[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2009年 大問一 内容一致問題

内容一致問題
■第9段落
9:1 In the end, Shackleton took five men and sailed eight hundred miles in a lifeboat over stormy seas to reach the inhabited island of South Georgia in the remote South Atlantic.
9:1 ついに、シャクルトンは5人の部下を連れ荒れる海を救命ボートで800マイル航行し、南大西洋のはるか沖合、有人島サウスジョージアに着いた。
9:2 When [17] (1. in 2. by. for) some miracle they made their destination, they found they had to cross a nearly impassable frozen mountain range to reach civilization: a whaling station.
9:2奇跡的に目的地に着いて、彼らが悟ったのは、ほとんど通過不能の凍てつく山岳地帯を横断しなければ、人間のいる場所、捕鯨基地には行きつけないということだった。
9:3 The whalers, who had seen so much in their own hard lives, were in awe of the invincibility of the men.
9:3捕鯨者たちは、自分自身の厳しい暮らしをあまりに多く目にしてきたので、隊員の不操不屈に恐れ入った。
9:4 Immediately, Shackleton [18] (1. gave up 2. turned around 3. backed out) and led an effort to rescue the rest of the crew on Elephant Island.
9:4直ちに、シャクルトンはとって返し、先頭に立ってエレフアント島にいる残りの乗組員を救助しようとした。
9:5 Amazingly, every single one had survived.
9:5驚嘆すべきことに、全員1人残らず生還したのだった。

[21] Which of the following statements about Shackleton’s expedition best matches the meaning of the expression “he succeeded at the unimaginable” in the 2nd paragraph?
1. Shackleton did not have a good imagination.
2. The survival of the expedition defies the imagination.
3. Shackleton’s expedition was so successful that it’s hard to believe.
4. The Endurance expedition discovered things that no one had imagined before.

・解答 [21]―2
[21] 「シャクルトンの探険についての以下の記述のうち、どれが第2段の『想像もつかないことに成功した』という表現の意味に最もよく合うか」
1. 「シャクルトンには優れた想像力がなかった」
2. 「探険隊の生存は、想像を絶している」
3. 「シャクルトンの探険は、信じがたいほどの大変な成功だった」
4. 「エンデュアランス号探険は、以前誰も想像もしなかったことを発見した」
シャクルトンの探険に関して、the unimaginable「想像を絶すること」とは、具体的に何なのかが問われている。本文第5段以降に記述される、失敗に終わったエンデュアランス号探険で、「想像もつかないこと」とは 第9段最終文にある通り、隊員が全員生還したという驚くべき事態である。 よって、それを指摘する2が正解。

■第3段落
3:1 His greatest failure was his 1914-1916 Endurance expedition.
3:1彼の最大の失敗は、1914年から1916年までのエンデュアランス号探険であった。
3:2 He lost his ship before even [5] (1. touching 2. abandoning 3. leaving) Antarctica.
3:2彼は南極大陸に触れさえしないうちに自分の船を失った。
3:3 But he reached a new pinnacle in leadership when he successfully led all the members of his crew to safety after an agonizing two-year fight for their lives.
3:3 しかし、彼が生き延びようとする2年間の苦閣の闘争ののち、すべての乗組員を安全地帯まで導くのに成功したとき、彼の統率力は新たな頂きへと到達したのだった。

[22] In the 3rd paragraph, the expression “he reached a new pinnacle in leadership” refers to the fact that
1. Shackleton crossed a high mountain range on South Georgia Island.
2. Shackleton can be seen as one of the best leaders in history.
3. Shackleton’s men admired him because of the success of his Endurance expedition.
4. Shackleton’s men felt high emotions toward him during their

