[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2005年 大問二 内容一致問題

内容一致問題
■第3段落
3:1 As regards the coping strategies, there are a number of possible “interventions” that
may help to alleviate the problems associated with shiftwork.
3:1対処方策に関しては、交替勤務に関連した問題を緩和するのに役立ちそうな
見込みのある「調停案」がいくつかある。
3:2 First and foremost, the shift system can be optimized.
3:2 まず何より、交替制度は最適化することができる。
3:3 The earlier bias towards permanent shift systems – systems which assumed complete
adjustment of circadian** rhythms – has now been reversed in Europe to a bias in favor
of (rapidly) rotating shift systems that should minimize the disruption of such rhythms.
3:3 24時間周期のリズムに完全に適合させる制度である固定交替制に初期は
偏っていたが、現在ヨーロッパでは逆転して、そうしたリズムの乱れを最小に
するはずの(急速)循環交替制を支持する方へ傾いている。
3:4 Some researchers also argue that permanent shift systems are probably undesirable,
and that rotating shift systems that progressively delay the shift (i.e., in the order:
morning → evening → night) result in fewer problems for the individuals concerned
than those that progressively advance the shift (night → evening → morning).
3:4また固定交替勤務はおそらく望ましくないし、交替勤務時間を漸次遅らせる
(すなわち朝→夕方→夜の順序にする)循環交替制の方が、交替勤務時間を漸次
早める(夜→夕方→朝)交替制よりそれにかかわる個人にとって問題が少ないと
論じる研究者もいる。
3:5 [33](1.if 2. Since 3.although) the evidence on this latter point is far from conclusive.
3:5 もっとも、後者の点に関して、証拠はとても決定的とはいえないけれど。

■第4段落
4:1 Ideally, this [34(]1. choice 2. relationship 3. balance) between rotating systems and
permanent systems needs to be considered not only in relation to performance
efficiency, but also in relation to medical and social criteria, yet there are insufficient
medical data available for any valid comparison to be made.
4:1理想的には、循環制か固定制かの選択は作業効率に関してばかりでなく、医
学的、社会的な尺度との関連からも考慮する必要があるけれども、有効な比較
をするのに使える医学的なデータは不十分である。
4:2 However, it is arguable that the reduced sleep deprivation and undisrupted circadian
rhythms associated with rotating systems may make them the lesser of two evils.
4:2 しかし、循環制に関連する睡眠不足の軽減と、24時間周期のリズムの乱れ
の防止とによって、2つの害悪がまだましな方になるということは論証できる。

■第8段落
8:1 Indeed, a [42] (1. plausible 2. Selected 3. farfetched) explanation for many of the
health problems associated with shiftwork is that they stem from exactly the continual
adjustment and readjustment of individuals’ rhythms that manipulations such as the use
of bright light or melatonin are designed to maximize, [43](1. the fact 2. suggesting 3.
on the assumption) that these manipulations may actually exacerbate longer-term health
problems.
8:1実は、交替勤務に関連する健康問題の多くは、明るい照明やメラトニンの
利用といった操作によって最大化しようとしている個人周期の調整と再調整が
続くことそのものから生じるのだとすると、うまく説明がつくのであり、それ
によって、こうした操作が実は長期にわたる健康問題の悪化を招いていること
が示唆されるのである。
8:2 While there is some recent, but indirect, evidence to support this point, there is
clearly a need for more research on the potential long-term effects of the use of these
manipulations before they can be [44] (1. Recommended 2. Controlled 3. Examined) for
widespread use.
8:2 このような主張を支える、時期は新しいが間接的な証拠があるとはいえ、
広汎な利用を勧めるには、こうした操作を使用することによる潜在的な長期的
影響に関する研究を、重ねる必要があるのは明らかである。

■第10段落
10:1 Some researchers have suggested specific coping strategies that should reduce the
problems that an individual encounters as a result of shiftwork.
10:1交替勤務の結果として個人に降りかかる諸問題を減らすことになる個別的
な対処方策を提示してきた研究者もいる。
10:2 These coping strategies are concerned with the scheduling of various activities,
such as sleep and meals, which are [48] (1. over 2. beyond 3. under) voluntary control.
10:2 こうした対処方策は、睡眠や食事といった様々な活動の時間の割り振りに
かかわっている。そうしたことは自分でコントロールできるからである。
10:3 However, there is only very limited evidence for the efficacy of those coping
strategies, and even this may have been [49] (1. confounded 2. explained 3. made
explicit) by differences between individuals in whether they had chosen to work on their
particular schedule.
10:3 しかしながら、そのような対処方策が有効であることを示す証拠は、きわ
めて限定的であり、またこうしたことさえ、自分独自の時間割に基づいて仕事
をすることにしたかどうかの個人間の違いによってはっきりしなくなっただろ
う。

