[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2001年 大問二 内容一致問題

内容一致問題
■第1段落
1:1 Information technology, and the low cost communications it enables, is almost certainly the most fundamental change in the mechanisms of politics at the international level.
1:1情報技術と、それが可能にする低コストの通信は、国際的レベルでの政治体系において、ほとんど間違いなく最も重要な変化である。
1:2 It has created a rich new set of both actors and interactions.
1:2 それは行為者と相互作用両方の豊富で新たな集合を生み出してきた。
1:3 This explosion of interconnectivity and the number of players has created the possibility for a network-like structure for international discourse.
1:3相互結合性と行為者のこのような爆発的増加は、国際的意思伝達のためのネットワークのような構造の可能性を生み出した。

1:4 This structure contrasts sharply with the more hierarchical structure that previously constrained interactions.
1:4 この構造は、以前相互作用を阻止していた、より階級的な構造とははっきりと対照をなすものである。
1:5 It provides access for small groups that had no influence in the past.
1:5 それは、過去において影響を持たなかった少数グループに利用・入手の権利を与える。
1:6 Also, by connecting multiple levels of interactions, it facilitates the complex governance arrangements* developing in Europe (such as the EU and NATO).
1:6 さらに、それは、相互作用の複合的なレベルを結びつけることによって、ヨーロツパで展開している複雑な政治的統治形態(たとえば、EUやNATOなど)を促進する。
1:7 Both the access and the complex governance arrangements are important new features of international politics.
1:7 そのような利用の権利と複雑な政治的統治形態の両方は、国際政治の重要で新たな特徴である。
1:8 These features increase the number of organizations with which nation-states can and must deal on international issues.
1:8 これらの特徴のために、国民国家が国際問題について関係することができ、また、関係しなければならない組織の数が増えている。
[21] According to this article, a network-like structure
1 . constrains interactions, as a hierarchical structure did before.
2. invites more interactions and players than a hierarchical structure.
3. puts too much pressure on nation-states to deal with.
4. makes consensus formation in democracies almost impossible.

・解答 [21]―2
>[21]「この論文によると、ネットワークのような構造は…」第1段第2文(It has created…)・第3文(This explosion of…)・第4文(This structure contrasts…)参照。ネットワークのような構造は、階層制度の構造と対照的に、行為者と相互作用両方の豊富で新しい組み合わせを生み出してきたと述べられているので、2の「階層制度の構造より多くの相互作用と行為者を誘い入れる」が正解。

■第3段落
3:1 The consequences of technological change fall into two major categories: firstly, an increasing need to rely on scientific and technical knowledge in choosing policies; secondly, a need to address the uncertainty that scientific and technical change bring about in policy formation.
3:1技術変化の結果は大きく2つに分けられる。1つ目は、政策決定の際に科学的、技術的知識に頼る必要性が増していることである。2つ目は、政策決定において科学的、技術的変化がもたらす不確実性に取り組む必要性である。

■第4段落
4:1 Advances in science change what we know (or believe we know) about our surroundings.
4:1科学における進歩は、環境に関してわれわれが知っているもの(または知っていると信じているもの)を変化させる。
4:2 [3](1. Such as 2. As such 3. Such that), they would seem to have only a limited effect on international relations.
4:2 それ自体では、進歩は国際関係に限られた影響しか与えていないように思われるだろう。
4:3 The experience of the past few decades, however, demonstrates that science is uncovering issues of consequence to the entire globe, [4](1. and 2. not 3. for) just one country or region.
4:3 しかしながら過去数十年間の経験によって、科学が重要な問題を、1つの国や地域に対してだけではなくて全世界に対して明かしていることがわかっている。
4:4 Global warming, the potential disruption of oceanic climate patterns, and damage to the ozone layer are [5](1. but 2. except 3. not) a few examples.
4:4地球温暖化や海洋性気候型の潜在的錯乱やオゾン層への悪影響はほんの2、3の例に過ぎない。
4:5 This adds a new degree of complexity to international relations.
4:5 このことは国際関係に新たな複雑性を加える。
4:6 Increasingly, the modern world faces issues that are beyond our ability to understand through conventional experience.
4:6 ますます、現代世界は、従来の経験を通して理解するわれわれの能力を越えた問題に直面している。

