[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2001年 大問一 内容一致問題

内容一致問題
■第2段落
2:1 This vague moral claim has turned up in the discussion of issues as [1](1. variety 2. varied 3. variously) as affirmative action* and the moral status of such culturally overwhelming institutions as McDonalds.
2:1 このようなあいまいな道徳的主張は、積極的措置や、マクドナルドのような文化的に圧倒的な組織の道徳上の地位といった多様な問題を議論する際に現れている。
2:2 If we take these arguments literally, cultural survival is [2](1. something 2. anything 3. nothing) very close to a moral absolute; to refuse to agree with it is to sign up on the side of cultural destruction and global conformity.
2:2 もしこれらの主張を文字通りにとるならば、文化的生存は絶対不動の道徳規範にごく近いものであり、それに同意するのを―拒否することは文化破壊と世界的画一性の側に署名することとなる。

[21] When the author uses the phrase “a moral absolute” in the 2nd paragraph, this refers to
1. a belief that a few people hold about which actions are good or evil.
2. a belief that anthropologists have identified about the moral values of a culture.
3. a belief used by activists as a political slogan to persuade people.
4. a belief that all people would agree to as a guide to their ethical choices.

・解説 [21]―4
>[21]「著者が第2段で『絶対不動の道徳規範』という言葉を使用するとき、このことばは…のことを言っている」moral absoluteは「道徳上の絶対的なもの」が直訳である。よって、4の「すべての人々が各自の道徳上の選択の指針として同意する信条」が正解。

[22] In the 2nd paragraph, the author refers to McDonald’s as an example of
1. cultural conformity.
2. cultural sanctions.
3. moral absolute.
4. moral equation.

・解説 [22]―1
>[22]「第2段で、著者は…の例としてマクドナルドに言及している」第2段最終文(If we take…)の最終部分参照。マクドナルドはcultural destruction「文化破壊」、global conformity「世界的画一性」の例として述べられている。よって、1のcultural conformity「文化的画一性」が正解。

■第3段落
3:1 This is a bit confusing, because it is rather difficult to figure out what is morally [3](1. prevalent 2. relevant 3. evident) about cultural survival in itself.
3:1 これには少し困惑する。なぜなら、文化的生存それ自体に関して何が道徳的に関連するのかを理解するのはかなり難しいからである。
3:2 The first challenge is to determine just what the term might mean.
3:2最初の課題はその言葉がまさに何を意味するかを決定することである。
3:3 It cannot simply mean the continued existence of the individuals that make up the endangered culture, since their survival is entirely [4] (1. comfortable 2. compounded 3. compatible) with their complete assimilation, and therefore, with the destruction of their culture.
3:3 それはただ単に、危機に瀕した文化を構成する個体の継続的な存在を意味するのではない。というのは、個体の生存はその完全な同化と全く共存できるものであり、それゆえにそれらの文化の破壊とも共存できるものであるからだ。
3:4 Nor, however, can it mean the preservation of all existing aspects of a culture; for some degree of cultural change and [5](1. confirmation 2. concentration 3. adaptation) is normal, indeed inevitable.
3:4 しかしながら、それはまた、文化のあらゆる既存の面を保護することも意味しない。なぜなら、ある程度の文化的変化や順応は普通であり、実際避けられないからである。

3:5 Permanent cultural preservation is an ideal we could hardly hope to attain, let alone a worthy guide to policy.
3:5永久的な文化保護は、われわれが達成をほとんど望めない理想であり、言うまでもなく政策への価値ある指針にはなりえない。
[23] Which of the following does the 3rd paragraph suggest?
1. Endangered cultures need to change in order to improve their standard of living.
2. Endangered cultures need to be preserved as living museums of anthropology.
3. All cultures need to have permanent preservation as a policy.
4. All cultures constantly change as part of a natural process in human societies.

・解説 [23]―4
>[23]「第3段が述べているのは次のどれか」第3段第4文(Nor, however, can…)の後半参照。「ある程度の文化的変化は避けられない」から考え、4の「すべての文化は人聞社会の自然作用の一部として絶えず変化している」が正解。

■第5段落
5:1 So why would we think that cultural survival is valuable in itself?
5:1 それでは、なぜわれわれは、文化的生存はそれ自体価値があると思うのであろうか。
5:2 One argument draws an analogy between cultures and other threatened aspects of the natural world: we ought to preserve cultures because to do otherwise is to allow something unique and [8](1. irrational 2. irreplaceable 3. irrelevant) to leave the world.
5:2 ある主張では、文化と、自然界の他の絶滅に瀕した面との間の類似が引き合いに出される。つまり、文化を保護しなければならないのは、そうしないと何か独特でかけがえのないものを世界から失ってしまうことになるからだ。
5:3 Refusing to act against assimilation might be thought [9](1. compatible with 2. contrasted with 3. equivalent to), say, shooting the last panda.

