[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2002年 大問一 内容一致問題

内容一致問題
■第1段落
1:1 The idea of using trade to create political stability is not a new one.
1:1政治的安定を生み出すために貿易を利用するという考えは新しいものではない。

1:2 It took the form of imperialism in the late 19th century, when colonies were used to help the industrialization of the colonial powers.
1:2 それは19世紀終わりには帝国主義の形をとったが、その当時、植民地は植民政策をとる列強の工業化の助けになるように利用された。
1:3 After centuries of change, the fundamental principle remains the same, though with a shift in focus.
1:3数世紀にわたる変化の後も、焦点の変化はあるけれども基本的な原則は変わっていない。
1:4 Now, private companies rather than governments are attempting to foster peace between groups in conflict by involving them in cooperative business ventures.
1:4今、政府よりもむしろ民間企業の方が、争っている集団を共同事業に参加させることによって両者の聞に平和を育てようと試みている。
1:5 David Lubetsky, CEO of one such company, Peace Works, says, “The more companies operate and profit together, the more they will gain a common interest in preserving and cementing those bonds… and hopefully someday, prosperity will make stability prevail.”
1:5 そのような企業のひとつであるピースワークスの経営最高責任者デービッド=ルベツキーは、「より多くの会社が共同で操業し利益を上げれば上げるほど、そのきずなを保持し固めることに共通の利害をもち、そして、うまくいけば、いつの日か繁栄が安定を広めてくれるだろう」と言う。
1:6 This movement takes the socially conscious business practices of the last quarter century one step [1](1. more 2. further 3. far) ; rather than just promoting donations, this new theory gives businesses an incentive to become involved in creating peace by establishing commercial and personal links between groups in conflict.
1:6 この動きは、過去四半世紀の社会を意識した企業活動を一歩さらに先へと進める。つまり、この新しい考え方は、単に寄付を促すよりもむしろ、争っている集団の聞に商業面と個人面でのつながりを築くことによって平和を生み出すことに関わろうとする動機を企業に与える。
[21] The “fundamental principle” in the first paragraph is one in which
1. trade is used to create political stability.
2. imperial colonies help the governments of industrializing countries.
3. the governments of industrial countries handle social unrest at home.
4. private companies rather than governments are attempting to faster peace.

・解答 [21]―1
>[21]
最初の段落の「基本原則」は
1.貿易は政治的安定を作成するために使用される。
2.帝国集団は工業国の政府を助ける。
3.工業国の政府は、家庭での社会不安を扱う。
4.民間企業ではなく、政府が早めに平和にしようとする。
the fundamental principle「基本的な原則」は、第1段第1文(The idea of…)のThe idea of using trade to create political stabilityを指しているので、1が正解。

■第2段落
2:1 The need for socially conscious enterprise was initially recognized in the 1980s, when organizations like the Social Venture Network [2](1. founded 2. sought 3. found) to create a network of entrepreneurs who would design and implement innovative ways in which business could be used to benefit society.
2:1社会を意識した企業の必要性はまず1980年代に認識され、その当時、ソーシャルベンチャーネットワークのような団体が、企業活動が社会に益をもたらすように使われうる刷新的な方法を計画し実行する事業家たちのネットワークを作り出そうと努めた。

2:2 Until recently, this agenda meant that companies gave away a certain percentage of their pre­tax earnings to a worthy cause or Organization and supported projects for social change, which benefited children, families, disadvantaged groups, and the environment.
2:2最近まで、この実践項目は、企業が税引き前の収入の一定の割合を価値のある主義や団体に与え、子供や家族や恵まれない集団や環境のためになるような社会変化を目指す計画を支援することを意味していた。
2:3 Since the 1990s, [3](1. nonetheless 2. nevertheless 3. However), this original philosophy has evolved further.
2:3 しかしながら、1990年代以来、この元来の考え方はさらに発展してきた。
2:4 Businesses have realized that creating a highly profitable venture does not require a sole focus on increasing profitability: businesses can simultaneously create profit and foster long-term economic stability and peace in their countries of operation.
2:4企業は、大きな利益を上げる事業を生み出すことは、収益率を増すことだけに焦点、を当てるよう要求するのではないと気づいた。つまり、企業活動とは、その操業する国において利益を上げることと長期にわたる経済的安定と平和を育てることが同時にできるということなのである。
[22] The “agenda” in the second paragraph means to
1. foster peace between groups in conflict.
2. create a network of entrepreneurs.
3. benefit society through business.
4. create a highly profitable venture.