・解答 [22]―2
[22] 「第3段で、『彼の統率力は新たな頂きへと到達した」という表現が指すのは…という事実のことである」
1. 「シャクルトンはサウスジョージア島の高山地帯を横断した」
2. 「シャクルトンは歴史上最高の指導者の1人だと見てよい」
3. 「シャクルトンの部下たちが彼を賞賛したのは、エンデュアランス号探険の成功のためだった」
4. 「シャクルトンの部下たちは、困難な状況にいる間、彼に対して感情を昂ぶらせていた」
pinnacleは「高峰、頂点」という意味。「統率力」に関する記述なので 実際の「場所」のことを意味しているわけではないことから、1が誤りであるとわかる。 2は「彼の統率力が高く評価されている」という意味になるので、正解となる。 3は「失敗」なのに、「成功」としていることで 誤りと判断できる。4は「部下の感情が最ぶって」となっていて、「シャクルトンの統率力が高い」ではないので、誤りである。

■第4段落
4:1 It is a tale so amazing you’ll wonder why the Endurance saga hasn’t become a part of every school age child’s reading.
4:1 あまりに驚くべき話なので、どうしてエンデュアランス号伝説がすべて の学齢期の児童用読書の一部にならなかったのだろうと思うことだろう。
4:2 If Shackleton’s expeditions ultimately were all disappointments to him for [6] (1. coming close to 2. keeping up with 3. falling short of) their goals, he made plenty of grand achievements to his credit along the way.
4:2 たとえシャクルトンの探険が、最終的には目的を達せられなかったのだから、彼にとっては失望であったとしても、途中で彼は自らの手柄となるたくさんの偉業を成し遂げたのだった。
4:3 As a member of the Discovery team, Shackleton was among the first to attempt to reach the South Pole, or even to venture inland from the Antarctic Coast.
4:3 ディスカバリー号探険隊の一員とし て、シャクルトンは南極点を目指すこと、それどころか南極沿岸から内陸へと踏み込むことでさえ、それに挑んだ最初の人々の1人であった。
4:4 He was the first to discover vegetation on a remote Antarctic island.
4:4彼は 最初に辺鄙な南極の島に植物があることを発見した。

4:5 His Nimrod expedition located the Magnetic South Pole, invaluable for navigational charts.
4:5彼のニムロッド号探険隊が磁南極の位置を定めたが、それは航海用海図には計り知れない価値のあることだった。
4:6 He was the first to find coal in the Antarctic, altering how scientists saw the makeup and the origins of the continent.
4:6彼は最初に南極の石炭を発見し、科学者の大陸の構造と起源の見方を変えたのだった。

4:7 He pioneered innovations in exploration packing, clothing, diet, transport, and equipment.
4:7彼は探険用の梱包や衣類、食事、輸送、装備を改良する先駆者となった。
[23] Which of the following is not a true statement about Shackleton’s great achievements?
1 . He was one of the first to venture into the Antarctic interior.
2. He discovered that there were plants on an Antarctic island.
3. He found that the Antarctic had coal, as anticipated by scientists.
4. He was a pioneer of innovating what was necessary for expeditions.

・解答 [23]―3
[23]「シャクルトンの偉業について、正しい記述でないのは、次のうちどれか」
1. 「彼は、最初に南極大陸内陸部へと踏み込んだうちの1人であった」
2. 「彼は南極の島に植物があることを発見した」
3. 「彼は南極に石炭があることを発見したが、それは科学者の予想通りであった」
4. 「彼は探険に必要なものを改善する先駆者であった」
シャクルトンの数々の偉業については第4段に記述がある。1はその第3文 (As a member of…) に一致する。2は、第4文 (He was the first…) に一致。 3は、第6文 (He was the first…) の後半に、「科学者の・・・見方を変えた」とあるのに反する。よって、これが正解。4は最終文 (He pioneered…) に一致する。 pioneer 「〜を開拓する、〜の先駆けとなる」 innovation「改変、改良、(技術) 革新」 equipment 「装備、用具、器具」