■第11段落
11:1 Nevertheless, it is clear that sleep taken at a regular time is likely to stabilize
circadian rhythms, while an irregular sleeping pattern may disrupt them.
11:1 それでも、明らかに一定時間にとる睡眠は、24時間周期のリズムを安定化
することが多く、一方不規則な睡眠様式はそれを損なうことがある。
11:2 Indeed, there is evidence that four hours’ sleep taken during the night, in
combination with an additional four hours taken at an irregular time of day, is sufficient
to prevent the disruption of most rhythms.
11:2事実、夜間にとる4時間の睡眠は、もう4時間の日中不規則な時間にとる
睡眠と合わせると、ほとんどの周期性の混乱を防止するに十分だという証拠が
ある。
11:3 In practice, many night workers do take a nighttime nap (often unofficially)
although this is seldom [50] (1. of 2. for 3. by) four hours duration.
11:3実際上、数多くの夜間労働者は夜間に仮眠を(しばしば非公式に)事実とっ
ているのである。もっとも4時間続くことはめったにないけれど。
11:4 All in all, however, there is a need for further research before proposing the most
effective ways for individuals to cope with their shift systems.
11:4 しかし、何といっても、個々人に自分の交替制に対処する最も効果的な手
段を提起するには、さらに研究を進める必要がある。

[51] In discussing the possible coping strategies for shiftwork-related problems, the
author of this article seems to be
1. confident and clear enough to make some specific suggestions.
2. professional because the author knows the issues very well.
3. cautious in interpreting research results and giving conclusive statements.
4. critical of any research findings about the possible effects of

・解答 [51]―3
>[51]「交替勤務制関連の問題に対する見込みのある対処方策を議論するとき、
この論文の著者は…であるように思われる」
1.「自信をもち、はっきりと理解しているので、具体的な提案ができる」
2.「この問題をよく知っているので専門家である」
3.「研究結果を解釈し、決定的な発言をするのに慎重である」
4.「調停案が生み出しうる効果に関する研究結果にはどれにも批判的である」
この論文全体を貫くトーンがしっかりと読み取れているかどうかが問われてい
る。様々な対処法が有効である可能性を認めているが、第3段末尾、第4段末
尾、第8段末尾、第10段最終文、そして最終段の末尾に、軽々に結論を下せな
いという慎重な姿勢が表れている。よって正解は3に決まる。

■第1段落
1:1 The prevalence of shiftwork, a system in which people work in shifts, has increased
considerably over the past fifty years in most industrialized countries, and is currently
rapidly increasing in the developing countries.
1:1交替勤務という、交替で働く制度の普及が、ほとんどの工業国で過去50年
にわたってかなり進み、最近は発展途上国でも急速に拡がっている。
1:2 This can result in a variety of problems both for the individuals concerned and the
organizations employing them.
1:2 このために、それにたずさわる個人と彼らの雇い主である組織の両方に
とって、様々な問題が発生するおそれがある。
1:3 Central to these problems is the fact that we have evolved as a diurnal* species with
an internal body clock that sends us to sleep at night.
1:3 こうした問題の中心にあるのは、私たちが体内時計によって夜間は眠りにつ
く、昼行性の生物として進化したという事実である。
1:4 This internal body clock is disrupted when people work at abnormal times, and this
disruption is thought to be related to many of the shiftworkers’ problems.
1:4 この体内時計が、平常でない時間に働くと乱されてしまうのであり、この
乱れが多くの交替勤務者問題にかかわっていると考えられている。
■第2段落
2:1 After sleep disturbances, health and wellbeing are undoubtedly the most widely and
extensively [31] (1. research 2. researched 3. researching) factors linked to shiftwork.
2:1睡眠障害に次いで、疑いなく健康と福利とが、最も幅広く広汎に調査されて
いる交替勤務に関連する要因である。
2:2 A number of studies have reported increased statistics for affective disorders such as
depression, and stomach disorders, especially ulcers.
2:2数多くの研究が、うつのような情動障害や胃の障害、特に潰瘍の統計値の
増加を報じたのだった。
2:3 Recent reports have also [32] (1. explained 2. perceived 3. linked) shiftwork with
impaired immune function.
2:3 また、最近の報告により、交替勤務と免疫機能の障害とが関連づけられた
のだった。

[52] Which of the following complaints is not suggested in this article as a shiftworker’s
problem?
1. “I cannot sleep.”
2. “My body aches all over.”
3. “I am depressed.”
4. “I tend to catch viruses.”

