[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2006年 大問二 単語

●単語・構文●
[第1段]
agricultural sector 「農業区域、部門」
~in general 「~一般、一般の~」
in terms of~ 「〜の観点からすると」
respond to~ 「~に反応する」
・Even more important(C)are the … ways(S) be動詞をはさんで、補語と主語が入れ替わる形式(単純な倒置形式とは異なることに注意)。

[第2段]
Looked at 「みてみると」「時」を示す分詞構文。
developing nations 「発展途上国」
domestic consumption 「国内消費」
GDP 「国内総生産」
livelihood 「生計(の糧、手段)」
environmental conservation 「環境保全」
bear cost 「費用を負担する」

[第3段]
keep in mind that〜 「〜を念頭に置く。留意する」
physical and geographical features 「自然や地理の特徴」
diverse areas 「多様な地域」
distinction 「区別、差異」
refer to〜 「〜に言及する。〜を指す」
minority 「少数民族、少数派」
be based on〜 「〜に基づく、基礎を置く」
categorize O as〜 「Oを〜と分類する」
belong in〜 「〜に所属する、帰属する」
define O as〜 「Oを〜と定義する」
institutional differences 「制度上の差異」
similarity 「類似点、類似性」

[第4段]
mis-match 「不釣り合い、くいちがい」
updated skills 「最新の技能」
real-estate developer 「不動産開発業者」
legal requirement 「法的要件、法律的な必要条件」
private ownership 「私的所有権」
clear forest 「森林を開塾する」
equip O to V 「Oに Vできるようにする」

[第5段]
weed 「雑草」
insect pest 「害虫」
fertilize 「肥決化する。肥料を与える」
productivity 「生産性」
pesticide 「殺虫剤」
victim 「犠牲者」
be associated with~ 「〜と結びついている。関連する」

[第6段]
lose A to B 「BにAを取られる。Bに(場所)を明け渡す」
fall back on~ 「〜に頼る。依存する」
be forced to do 「~せざるを得ない」
rely on〜 「〜に頼る」
occasional employment 「臨時雇い」
migrate 「渡る、移動する」
destination 「行き先」
formulate 「系統立てて表す。考案する。編み出す」

[第7段]
decision-making 「意志決定」
exposure 「曝されること、接触すること、影響を受けること」
temple 「寺院」
inherited position 「世襲の地位」
drawback 「欠点、欠陥」
feudalistic 「封建的な」
authoritarian 「権威主義的な、独裁的な。専制主義的な」

[第8段]
governance 「統治、支配、管理」
representative democracy 「議会制民主主義」
capital city 「首都」
government organization 「統治組織、機構」
conflicts of opinion 「意見の衝突」

[第9段]
indigenous 「その土地に固有の、生来の」
sustainable 「持続可能な」
remedy 「治療法」
modernization 「近代化」
give priority 「を優先させる」
tendency to over-consumption 「過剰消費へと向かう傾向」

[第10段]
address problems 「問題に取り組む」
pursue 「追求する」
association 「団体、会、会社、組織」
academic expert 「学術専門家」
district 「行政区域。地域」

[最終段]
bring about 「引き起こす。生じさせる」
try out 「効力を試す。試用する」
initiative 「先導的な行為。新しい計画、発案」
on one’s own terms 「自分なりの条件で。思い通りの条件で」
serve as a model 「手本となる」cf. This will Serve as a model. 「これは手本になるだろう」

copyright 2016/Everyday school