■第5段落
5:1 Sir Ernest set out at age forty on an independent voyage to make what he considered the last great expedition [7] ( 1. accomplished 2. left 3. devoted) on earth: an eighteen-hundredmile crossing of Antarctica on foot.
5:1 サー=アーネストは40歳のとき、彼が地上に残された最後だと考えた大冒険、南極大陸1800マイル徒歩横断をするため、独自の航海に出発した。
5:2 The expedition ship, named the Endurance after the Shackleton family motto Fortitude Vicious, By Endurance We Conquer,” set sail in August 1914 at the dawn of World War I and [8] (1. made up with 2. made its way to 3. made off with) Buenos Aires, to South Georgia Island, and eventually to the Antarctic Circle, where it plowed through one thousand miles of ice-Encrusted waters.
5:2 探険船は、シャクルトン家の銘、Fortitudine Vincimus「忍耐によって我らは克つ」にちなんで「エンデュアランス(忍耐)」と名づけられ、第一次世界大戦が幕を開けた1914年8月に出帆し、ブエノスアイレス、サウスジョージア島、そしてついに南極圏まで進み、そこから1千マイル、氷で堅く覆われた海域をかき分けるように進んだ。

5:3 Just one days sail [9] (1. from 2. beyond 3. near) its destination in Vassal Bay on the Antarctic coast, the ship got stuck like an almond in a chocolate bar” as it was later described, in the polar ice of the Weddell Sea.
5:3 南極沿岸のヴァーゼル湾の目的地まで、ほんの1日分の航海というところで、船は後の記録にある通り、「まるで板チョコの中のアーモンドのように」ウェッデル海の極地の氷の中で立ち往生した。
[24] Which of the following is true with regard to the expression “By Endurance We Conquer” in the 5th paragraph?
1. It was made the Shackleton family motto after Sir Ernest’s return from the Endurance expedition.
2. It means that an army can be beaten by waiting for the opportunity to attack.
3. It was selected by Shackleton’s grandfather to be the family motto.
4. It proved to be an extremely apt description of the Endurance expedition.

・解答 [24]―4
[24]「第5段の『忍耐によって我らは克つ』という表現に関して、正しいのは次のうちどれか」
1. 「それはエンデュアランス号探険からのサー=アーネストの帰還の後に、シャクルトン家の銘となった」
2. 「それは攻撃する好機を待つことによって、軍隊をうち負かすことができるということである」 3. 「それはシャクルトンの祖父によって選ばれて、家銘となった」
4. 「それはエンデュアランス号探険の極めて適切な記述であることが判明した」
1は 第5段第2文 (The expedition ship named…) に反する。2や3 のような記述は本文中にはない。4は第5段以下に記述されるエンデュア ランス号探険の長期間に及ぶ忍耐に次ぐ忍耐を考えれば、正しいと判断できる。

[25] In the 5th paragraph, what does the expression “like an almond in a chocolate bar” mean?
1. The ice around the ship held it firmly in place.
2. The ship got stuck because it was carrying so much chocolate.
3. The ice was the color of chocolate.
4. The ice flowed and covered the ship entirely.

・解答 [25]―1
[25]「第5段の『まるで板チョコの中のアーモンドのように』という表現は、何を言おうとしているのか」
1. 「船の周囲の氷が船をしっかりと固定してしまった」
2. 「船が立ち往生したのは、チョコレートをたくさん積みすぎたせいである」
3. 「氷はチョコレート色をしていた」
4. 「氷が流れてきてすっかり船を覆った」
「板チョコの中のアーモンド」という比喩が、具体的に何を意味するかが 問われている。海が氷で覆われており、その上にぽつんと船が浮いている様を「板チョコの中のアーモンド」と形容したのだから、正解は1である。 hold O in place「Oを固定する」という定型表現の知識がないと、苦しい。 2のような「積みすぎ」といった記述はない。3は、南極の氷としてはありえない記述である。4はcover the shipであるから、「船の上まで氷が覆う」状況を想定しなければならない。そうした記述はないので、誤りである。