・解答 [52]―2
>[52]「次に示す不満のうち、この論文で交替勤務者の問題として提示されてい
ないものはどれか」
1.「眠れない」2.「体中が痛む」3.「うつ状態である」4.「ウイルスに感染しや
すい」
1については第1段に言及がある。3については第2段に言及がある。4につい
ては第2段末尾に「免疫機能の障害」という記述があり、それはすなわち「感
染症への羅患」を意味しているので、4も言及されているといえる。よって、本
文で触れられていないのは2である。

■第3段落
3:1 As regards the coping strategies, there are a number of possible “interventions” that
may help to alleviate the problems associated with shiftwork.
3:1対処方策に関しては、交替勤務に関連した問題を緩和するのに役立ちそうな
見込みのある「調停案」がいくつかある。

3:2 First and foremost, the shift system can be optimized.
3:2 まず何より、交替制度は最適化することができる。
3:3 The earlier bias towards permanent shift systems – systems which assumed complete
adjustment of circadian** rhythms – has now been reversed in Europe to a bias in favor
of (rapidly) rotating shift systems that should minimize the disruption of such rhythms.
3:3 24時間周期のリズムに完全に適合させる制度である固定交替制に初期は
偏っていたが、現在ヨーロッパでは逆転して、そうしたリズムの乱れを最小に
するはずの(急速)循環交替制を支持する方へ傾いている。

3:4 Some researchers also argue that permanent shift systems are probably undesirable,
and that rotating shift systems that progressively delay the shift (i.e., in the order:
morning → evening → night) result in fewer problems for the individuals concerned
than those that progressively advance the shift (night → evening → morning).
3:4また固定交替勤務はおそらく望ましくないし、交替勤務時間を漸次遅らせる
(すなわち朝→夕方→夜の順序にする)循環交替制の方が、交替勤務時間を漸次
早める(夜→夕方→朝)交替制よりそれにかかわる個人にとって問題が少ないと
論じる研究者もいる。
3:5 [33](1.if 2. Since 3.although) the evidence on this latter point is far from conclusive.
3:5 もっとも、後者の点に関して、証拠はとても決定的とはいえないけれど。
[53] In this article, the author agrees that
1. the shift system needs to be abandoned altogether because the job-related stress is
too much for workers to bear.
2. consideration of the nature of our body clocks allows a better understanding of
shiftworkrelated problems.
3. we have overcome the bias of being active during the day and sleeping at night with
the increased productivity guaranteed by shift systems.
4. medical criteria should be prioritized before any other criteria when discussing the
influences of shiftwork upon individual

・解答 [53]―2
>[53]「この論文で、著者は…に合意している」
1.「交替制は職務に関連する重圧が大きすぎて労働者には耐えられないので、
全廃する必要がある」
2.「体内時計とはどのようなものなのかを考えることで、交替勤務関連の諸問
題をよりよく理解することができる」
3.「日中に活動し夜間に寝るという偏りを、交替制によって生産性の回上が保
障されたことによって乗り越えた」
4.「医学的な基準が、個々の労働者に対する交替勤務の影響を論じるときには、
他のどの基準よりも優先されなければならない」
1については、第3段冒頭に述べられているように、本文でなされるのは「交
替制のもつ問題に対処する方策の検討」であり、「交替制全廃」を主張するの
ではない。2に述べられている「体内時計」に関しては、昼間に活動して夜に
眠るという自然の24時間周期のリズムの体内時計と、それと一致しない労働時
間のスケジュールから生じる問題が本文のテーマであるので、これが正解。3
に関しては、人間が昼に活動し夜眠ることと、生産性の向上のための交替勤務
との折り合いをつける「調停案」が主題で前者を乗り越えることではない。4
については、第2段冒頭の文から、「睡眠障害と健康・福利とが、最大の研究
の対象」であることがわかるが最大の研究対象であることと、それを他のどん
な基準より優先させるべきであることは別である。

■第3段落
3:1 As regards the coping strategies, there are a number of possible “interventions” that
may help to alleviate the problems associated with shiftwork.
3:1対処方策に関しては、交替勤務に関連した問題を緩和するのに役立ちそうな
見込みのある「調停案」がいくつかある。

3:2 First and foremost, the shift system can be optimized.
3:2 まず何より、交替制度は最適化することができる。
3:3 The earlier bias towards permanent shift systems – systems which assumed complete
adjustment of circadian** rhythms – has now been reversed in Europe to a bias in favor
of (rapidly) rotating shift systems that should minimize the disruption of such rhythms.
3:3 24時間周期のリズムに完全に適合させる制度である固定交替制に初期は
偏っていたが、現在ヨーロッパでは逆転して、そうしたリズムの乱れを最小に
するはずの(急速)循環交替制を支持する方へ傾いている。
3:4 Some researchers also argue that permanent shift systems are probably undesirable,
and that rotating shift systems that progressively delay the shift (i.e., in the order:
morning → evening → night) result in fewer problems for the individuals concerned
than those that progressively advance the shift (night → evening → morning).
3:4また固定交替勤務はおそらく望ましくないし、交替勤務時間を漸次遅らせる
(すなわち朝→夕方→夜の順序にする)循環交替制の方が、交替勤務時間を漸次
早める(夜→夕方→朝)交替制よりそれにかかわる個人にとって問題が少ないと
論じる研究者もいる。

