[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 1999年 大問一 本文対訳

本文
■第1段落
1:1 To advocates and critics alike, the Human Genome Project will have an impact far beyond the diseases that it might help cure.
1:1擁護者、批判者両者にとって、ヒトゲノム計画は、それが治療の助けになる病気をはるかに越えた影響を与えるであろう。
1:2 Nobel Laureate Paul Berg, whose work on recombinant DNA* helped (1)(1. turn 2. launch 3. stifle) the biotechnology revolution, calls the genome map “a new beginning for biology.”
1:2組み換えDNAに関する彼の研究が生命工学の革命を始めるのに役立った、ノーベル賞受賞者のポール=バーグはゲノム地図を、「生物学にとっての新しい始まり」と呼んでいる。
1:3 Already the genes of organisms ranging from laboratory mice to the HIV virus are yielding never before revealed (2) (1. Clues 2. Directions 3. Dilemmas) about the mechanisms of living things.
1:3 すでに実験用マウスからHIVウイルスにいたる生物の遺伝子が、生物の構造に関する、以前には明らかではなかった、手がかりを提供しつつある。

■第2段落
2:1 “Genetics offers the best road to understanding disease at this time,” says David Botstein, chair of genetics at Stanford and a national leader in the field.
2:1 「現時点では、遺伝学は病気を理解するのに最もよい方法を提供してくれる」と、スタンフォード大学の遺伝学教授で、その分野の全国的リーダーであるデービッド=ボツタインは言う。
2:2 We can ask: Which genes predispose a person to this disease, what are the factors that work with the gene to cause the disease, and what can you do about it?”
2:2 「われわれは次のように問うことができる。つまり、どの遺伝子によって人はこの病気にかかりやすいのか。遺伝子といっしょになって病気を引き起こしている要因は何なのか。それに関して何ができるのか」

■第3段落
3:1 In the next century, “instead of mass medicine, we’ll wave custom medicine, Botstein says.
3:1 来世紀には、「大衆医療の代わりに個人医療をもつことになろう」と、ボツタインは言う。
3:2 A drop of blood on a multiple-gene-testing silicon chip will be enough to tell your doctor whether you have a special risk of heart disease or diabetes or several different types of cancer.
3:2複式遺伝子検査用シリコン・チップに一満の血液をのせるだけで、医者は、あなたが心臓病や糖尿病やいくつかの異なったタイプのガンの特別な危険性をもっているかどうかがわかるのである。
3:3 Prevention will keep high-risk people healthy and lower the overall cost of healthcare.
3:3予防によって危険性の高い人々の健康を保ち、健康管理の全体的な費用を下げることができる。
3:4 Treatment will be tailored to match the individual’s genetic profile.
3:4治療は、個人の遺伝子プロフィールに合うように行われる。

■第4段落
4:1 It is exactly that individualized gene profile that makes even (3) (1. opportunists 2. pessimists 3. enthusiasts) of the genome project wary.
4:1 ゲノム計画の、熱狂的推進者をも慎重にさせるのはその個人の遺伝子プロフィールに他ならない。

■第5段落
5:1 Gene tests long have been used in prenatal* testing.
5:1遺伝子検査は長い間、胎児の段階での検査に使われてきた。
5:2 But the next generation of tests will (4)1. Touch 2. Cover 3. Treat) many more lives.
5:2 しかし、次世代の検査は、はるかに多くの生命を敗り扱うことになるであろう。
5:3 Geneticists disagree about how much a genetic profile can show, but to an individual it will read like the chart of her lifeline — her chances of developing asthma in childhood, the risk of getting breast cancer in her 40s, or the odds of suffering from Alzheimer’s in old age.
5:3 遺伝学者の間では、遺伝子プロフィールがどれくらい多くのことを示すことができるかに関して、意見の一致をみていない。だが、個人にとっては、それは自分の生命線の図表のように読める。つまり、子供の時にぜんそくにかかる可能性、40歳代で乳ガンにかかる危険性、年をとった時にアルツハイマー病にかかる可能性などである。