■第7段落
7:1 When the weather was its most brutal, the men endured temperatures that were so low they could hear the water freeze.
7:1 この上もない荒天時には、隊員は水が凍るのが聞こえるほどの低温に耐えた。
7:2 The bitter cold froze their garments [13] (1. sharp 2. fragile 3. solid) and burned their hands and feet.
7:2 厳しい寒さで衣類が凍りついて固まり、手や足は凍傷になった。
7:3 They slept in tents so flimsy they could see the moon through them.
7:3 彼らは月が透けて見えるほど薄いテントで眠った。
7:4 They spent nearly four months in the frigid darkness of the long polar night.
7:4 彼らは長い極地の夜の極寒の暗黒の中で4カ月近くを過ごした。
7:5 When the Antarctic summer finally brought warmer temperatures and the [14] (1.protection 2. promise 3. progress) of some relief, the men awoke every morning in cold puddles of water as their body heat melted the icy floor of their tents.
7:5 ついに南極の夏が気温の上昇をもたらし、少しは息のつける兆しが見えたとき、隊員は毎朝目が覚めてみると、体温でテントの氷床が溶けたため、冷水に浸かっていた。
7:6 They subsisted on a [15] (1. diet 2. feast 3. recipe) of mostly penguin, seal, and sometimes dog.
7:6 彼らは主にペンギン、アザラシ、時にはイヌを食料にして生き延びた。

■第8段落
8:1 Eventually, when the ice began shattering beneath them, the men took to their three small lifeboats.
8:1 とうとう、氷が足下で崩れ始めたとき、隊員は3隻の小型救命ボートに 乗り込んだ。
8:2 After more than four months of mind-numbing boredom, they suddenly were [16] (1. pitched into 2. thrown beyond 3. empowered by) an intense battle for survival that brought them to the limits of human capabilities.
8:2 4カ月以上のえも言われぬほどの退屈を過ごした後、突然彼らは強烈な生存競争へと放り込まれ、それによって彼らは人間の能力の限界というところにまで達することになった。

8:3 They fought the sea for nearly a week before landing.
8:3 彼らは1週間近く海と闘って やっと上陸した。
8:4 They were cold, hungry, exhausted, and so thirsty their tongues swelled in their mouths.
8:4 彼らは凍え、空腹で、疲れ果て、喉が渇いて口の中で舌 が腫れあがった。
8:5 When they finally reached Elephant Island, they found it a stinking, guano covered place ravaged by storms.
8:5 ついに彼らがエレフアント島に着いたとき、彼らが目に したのは、悪臭がする、鳥糞石で覆われた嵐で荒廃した土地であった。
8:6 Most of the crew spent the last months of their ordeal huddled under two overturned lifeboats.
8:6 乗組員のほとんどはその試練の日々の最後の数カ月を2隻の横倒しにした救命ボートの下に身を潜めて過ごしたのだった。
[26] What happened to Shackleton and his men when the Antarctic summer came?
1. Warmer temperatures finally made their survival battle less intense.
2. The shattering ice forced them onto small lifeboats.
3. They floated on the sea in their lifeboats, going nowhere.
4. Animals such as penguins, seals, and dogs came back to the camp.

・解答 [26]―2
[26] 「南極に夏が来たとき、シャクルトンとその部下に何が起きたか」
1. 「気温上昇によって最後には彼らの生存競争はそれほど厳烈ではなくなった」
2. 「氷が砕けて、小さな救命ボートに乗り込まざるをえなくなった」
3. 「彼らは救命ボートに乗って、あてどもなく海上を浮遊した」
4. 「ペンギンやアザラシ、イヌといった動物は、野営地に戻った」
第7段後半 (When the Antarctic summer…) 以下に記述がある。shatter「粉々になる、砕け散る」 1は第8段第2文 (After more than…) にan intense battle for survival「熾烈な生存競争」とあるので、誤り。2 は第8段第1文 (Eventually, when…) に一致するので、正解。3は1週間近く海と苦闘した後、Elephant Island (第8段)やSouth Georgia (第 9段)にたどり着いたことがわかるので、go nowhere「どこへ行くともない」が、誤り。4に示される動物たちは、第7段最終文 (They subsisted on a…)より、隊員たちが食料として食べたものであるので、誤り。

