[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2008年 大問二 内容一致問題

内容一致問題
■第1段落
1:1 In 1996, the World Food Summit set a goal of halving the number of hungry people worldwide by 2015.
1:1 1996年に、世界食糧サミットは世界中の飢餓人口を2015年までに半減させるという目標を立てた。
1:2 In 2000, the United Nations as a whole adopted a set of goals which included halving poverty and hunger by the year 2015.
1:2 2000年に国連全体は、2015年までに貧困と飢餓を半減させることもその一つとする一連の目標を採択した。

1:3 The world came together in order to tackle the hunger problem.
1:3世界は一丸となって飢餓問題に取り組むことになった。
1:4 And yet, conditions have [31] (1.deteriorated 2. rebounded 3. developed) in many places.
1:4 しかし、状況は多くの地域で悪化してしまった。
1:5 Indeed, according to The State of Food Insecurity in the World 2003, the annual hunger report of the Food and Agriculture Organization (FAO) of the United Nations, the number of people suffering from hunger worldwide has begun to rise once more.
1:5実は、国連食糧農業機関(FAO)の飢餓年報、「世界食糧不安状況2003」によれば、世界中の飢餓に苦しむ人々の数は再び上昇し始めたのだった。
[51] According to the article, world hunger has been on the increase despite
1. the United Nations having set out to cut it in half within the next several years.
2. the efforts of First-World countries to pour economic aid into the least-developed countries.
3. the remarkable improvements in agriculture and public health throughout developing countries.
4. the World Food Summit having provided relief assistance to famine plagued areas.

・解答 [51]―1
>[51]「この文章によれば、世界的な飢餓は…にも関わらず増大してきた」
1.「国連が今後数年以内にそれを半減させるのに着手した」
2.「第一世界諸国がもっとも発展の遅れた国々に経済的な援助をそそぎ込もうと努力した」
3.「全途上国で農業と公衆衛生の驚くべき進歩があった」
4.「世界食糧サミットが飢餓輩に苦しむ地域に救済援助を提供した」
第1段第2文に「国連は、2015年までに貧困と飢餓を半減させることもその一つとする一連の目標を採用した」とあるので、正解は1に決まる。

■第2段落
2:1 With a view to identifying the causes of this failure, the report begins with an analysis of countries that have, [32] (1. deceptively 2. naturally 3. on the contrary), been successful in dealing with hunger.
2:1 この失敗の原因を確定するために、報告は、反対に飢餓に対処するのに成功した国々の分析から始める。
2:2 In Brazil and in China, rapid overall economic growth has led to significant growth of agriculture in particular.
2:2 ブラジルと中国では、急速な全体的経済発展によって、特に農業の大発展が生じた。
2:3 Both countries have made an [33] (1. obligation 2. illustration 3. effort) to control population growth and develop human resources, and have relatively low rates of HIV infection.
2:3両国とも人口増加を抑制し人的資源を開発するのに努めてきたし、エイズの感染は比較的低率である。

[52] According to the article, those countries that have lowered their rate of hunger have
1. increased the supply of jobs, educational opportunities, and health facilities.
2. halved the number of people who are forced to live on less than $1 per day.
3. halved the number of people who must depend on external sources for food.
4. increased agricultural production and controlled the rate of HIV infection.

・解答 [52]―4
>[52]「この文章によれば、飢餓率を低下させた諸国は…した」
1.「勤め口、教育の機会、保健施設の供給を増やした」
2.「1日1ドル以下で暮らさざるを得ない人々の数を半減させた」
3.「外部に食糧源を頼らざるを得ない人々の数を半減させた」
4.「農業生産を増やしエイズ感染率を制御した」
第2段第1文で「飢餓に対処するのに成功した国々」について言及され第2・3文に「農業の大発展が生じ」「エイズの感染は比較的低率である」とあるから、正解は4に決まる。

■第3段落
3:1 Nevertheless, the number of hungry people has grown in many other regions.
3:1 とはいえ、飢餓人口は他の多くの地域で増大した。
3:2 Drought, civil war and growing numbers of AIDS patients have led to stagnation in agricultural food production.
3:2干ばつ、内戦、エイズ患者の増大によって、農業食物生産は沈滞することになった。

3:3 HIV/AIDS has [34] (1. robbed 2. attacked 3. downgraded) many developing countries of valuable labor, leading to poverty and hunger.
3:3 HIVあるいはエイズのために、多くの途上国は貴重な労働力を奪われ、貧困と飢餓が生じた。
3:4 In some developing countries, on the other hand, agricultural production has been expanded to an [35] (1. unreasonable 2. appropriate 3.accumulated) level to support population growth, leading to environmental problems.
3:4逆に、途上国の中には、農業生産が人口増加を支えるには過度なまでに増大して、環境問題を生じた国もある。
[53] According to the article, some causes of the growing rate of hunger in certain countries include
1. economic policies that control the prices of goods.
2. drought, civil war, and an increasing number of AIDS patients.
3. lack of anti­poverty measures along with unfair trade balances.
4. interventions by governments to stop new initiatives to provide food.