3:5 [33](1.if 2. Since 3.although) the evidence on this latter point is far from conclusive.
3:5 もっとも、後者の点に関して、証拠はとても決定的とはいえないけれど。
■第4段落
4:1 Ideally, this [34(]1. choice 2. relationship 3. balance) between rotating systems and
permanent systems needs to be considered not only in relation to performance
efficiency, but also in relation to medical and social criteria, yet there are insufficient
medical data available for any valid comparison to be made.
4:1理想的には、循環制か固定制かの選択は作業効率に関してばかりでなく、医
学的、社会的な尺度との関連からも考慮する必要があるけれども、有効な比較
をするのに使える医学的なデータは不十分である。
4:2 However, it is arguable that the reduced sleep deprivation and undisrupted circadian
rhythms associated with rotating systems may make them the lesser of two evils.
4:2 しかし、循環制に関連する睡眠不足の軽減と、24時間周期のリズムの乱れ
の防止とによって、2つの害悪がまだましな方になるということは論証できる。
[54] Concerning the question of how to optimize the shift system, it is
mentioned in this article that
1. rotating systems are favored in Europe over permanent ones in handling problems
relating to circadian rhythms.
2. we have empirical evidence to show that shift systems that delay cause less
problems than those that advance.
3. the earlier bias towards permanent shift systems turned out to be groundless.
4. the order of rotation in shiftwork does not have any effect on the
health of individual workers.

・解答 [54]―1
>[54]「交替制をどのように最適化するかという問題に関して、…ということが
この論文で言及されている」
1.「ヨーロッパでは、循環制が固定制よりも24時間周期のリズムにかかわる
問題に対処するのに好まれている」
2.「遅らせる交替制は、早める交替制よりも問題を起こさないことを示す経
験的な証拠がある」
3.「初期に固定交替制に傾いていたことは、根拠がないことがわかった」
4.「交替勤務のローテーションの順序は、個々の労働者の健康に何ら影響し
ない」
1に関しては、第3段第3文(The earlier bias towards…)に、同趣旨の記述がある。
よって、正解。2に関しては、同段第4文(Some researchers also argue…)に記述が
あり、far from conclusive「とても決定的だとはいえない」とあるので、
empirical evidence「経験的に明らかである」とはいえない。3については、第4
段に記述があり、固定交替制と循環交替制が比較されている。
そこでの結論は、「データ不足でどちらがいいかの比較は有効でない」(第1文
末尾:insufficient … for any valid comparison to be made)となっている。よって3の
ように「根拠がない」とはいえない。4については、2の記述とほぼ逆の意味に
なっている。「順序に意味があるという意見もあるが、はっきりしない」とい
うのが、本文の記述であって、「まったく影響がない」と断定してはいないこ
とを正確につかむ必要がある。

■第1段落
1:1 The prevalence of shiftwork, a system in which people work in shifts, has increased
considerably over the past fifty years in most industrialized countries, and is currently
rapidly increasing in the developing countries.
1:1交替勤務という、交替で働く制度の普及が、ほとんどの工業国で過去50年
にわたってかなり進み、最近は発展途上国でも急速に拡がっている。
1:2 This can result in a variety of problems both for the individuals concerned and the
organizations employing them.
1:2 このために、それにたずさわる個人と彼らの雇い主である組織の両方に
とって、様々な問題が発生するおそれがある。
1:3 Central to these problems is the fact that we have evolved as a diurnal* species with
an internal body clock that sends us to sleep at night.
1:3 こうした問題の中心にあるのは、私たちが体内時計によって夜間は眠りにつ
く、昼行性の生物として進化したという事実である。
1:4 This internal body clock is disrupted when people work at abnormal times, and this
disruption is thought to be related to many of the shiftworkers’ problems.
1:4 この体内時計が、平常でない時間に働くと乱されてしまうのであり、この
乱れが多くの交替勤務者問題にかかわっていると考えられている。