・解答 [22]―3
>[22]
「第2段の『実践項目』は…することを意味する」
1.紛争におけるグループ間の平和をまもる。
2.起業家のネットワークを作成する。
3.事業を通じて社会に利益をもたらす。
4.収益性の高いベンチャーを作る
第2段第1文(The need for…)最終部分の「企業活動が社会に益をもたらすように使われうる刷新的な方法を計画し実行する」からわかるように、3が正解。

■第4段落
4:1 Siemens Data Communications (SDC), an Israel-based electrical -engineering company, has [6](1. same objects 2. similar goals 3. different purposes.
4:1 イスラエルに本拠を置く電気工学の企業であるジーメンスデータコミュニケーションズ(SDC)も同様の目標をもっている。
4:2 In October 1998, SDC and a Palestinian engineering company signed a pioneering joint venture in which SDC agreed to hire, train, and integrate Palestinian engineers into company projects.
4:2 1998年10月、SDCとパレスチナの工学技術の企業がある先駆的な合弁事業にサインをしたが、その中でSDCはパレスチナ人の技術者を雇い、訓練し、会社のプロジェクトに迎え入れることに同意した。
4:3 This contract [7](1.hardly 2. neatly 3. rarely) solved two problems: first, it lowered the high rates of unemployment among Palestinian engineers; and second, it filled the gaps in the Israeli labor market.
4:3 この契約は見事に一つの問題を解決した。一つめは、パレスチナ人の技術者の高い失業率を下げたことであった。二つめは、イスラエルの労働市場の隙聞を埋めたことであった。
4:4 As for the success of this joint venture, Ari Ben-Zichri, the head of research and development at SDC, noted, “during the training period at SDC there was no tension of any kind even though many of the Israeli employees were in the army and helped to put down the uprisings in Ramallah.”
4:4 この合弁事業の成功に関して、SDCの研究開発部長であるアリ=ベン=ジクリは、「イスラエルの従業員の多くは軍隊にいてラマラでの暴動を鎮めるのに手を貸したことがあったのだが、SDCでの訓練期間中は、いかなる種類の緊迫状態もなかった」と言った。

4:5 One of the Palestinian employees stressed that “As engineers, we all speak the same language and have the same goals.
4:5 パレスチナ人の従業員の一人が、「技術者としてわれわれはみな、同じことばを話し同じ目標をもっている。
4:6 I think the only real hope for a peaceful settlement [8](1. Lies in 2. Results in 3. differs from) such cooperative projects.”
4:6平和的解決の唯一の実質的な望みは、そのような協力的プロジェクトにあると私は思う」と強調した。
[23] Ari Ben-Zichri, the head of research and development at SDC, seems
1. delighted at the successful collaboration between Israeli and Palestinian employees.
2. skeptical of many Israeli employees who once served in the army.
3. critical of many Israeli employees who ended up fighting with Palestinian employees.
4. proud of the sharp increase of Israel’s foreign investment figures since 1998.

・解答 [23]―1
>[23]
「SDCの研究開発部長であるアリ=ベンコジクリは…であるように思われる」
1. イスラエルとパレスチナの従業員との協力がうまくいったことに喜んでいる。
2.かつて軍隊で提供し、多くのイスラエル人の従業員が懐疑的になっている。
3.パレスチナの従業員と戦うことになった多くのイスラエル人の従業員が重要である。
4.1998年以来、イスラエルの対外投資の数値の急激な増加を誇っている。
第4段第4文(As for the success…)参照。アリコベン=ジクリは、「SDCでの訓練期間中いかなる種類の緊迫状態もなかった」と喜んでいるので、1の「イスラエル人従業員とパレスチナ人従業員の聞の協力がうまくいったことに喜んでいる」が正解。

■第5段落
5:1 Peace Works, founded in 1994, also believes that peace may be reached through joint enterprise, but it is (1. by no means 2. not only 3. perhaps) unique because it was established expressly for the purpose of encouraging the development of cooperative business ventures between different groups of people.
5:1 1994年に設立されたピースワークスも、平和は合弁事業によって達成されると信じているが、それは、異なった人々の集団聞の協力的な企業活動の発展を勧めることを明確に目的として設立されたので、おそらく他に類をみないものであろう。