・解答 [53]―2
>[53]「この文章によれば一定の国で飢餓率が増加した原因には…が含まれる」
1.「物価を統制する経済政策」
2.「干ばつ、内戦、ますます増えるエイズ患者」
3.「不公正な貿易のバランスとともに、反貧困方策の欠如」
4.「食物を供給する新企画を抑止する政府による介入」
第3段第2文に「干ばつ内戦、エイズ患者の増大によって、農業食物生産は沈滞することになった」とある。農産物の生産が沈滞することは飢餓率の増加につながると考えられるので2が正解である。

■第4段落
4:1 Subsequently, in September of 2006, there was a meeting at the Food and Agriculture Organization in Rome to identify ways to achieve the U. N. goal of halving hunger by 2015.
4:1続いて2006年9月に、ローマの国連食糧農業機関で、2015年までに飢餓を半減させるという国連の目標を達成するための方法を定める会議があった。
4:2 At the meeting, all of the participants were asked how the pace of reducing hunger could be accelerated, [36] (1. even though 2. Since 3. While) a 2005 review showed that progress was poor in most developing countries.
4:2会議では、2005年の調査によって、大半の途上国では進歩がごくわずかだとわかったため、参加者全員にどうすれば飢餓を減少させる歩みを加速できるかという質問がなされた。
4:3 Almost all the participants felt that the greatest threats to food security in the future come, first, from climate change (potential adverse changes in temperature, rainfall, and sea level) l, and, second, from the loss of biodiversity.
4:3参加者はほぼ全員、将来の食糧安全保障に対する最大の脅威は、第一に気候の変化(気温、雨量、海面が潜在的に悪い方向へ変わること)、第二に生物多様性の喪失によって生じると思っていた。

4:4 There was a great deal of consensus on this issue among the diverse groups of representatives, including a farmer from Senegal, leaders of Oxfam and other non-governmental organizations, agricultural scientists, and food security specialists.
4:4 この問題については、セネガルの農家、オックスファムその他のNGOの指導者、農業科学者、食糧安全保障問題の専門家を含めさまざまな代表者集団のあいだに広範な合意があった。
4:5 The suggested ways to go forward [37] (1. ranged 2. Sprang. Diverged) from faithful implementation of the Kyoto Protocol to acting on the provisions of biodiversity, climate, and the prevention of the spread of deserts.
4:5提案された前進の方法は、京都議定書の誠実な履行から、生物多様性、気候、砂漠拡大の防止という規定に基づく行動にまで及んだ。
[54] Which of the following were identified as the most dangerous threats to food security by those present at the 2006 meeting of the Food and Agriculture Organization?
1. Climate change and loss of biodiversity.
2. Continuing external and internal conflicts.
3. Lack of means to develop human resources.
4. The existence of barriers to free trade.

・解答 [54]―1
>[54]「次のうちどれが2006年の国連食糧農業機関会議によって食糧安全保障にとってもっとも危険な脅威であると認められたのか」
1.「気候変動と生物多様性の喪失」
2.「継続する対外的、内部的紛争」
3.「人的資源を開発する方法の欠如」
4.「自由貿易に対する障害の存在」
2006年の国連食糧農業機関会議については第4段に記述されている。その第3文に「参加者はほぼ全員、将来の食糧安全保障に対する最大の脅威は第一に気候の変化、第二に生物多様性の喪失によって生じると思っていた」とあるので、正解は1に決まる。