■第6段落
6:1 This is intimate knowledge, a biography in advance, not just of the individual but of her family.
6:1 これは、個人だけでなく家族に関するプライベートな知識であり、前もって書かれた伝記である。
6:2 How do we interpret that information?
6:2 そのような情報をどのように解釈すればよいのだろうか。
6:3 How do we ensure that it doesn’t fall into the wrong hands?
6:3 それが不適切な手のもとに落ちないことをどうやれば保証できるだろうか。
6:4 Do we really want to know this much about ourselves?
6:4 われわれは、自分自身に関してこれほど多くのことを本当に知りたいと思っているのだろうか。

■第7段落
7:1 When scientists offer a powerful new technology, “they are making policy in our Society,” Joan Fujimura, an anthropologist at Stanford University, says.
7:1科学者が強力な新しい技術を提供する時、「彼らはわれわれの社会において指針を立案しているのだ」と、スタンフォード大学の人類学者であるジョアン=フジムラは言う。
7:2 “When I talk to scientists, they don’t always see that.”
7:2 「私が科学者に話しても、彼らは必ずしもそのようには考えていないのです」
7:3 Fujimura says even highly influential scientists often see their role as narrowly focused on finding out how nature works, while others in society think of the effect.
7:3非常に影響力のある科学者でさえ、自分たちの役割は自然がどのように機能しているかを発見することに焦点をあてるだけであり、社会の他の人々がその影響のことを考えるものなのだとみなしていることがよくあると、フジムラは言う。
7:4 “Biologists are producing the technology that will (5) (1. shape 2. twist 3. capture) our future,” she says.
7:4 「生物学者はわれわれの将来を形づくる技術を生み出しているのだ」と、彼女は言う。
7:5 “It is important for them to think about the culture that will use their technology, what kind of society we want to have.”
7:6 「科学者が自分たちの技術を用いる文化について、そしてわれわれがどんな種類の社会を望むかについて考えることが重要である」

■第8段落
8:1 David Botstein says, “these are social issues, not scientific issues.”
8:1 デービッド=ボツタインは「これらは社会的な問題であって、科学的な問題ではない」と言う。

■第9段落
9:1 That sounds like a scientists (6) (1. dilemma 2. cliché 3. fear).
9:1 これは科学者の決まり文句のように思える。
9:2 But Botstein, an originator of some of the major concepts that made the genome project practical, is no ivory tower researcher.
9:2 しかしゲノム計画を現実的なものにする主要な考えを創り出した人であるボツタインは、象牙の塔にこもる研究者ではなかった。
9:3 He questions, “How much can we hope to learn about the interactions of genetics and the environment?
9:3 「遺伝学と環境の相互作用について、どれほど多くのことを知ることができるのだろうか。
9:4 Will we actually be able to predict anything by knowing genes?
9:4遺伝子を知ることで、実際に何かを予言できるのだろうか。
9:5 The more thoughtful ones, very quickly, get into the issues of the limits of knowledge.”
9:5 より思慮深い科学者は、すぐに知識の限界という問題に直面する」と、彼は言う。

■第10段落
10:1 Those limits — simply practical realities — will prevent most of the outrages that people worry about when they imagine the Brave New World of genomics, Botstein says.
10:1 それらの限界は本当に実質的な現実であって、人々が遺伝学のすばらしい新世界を思い描く時に心配する非道行為のほとんどを防いでくれると、ボツタインは言う。
10:2 He tells people to forget (7) (1. brand-name 2. designer 3. master) babies or an engineered human race: It will be mathematically impossible to tinker with enough of our 80,000­gene inheritance to design a “perfect” baby, let alone a “master race.”
10:2 彼は人々にの設計された赤ん坊や作り上げられた人類といったことは忘れるようにと言う。「主人たるべき人種」はもちろんとして、「完全な」赤ん坊を作るのに十分なだけ、われわれの8万もの遺伝子をいじくり回すことは数学的に不可能であろう。