4:7 They require scientific expertise to collect and interpret data, build and use simulation models, and [6](1. take 2. do 3. make) the judgements necessary for policy choices.
4:7 それらが必要としているのは、データを集めて解釈し、模擬実験のモデルを作って使用し、そして政策決定に必要な判断を下す科学的な専門知識である。
[22] According to the 3rd and 4th paragraphs, we need to rely more on scientific and technical knowledge in choosing policies because
1. advances in science and technology tend to cause environmental destruction.
2 . people are concerned with information technology worldwide.
3 . both scientific and technical knowledge are more objective and reliable than policy formation.
4 . advances in science and technology find new issues that are beyond our conventional knowledge.

・解答 [22]―4
>[22]「第3段と第4段によれば、われわれが政策を選ぶ際に科学的、技術的知識により頼る必要があるのは、…からである」第4段第6文(Increasingly, the modern…)・最終文(They require scientific…)参照。4の「科学と技術における進歩によって、われわれの従来の知識を越える新しい問題が見つかる」が正解。

■第5段落
5:1 We have faced similar problems before; nuclear conflict is a prime example.
5:1 われわれは同様の問題にこれまでに直面している。核に関する衝突が主な例である。
5:2 To a larger extent than [7](1.like 2. long 3.ever) before, the process of problem identification and policy response at the international level must be developed based on the scientific merits of the arguments.
5:2以前よりまして大きな程度で、国際レベルでの問題確認や政策反応のプロセスは、議論の科学的価値に基づいて進められなければならない。
5:3 This requires policymakers to rely on scientific expertise to a much greater extent than before.
5:3 このことは政策立案者に、以前よりもはるかに大きな程度で科学的な専門知識に頼ることを要求する。
5:4 The scientific community, with its concern that its freedom of inquiry will be restrained if lines of investigation are determined by policy needs, is often constrained by its own disciplines on broad ranging issues.
5:4 もし研究の方針が政策の必要性によって決定されるならば、研究の自由が抑制されるだろうという懸念を抱く科学界は、広範囲にわたる問題に関するそれ自身の規律によってしばしば抑制される。
5:5 The policy community, with its need for clear and sometimes overly [8](1. lengthy 2. complex 3. simple) explanations, is often limited by its understanding of scientific matters.
5:5明白で、時には過度に単純な説明をする必要性のある政策決定者たちは、科学的問題の理解にしばしば限界がある。
5:6 While this is changing, neither group is currently well suited to work with the other to shape policy at the international level.
5:6 このような状況は変化しつつあるが、どちらのグループも現在のところ、国際レベルで政策を形成するためにお互い協力しあうにはあまり適切ではない。
[23] The word “merits” in the phrase “the scientific merits of the arguments” in the 5th paragraph indicates that
1. the arguments make sense scientifically.
2. the arguments advance scientific knowledge.
3. the arguments give political advantages to science.
4. the arguments evolve as time goes by.

・解答 [23]―1
>[23]「第5段の『議論の科学的価値』という言葉における『価値』という単語は、…を示している」「議論が科学的価値をもつ」→「議論が科学的に意味をなす」と考え、1が正解。make sense「道理にかなう、意味をなす」

■第6段落
6:1 The adaptation necessary to continue stable economic growth, [9](1. address 2. refer 3. speak) global environmental problems, or prevent conflict while preserving national interests will be a challenge of the first [10](1. order 2. color 3. line).
6:1安定した経済成長を続けたり、世界的環境問題に取り組んだり、国益を守りながら衝突を防いだりするのに必要な適応は、第一級の難題である。
6:2 But, the problem is compounded by the growing pace of change in Science and technology, the unpredictable source of that change, and the uncertain nature of the advance.
6:2 しかし、科学や技術においてますます速度を上げる変化や、その変化の予期できない源や、進歩の不確定性によって、その問題は増幅される。

6:3 This makes our usual approaches to formulating policy and strategy more likely to produce results that are either ineffective due to changing circumstances or harmful due to unintended consequences.
6:3 このことによって、政策や計画の組み立てに対してわれわれが普通に行う取り組み方法は、変化しつつある状況のために無益であるか、または意図しない結果のために有害であるか、どちらかの結果を生む可能性がより高くなっている。
[24] The key idea in the 6th paragraph is that
1. advances in science and technology promise certainty in policy formulation.
2. a future society will be more stable and predictable than the present one.
3. a future society will be less stable and predictable than the present one.
4. advances in science and technology do not promise certainty in policy formulation.