5:2 To qualify for PeaceWorks’ aid, companies must be crowned by persons of different nationalities or ethnicities that have habitually been in conflict.
5:2 ピースワークスから援助を受けるためには、企業は、常習的に争っている異なった国籍や民族性をもつ人々によって共同所有されなければならない。
5:3 Peace Works serves as a consultant for marketing these companies’ products and [10](1. exchanging 2. facilitating 3. profiting) distribution and sales.
5:3今では、ピースワークスはこれらの企業の製品を市場に出し、流通と販売を促進するためのコンサルタントとして働く。
5:4 Peace Works is now a multinational corporation with more than 3,000 sales outlets in the United States alone.
5:4 ピースワークスは、アメリカだけでも3,000以上の販売店をもつ多国籍企業である。
5:5 Peace Works Specialty Foods, a subsidiary of Peace Works, supports ventures between Israeli manufacturers who buy their raw materials from Palestinian farmers; it also directs a project involving a Texan manufacturer and farmers in the strife filled Mexican state of Chiapas.
5:5 ピースワークスの子会社であるピースワークススペシヤルティフーズは、パレスチナ人の農場経営者から原材料を買うイスラエル人製造業者の間の事業を支援する。それはまた、メキシコの争いに満ちたチアパス州におけるテキサスの製造業者と農場経営者に関わるプロジェクトも指導する。
5:6 Peace Works provides similar services to the textile and clothing industries.
5:6 ピースワークスは繊維衣料産業にも同様のサービスを提供している。
5:7 The Arab co-owner of a company with which PeaceWorks [11](1. promotes 2. disputes 3. collaborates) commented, “Companies like this are good for the Arab people, better than making war.”
5:7 ピースワークスが協力する企業のアラブ人共同経営者は、「このような企業はアラブ民族にとってよいもので、戦争をするよりもよい」と言った。
5:8 Peace Works’ local partners are not the only ones acknowledging its work so far.
5:8 ピースワークスの地元の共同事業者だけがこれまでのその成果を認めているのではない。
5:9 Global leaders have also acknowledged the success of Peace Works.
5:9全世界の指導者たちもピースワークスの成功を認めてきた。
[24] According to this article, which of the following statements about Peace Works is most correct?
1. Peace Works is not directly involved in producing particular products.
2. Peace Works has sales outlets only in the United States so far.
3. Peace Works operates solely in the Middle East.
4. Peace Works is more highly regarded by local partners than by global leaders.

・解答 [24]―1
>[24]
「この記事によれば、ピースワークスに関する次の文章のどれが最も正しいか」
1.平和ワークスは、直接特定の製品の生産に関与していない。
2.平和作品は、これまで米国内でのみ販売店舗を持っている。
3.平和ワークスはもっぱら中東で動作する。
4.平和の作品は、より高度にグローバルリーダーによってより現地パートナーによってみなされている。
第5段第1文(PeaceWorks, foundedin1994, …)の後半部分参照。ピースワークスは、「異なった人々の集団関の協力的な企業活動の発展を勧めることを明確に目的として設立された」と述べられているので、1が正解。

■第7段落
7:1 The BOC model is built on the idea that business can create the setting necessary to reach long-lasting Social understanding and prosperity in conflict regions while simultaneously achieving its business objectives.
7:1 BOCのモデルは、企業活動は事業目的を達成するのと同時に、紛争地域において長く続く社会的理解と繁栄に達するために必要な道具立てを生み出すことができるという考えに基づいている。

7:2 It works at three levels.
7:2 それは三つの段階で機能する。
7:3 First, human interaction: when people work together under conditions of equality, they overcome cultural stereotypes.
7:3一つめは人間の交流である。平等の条件で一緒に働くとき、人々は文化的な固定観念を克服する。
7:4 Second, commercial cooperation: all businesses profiting from joint Ventures [13](1. achieve 2. restrain 3. refrain) a fixed interest in preserving those business ties.
7:4二つめは、商業面での協力である。合弁事業から利益を上げるすべての企業は、その事業面でのつながりを維持することに一定の利宣をもつようになる。
7:5 And finally, regional participation: the people participating in joint ventures “gain a stake in the system,” which eventually leads to even greater stability.
7:5 そして最後に、地域の参加である。合弁事業に参加する人々は「その仕組みの中で利害関係を得て、そのおかげで、最終的にはさらに大きな安定につながるのである。

[25] According to this article, which of the following statements is the basic idea of the BOC model?
1. Profit-making and peace-making are essentially contradictory.
2. The tension between profit-making and peace-making is a cause of conflicts in the Middle East.
3. Profit-making is the fundamental condition of peacemaking.
4. Profit-making and peace-making can go hand in hand.