■第11段落
11:1 Botstein does worry about healthcare discrimination, (8) (1. giving 2. making 3. calling) it a serious social problem.
11:1 ボツタインは、健康管理面での差別を重大な社会問題であると言って、その差別に本当に頭を悩ませている。
11:2 But he points out that it is mostly a problem in the United States — in Europe, there is (9) (1. some 2. little 3. a little) incentive to discriminate because everyone is guaranteed some level of healthcare.
11:2 しかし、彼はそれはほとんどアメリカ合衆国での問題だと指摘する。ヨーロッパでは、すべての人が一定レベルの健康管理を保証されているので、差別しようという気持ちはほとんどない。
11:3 Paul Billings, deputy chief of staff at the Veterans Affairs Medical Center in Palo Alto, says that people like Botstein are (10) (1.deluding 2. cheating 3. camouflaging) themselves if they think that healthcare is the only arena where genetic information is misused.
11:3 パロ・アルトにある退役軍人医療センターの副所長であるポール=ビリングスは、もしボツタインなどの人々が健康管理を遺伝子情報が誤用されている唯一の場であると考えるならば、彼らは、勘違いしているのだと言う。
11:4 He cites a number of nightmarish cases: The 24­year old woman fired from her job after her employer learned of her risk of Huntington’s disease, an ailment that usually doesn’t strike until after 40; their recruits turned down by the Air Force because they were (11) (1. carriers 2. patients 3. agents) of sickle cell disease; the two Marines court-martialed for refusing to take a gene test.
11:4彼は悪夢のような事例をいくらか挙げている。普通は40歳を越えるまでは起こらない病気であるハンティントン舞踏症にかかる危険性があると雇用主が知ったあとで、仕事を解雇された24歳の女性の例、鎌形赤血球性貧血の、保因者という理由で空軍に拒絶された新兵の例、遺伝子検査を受けるのを拒否したために軍法会議にかけられた2人の海兵隊員の例などである。

■第12段落
12:1 Billings has become a forceful advocate for the “asymptomatic ill”— healthy people with only a statistical risk of developing a disease.
12:1 ビリングスは、「無症候性」つまり病気にかかる危険性が統計上のみあるとされる健康な人々の力強い擁護者になった。
12:2 In a study published in January, he and his colleagues documented 455 cases in which people were (12)(1. offered 2. sold 3. denied) insurance or healthcare — as well as jobs, schooling and the right to adopt children — on the basis of a family history of genetic disease.
12:2 1月に出された研究論文の中で、彼と同僚たちは、家族における遺伝病歴に基づいて、仕事、学校教育、子供を養子にする権利に加え、保険や健康管理を拒否された人々の455の事例を詳細に記録した。
12:3 Billings and his coauthors say these people are the first members of a new social underclass.
12:3 ビリングスと共著者たちは、これらの人々は新しい社会的下層階級の最初の一員であると言う。

■第13段落
13:1 “The genie is out of the bottle,” Billings says.
13:1 「ジーニー(精霊)が瓶から出てきた」とビリングスは言う。
13:2 “Every risk assessment event could be linked to gene tests: your driver’s license, gun permit, home mortgage.”
13:2 「すべての危険度査定行為は遺伝子検査に結びつくだろう。運転免許、銃許可書、住宅ローンなどである」

■第14段落
14:1 David Cox has a counter to that argument.
14:1 デービッド=コックスはその主張に反対する。
14:2 “That genie has been out of the bottle for a long time,” he says.
14:2 「そのようなジーニーが瓶から出てから長い時間がたっている」と彼は言う。
14:3 “If we got rid of genetics today, we would not be at a loss for ways to (13)1. Justify 2. Classify 3. antagonize) people and create social inequities.”
14:3 「もし今日、遺伝学をなくしてしまってもわれわれは人々を分類し、社会的不公平を生み出す方法を求めて悩むことはないだろう」