■第2段落
2:1 After sleep disturbances, health and wellbeing are undoubtedly the most widely and
extensively [31] (1. research 2. researched 3. researching) factors linked to shiftwork.
2:1睡眠障害に次いで、疑いなく健康と福利とが、最も幅広く広汎に調査されて
いる交替勤務に関連する要因である。
2:2 A number of studies have reported increased statistics for affective disorders such as
depression, and stomach disorders, especially ulcers.
2:2数多くの研究が、うつのような情動障害や胃の障害、特に潰瘍の統計値の
増加を報じたのだった。
2:3 Recent reports have also [32] (1. explained 2. perceived 3. linked) shiftwork with
impaired immune function.
2:3 また、最近の報告により、交替勤務と免疫機能の障害とが関連づけられた
のだった。
[55] According to this article, the impact of shiftwork is likely to depend on
1. situational factors such as housing conditions and commuting time.
2. the quality of the shiftworkers domestic and social life.
3. time factors such as the timing and duration of shifts.
4. cognitive and biological factors on the part of shiftworkers.

・解答 [55]―3
>[55]「この論文によれば、交替勤務の影響は…によって決まることが多い」
1.「居住条件や通勤時間といった状況因子」
2.「交替勤務者の家庭生活あるいは社会生活の質」
3.「交替の時期や継続時間といった時間的な因子」
4.「交替勤務者の方の認識的および生物的な因子」
「交替勤務の影響」とは、第1段と第2段に端的に示されているように、勤務
時間の変更のせいで生じる「24時間周期の乱れ」である。24時間周期の乱れを
引き起こす原因は、「勤務時間が夜間になること」すなわち勤務がいつ始まり
(=交替勤務の時期)、いつまで続くか(=交替勤務の継続時間)だということがで
きる。よって、3が正解である。

■第4段落
4:1 Ideally, this [34](1. choice 2. relationship 3. balance) between rotating systems and
permanent systems needs to be considered not only in relation to performance
efficiency, but also in relation to medical and social criteria, yet there are insufficient
medical data available for any valid comparison to be made.
4:1理想的には、循環制か固定制かの選択は作業効率に関してばかりでなく、医
学的、社会的な尺度との関連からも考慮する必要があるけれども、有効な比較
をするのに使える医学的なデータは不十分である。
4:2 However, it is arguable that the reduced sleep deprivation and undisrupted circadian
rhythms associated with rotating systems may make them the lesser of two evils.
4:2 しかし、循環制に関連する睡眠不足の軽減と、24時間周期のリズムの乱れ
の防止とによって、2つの害悪がまだましな方になるということは論証できる。

[56] According to the 4th paragraph, which of the following is true?
1. The superiority of rotating systems over permanent shift systems has been
demonstrated in terms of medical and social criteria.
2. Rotating systems have not been adequately researched, yet at present they should
remain a choice.
3. Rotating shift systems are problematic since they all lead to a sense of social
isolation.
4. The disadvantages of permanent shift systems are outweighed by their advantages if
shiftworkers have more time for social activities.

・解答 [56]―2
>[56]「第4段によれば、次のどれが正しいか」
1.「循環制が固定交替制よりも優れていることは医学的、社会的規準から証明
されている」
2.「循環制は十分に研究されていないけれども、現状では選択肢として残して
おくべきである」
3.「循環勤務制は問題がある。なぜなら、どちらにしても社会的な孤立感を生
じることになるからである」
4.「固定交替制は、交替勤務者が社会活動により多くの時間を当てるなら、そ
の不利益よりも利益の方が上回る」
1は、第4段第1文後半(yet there are insufficient…)の記述に反する。2は、「循
環制と固定制の優劣はまだはっきりしない」という段落全体の主旨に沿うもの
だといえる。3に関しては、a sense of social isolation「社会的な孤立感」といっ
た記述は同段落にはない。4は、「固定制」の評価を述べているが、第4段は
「固定制と循環制の比較」に関する段落であって、固定制の評価とは無関係で
ある。よって誤りと判断できる。

■第7段落
7:1 In the future, a second form of intervention [39](1. may well 2. is about to 3. is
willing to) be to try to maximize the adjustment of ‘individuals’ circadian rhythms to
their work schedule by the use of appropriately timed administration of bright light or
melatonin.
7:1将来、第2の調停案として、適切なタイミングによる照明の明るさの管理や
メラトニンを使用して、個人の24時間周期のリズムを労働スケジュールに合わ
せて最大限調整を試みることも大いにありうる。
7:2 Advances in the last decade suggest that this is certainly a possibility and there have
been a few experimental trials on real shift workers showing that these manipulations
may improve circadian adjustment and reduce sleep problems.
7:2 この10年間の進歩により、それが確かに1つの可能性で、実際の交替勤務
者に実験的な試行がいくつか行われ、このような操作により、24時間周期の調
節と睡眠の問題が改善されそうであると示された。
7:3 [40](1. However 2. Moreover 3. Subsequently), the long-term consequences of
adjusting individuals’ circadian rhythms to their shifts and then readjusting them back to
normal for their rest days have [41](1. done 2. Yet 3.most) to be determined.
7:3 しかし、個人の24時間周期のリズムを交替勤務に合わせて調整し、その後
で再調整して残りの日々を正常に戻すことの長期的な影響は、依然として測定
されてはいない。