・解答 [24]―4
>[24]「第6段の主要な考えは…である」第6段第2文(But, the problem…)・最終文(This make sour…)参照。科学や技術の急速な変化などによって問題が増幅され、政策の組み立てが無益な結果を生み出すと述べている点から考える。4の「科学と技術の進歩は、政策の組み立てにおいて確実性を約束しない」が正解。

■第7段落
7:1 We usually choose strategies or policies that are in some sense “best” for example, the most cost­effective — for the envisioned future.
7:1 われわれは、心に描く将来にとって、ある意味において「最良な」(たとえば、費用に関して最も効率が大きい)計画か政策を普通選ぶ。
7:2 These choices may not serve us well when scientific or technological advances change the [11](1. ground 2. Surface 3. underground) rules.
7:2科学的、技術的進歩が基本原則を変えると、これらの選択は十分役に立たないかもしれない。
7:3 One approach to managing this problem is to regard more carefully the range of possible future scenarios rather than focusing on the few we believe to be more likely.
7:3 これらの問題を処理する1つの取り組み方法は、より可能性が高いと信じられる少数の筋書きに集中するよりもむしろ、可能性のある将来の筋書きの範囲をもっと注意深く考慮に入れることである。

7:4 We often use this approach as individuals but rely on it less frequently in choices of international policy.
7:4 われわれはしばしば個人としてこの取り組み方法を使うが、国際的な政策を選ぶ際には、それほど頻繁にはそれに頼らない。
7:5 When we step out in the morning, we take the weather forecast with skepticism.
7:5 われわれは朝出かけるとき、疑いをもって天気予報を見る。
7:6 For example, we consider it quite likely that we will be faced with other scenarios despite a prediction of fair weather we might carry an umbrella, [12](1.by all means 2. just in case 3. this being so).
7:6 たとえば、われわれは他の筋書きに直面する可能性がかなり高いと考える。晴天の予報にかかわらず、念のために傘を持っていくことがある。
7:7 Choosing robust strategies — ones that can accommodate the futures wide range of possibilities — has the potential for fewer regrets.
7:7強固な計画、つまり将来の広範囲にわたる可能性を適応させることができる計画には、後悔がより少なくてすむ可能性がある。
[25] According to this article, “best” strategies
1. regard carefully the range of possible future scenarios.
2. focus on the few we believe to be more likely.
3. are used less frequently in choices of international policy.
4. are to carry an umbrella even on a sunny day.

・解答 [25]―2
>[25]「この論文によれば、「最良の」計画は…」第7段第3文(One approach to…)参照。「最良の」計画や政策を選ぶ問題点を処理する取り組み方法として、より可能性が高いと信じられる少数の筋書きに集中することはよくないと述べられている点から考える。2の「より可能性が高いと信じられる少数の筋書きに集中する」が正解。

■第8段落
8:1 This shift away from “best” strategies to “robust” strategies will require a different approach both by the public and by policymakers.
8:1 「最良の」計画から「強固な」計画への、このような変化は、一般大衆と政策決定者の両方による異なった取り組み方法を要求する。

8:2 Currently a policy structured to adapt to changes in the international arena is often [13](1. esteemed 2. viewed 3. referred) as “ill-defined” or “no policy at all.”
8:2現在のところ、国際的な場における変化に順応するようにと組み立てられている政策は、しばしば「不明確」か「全く方針とは言えない」と思われている。
8:3 Yet these approaches — adaptive strategies that can deal with alternative futures — are some of the key tools we use as individuals to cope with uncertainty in everyday life — as illustrated by the umbrella.
8:3 しかし、このような取り組み方法、つまり、今までにない将来を処理できる適応性のある計画は、傘の例に示されるように、われわれが日常生活で不確実性を扱うために、個人として使用する重要な道具である。
[26] According to this article, “robust” strategies are
1. abstract.
2. adaptive.
3. individualistic.
4. hierarchical.