■第15段落
15:1 Like Billings, Cox has stepped outside the laboratory to try to influence the way that gene technologies are used.
15:1 ビリングスと同様に、コックスも実験室から足を踏み出し、遺伝子技術の利用方法に影響を与えようと努力している。
15:2 He is both a scientific leader of the national Human Genome Project and (14) (1. an establishing 2. a founding 3. an advocating) member of its unique spinoff: the Ethical, Legal and Social Implications (ELSI) Working Group.
15:2彼は全国的なヒトゲノム計画の科学面でのリーダーであり、また他に類を見ない副次的な組織である倫理的、法的、社会的意味に関する研究グループ(ELSI)の創設メンバーでもある。

■第16段落
16:1 “The idea was to have preemptive discussions,” Cox says.
16:1 「ねらいは機先を制する議論をすることだった」とコックスは言う。
16:2 “To consider the effects of this technology before it happens so we won’t constantly have to clean up spilt milk.”
16:2 「取り返しのつかないことの始末をたえずする必要のないように、実際に起こる前にこの技術の影響を考えることであった」
16:3 In July, President Clinton (15) (1. admitted 2. appointed 3. adapted) Cox to a new National Bioethics Advisory Commission.
16:3 7月には、クリントン大統領がコックスを新しい全国生命倫理諮問委員会の一員に、任命した。

■第17段落
17:1 Cox says that what he’s learned in the ELSI process has taught him to be cautious about how much those achievements mean.
17:1 ELSIで仕事をしていて学んだことによって、それらの成果がどれほど重要であるかについて注意すべきだということを教わったと、コックスは言う。
17:2 “You don’t legislate away discrimination,” he says.
17:2 「法律によって差別がなくなるわけではない」と彼は言う。
17:3 “You just make it more painful for people to discriminate.
17:3 「人が差別をすることをより辛いものにするだけである。
17:4 It (16) (1. takes 2. gives 3. makes) a social belief that discrimination on the basis of genetic information is bad.”
17:4遺伝子情報に基づく差別は悪だという社会的な信念を必要とするのだ」
■第18段落
18:1 If there is one thing Cox would like to tell people about genes, it is: “It’s genetic” doesn’t mean “it’s (17) (1. inevitable 2. indispensable 3. incalculable).”
18:1遺伝子に関してコックスが人々に言いたいことが1つあるとすれば、それは「遺伝的だ」ということは「避けられない」ということを意味するのではないということである。
18:2 In fact, Cox says that modern genetic discoveries are changing some of geneticists’ own beliefs about predictability.
18:2実際、現代の遺伝に関する発見によって、予測可能性に関する遺伝学者自身の信念が変わりつつあると、コックスは言う。
18:3 The more they learn, the more they find that our genes are not complete predictors of destiny.
18:3彼らは知れば知るほど、われわれの遺伝子は運命の完璧な予言者ではないことに気づくようになる。

■第19段落
19:1 Cystic fibrosis, America’s most common fatal inherited disease, is a good example.
19:1 アメリカの最も一般的な致命的遺伝病であるCF(議胞性線維症)がよい例である。
19:2 (18)(1. after 2. When 3. Before) the gene was discovered, doctors assumed they could predict the fate of any child carrying the mutated CF gene: a lifetime of serious illness, and a 50­50 chance of dying before 30.
19:2 その遺伝子が発見される前には、医者は、突然変異のCF遺伝子をもついかなる子供の運命も予言できると思い込んでいた。つまり、重病のままの生涯、そして30歳以前に亡くなる50%の可能性である。

■第20段落
20:1 The isolation of the gene in 1989 changed those assumptions.
20:1 1989年の遺伝子の分離によって、そのような思い込みが変わった。
20:2 As geneticists had expected, CF is caused by mutations on a single gene.
20:2遺伝学者が予期していたように、CFは単独の遺伝子の突然変異によって引き起こされるのである。
20:3 Most children born with the mutated gene do suffer from its life-threatening effects.
20:3突然変異の遺伝子をもって生まれたほとんどの子供は、その生命を脅かすような影響に確かに苦しむ。
20:4 However, gene tests have now revealed people in CF families with the same mutations and almost no Symptoms.
20:4 しかし、遺伝子検査によって、今日では、CF患者の家族の中に、同じ突然変異の遺伝子をもっているがほとんど症状の表れない人もいることが明らかになっている。

