[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2001年 大問一 単語

●語句・構文●
[第1段]
on the grounds that~ 「~という理由で」
go so far as to do 「~しさえする」
be equal to~ 「~と等しい、~に匹敵する」
allow A to do 「Aが~するのを許す」
assimilate into~ 「~に同化する」
・a right to preservation, and indeed to outside aid…において、2つのtoはともにa right to~「~のための権利」のtoである。
・no great moral distinction(, such rhetoric seems to suggest,) between allowing … and actually going…において、挿入語句とdistinction between A and B「AとBの間の相違」に注意。

[第2段]
turn up 「現れる」
such A as B 「BのようなA」
sign up 「署名する」
on the side of~ 「~の側に、~に味方して」

[第3段]
figure out~ 「~を理解する」
in itself 「それ自体」
make up~ 「~を構成する」
some degree of~ 「ある程度の~」
let alone~ 「~は言うまでもなく」

[第4段]
somewhere between A and B 「AとBの聞のどこか」
the desire that~ 「~という願望、要望」(thatは同格)
means 「手段」
make sense of~ 「~を理解する」
overtime 「時を経て」
・a means by which some people…において、前置詞byに注意。

[第5段]
an analogy between A and B 「AとBの聞の類似」
・to do otherwise「別の方法で行うこと、そうしないこと」= not to preserve culturesである。
・say, shooting the last pandaにおいて、say=forexampleである。

[第6段]
・not the destruction … but merely its…において、not ~ but merely…「~ではなくてただ単に…」に注意。
・We do have reason to regret…において、doは強調の助動詞。
・give us good reason to declare that…; or to forbid…において、2つのtoはともにgood reason to do「~する十分な理由」のtoである。
・forbid ourselves from altering … and adopting…において、forbid A from~ing「Aが~するのを禁止する」に注意(alteringとadoptingはともにfromに続く動名詞)。

[第7段]
approach to~ 「~に対する取り組み方法」
・the inevitable price (which) we pay for freedomにおいて、pay A for B「BのことでAを支払う」に注意。
・gain many more (sources of trouble)と考える。

[第8段]
connect A to B 「AをBに結びつける」
the latter 「後者」
on reflection 「よく考えてみると」
scarcely less A than B 「Bとほとんど同様にA」
lie in~ 「~にある、位置する」
whether A or B 「AであるのかBであるのかどうか」

[第9段]
regardless of~ 「~にかかわらず」
in the abstract 「抽象的に」
twice as ~ as … 「…の2倍の~」

[第10段]
in turn 「今度は、同様に」
exposure to~ 「~にさらされること」
enable A to do 「Aが~するのを可能にする」
・that of valuing…において、that=the notionである。
・the demand that there (should) be a wide…と考える。

[第11段]
go on 「起こる」
seek to do 「~しようと努める」
・Cultural survival … hard to fashion in to an attractive ideal.において、seem hard to do「~するのに難しいように思われる」と、fashion A into B「AをBに形づくる」に注意。この文の場合、Aにあたるものは主語のCultural survivalである。
・it is not the disappearance … so much as the reason for its loss that should be…において、it ~ thatの強調構文と、not A so much as B(=not so much A as B)「AというよりむしろB」に注意。

[第12段]
choose to do 「~することに決める」
otherwise 「さもなければ→不正や圧制がなければ」

・ there are circumstances under which allowing…において、前置詞underに注意(under the circumstances)
・has made it impossible not to do soにおいて、形式目的語itに注意(真の目的語はnot to do soである)。
・have made many cultures around the world less likely to survive than they would otherwise be (likely to survive)と考える。文型に注意。(be) likely to do「~する可能性がある」
・this conclusion derives from the circumstances … rather than from the disappearance itselfにおいて、2つのfromはともにderive from~「~に由来する」のfromである。

[最終段]
claim to~ 「~に対する権利、主張」
as against~ 「~に比べて」
stem from~ 「~から生じる」

copyright 2016/Everyday school