・解答 [26]―2
>[26]「この論文によれば、『強固な』計画は…」第8段第1文(This shift away…)・最終文(Yet these approaches…)参照。「最良の」計画から「強固な」計画への変化には適応性が必要であると述べられている。2の「適応性がある」が正解。

[27] According to this article, greenhouse gas reductions
1. are too ambiguous for us to think about.
2. will be better managed by a policy that only considers· our current capabilities.
3. will be better managed if we discourage scientific innovation.
4. can be better managed by planning for multiple scenarios.

・解答 [27]―4
>[27]「この論文によれば、温室ガスの削減は…」第9段最終文(Policies to achieve…)参照。温室ガスの削減を達成しようとする政策は、技術変化が不確定なので、明確化するのが困難であると述べられている点から考える。「技術変化が不確定」→「複合的な筋書きが必要」となり、4の「複合的な筋書きを計画することによって、よりよく取り組むことができる」が正解。

■第7段落
7:1 We usually choose strategies or policies that are in some sense “best” for example, the most cost­effective — for the envisioned future.
7:1 われわれは、心に描く将来にとって、ある意味において「最良な」(たとえば、費用に関して最も効率が大きい)計画か政策を普通選ぶ。
7:2 These choices may not serve us well when scientific or technological advances change the [11](1. ground 2. Surface 3. underground) rules.
7:2科学的、技術的進歩が基本原則を変えると、これらの選択は十分役に立たないかもしれない。
7:3 One approach to managing this problem is to regard more carefully the range of possible future scenarios rather than focusing on the few we believe to be more likely.
7:3 これらの問題を処理する1つの取り組み方法は、より可能性が高いと信じられる少数の筋書きに集中するよりもむしろ、可能性のある将来の筋書きの範囲をもっと注意深く考慮に入れることである。
7:4 We often use this approach as individuals but rely on it less frequently in choices of international policy.
7:4 われわれはしばしば個人としてこの取り組み方法を使うが、国際的な政策を選ぶ際には、それほど頻繁にはそれに頼らない。
7:5 When we step out in the morning, we take the weather forecast with skepticism.
7:5 われわれは朝出かけるとき、疑いをもって天気予報を見る。
7:6 For example, we consider it quite likely that we will be faced with other scenarios despite a prediction of fair weather we might carry an umbrella, [12](1.by all means 2. just in case 3. this being so).
7:6 たとえば、われわれは他の筋書きに直面する可能性がかなり高いと考える。晴天の予報にかかわらず、念のために傘を持っていくことがある。
7:7 Choosing robust strategies — ones that can accommodate the futures wide range of possibilities — has the potential for fewer regrets.
7:7強固な計画、つまり将来の広範囲にわたる可能性を適応させることができる計画には、後悔がより少なくてすむ可能性がある。

■第10段落
10:1 Additional obstacles exist.
10:1 さらなる障害も存在する。
10:2 Other challenges include distinguishing between insufficiently defined policy approaches and adaptive approaches, and accurately judging how much is enough when designing initiatives that can deal with [16](1. which 2. what 3. that) are seemingly unlikely alternative futures.
10:2他の難題には、明確化が十分でない政策取り組みと適応力のある取り組みとを区別することと、見たところでは起こり得ない別の未来となるものを処理する独創性を作り出すときに、「どれぐらいで十分か」を正確に判断すること、などがある。
10:3 It is even more difficult to build the public and international consensus necessary to implement policies that are more complex and difficult to explain.
10:3説明するのがより複雑で困難な政策を実行するのに必要な大衆の、そして国際的な同意を築くことは、さらに難しいことである。
10:4 [17](1. Therefore 2. Nonetheless 3. All the more), recently completed analysis on global climate change indicates that it is possible to formulate adaptive strategies and to demonstrate their suitability for problems of an international scope.
10:4 それにもかかわらず、世界的気候変化に関して最近完成した分析によると、適応力のある計画を形成し、国際的な範囲の問題に対するその計画の適切さを証明することは可能である。
10:5 Other work on national security strategy suggests that strategies that can deal with a variety of futures are both practical and affordable.
10:5国家的安全計画に関する他の研究は、さまざまな将来を扱うことができる計画が、実行可能であるし、また手ごろでもあると示唆している。

[28] According to this article, which of the fallowing is correct?
1. A recent analysis on global climate supports not robust strategies but adaptive strategies.
2. Adaptive strategies are useful but used too much for problems
of an international scope.
3. It is suggested that “best” strategies that can deal with a variety of futures are both practical and affordable.
4. It is suggested that “robust” strategies that can deal with a variety of futures are both practical and affordable.