5:3同化に反対するのを拒否することは、たとえば、最後のパンダを撃ち殺すことと同等であると思われるだろう。
[24] In the 5th paragraph, the analogy between cultural survival and pandas is used to illustrate the idea that
1. we need to protect endangered cultures the way we protect endangered species.
2. assimilation is the best way to protect endangered cultures just as zoos protect pandas.
3. cultural diversities are best understood by using analogies.
4. the natural world and the cultural world are both unique.

・解説 [24]―1
>[24]「第5段において、文化的生存とパンダの聞の類似は…という考えを証明するために使われている」第5段第2文(One argument draws…)参照。endangered cultures「絶滅の危機に瀕した文化」と、パンダなどのother threatened aspects of the natural world=endangered species「絶滅の危機に瀕した種」との類似を引き合いに出すことによって、両者の保護の必要性を述べている。1の「絶滅の危機に瀕した種を保護するように、絶滅の危機に瀕した文化を保護する必要がある」が正解。

■第6段落
6:1 This argument, though, claims too much, for we feel a similar sense of loss when we face not the destruction of a culture but merely it’s reworking from the inside — and, thereby, the loss of specific elements [10](1. within 2. upon 3. beside) the culture.
6:1 しかし、この主張はあまりにも多くを求め過ぎている。なぜなら、われわれは、文化の破壊ではなくて、ただ単に内側からの文化の補整、そして、それによる文化の内側にある特定の要素の喪失に直面するときに、同様の喪失感を感じるからである。
6:2 Over time, all of our cultures are remade and many traditional norms and practices are abandoned.
6:2時を経て、われわれの文化のすべては作り直され、多くの伝統的基準や慣習は捨てられる。
6:3 We might easily sympathize that there was a loss to the world in what was thereby abandoned.
6:3 それによって捨てられるものの中に、世界にとって損失となるものがあると思い、われわれはすぐに同情する。
6:4 We do have reason to regret that the current ways by which the world is understood — our own ways included — will eventually disappear.
6:4世界が理解される現在の方法(これにはわれわれ自身の方法も含まれている)がゆくゆくは消え去ってしまうことを後悔するのはもっともなことである。
6:5 But our justifiable sadness does not give us good reason to declare that what is now endangered ought to be preserved forever; or to forbid ourselves from altering inherited cultural norms — abandoning some, changing others — and [11](1.adopting 2. excluding 3. enclosing) new ways and customs as our own.
6:5 しかし、正当と認められる悲しみをもってしても、今絶滅に瀕しているものが永久に保護されるべきであると宣言したり、継承している文化的基準を変更して(あるものを捨てたり、あるものを変更して)新しい方法や習慣を自分自身のものとして採用することを禁止したりするだけの十分な理由にはならない。
[25] In the 6th paragraph, the phrase “inherited cultural norms” refers to
1. the genetic aspects of brain developn1ent that determine an individual’s cultural identity.
2. the aspects of culture that develop over time forming an individual’s sense of the world.
3. the daily behavioral patterns that an individual adopts against elders and peers.
4. the traditional behavioral patterns that elders impose on the next generation.

・解説 [25]―4
>[25]「第6段において、『継承されている文化的基準」という言葉は…のことを言っている」inherited cultural normsは「継承されている文化的基準」だから、4の「年長者が次の世代に負わせる伝統的な行動様式」が正解。

■第7段落
7:1 One might even say that this sadness is the inevitable price we pay for freedom.
7:1 このような悲しみは、われわれが自由に対して支払う避けられない代償であるとさえ言う人がいるかもしれない。
7:2 If we had no choice about what norms to adopt, and knew that the next generation would live as our ancestors lived before us, the world might lose one source of trouble but gain many more.
7:2 もしわれわれにどのような基準を採用すべきかに関して選択権がなく、また次の世代も先祖がわれわれよりも以前に生活したのと同じように生活していくのを知っているのなら、世界はもめ事の原因を1つ失うが、もっと多くのもめ事の原因を得ることになるだろう。