■第10段落
10:1 According to Napoleon, a leader is a dealer in hope.”
10:1ナポレオンによれば、「指導者とは希望を商う者である」のだそうだ。
10:2 Shackleton knew how to keep hope in plentiful supply – during the 1907–1909 Nimrod expedition to the Pole when death was nearer to the men than their waiting ship, and during the long hardship of the Endurance expedition.
10:2シャクルトンは希望をたっぶりと保持しておく方法を知っていた。待機船よりも死の方に近づいた1907年から1909年の南極点までのニムロッド号探険の間にも、またエンデュアランス号探険の長期にわたる苦難の間にも。
10:3 When it was preposterous to think they could get out alive, he convinced his men that only a fool would say they wouldn’t.
10:3生きて脱出できると考える方がおかしいときにも、彼は部下たちに、できないと考えるのはバカだけだ、と言って説き伏せた。
10:4 “We were in a mess, and the Boss was the man who could get us out.
10:4 「窮地に陥ってはいたが、隊長という男は、俺たちを脱出させてくれる。
10:5 It is a measure of his leadership that this seemed almost axiomatic,” said Reginald W. James, physicist on the Endurance.

10:5これがほとんど自明だと思えるようにしたことで、彼の統率力がよくわかります」と、エンデュアランス号に乗っていた物理学者、レジナルド=W.ジエームズは語った。
[27] Which of the following is closest to the meaning of the expression “a leader is a dealer in hope” in the 10th paragraph?
1. A good leader makes people happy behind the scenes.
2. A good leader inspires people to think positively about their destiny.
3. A good leader is good at solving conflicts among his men.
4. A good leader is an opportunist who takes advantage of people.

・解答 [27]―2
[27]「第10段の「指導者は希望の商人」という表現の意味に最も近いのは、次のうちどれか」
1. 「優れた指導者は、舞台裏で人々を幸福にする」
2.「優れた指導者は、人々に自分の運命を前向きに考えるように促す」
3.「優れた指導者は、部下たちの対立を解消するのが得意である」
4. 「優れた指導者は、人々を利用する日和見主義者である」
2つ目の***以下の記述から、「希望の商人」とは、「部下に楽観を植えつける指導者」であることがわかる。その意味に最も近いのは2である。 positivelyを「前向きに、プラスに」と、正しく理解することが大切。1 や3には根拠になる記述がない。4のopportunistは「日和見主義者」という意味で、take advantage of人「人を利用する、人の弱みにつけ込む」 という記述からも、優れた指導者の説明として誤りと判断できる。

[28] In the 10th paragraph, what does the author mean when he states “It is a measure of his leadership that this seemed almost axiomatic”?
1. Shackleton’s leadership was so great that his men were certain that they would survive.
2. Shackleton’s leadership was too great to be appreciated by his men.
3. Shackleton’s leadership should be evaluated on the basis of his success as an explorer.
4. Shackleton’s leadership was so great that it didn’t require any proof.