・解答 [28]―4
>[28]「この論文によれば、次のどれが正しいか」第7段最終文(Choosing robust strategies…)に、robust strategies「『強固な』計画」とは将来の幅広い可能性に適応させることのできるものだとあるので、第10段最終文(Other work on…)のthat strategies that can deal with a variety of futuresはrobust strategiesと言い換えることができる。したがって、4の「さまざまな将来を扱うことができる『強固な』計画は、実用的であるし、また手ごろでもあると述べられている」が正解。1.「世界的気候に関する最近の分析は、強固な計画ではなく、適応力のある計画を支持している」適応力のある計画が強固な計画となるので不一致。2•「適応力のある計画は役には立つが、国際レベルの問題を扱うためにあまりに使われ過ぎている」国際レベルではあまり使われていないので不一致。3.「さまざまな未来を扱うことのできる『最良の』計画は、実用的で、手ごろであると言っている」これは「強固な」計画の説明なので不一致。

■第11段落
11:1 Advances in science and technology may fundamentally change the “way the world works” in surprising and unanticipated ways.
11:1科学と技術における進歩は、驚くような、また予期しない方法で、「世界のはたらき方」を根本的に変えるであろう。
11:2 They have the potential to [18](1. reproduce 2. redefine 3. refuse) the actors on the international stage and to change the objectives of those actors in dealing with others.
11:2進歩は、国際舞台にいる行為者たちを再び明確なものにし、他者と関係する際にその行為者たちの目的を変える潜在能力がある。
11:3 They can also affect commerce, conflict, and international politics.
11:3進歩はまた、商業や紛争や国際政治に影響を与える。
11:4 Increasing economic instability and the rapid creation of wealthy multilateral corporations are possible consequences.
11:4経済的不安定が増すことと裕福な多国籍企業が急に生まれることが、可能性のある結果である。
11:5 A shift in the nature of warfare to more hidden and secret [19](1. forms 2. formalities 3. fortress) of conflict and a decrease in the influence and sovereignty of the nation-state are also possible.
11:5紛争の形がより多く隠され、そして秘密にされるような、戦争の性質における変化と、民族国家の影響や支配の減少もまた可能である。
11:6 In the face of such [20](1. peripheral 2. fundamental 3. misdirected) changes, we need to find ways to regard more carefully the range of possible changes and choose policies and strategies that work, despite advances in Science and technology.
11:6 そのような根本的な変化に直面して、われわれは可能性のある変化の範聞をより注意深く考慮し、科学と技術の進歩にかかわらず機能する政策や計画を選ぶ方法を見つけだす必要がある。

[29] In this article, the author argues that we need to
1. have more careful policies and strategies for advancing science and technology.
2. be more open to uncertainty in designing policies and initiatives.
3. choose policies and strategies that work for maintaining a hierarchical structure in international politics.
4. overcome global instabilities by stabilizing scientific and technological advances.

・解答 [29]―2
>[29]「この論文において、著者は…必要があると主張している」最終段最終文(In the face…)参照。可能性のある変化の範囲をより注意深く考慮する必要性が述べられている。よって、2の「政策や独創性を作り出す際に不確実性をもっと受け入れる」が正解。

[30] Which of the following will make the most suitable title for this article?
1. The Scientific Consequences of Network Governance
2. Network Governance and Robust Policy Management
3. The Supremacy of Science in Network Governance
4. The Collapse of Science and Network Governance

解答
[30]―2
>[30]「この論文の最もふさわしい表題は次のどれか」情報技術の時代におけるrobust policy「強固な政策」(=adaptive policy「適応性のある政策」)の必要性が述べられているので、2の「ネットワーク管理と適応性のある政策能力」が正解。

copyright 2016/Everyday school