7:3 The “endangered species” approach to [12](1. defending 2. delaying 3. destroying) cultural survival, then, has some serious defects.
7:3 このように、文化的生存を擁護することに対する、「絶滅寸前の種」を扱うような取り組み方には深刻な問題がいくつかある。
[26] In using the phrase “this sadI1ess is the inevitable price we pay for freedom” in the 7th paragraph, the author suggests that
1. humans feel fearful when they realize that certain events are inevitable.
2. freedom of action demands a serious reflection on life.
3. in the course of our lives the values that we have abandoned may come back.
4. freedom of choice is necessarily bound to cultural change.

・解説 [26]―4
>[26]「第7段において、『このような悲しみは、われわれが自由に対して支払う避けられない代償である』という言葉を使うとき、著者は…と言おうとしている」第6段第3文(We might easily…)・第4文(We do have…)・第5文(But our justifiable…)からわかるように、this sadnessはcultural changeに対する悲しみや後悔の気持ちを表している。また、第7段第2文(If we had…)からわかるように、cultural changeがないならば、どの基準を採用すべきかに関して選択権(自由)がなくなる。したがって、4の「選択の自由は文化的変化と必然的に結びついている」が正解。

■第10段落
10:1 The second notion — that of valuing cultural diversity in the abstract — raises in turn another deep ambiguity, the difference between diversity of cultures and diversity within cultures.
10:1 2目の考え方、つまり、抽象的に文化的多様性を重んじる考え方も、同様に別の深いあいまいさを提起するが、それは文化の多様性と文化内の多様性の間の相違である。
10:2 Exposure to a wide variety of lifeways is clearly of great moral value; it enables people to flourish in ways that conformity and sameness instead suppress.
10:2 さまざまな生活様式にさらされることは、明らかに大きな道徳的価値のあるものであり、画一性や同一性なら逆に抑えてしまうような方法で人々は活躍することができる。

10:3 But there is no necessary [15](1. break 2. link 3. chain) between the desirability of diversity within cultures and the demand that there be a wide variety of cultures themselves.
10:3 しかし、文化内の多様性の望ましさと文化そのものの多様性の要求の間には必然的なつながりはない。
[27] In the 10th paragraph, the distinction between diversity of cultures and within cultures is drawn in order to suggest that
1. it is more important to accept a diversity of behavior within cultures than to have a great number of diverse cultures.
2. it is more important to have great moral values than to be exposed to a wide variety of lifestyles.
3. it is more important for people to flourish than to be linked to a particular form of cultural diversity.
4. it is more important to support diversity in cultural values than to be ambiguous about moral values.

・解説 [27]―1
>[27]「第10段において、文化の多様性と文化内の多様性の聞の相違が引き合いに出されているのは、…と言いたいためである」第10段第2文(Exposure to a wide…)・最終文(But there is…)参照。文化内のさまざまな生活様式に触れることは価値のあることだが、文化内の多様性の望ましさと文化そのものの多様性の要求の聞には必然的なつながりはない、と言っている。よって、1の「多数のさまざまな文化を持つよりも文化内で多様な行動を受け入れる方が重要である」が正解。

■第13段落
13:1 The proper focus for our moral concern, then, is [19](1. by all means 2. not 3. except) the survival of cultures as collective practices and traditions, but rather the political, civil and human rights of the individuals that constitute the cultures.
13:1 したがって、われわれの道徳的関心の適切な焦点は、集団的な慣習や伝統としての文化の生存ではなくて、むしろ文化を構成する個人の政治的権利、公民権、人権である。

13:2 A culture has no moral claim to [20](1. temporal 2. transient 3. eternal) existence, especially as against the rights and choices of its own individual members.
13:2文化には永久的な存在に対する道徳的権利はない。その文化の個人構成員の権利や選択権に比べると特にそうである。
13:3 Our concern about cultures, endangered or otherwise, should ultimately stem from the moral status and rights of their individual members.
13:3絶滅の危機に瀕していようとそうでなかろうと、文化に関するわれわれの関心は、その個人構成員の道徳的地位と権利から究極的には生じるべきなのである。
[28] Based on this article, which of the following would the author most likely support?
1. We should base our moral concerns on large abstract principles like cultural rights.
2. We should base our moral concerns on balance between the natural and cultural worlds.
3. We should base our moral concerns on the ethical methods for cultural assimilation.
4. We should base our moral concerns on ethical concepts such as human rights.

