはほとんど不可能な方法である。
6:5 The backward look facilitates not only verbatim memorizing but also understanding and critical analysis, as well as enabling the writer to construct and present more complex sentences than would otherwise be possible.
6:5読み返すことによって、一語一句を記憶できるだけでなく、容易に理解や批判的分析ができるようになるとともに、読み返さない場合に比べ、書き手がより複雑な文を組み立て呈示できるようになる。
6:6 Such reviewing is the counterpart of comparing several versions of the same incident, poem, or account and of evaluating their differences, a procedure that gave (15) (1. birth 2. impetus 3. way) to history in the technical sense.
6:6 そのように読み返すことは、同じ出来事や詩や話に関するいくらかの説明を比べたり、その違いを評価したりすることに相当する。それは技術的な意味において歴史を生み出した手順である。
・解答 
(14)3
Physiological「生理学上の」
Virtual「事実上の」
Physical「身体上の」
(15)1
Give birth to「~が生を受ける、生まれる」
Impetus「勢い」
6段落の内容を総括し、歴史を「作り出す」というニュアンスが適しているとわかる。

■第7段落
7:1 Literacy not only encourages such deliberate perusal of the text, it also makes possible the opposite, that is, the highly (16) (1. holistic 2. haphazard 3. Selective) forms of retrieval that are involved in consulting a dictionary (or even a library), as well as the skipping and the speed reading that takes place when we read a detective story rather than a poem.
7:1読み書きができると、文章をそのようにじっくり通読することが促進されるだけでなく、その反対のことも可能になる。つまり、辞書を引く際に(また図書館を利用する際にも)行われる、選択的な(端から端まで読まない)形の検索や、飛ばし読みや、詩を読むときよりむしろ推理小説を読むときにする速読などが可能になる。
7:2 The potential results of such procedures are vital to the growth of knowledge.
7:2 そのような手続きの潜在的な結果は、知識の増加にきわめて重要である。
7:3 In the first place, the deliberate perusal of a text facilitates the search for inconsistencies, for contradictions, while the ability to set side by side different texts referring to the same events or notions leads to the (17)(1. reconsideration 2. cultivation 3. evaluation) of criticism and of skepticism.
7:3 まず第1に、文章をじっくり通読することによって不一致や矛盾を探すのが容易になり、また同じ出来事や概念を述べるさまざまな文章を並べる能力は、批判力と懐疑的態度の育成につながる。
7:4 It allows not only for criticism of the texts but also their further elaboration by commentary, which can (18) (1. in this respect 2. in its turn 3. as it turns out) be stored away for future reference, leading to the building up of libraries of stored knowledge.
7:4 そういった能力があると、文章を批判することだけでなく、注釈によってさらに推敲を重ねることもできるようになる。そして次にはそれが将来参照するためにしまっておかれ、蓄えられた知識の図書館を築くことになるのである。
7:5 These libraries encapsulate objective knowledge in the sense that this information has become theoretically (19) (1. inaccessible to 2. associated with 3. independent of) specific human teachers.
7:5 このような情報が名目上特定の人間の教師から独立したという意味において、これらの図書館は「客観的な知識」を包み込んでいるといえる。
・解答 
(16)3
Holistic「全体論の」
Haphazard「いいかげんな」
Selective「選択的な」
飛ばし読みについてのちに述べられているので1は除外。キーワードは拾ってよむので、いい加減という意味は不適。
(17)2
Reconsideration「再考」
Cultivation「耕作、育成」
Evaluation「評価」
文脈から2と判断できる。
(18)2
In its turn「それが原因となって~」
(19)3
inaccessible to「到達しがたい」
associate with「~と関連づける」
independent of「~から独立した」
7段落で辞書や図書館の利用に関しての議論がされているので、それを丁寧に読み取る

■第8段落
8:1 The use of writing enables us to accumulate knowledge and at the same time to formalize, summarize, and generate it by means of paralinguistic devices, such as diagrams (including Euclidean geometry), lists, and tables.
8:1 われわれは文字の使用によって知識を蓄積することができ、同時に、(ユークリッド幾何学を含む)図形やリストや表などのような言語を超えた手段によって知識を形式化し、要約し、生み出すこともできる。
8:2 Such devices not only facilitate comprehension, their creation advances understanding by grouping material in new or question raising ways.
8:2 そのような手段は理解を容易にしてくれるだけでなく、それらを創り出すことは、新たな方法か問題を提起する方法で材料をグループ分けすることによって理解を深めてもくれる。
8:3 The telephone directory and the dictionary are important developments from the simpler forms, powerful instruments of knowledge and communication.
8:3電話帳や辞書は単純な形から発達した重要なもので知識と意思伝達の力強い手段である。
8:4 At the same time the shopping list or railway timetable enables one to plan ones future action, and the critical value of such tables for the allocation of time, for teaching, for work, in calendars, and in daily diaries needs no stressing.
8:4同時に、買物リストや鉄道時刻表によって、われわれは将来の行動を計画することができ、時間の割り当てや授業や仕事のための表や、カレンダーや日記の中の表のもつ重要な価値は強調するまでもない。
8:5 Once again, while planning is intrinsic to all human communities, such action can be greatly (20) (1. enhanced 2. escalated 3. elevated) by the use of literacy.
8:5 もう一度いうと、計画することはあらゆる人間社会にとって本質的なものであるが、そのような行動は文字の使用によって非常に高められうるのである。
・解答 (20)1
Enhance「(質を)高める」
Escalate「段階的に拡大する」
Elevate「(精神、性格などを)高める」
1と3は意味が似ているが、目的語の対象が違うことに着目する。

copyright 2016/Everyday school