[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2000年 大問一 単語

●語句・構文●
[第1段]
for that matter 「そのことなら,さらに詳しく言えば」
・ how (you think) the book has doneと考えるとわかりやすい。

[第2段]
pursue 「(活動などに)従事する」
・the best example of distance learning (that) I know ofと関係代名詞を補う。先行詞はthe best exampleである。

[第3段]
a couple of~ 「いくらかの~」
・disembodied nature「具体性を取り去られた性質」が直訳。
・In fact there is (something)と補う。

[第4段]
put a formula in 「公式をはさみこむ」
at the mercy of~ 「~のなすがままで」
as much as the author had (experimented)と補う。

[第5段]
have no argument with~ 「~に異議はない」
as a matter of fact 「実際のところ」
make one’s case against~ 「~に反対の論を唱える」

[第7段]
force A to do 「Aに~するように強制する」
participate in~ 「~に参加する」
have in mind~(=have ~ in mind) 「~を心に描く,~のことを考える」

[第8段]
longevity 「長寿」が原意。
make sense 「意味をなす」
The odd thing is that… 「不思議なことに…だ」
ought to have become obsolete 「すたれてしまっているはずである」

[第9段]
facilitate 「促進する」
make A into B 「AをBにする」
duplicate 「まねる」
・there is some power in the oral tradition and in the fact of co-presence which facilitates…において,whichの先行詞はsome powerである。

[第10段]
go off 「一人になる」
be off by yourself 「独りぼっちである」
・It’s possible that…「…の可能性がある」形式主語に注意。

[第11段]
the state of the art 「到達水準」
come up 「生じる」
come up with~ 「~を思いつく」
・The state of the art … is to take a subject…,and (to) exhaustively deal with…において、to takeと(to) dealは同じ働き。

[第12段]
at one’s best 「最高の状態で」
draw on~ 「~に頼る」
be supposed to~ 「~すると思われる」
compare to~ 「~に匹敵する」
・drawing on … strengthはa social groupを修飾。

[第13段]
the way~ 「~する方法」
hold ~ in check 「~を阻止する」
narcissism 「利己主義」
There is little doubt that… 「…にはほとんど疑問はない」
・ much as the book did(=led)と考える。

[第14段]
point out~ 「~を指摘する」
be connected with~ 「~と関係がある」

[第15段]
the question arises whether… 「…かどうかという問題が生じる」
in this context 「このような状況において」

[第16段]
catch on 「流行する,広く使われる」
by far 「はるかに」最上級を強調。
・Not a“virtual community,” but a return to somethingにおいて,not A but B「AでなくてB」に注意。

[最終段]
prefer A to B 「BよりAを好む」
My point is that… 「私の要点は…だ,要するに…だ」
make better use of~ 「~をよりよく利用する」

copyright 2016/Everyday school