・解答 [28]―1
[28]「第10段で『これがほとんど自明のことだと思えるようにしたことで、彼の統率力がどれほどのものであったかよくわかります』と述べるとき、著者は何を言おうとしているのか」
1. 「シャクルトンの統率力はとても強いので、彼の部下たちは自分が生き延びると確信した」
2. 「シャクルトンの統率力は強すぎたので、彼の部下たちには、高く評価してもらえなかった」
3. 「シャクルトンの統率力は探検家としての彼の成功を基準として評価されなければならない」
4. 「シャクルトンの統率力は極めて強いので、証明する必要は何もなかった」
It is a measure of A that・・・は、文字通りには「…は、Aを計る尺度である」となるが、それは具体的には、「…することで、Aの程度がよくわかる」という意味である。 thisは原則として直前の内容を指示するから、ここでは「隊長によって、自分たちが窮地を脱することができる」ことだと考えられる。そして、axiomaticはaxiom 「公理 (証明なしに前提される命題)」の派生形容詞で、「公理であるような、自明の」という意味。すると全体は「隊長によって自分たちが窮地を脱することができるのは、ほとんど自明、絶対確実だと思えるようにしたことで、彼の統率力がどれほどだったかわかる」という具体的な意味をもつことになる。それに最も近いのは1である。 2はtoo great 「強すぎる」が誤り。 3は「探検家としての彼の成功」が誤り。4は「統率力は、証明を要しない」とあるが、前述の検討のように、証明を要しない自明の理だったのは、「隊長のおかげで自分たちが窮地を脱することができる」ことであって、「彼の統率力」そのものではない。よって、誤り。

■第5段落
5:1 Sir Ernest set out at age forty on an independent voyage to make what he considered the last great expedition [7] ( 1. accomplished 2. left 3. devoted) on earth: an eighteen-hundredmile crossing of Antarctica on foot.
5:1 サー=アーネストは40歳のとき、彼が地上に残された最後だと考えた大冒険、南極大陸1800マイル徒歩横断をするため、独自の航海に出発した。
5:2 The expedition ship, named the Endurance after the Shackleton family motto Fortitude Vicious, By Endurance We Conquer,” set sail in August 1914 at the dawn of World War I and [8] (1. made up with 2. made its way to 3. made off with) Buenos Aires, to South Georgia Island, and eventually to the Antarctic Circle, where it plowed through one thousand miles of ice-Encrusted waters.
5:2 探険船は、シャクルトン家の銘、Fortitudine Vincimus「忍耐によって我らは克つ」にちなんで「エンデュアランス(忍耐)」と名づけられ、第一次世界大戦が幕を開けた1914年8月に出帆し、ブエノスアイレス、サウスジョージア島、そしてついに南極圏まで進み、そこから1千マイル、氷で堅く覆われた海域をかき分けるように進んだ。
5:3 Just one days sail [9] (1. from 2. beyond 3. near) its destination in Vassal Bay on the Antarctic coast, the ship got stuck like an almond in a chocolate bar” as it was later described, in the polar ice of the Weddell Sea.
5:3 南極沿岸のヴァーゼル湾の目的地まで、ほんの1日分の航海というところで、船は後の記録にある通り、「まるで板チョコの中のアーモンドのように」ウェッデル海の極地の氷の中で立ち往生した。
■第6段落
6:1 The men [10] (1. would have been stranded 2. could be stranded 3. were stranded) on an ice floe more than twelve hundred miles from the farthest outposts of civilization.
6:1隊員は文明から最も離れた辺境地点から1200マイル以上も離れて氷盤上に乗り上げたのだ。
6:2 Whenever it seemed the situation couldn’t possibly get worse, it did.
6:2 もうこれ以上悪化しようがないと思われたときには、いつでも事態はさらに悪化するのだった。
6:3 The pack ice precariously dragged the ship north for ten months.
6:3積氷によって船は10カ月間, あてもなく北方に引きずられた。
6:4 Then, the Endurance was crushed and the men were forced to camp on the ice.
6:4 それから、エンデュアランス号は押し潰され、隊員は氷上で野営を余儀なくされた。
6:5 They watched in horror one month later as their vessel sank to the bottom of the sea.
6:5 彼らは1カ月後、自分たちの船が海底に没するのをおののきながら見つめた。