■第5段落
5:1 The growing awareness of the impact of climate change and biodiversity on food security and hunger has produced some interesting approaches to the issue.
5:1気候変動と生物多様性の、食糧安全保障と飢餓に及ぼす衝撃が広く知られるようになると、その問題への興味深い取り組みが生じてきた。
5:2 M. S. Swami Nathan, the Chair for Eco technology in U.N.E.S.C.O., described what he considers to be a way to turn awareness into action.
5:2 ユネスコ環境技術の議長、M.S.スワミナサンは、意識しているだけの状態から行動に移すための方法だと彼が考えるものを説明した。
5:3 Speaking on Agriculture on Our Spaceship Earth” in 1973, he proposed a strategy called do ecology” to deal with problems in developing countries.
5:3 1973年に「宇宙船地球号の農業」について語りながら、彼は途上国の問題を処理するのに「する環境保護」と呼ばれる戦略を提案した。
5:4 The “do ecology” strategy revolves around activities which will 38] (1. generate 2. curtail 3. conceal) an awareness of the economic possibilities of conservation and will thus help to reduce poverty.
5:4 「する環境保護」戦略が展開する中心となるのは、保全が経済的でありうるという意識を生みだしそれによって貧困を減少させるのに役立つことになる活動である。

5:5 Two recent examples of “do ecology” below show its great potential.
5:5下記の「する環境保護」の2つの最近の事例は、それのもつ大きな可能性を示している。
[55] U.N.E.S.C.O. expert M.S. Swaminathan coined the term “Do ecology” to describe a set of activities that attempt to
1. improve productivity in the agricultural sector of developing countries.
2. improve our ability to predict and prevent natural disasters.
3. reconcile environmental conservation with practices that lead to economic advantage.
4. reduce unacceptable levels of emissions of pollutants and toxic wasters.

・解答 [55]―3
>[55]「ユネスコの専門家、M.S.スワミナサンは…のを試みる一連の活動を記述するために『する環境保護」という言葉を作った」
1.「発展途上国の農業部門の生産性を改善する」
2.「自然災害を予測し、防止する能力を改善する」
3.「環境保全と経済的な利益につながる実践との折り合いをつける」
4.「汚染物質や有害な廃棄物の容認不可能な排出水準を下げる」
スワミナサン氏の唱えた「する環境保護」については、第5段第4文(The“do ecology” strategy…)に、「『する環境保護」戦略が展開する中心となるのは、保全が経済的でありうるという意識を生み出し、それによって貧困を減少させるのに役立つことになる活動である」と記述されている。「保全が経済的である」というのは、具体的には「環境保全する方が経済的に有利である」という意味なので、3が正解である。reconcile A with B「AとBを調和させる、AとBの折り合いをつける」

■第6段落
6:1 First, the tsunami of December 2004 resulted in a severe loss of life and property along coastal Tamil Nadu in southern India, which is where Mr. Swami Nathan lives.
6:1第一に、2004年12月の津波が南インドの沿岸部タミルナードゥ州で人と財産に甚大な損害をもたらした。実はそこに、スワミナサン氏は住んでいるのである。
6:2 For 15 years [39] (1. previously 2. Since then 3. Now, many residents of that district have been trying to persuade coastal communities not to destroy the mangrove forests along the coast.
6:2 これまで15年間、その地域の多くの住民は海岸沿いのマングローブ林を破壊しないように沿岸のコミュニティを説得してきた。
6:3 But the coastal people’s preoccupations with their livelihood did not allow them to heed that request.
6:3 しかし、沿岸住民は生計を立てるのに没頭していたので、そうした要請に耳を貸す余裕はなかった。
6:4 The tsunami miraculously changed their outlook.
6:4津波は彼らの考え方を驚くほど変えてしまった。
6:5 Villages adjoining thick mangrove forests were saved from the fury of the tsunami because of the wave breaking [40] (1. impact 2. role 3. force) played by the mangroves.
6:5深いマングローブ林に隣接する村落は、樹林が波の威力をそぐ役割を果たしたため、津波の猛威から救われたのだった。

6:6 But in nearby villages, where mangroves had been destroyed either for fuel wood or to create fishponds, several hundred fishermen died.
6:6 しかし、近隣の村落では燃料を得るためであれ養魚池を作るためであれ、マングローブ林が破壊されていたので数百人の漁師が亡くなった。
6:7 This area is near the temple town of Chidambaram, [41] (1which. 2. Where 3. When) centuries ago the temple builders had chosen a mangrove species as the temple tree.
6:7 この地域は門前町チダンバラム近隣であり、その地では何世紀も前に寺院建造者がマングローブの木を寺院の木に選んだのだった。

6:8 Following the tsunami there was a sudden awareness of the reason for this choice, and local people now refer to mangrove trees as “life­savers.”
6:8津波の後、この選択の理由が急に知られるようになり、地元の人々は今ではマングローブの木を「命の恩人」と呼んでいる。
6:9 What the residents could not achieve in 15 years by arguing that mangroves would serve as a natural, biological shield in the event of a flood was thus achieved in a day.
6:9住民たちが、洪水のときにマングローブは自然の、生物による防御柵として役立つのだと論じながら15年かかっても成し遂げられなかったことが、こうして1日で成し遂げられたのである。
[56] According to Swaminathan, the main activities of “Don’t ecology” should be
1. reducing consumption and pollution by industrialized countries.
2. reducing the use of harmful agricultural pesticides and fertilizers.
3. increasing the use of natural products and ingredients in developing countries.
4. enhancing awareness of the benefits of natural, organic products in industrialized countries.