■第8段落
8:1 Indeed, a [42] (1. plausible 2. Selected 3. farfetched) explanation for many of the
health problems associated with shiftwork is that they stem from exactly the continual
adjustment and readjustment of individuals’ rhythms that manipulations such as the use
of bright light or melatonin are designed to maximize, [43](1. the fact 2. suggesting 3.
on the assumption) that these manipulations may actually exacerbate longer-term health
problems.
8:1実は、交替勤務に関連する健康問題の多くは、明るい照明やメラトニンの
利用といった操作によって最大化しようとしている個人周期の調整と再調整が
続くことそのものから生じるのだとすると、うまく説明がつくのであり、それ
によって、こうした操作が実は長期にわたる健康問題の悪化を招いていること
が示唆されるのである。
8:2 While there is some recent, but indirect, evidence to support this point, there is
clearly a need for more research on the potential long-term effects of the use of these
manipulations before they can be [44] (1. Recommended 2. Controlled 3. Examined) for
widespread use.
8:2 このような主張を支える、時期は新しいが間接的な証拠があるとはいえ、
広汎な利用を勧めるには、こうした操作を使用することによる潜在的な長期的
影響に関する研究を、重ねる必要があるのは明らかである。

[57] On the administration of bright light or melatonin, which of the following
statements is not likely to be supported by the author of this article?
1. This method works in such a way as to better circadian adjustment, reducing health
problems.
2. There is a possibility that this method eventually worsens health problems in the
long run.
3. The effects of this method on shiftwork-related problems still need to be checked
carefully on empirical grounds.
4. There are some (not many) research studies suggesting the positive effect of this
method.

・解答 [57]―1
>[57]「明るい照明の管理やメラトニンについて、次の記述のうちのどれが、こ
の論文の著者によって支持されそうもないだろうか」
1.「この方法は、24時間周期の調整を改善し、健康問題を軽減するように機
能する」
2.「この手段は結局、長期的には健康問題の悪化を招く可能性がある」
3.「この手段の交替勤務制関連の問題に対する影響は、依然として経験的な根
拠に基づいて慎重に検討する必要がある」
4.「この手段のプラスの効果を提唱する研究は(多くはないが)いくつかある」
「明るい照明の管理やメラトニン」についての記述は、第7、8段にある。そ
こには、この管理の有効性について、結論を慎重に避けながら(第8段最終文)
も、懐疑的な著者の姿勢(第7段冒頭)が表れている。1は断定的に「有効であ
る」と述べているので。本文の「1つの可能性」だという記述(第7段第2
文:Advances in the last decade…)からして、著者は同意しそうもない。2は[43]の
直後に同趣旨の記述があるが、exacerbate「悪化させる」という語を知らないと、
判断に迷ったかもしれない。3は「経験的な根拠」という部分を除いて、第8
段最終文と同趣旨である。本文で言及されている「長期的影響」というのは、
「実際に長く試してみてはじめてわかる」のだから、「経験的な根拠」を要求
していると考えてよいだろう。4については、第7段の[40]の直前の文(these
manipulations may improve…)に、同趣旨の記述がある。

[58] With regard to individual differences in tolerance, which of the following
statements would the author agree with?
1. Scores on a test measuring individual differences should be used as an objective
criterion to select good candidates for shiftworkers.
2. Because of their diversity and complexity, individual differences, which are not
subject to reliable measurement, should not be tested.
3. Individual differences are measurable with some predictive power, but their scores
should be used cautiously.
4. Evening types are better able to adjust their rhythms to permanent night work than
morning types.

・解答 [58]―3
>[58]「耐性の個人差に関して、次の記述のうちどれに著者は賛成するだろう
か」
1.「個人差を測定する検査の成績は、交替勤務者としてふさわしい人を選ぶ、
客観的な規準として使うべきである」
2.「個人差は、その多様さと複雑さのために、信頼できる測定値は得られない
から、検査すべきではない」
3.「個人差は測定可能であり、多少の予測力をもつけれど、成績は用心して使
わなければならない」
4.「夜型の人は、朝型の人よりも24時間周期のリズムを固定的な夜間労働に
合わせて調整しやすい」個人差に関する記述は第9段にある。
1は同段第3文(However, they could not…)にはっきりと「使うことはできない」
と述べられている。2については、同段最終文にmight prove useful「有益とわか
るかもしれない」とあるから、検査自体を否定していないことがわかる。3は
同段落の趣旨を要約したものである。よって、正解。4に関しては、この記述
自体はいかにも理にかなっていそうであるが、本文には具体的に「どのような
人が交替勤務に適しているか」に関して記述がない。