■第21段落
21:1 The findings have changed the attitudes of many people with a family history of this disease.
21:1 その発見によって、この病気の家族病歴をもつ多くの人々の態度が変わった。
21:2 Doctors had predicted a big demand for the CF gene test.
21:2医者はCF遺伝子検査に対する大きな需要を予想していた。
21:3 Instead, many people have opted not to learn if they are carriers of the mutated gene.
21:3 それに反して、多くの人々は、自分たちが突然変異遺伝子の保因者かどうかを知りたくないと思ったのである。
21:4 Some have decided against the prenatal test for CF.
21:4 CFに対する胎児段階での検査を受けないことを決める者もいた。
21:5 The hope — not always realized — is that an afflicted baby’s symptoms will be mild.
21:5願うことは、病気に苦しむ赤ん坊の症状が軽いものであってほしいというものである。しかし、それは必ずしもかなえられるものではない。

■第22段落
22:1 The lesson, geneticists say, is this: Even for a disorder strongly influenced by a single gene, more than one factor influences the way the gene is expressed.
22:1 その教訓は次のようなことであると、遺伝学者は言う。つまり、単独の遺伝子によって強く影響される障害にでさえも、2つ以上の要因が遺伝子の発現に影響を与えているということである。
22:2 The outcome depends on interactions with other genes, with hormones inside the cell, and with myriad environmental influences.
22:2結果は、他の遺伝子や細胞内のホルモンや無数の環境面での影響との相互作用によるのである。

■第23段落
23:1 Those are just the complexities for the few hundred diseases, like cystic fibrosis and sickle cell anemia, that are (19)(1. unintentionally 2. unreasonably 3. unquestionably) caused by genes.
23:1 これらはまさに、嚢胞(のうほう)性線維症や鎌形赤血球性貧血などのような、疑いなく遺伝子によって引き起こされる数百の病気の複雑さに過ぎないのである。
23:2 Much of the research linking genes to traits like obesity or alcoholism is preliminary, based on only a few human subjects — and still on shaky scientific ground, Cox and Billings say.
23:2肥満やアルコール中毒などのような特徴に遺伝子を結びつける研究の多くは、少数の人間被験者に基づく予備的なもので、なお不確実な科学的根拠に基づくものだと、コックスとビリングスは言う。

■第24段落
24:1 Some geneticists now doubt whether gene tests will be (20) (1. sensitive 2. Sensuous 3. Sensory) risk detectors after all.
24:1今、遺伝学者の中には、遺伝子検査が結局のところ、感度のよい危険度探知器になれるか否かを疑う者もいる。
24:2 The comprehensive gene profile may not be the fortune-teller people imagined.
24:2総合的な遺伝子プロフィールは、人々の考えていたような占い師ではないのかもしれない。

■第25段落
25:1 “Assuming that a genetic mutation means someone has a disease is naive genetic determinism,” medical ethicist Barbara Koenig says.
25:1 「遺伝的突然変異はある人が病気をもっていることを示すという考えは、素朴な遺伝的決定論である」と医療倫理学者のバーバラ=ケーニヒは言う。

■第26段落
26:1 To the scientists, the genome project is akin to building a national highway system, an infrastructure for the hoped-for cures and the unexpected discoveries that will come later.
26:1科学者にとって、ゲノム計画は全国的幹線道路網を築くことに似ている。つまり、待ち望まれる治療法と後にやってくる予期されない発見のための基礎構造である。
26:2 They know that the pace of those discoveries will be uneven and unpredictable — that’s the way science usually works.
26:2彼らは、それらの発見の速度は一定ではなく、予想できないものであることを知っている。科学というものは普通、そのように機能するのである。

*recombinant DNA 組み換えDNA
*prenatal 胎児の、出産前の

copyright 2016/Everyday school