・解答 [56]―1
>[56]「スワミナサンによれば、『しない環境保護』の主要活動は、…であるはずだ」
1.「工業国による消費と汚染を削減すること」
2.「有害な農薬や肥料の使用を削減すること」
3.「途上国の天然の産物や材料の使用を増やすこと」
4.「工業国の天然、有機産物の利点に対する認知を高めること」
「しない環境保護」については、最終段第4文に「この戦略は、炭素放出や、天然資源の維持不可能な消費といった分野での制限や規制に関わる」とあるので「先進国の消費削減」を眼目とすることがわかる。そのような意味にもっとも近い選択肢は、1であると判断できる。

[57] Farmers in southern India who were impacted by the tsunami of 2004 realized that mangroves
1. would have disappeared entirely, had they not built a seawall to protect them.
2. could not survive unless humans used more environmentally sound techniques.
3. had been objects of religious veneration as well as sources of food for their ancestors.

4. had traditionally been appreciated for a very practical reason.
・解答 [57]―4
>[57]「2004年の津波によって衝撃を被った南インドの農民は、マングローブは…と気づいた」
1.「それらを保護するために防波堤を築かなければ、完全に消滅してしまっただろう」
2.「人間がもっと環境に優しい技術を使わない限り、生き延びられないだろう」3.「彼らの祖先にとって食物源であるばかりでなく、宗教的な尊崇の対象でもあった」
4.「昔からきわめて実用的な理由で大切にされてきた」
第6段第7文(This area is near…)などの記述からこの地域では昔からマングローブの木が大切に思われていたことがわかる。また、第5文(Villages adjoining thick…)に「樹林が波の威力をそぐ役割を果たしたため、津波の猛威から救われた」とあることから、マングローブ林が「防波堤」の役目を果たすという「実用」性を読み取れる。よって、正解は4に決まる。

■第7段落
7:1 The same tsunami [42] (1. dictated to 2. concealed from 3. demonstrated to) farmers living near the shoreline the importance of conserving local varieties of rice.
7:1同じ津波によって、沿岸部付近に暮らす農民たちは、米の地域品種を保存することの大切さを教えられた。
7:2 Several thousand hectares of rice fields along the coast became flooded with sea water.
7:2沿岸部にある数千ヘクタールの米畑が海水に浸かったのであった。
7:3 Most varieties of rice [43] (1. survived 2. perished 3. mutated), but a few salt resistant ones withstood the flood.
7:3 ほとんどの米の品種は枯れてしまったが、洪水を堪え忍んだ耐塩性の品種もいくつかあった。
7:4 This disaster, however, greatly helped to promote the conservation of local biodiversity, and now every farmer wishes to maintain a “seed bank” for the preservation of seeds belonging to diverse varieties.
7:4 しかし、この大災害は地域の生物多様性保全の推進に大いに役立ち、そして今では、農民は誰もが多様な品種に属する種子を保存するため、「種子銀行」を支援したいと願っている。

7:5 The disaster became an opportunity to prepare both fishing and farming communities to meet the [44] (1. challenges 2. demands 3. diseases) that are directly linked to a rise in sea level.
7:5災害は、漁民と農民の集団両方に、海面上昇とじかに結びついた難題に立ち向かう用意を整える機会となった。
7:6 The biodiversity conservation movements in this area have now become community driven.
7:6 この地域の生物多様性保全運動は今やコミュニテイ主導となった。
[58] As a result of the tsunami, many farmers in India now want to
1. conserve the remaining rice stocks to produce a surplus for the next disaster.
2. maintain a degree of diversity in their stocks of rice and rice seeds.
3. gradually expose the rice to seawater to increase its resistance to salt.
4. mix the old rice with new breeds that are brought in from outside.