6:6 No one knew anything had happened to them.
6:6 誰も、自分の身に何事かが起こったのがわからなかった。
6:7 All they had to [11] (1. throw away 2. rely on 3. wait for) were three lifeboats salvaged from the ship.
6:7頼りは、船から持ち出した3隻の救命ボートだけだった。
6:8 Shackleton allowed each crew member to carry only a few items necessary for survival.
6:8 シャクルトンは乗組員それぞれに生き延びるのに不可欠なものを、ほんの僅かだけ持っていくのを認めた。
6:9 The first things [12] (1. agreed 2. exchanged 3. tossed): gold coins and a Bible; saved were personal diaries and a banjo.
6:9 最初に捨てられたものは、金貨と聖書。取っておかれたのは、個人の日記とバンジョーだった。
■第7段落
7:1 When the weather was its most brutal, the men endured temperatures that were so low they could hear the water freeze.
7:1 この上もない荒天時には、隊員は水が凍るのが聞こえるほどの低温に耐えた。
7:2 The bitter cold froze their garments [13] (1. sharp 2. fragile 3. solid) and burned their hands and feet.
7:2 厳しい寒さで衣類が凍りついて固まり、手や足は凍傷になった。
7:3 They slept in tents so flimsy they could see the moon through them.
7:3 彼らは月が透けて見えるほど薄いテントで眠った。
7:4 They spent nearly four months in the frigid darkness of the long polar night.
7:4 彼らは長い極地の夜の極寒の暗黒の中で4カ月近くを過ごした。
7:5 When the Antarctic summer finally brought warmer temperatures and the [14] (1.protection 2. promise 3. progress) of some relief, the men awoke every morning in cold puddles of water as their body heat melted the icy floor of their tents.
7:5 ついに南極の夏が気温の上昇をもたらし、少しは息のつける兆しが見えたとき、隊員は毎朝目が覚めてみると、体温でテントの氷床が溶けたため、冷水に浸かっていた。
7:6 They subsisted on a [15] (1. diet 2. feast 3. recipe) of mostly penguin, seal, and sometimes dog.
7:6 彼らは主にペンギン、アザラシ、時にはイヌを食料にして生き延びた。
■第9段落
9:1 In the end, Shackleton took five men and sailed eight hundred miles in a lifeboat over stormy seas to reach the inhabited island of South Georgia in the remote South Atlantic.
9:1 ついに、シャクルトンは5人の部下を連れ荒れる海を救命ボートで800マイル航行し、南大西洋のはるか沖合、有人島サウスジョージアに着いた。

9:2 When [17] (1. in 2. by. for) some miracle they made their destination, they found they had to cross a nearly impassable frozen mountain range to reach civilization: a whaling station.
9:2奇跡的に目的地に着いて、彼らが悟ったのは、ほとんど通過不能の凍てつく山岳地帯を横断しなければ、人間のいる場所、捕鯨基地には行きつけないということだった。
9:3 The whalers, who had seen so much in their own hard lives, were in awe of the invincibility of the men.
9:3捕鯨者たちは、自分自身の厳しい暮らしをあまりに多く目にしてきたので、隊員の不操不屈に恐れ入った。
9:4 Immediately, Shackleton [18] (1. gave up 2. turned around 3. backed out) and led an effort to rescue the rest of the crew on Elephant Island.
9:4直ちに、シャクルトンはとって返し、先頭に立ってエレフアント島にいる残りの乗組員を救助しようとした。
9:5 Amazingly, every single one had survived.
9:5驚嘆すべきことに、全員1人残らず生還したのだった。
[29] According to this article, which of the following is a true statement about the Endurance?
1. The Endurance stood firm against the brutal weather.
2. The Endurance moved north to a whaling station.
3. The Endurance carried penguins, seals, and dogs.
4. The Endurance tragically sank to the bottom.