・解答 [25]―4
>[25]
「この記事によれば、次の文章のどれがBOCのモデルの基本的な考え方か」
1.営利と平和づくりは、基本的に矛盾している。
2.営利と平和作りの間の緊張は、中東での紛争の原因がある。
3.営利は和平の基本的な条件である。
4.営利と平和づくりは、手をつないで行くことができる。
第7段第1文(The BOC model is…)参照。BOCのモデルは、企業活動は事業目的を達成する(=利益を上げる)のと同時に、紛争地域において長く続く社会的理解と繁栄に達する(=平和を築く)のに必要な背景を生み出すことができるという考えに基づいていると述べられているので、4の「利益を上げることと平和を築くこととは連携する」が正解。

[26] To “gain a stake in the system” in the seventh paragraph means to
1. put the system at risk for greater gains.
2. make money out of the system.
3. hire more Palestinian workers in the system.
4. secure confidence and an interest in the system.

・解答 [26]―4
>[26]
「第7段の『その仕組みの中で利害関係を得る』は…することを意味する」
1.より大きな利益のために危険にシステムを置く
2.システムからお金を稼ぐ
3.システムでより多くのパレスチナ人労働者を雇用
4.セキュアな自信とシステムへの関心
第7段最終文(And finally, regional…)参照。信頼関係を築き利害関係を得るのだから、4の「その仕組みの中で信頼と利害関係を確保する」が正解。

■第10段落
10:1 The BOC report outlines these potential gains, but it also warns of some difficulties in applying the model to real life.
10:1 BOCの報告はこれらの潜在的な利点の概略を述べているが、それはまた、そのモデルを現実の生活に当てはめる困難さについて警告もしている。
10:2 Furthermore, the socioeconomic impact of the model is limited by the number of companies incorporating it into their operations framework.
10:2 さらに、そのモデルの社会経済的な影響は、それを操業の枠組みの中に組み入れる企業の数によって制限を受ける。
10:3 BOC committee members believe that before their model can have a powerful effect, it must reach “critical mass,” with a sufficient number of corporations following its guidelines.
10:3 BOC委員会のメンバーは、自分たちのモデルが大きな影響をもつようになるには、十分な数の企業がそのガイドラインに従う「臨界質量」に達しなければならないと信じている。
10:4 The success of the model [110](1.also 2. Scarcely 3. Thereby) depends on the assumption that joint business ventures are based on a relationship of equality between partners.
10:4 そのモデルの成功はまた、合弁事業が共同者間の平等の関係に基づくという前提に依っている。
10:5 If these relations are not rooted in an equal and honest alliance, the ventures may not succeed in reducing tensions between groups in conflict.
10:5 もしこれらの関係が平等で正直な提携に根づかないものならば、事業は争っている集団の聞の緊迫状態を和らげるのに成功しないであろう。
10:6 Daily commercial interaction alone does not guarantee a peaceful coexistence.
10:6毎日の商業面でのふれ合いだけでは、平和的な共存は保証されない。

[27] According to this article, the BOC report assumes that businesses grow when
1. a sole focus on increasing profitability is required.
2. equal and honest partnerships are created in conflict areas.
3. prosperity is shared by parent companies.
4. governments succeed in reforming economic and political structures.

・解答 [27]―2
>[27]「この記事によれば、…するときに事業は成長するとBOCの報告は想定する」
1.増加する収益性には一つの焦点が必要です。
2.等しく、正直なパートナーシップは、紛争地域で作られる。
3.繁栄は、親会社で共有される。
4.政府は経済と政治構造の改革に成功した。
第10段第4文(The success of the model…)参照。事業の成功は共同者聞の平等の関係に基づくという前提に依っていると述べられているので、2の「紛争地域において、平等で正直な共同関係が生み出される」が正解。

[28] The BOC model is less likely to succeed in real life, according to this article, if
1. companies have employees of different backgrounds that have habitually been in conflict.
2. states and private companies are closely connected.
3. too many companies incorporate it into their operations framework.
4. commercial interaction is not sustained by equal partnerships.

・解答 [28]―4
>[28]「この記事によれば、もし…ならばBOCのモデルが現実の生活の中で成功する可能性は低い」
1.会社は、習慣的に対立してきたさまざまな背景の従業員がいる。
2.州と民間企業が密接に接続されている。
3.あまりにも多くの企業が運用フレームワークに組み込む。
4.商業相互作用は同等なパートナーシップによって維持されない。
第10段第5文(If these relations…)・最終文(Daily commercial interaction…)参照。もし平等で正直な提携に根づかないものならば、毎日の商業面でのふれ合いがあっても成功しないと述べているので、4の「商業面でのふれ合いが平等な共同関係によって支えられない」が正解。