・解答 [58]―2
>[58]「津波の結果、インドの多くの農民が今や…のを望む」
1.「次の災害に備え余剰分を作るため、残りの貯蔵米を保存する」
2.「米と米の種子の貯蔵分に一定の多様性を維持する」
3.「塩に対する耐性を増加するため、米を海水に徐々に浸す」
4.「昔からの米を外部から買い入れられる新品種と混ぜる」
津波がインドの農民に及ぼした影響については、第7段に記述されている。その第4文(This disaster, however,…)前半に「この大災害は地域の生物多様性保全の推進に大いに役立ち」とあり、さらに後半に「今では、農民は誰もが多様な品種に属する種子を保存するため、「種子銀行」を保持したいと願っている」とある。よって、「米の多様性保持」が、農民の願望であるとわかる。その主旨にもっとも近いのは、2である。

■第10段落
10:1 Indeed, the practice of “do ecology” can be [47] (1. triggered 2. followed 3. symbolized) by an ecological disaster.
10:1実は、「する環境保護」の実践は、生態系上の災害がきっかけとなることもある。
10:2 Preaching does not help.
10:2 お説教は役に立たない。

10:3 We see this being demonstrated in areas of the Punjab too.
10:3私たちはこれがパンジャブ地域でも証明されているのを目にしている。
10:4 Thirty years ago, when it was pointed out to Punjab farmers that their livelihoods would be threatened by the [48] (1. modest 2. specified 3. excessive) use of chemical fertilizers and the overexploitation of ground water, they listened politely, but did not change course.
10:4 30年前、パンジャブの農民に対し、生活が化学肥料の過剰使用と、地下水の濫用によって脅かされることになるだろうと指摘されたとき、彼らは行儀よく聞いていたが、進路を変えなかった。
10:5 Now, in a despairing mood, they are ready to change.
10:5今、絶望しながらも、彼らは変わろうとしている。
10:6 The adverse economics of unsustainable farming has led to indebtedness and occasional suicides.
10:6維持不可能な農業の不経済によって、借金を背負い、ときには自殺をも生むことになったのだから。

10:7 The timing has become [49] (1. inappropriate 2. tricky. opportune) for farmers to take to conservation farming.
10:7農民が保全農法へ移るにはおあつらえ向きの時期が来たのである。
[59] In the 10th paragraph, what is the example of the Punjab farmers mainly being used to illustrate ?
1. It is important to alert local people to the future consequences of their ecological choices.
2. Sometimes an ecological problem can motivate people to change their attitudes toward agricultural practices.
3. Chemical fertilizers and overexploitation of groundwater can lead to indebtedness.
4. Changing from unsustainable practices to conservation can take decades for some villages.

・解答 [59]―2
>[59]「第10段でパンジャブ地方の農民の事例は主に何を例示するために使われているのか」
1.「環境を保護する選択が将来的にどのような結果を生むのかに対して地元民の注意を喚起するのは重要である」
2.「ときには環境問題が人々の農業実践に対する態度を変える動機になりうる」3.「化学肥料と地下水の過剰利用によって、負債が生じることがある」
4.「維持不可能な実践から保全に変わるには、いくつかの村落では数十年かかることもありうる」
第10段第2文に「私たちはこれがパンジャブ地域でも証明されているのを目にしている」とあり、this「これ」の内容が何なのかを考えると、直前の第1文「『する環境保護』の実践は、生態系上の災害がきっかけとなることもある」だとわかる。つまり、環境面での大被害のせいで人々が環境保護に向かい始めることがあるということを例示するために、パンジャブ地域は言及されているのだから、正解は2である。

[60] Which of the following is closest to the idea of “adverse” economics mentioned in the article?
1. People will insist on their traditional ways of doing things even when those ways are unprofitable.
2. Misuse of the natural environment will eventually have negative consequences for the local economy.
3. Countries that do not safeguard their natural resources will be burdened with a “don’t ecology.”
4. Countries that do not have organic agriculture will not be able to participate in the green revolution.”

・解答 [60]―2
>[60]「次のうちどれが、この文章で言及される『不』経済の発想にもっとも近いか」
1.「人々はものごとの伝統的なやり方が不利益であってさえ、それに固執する」
2.「自然環境の濫用は、最終的に地域経済によくない結果を生じるだろう」
3.「天然資源を保護しない国は、『しない環境保護』という重荷を背負うことになるだろう」
4.「有機農法をもたない国々は、『緑の革命」に参加できなくなるだろう』
adverse economics「不経済」については、第10段最後から2番目の文(The adverse economics of…)に記述され、「不経済」とは「維持不可能な農法」によってもたらされることがわかる。つまり、資源などを維持できないほどに濫用すると、将来的には経済的な不利益につながってしまうということである。それにもっとも近い内容をもつ選択肢は、2である。adverse「反対するような、不利な」

copyright 2016/Everyday school