・解説 [28]―4
>[28]「この論文に基づけば、著者が支持する可能性の最も高いものは次のどれか」最終段第1文(The proper focus…)参照。文化を構成する個人の政治的権利、公民権、人権を重視しているので、4の「われわれは人権などの倫理的概念に道徳的関心の基礎を置くべきだ」が正解。

■第12段落
12:1 While I cannot accept the argument that all existing cultures have a moral right to permanent survival, I would assert that there are circumstances under which allowing the destruction of a culture is immoral.
12:2現存するすべての文化には永久的に生存する道徳的権利があるという主張を、私は受け入れることはできないが、文化の破壊を許すことが不道徳である状況が存在することは強く主張したい。

12:2 Cultures can go out of the world because its members gradually and freely choose to adopt the norms of an outside culture.
12:2文化が世界から消えるのは、その構成員が徐々に、進んで外部の文化の基準を採用することを選ぶからである。
12:3 But much more often, the members of a culture assimilate because the surrounding community has made it impossible not to do so.
12:3 しかし、はるかに頻繁に、文化の構成員が同化するのは、同化しないことを周囲の社会が不可能にしているからである。
12:4 Injustice and oppression have made many cultures around the world less likely to survive than they would otherwise be; allowing these cultures to disappear would reflect the tragic outcome of an unjust process.
12:4不正と圧制によって、世界中の多くの文化は、それらがない場合に比べて生き延びにくくなっている。これらの文化を消えさせてしまうことは、不正な作用の悲劇的な結果を反映しているだろう。

12:5 But this conclusion derives from the circumstances of the disappearance [18](1. rather than 2. more than 3. less than) from the disappearance itself.
12:5 しかし、このような結論は、消失そのものよりもむしろ消失の状況に由来するものである。
[29] Based on the ideas in the 12th paragraph and your reading of this whole article, which of the fallowing would the author consider “immoral”?
1. The extinction of the panda due to cultural preservation.
2. The cultural extinction caused by such global institutions as McDonald’s.
3. The use of economic or physical means to enforce cultural conformity.
4. The attempts of parents to teach the importance of cultural conformity to their children.

・解説 [29]―3
>[29]「第12段の考えに基づき、また全論文を読んでみて、著者が『不道徳』であると思うのは次のどれか」第12段第1文(While I cannot…)の後半部分に、文化破壊が不道徳である状況が存在するとあり、また第3文(But much more…)・第4文(Injustice and oppression…)において、周囲の社会の影響、その例としてinjustice「不正」とoppression「圧制」が挙がっているところから考える。3の「文化的画一性を押しつけるために経済的または実際的手段を使うこと」が正解。

■第13段落
13:1 The proper focus for our moral concern, then, is [19](1. by all means 2. not 3. except) the survival of cultures as collective practices and traditions, but rather the political, civil and human rights of the individuals that constitute the cultures.
13:1 したがって、われわれの道徳的関心の適切な焦点は、集団的な慣習や伝統としての文化の生存ではなくて、むしろ文化を構成する個人の政治的権利、公民権、人権である。
13:2 A culture has no moral claim to [20](1. temporal 2. transient 3. eternal) existence, especially as against the rights and choices of its own individual members.
13:2文化には永久的な存在に対する道徳的権利はない。その文化の個人構成員の権利や選択権に比べると特にそうである。
13:3 Our concern about cultures, endangered or otherwise, should ultimately stem from the moral status and rights of their individual members.
13:3絶滅の危機に瀕していようとそうでなかろうと、文化に関するわれわれの関心は、その個人構成員の道徳的地位と権利から究極的には生じるべきなのである。

[30] Which of the following will make the n1ost suitable title for this article?
1. A Call for Cultural Rights
2. Cultural Preservation versus Cultural Conformity
3. Rights for People not for Cultures
4. Pandas, Rhetoric and Modern Ethics

・解説 [30]―3
>[30]「この論文の表題として最も適当なものは次のどれか」最終段参照。この論文では、文化的生存に触れながら、文化に関して関心を持つべきなのは個人の権利であって文化の永久的生存の権利ではないと述べている。したがって、3の「文化のための権利ではなくて人間のための権利」が正解。

copyright 2016/Everyday school