■第11段落
11:1 [20](1. Fortunately 2. Clearly 3. Theoretically), the social benefits of joint ventures have a limited scope; they merely touch their local communities.
11:1明らかに、合弁事業の社会的利益には限られた範囲しかない。それはただ地元の社会にしか影響を与えない。
11:2 But the failure of peace talks and negotiations only serves to emphasize that politics are not sufficient, and that the BOC model may indeed be one of the better ways to guide the Middle East and similarly troubled regions to peace.
11:2 しかし、平和会談や和平交渉の失敗はただ、政治は不十分なもので、BOCのモデルは確かに中東や同様の紛争地域を平和に導く、よりよい方法のひとつであるかもしれないと強調するのに役立つだけである。

[29] Which of the following statements best represents the view of the author of this article?
1. Peace in the Middle East may be achieved if governments rather than private companies take the initiative.
2. Private companies should donate more to improve the critical conditions of people in the Middle East.
3. Private companies can become potential actors in the peace-making diplomacy in the Middle East.
4. The BOC model is not theoretically sophisticated enough to have any impact on the Middle East.

・解答 [29]―3
>[29]「次の文のどれが、この記事の著者の考えを最もよく表しているか」
1.民間企業よりも政府がイニシアチブをとる場合は、中東の平和を達成することができる。
2.民間企業が中東の人々の重要な条件を改善するために、より多くの寄付をする必要がある。
3.民間企業が中東和平作り外交における潜在的な俳優になることができる。
4. BOCモデルは、中東への影響はありするのに十分な理論的に洗練されていない。
最終段第2文(But the failure…)参照。政治は不十分なもので、BOCのモデルなど民間企業の方が中東や同様の紛争地域を平和に導く、よりよい方法であるかもしれないと述べられているように、3の「民間企業は、中東における平和構築外交の潜在的な俳優になりうる」が正解。

■第1段落
1:1 The idea of using trade to create political stability is not a new one.
1:1政治的安定を生み出すために貿易を利用するという考えは新しいものではない。
1:2 It took the form of imperialism in the late 19th century, when colonies were used to help the industrialization of the colonial powers.
1:2 それは19世紀終わりには帝国主義の形をとったが、その当時、植民地は植民政策をとる列強の工業化の助けになるように利用された。
1:3 After centuries of change, the fundamental principle remains the same, though with a shift in focus.
1:3数世紀にわたる変化の後も、焦点の変化はあるけれども基本的な原則は変わっていない。
1:4 Now, private companies rather than governments are attempting to foster peace between groups in conflict by involving them in cooperative business ventures.
1:4今、政府よりもむしろ民間企業の方が、争っている集団を共同事業に参加させることによって両者の聞に平和を育てようと試みている。
1:5 David Lubetsky, CEO of one such company, Peace Works, says, “The more companies operate and profit together, the more they will gain a common interest in preserving and cementing those bonds… and hopefully someday, prosperity will make stability prevail.”
1:5 そのような企業のひとつであるピースワークスの経営最高責任者デービッド=ルベツキーは、「より多くの会社が共同で操業し利益を上げれば上げるほど、そのきずなを保持し固めることに共通の利害をもち、そして、うまくいけば、いつの日か繁栄が安定を広めてくれるだろう」と言う。
1:6 This movement takes the socially conscious business practices of the last quarter century one step [1](1. more 2. further 3. far) ; rather than just promoting donations, this new theory gives businesses an incentive to become involved in creating peace by establishing commercial and personal links between groups in conflict.
1:6 この動きは、過去四半世紀の社会を意識した企業活動を一歩さらに先へと進める。つまり、この新しい考え方は、単に寄付を促すよりもむしろ、争っている集団の聞に商業面と個人面でのつながりを築くことによって平和を生み出すことに関わろうとする動機を企業に与える。

[30] Which makes the best title for this article?
1. Peace and Profit through Joint Ventures
2. Technology, Conflict, and Change in the Middle East
3. The Irony of the Business of Cooperation Project
4. Coming Conflicts in the New Millennium

・解答 [30]―1
>[30]「この記事の表題として最も適当なものは次のどれか」
1.合弁事業を通じての平和と利益
2.中東のテクノロジー、対立、変化
3.協力事業の皮肉
4。来る新世紀の競合
第1段参照。政治的安定を生み出すために貿易を利用するという考えは、以前からあったが、第1段最終文(This movement takes…)にあるように、現在では、争っている集団の聞に商業面と個人面でのつながりを築くことによって平和を生み出すことに関わることが重要である。よって、1が正解。

copyright 2016/Everyday school