■第10段落
10:1 Some researchers have suggested specific coping strategies that should reduce the
problems that an individual encounters as a result of shiftwork.
10:1交替勤務の結果として個人に降りかかる諸問題を減らすことになる個別的
な対処方策を提示してきた研究者もいる。
10:2 These coping strategies are concerned with the scheduling of various activities,
such as sleep and meals, which are [48] (1. over 2. beyond 3. under) voluntary control.
10:2 こうした対処方策は、睡眠や食事といった様々な活動の時間の割り振りに
かかわっている。そうしたことは自分でコントロールできるからである。
10:3 However, there is only very limited evidence for the efficacy of those coping
strategies, and even this may have been [49] (1. confounded 2. explained 3. made
explicit) by differences between individuals in whether they had chosen to work on their
particular schedule.
10:3 しかしながら、そのような対処方策が有効であることを示す証拠は、きわ
めて限定的であり、またこうしたことさえ、自分独自の時間割に基づいて仕事
をすることにしたかどうかの個人間の違いによってはっきりしなくなっただろ
う。
■第11段落
11:1 Nevertheless, it is clear that sleep taken at a regular time is likely to stabilize
circadian rhythms, while an irregular sleeping pattern may disrupt them.
11:1 それでも、明らかに一定時間にとる睡眠は、24時間周期のリズムを安定化
することが多く、一方不規則な睡眠様式はそれを損なうことがある。
11:2 Indeed, there is evidence that four hours’ sleep taken during the night, in
combination with an additional four hours taken at an irregular time of day, is sufficient
to prevent the disruption of most rhythms.
11:2事実、夜間にとる4時間の睡眠は、もう4時間の日中不規則な時間にとる
睡眠と合わせると、ほとんどの周期性の混乱を防止するに十分だという証拠が
ある。
11:3 In practice, many night workers do take a nighttime nap (often unofficially)
although this is seldom [50] (1. of 2. for 3. by) four hours duration.
11:3実際上、数多くの夜間労働者は夜間に仮眠を(しばしば非公式に)事実とっ
ているのである。もっとも4時間続くことはめったにないけれど。
11:4 All in all, however, there is a need for further research before proposing the most
effective ways for individuals to cope with their shift systems.
11:4 しかし、何といっても、個々人に自分の交替制に対処する最も効果的な手
段を提起するには、さらに研究を進める必要がある。

[59] In discussing coping strategies for shiftwork-related problems in the 10th and 11th
paragraphs, the author agrees that
1. regular sleeping patterns have positive effects on the stabilization of circadian
rhythms.
2. adjusting the timing of meals and of social contacts is a safe and effective strategy to
be adopted.
3. night workers intuitively know the best coping strategies and do not have shiftworkrelated
problems.
4. each individual has to develop his or her own coping strategies on the basis of his or
her experiences.

・解答 [59]―1
>[59]「第10段と第11段で交替勤務制関連の諸問題に対する対処方策を論じる
際に、著者は…を認めている」
1.「規則的な睡眠パターンは24時間周期のリズムの安定化にプラスの効果があ
る」
2.「食事や社交の時間設定を調整することは、採用すべき安全で効果的な方策
である」
3.「夜間労働者は、本能的に最善の対処方策がわかっているので、交替労働関
連の諸問題は生じない」
4.「個々人は自分の経験に基礎を置く、独自の対処方策を開発すべきであ
る」1に関しては、最終段冒頭に同趣旨の記述があるので、これが正解。2に
ついては、第10段最終文(However, there is only very…)に「その有効性を示す証
拠はきわめて限られている」とあるので、誤り。ただしefficacy「有効性」を
知らないと、判断に迷ったかもしれない。3は、「夜間労働の問題は生じな
い」という点で、本文の趣旨とはほど遠い記述なので、個別的な該当箇所を探
すまでもなく誤りと判断できる。4にいう「個々人独自の対処法」とは、第10
段第1・2文から明らかなように、「様々な活動の時間設定」のことを指す。
よって、これも2の場合と同様に、「有効性は不明」なのだから、著者がこう
したことを認めることはあり得ない。

■第9段落
9:1 A third form of intervention is more concerned with the individual, and is based on
individual differences in tolerance to shiftwork, and on the development of appropriate
coping strategies.
9:1第3の調停案は、個人の方に関連したものであり、交替勤務に対する耐性の
個人的な違いと、適切な対処方策に基づく。