・解答 [29]―4
「29] 「この文章によれば、エンデュアランス号に関して、正しい記述は次のうちどれか」
1. 「エンデュアランス号は悪天候をものともしなかった」
2. 「エンデユアランス号は北方へ向かい捕鯨基地に着いた」
3. 「エンデュアランス号はペンギンやアザラシ、イヌを積んでいた」
4. 「エンデュアランス号は痛ましくも、海底に没した」
1は 第5段第3文 (Just one day’s sail…) にgot stuck「立ち往生した」 とあるので、誤り。 2は第9段第1文 (In the end, Shackleton…) から 捕鯨基地に着いたのは、lifeboat 「救命ボート」であることがわかる。よ って、誤り。3の「ペンギンやアザラシ、イヌ」は第7段最終文 (They subsisted on a…) から、彼らの食料であったことがわかるが、イヌはともかく、ペンギンやアザラシを積み込んでいたと考える根拠はない。4は 第6段第5文 (They watched in horror…)に一致するので、これが正解。 ただしvesselが「船」という意味で shipを言い換えたものだとわかるだけの語い力が必要である。

■第10段落
10:1 According to Napoleon, a leader is a dealer in hope.”
10:1ナポレオンによれば、「指導者とは希望を商う者である」のだそうだ。
10:2 Shackleton knew how to keep hope in plentiful supply – during the 1907–1909 Nimrod expedition to the Pole when death was nearer to the men than their waiting ship, and during the long hardship of the Endurance expedition.
10:2シャクルトンは希望をたっぶりと保持しておく方法を知っていた。待機船よりも死の方に近づいた1907年から1909年の南極点までのニムロッド号探険の間にも、またエンデュアランス号探険の長期にわたる苦難の間にも。
10:3 When it was preposterous to think they could get out alive, he convinced his men that only a fool would say they wouldn’t.
10:3生きて脱出できると考える方がおかしいときにも、彼は部下たちに、できないと考えるのはバカだけだ、と言って説き伏せた。
10:4 “We were in a mess, and the Boss was the man who could get us out.
10:4 「窮地に陥ってはいたが、隊長という男は、俺たちを脱出させてくれる。

10:5 It is a measure of his leadership that this seemed almost axiomatic,” said Reginald W. James, physicist on the Endurance.
10:5これがほとんど自明だと思えるようにしたことで、彼の統率力がよくわかります」と、エンデュアランス号に乗っていた物理学者、レジナルド=W.ジエームズは語った。
■第11段落
11:1 “The Boss,” as his men called him, built success on a foundation of camaraderie. Loyalty responsibility. Determination. And-[19] (1.above all 2. to say the least 3. by chance) optimism.
11:1 「隊長」と彼は部下に呼ばれていたのだが、彼は僚友意識と忠誠心、責任感、決断力、そしてとりわけ楽観の基礎の上に成功を築いたのだった。
[30] According to this article, which of the following best captures Shackleton’s way as a leader?
1. Prepare carefully, and use the latest technological innovations.
2. Recruit a team of men with the endurance necessary for such arduous expeditions.
3. Create commitment to the team and focus on the prospect of success.
4. Be ready to make sacrifices for the good of the team.

・解答 [30]―3
[30] 「この文章によれば、次のうちどれが指導者としてのシャクルトン の流儀を最もよくとらえているか」
1. 「入念に準備し、最新の技術革新を使用する」
2. 「そのような困難な探険に必要な忍耐心を備えた隊員を徴募する」
3. 「団体への帰属意識を創出し、成功の展望に集中する」
4. 「団体の利益のために進んで犠牲を払う」
指導者としてのシャクルトンの流儀について述べているのは、第11段 (“The boss,”as his men…) である。そこにはcamaraderie「仲間意識、友情」 と loyalty 「忠誠心」 とoptimism 「楽観」が挙げられている。それらがすべて盛り込まれているのは、3のみ。第10段からの論旨は「統率力に不可欠なのは楽観性」ということだったから、「楽観性」という観点からだけでも、正解にたどり着ける。

copyright 2016/Everyday school