9:2 It is obvious that individuals differ substantially from one another [45](1. Of 2.
About 3. In) their ability to tolerate shiftwork, and individual difference measures have
met with some success in predicting these differences in a long-term research program.
9:2個々人の交替勤務に対する耐性が互いにかなり異なることは明らかであり、
個人的な差異の測定によって、長期的な研究計画でこのような差異を予測する
のに一定の成功を収めた。
9:3 However, they could not readily be used for personnel selection purposes because it
would be very easy for candidates to [46](1. Fake 2. Examine 3. Calculate) desirable
scores on them.
9:3 しかし、すぐに人事部の選抜の役に立つよう利用することはできないだろ
う。なぜなら、志願者が測定で望ましい成績を偽装することはきわめて容易と
なるからである。
9:4 Nevertheless, they might prove useful in counseling individuals as to whether they
would be likely to tolerate shiftwork and, [47] (1. if so 2. in turn 3. as a result), how best
to develop adequate coping strategies.
9:4 にもかかわらず、交替勤務に耐えられるかどうかに関して、また耐えられる
なら、どのように適切な対処方策を作り出すのが最善かに関して、個人に助言
するには有益であることがわかるだろう。

■第11段落
11:1 Nevertheless, it is clear that sleep taken at a regular time is likely to stabilize
circadian rhythms, while an irregular sleeping pattern may disrupt them.
11:1 それでも、明らかに一定時間にとる睡眠は、24時間周期のリズムを安定化
することが多く、一方不規則な睡眠様式はそれを損なうことがある。
11:2 Indeed, there is evidence that four hours’ sleep taken during the night, in
combination with an additional four hours taken at an irregular time of day, is sufficient
to prevent the disruption of most rhythms.
11:2事実、夜間にとる4時間の睡眠は、もう4時間の日中不規則な時間にとる
睡眠と合わせると、ほとんどの周期性の混乱を防止するに十分だという証拠が
ある。
11:3 In practice, many night workers do take a nighttime nap (often unofficially)
although this is seldom [50] (1. of 2. for 3. by) four hours duration.
11:3実際上、数多くの夜間労働者は夜間に仮眠を(しばしば非公式に)事実とっ
ているのである。もっとも4時間続くことはめったにないけれど。
11:4 All in all, however, there is a need for further research before proposing the most
effective ways for individuals to cope with their shift systems.
11:4 しかし、何といっても、個々人に自分の交替制に対処する最も効果的な手
段を提起するには、さらに研究を進める必要がある。

[60] In this article, the author seems to use the term “intervention” in order to suggest
that
1. we must introduce different testing measures and see how these measures predict the
tolerance level of workers.
2. we can only solve shiftwork-related problems by changing the system politically.
3. to approach shiftwork-related problems, we must get together and work jointly and
systematically.
4. working in shifts has its intrinsic problems and we can alleviate them by making
adjustments to the system.

・解答 [60]―4
>「60「この論文で著者は『調停案』という言葉を…を示唆するのに使用してい
るように思われる」
1.「私たちは様々な検査測定法を導入し、こうした測定法が労働者の耐性をど
のように予測するかを知らなければならない」
2.「制度を政治的に変更することによってはじめて交替勤務に関する諸問題を
解決することができる」
3.「交替勤務に関する問題に取りかかるには、私たちは団結し共同して体系的
に研究しなければならない」
4.「交替で勤務することには固有の問題があり、制度を調整することによって
それらを緩和することができる」
この問題は、intervention「調停」という言葉が、本文でどのような意味をに
なっていたかの理解を試す問題である。本文は「交替勤務制」とそれが引き起
こす「労働者の睡眠・健康問題」に、どう折り合いをつけるかを論じていたの
であり、その両者の間を取りも]つもの、介入、調整、調停するものという意味
でinterventionという言葉を用いていたのである。そうした理解を元に選択肢を
検討しよう。1にいう「測定法」は第9段に語述されているが、「検査測定法
が、どのように予測するかを知る義務」については、何の記述もなく、「交替
勤務に就こうとする人に忠告するのに有効である」と述べられているだけであ
る。2のような「政治的解決」については解決法としては、いかにもありそう
なことである。だが、文全体を読み通していれば、本文に何も記述がないこと
がわかる。全文を読んだかどうかがチェックされる選択肢といえるだろう。3
に関しては、最終段最終文で「なお一層研究の必要がある」ことが示されてい
るが、それが「団結、共同して」行われなければならないかどうかは、触れら
れていない。4については、「交替勤務制」と「それによって生じる諸問題」
の「調停」という意味が、正確に反映されている。よって正解である。

copyright 2016/Everyday school