[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2011年 大問二 本文対訳

本文

■ 第1段落
1:1 20世紀半ば以来,求人市場に革命が起きた。
1:1 Since the middle of the twentieth century, there has been a revolution in the job market.
1:2未曾有の数の女性が有給労働力に加わったのである。
1:2 Women have entered the paid workforce in unprecedented numbers.
1:3 たとえば,1950年には,労働年齢の女性の約3分の1しか,有給労働力とはなっていなかった。今日では,約61%である。
1:3 In 1950, for example, only about one-third of working-age women were in the paid workforce; today, some 61 percent are.
1:4女性によってなされる有給労働の性質にも,圧倒的な変化が生じてきた。
1:4 There has also been an overwhelming change in the nature of paid work done by women.
1:5 50年前には,看護と教職以外の女性の専門職はまれであった。
1:5 Fifty years ago, professional careers for women [31] (1. apropos 2. out 3. outside) of nursing or teaching were unusual.
1:6今日では毎年仕事に就く新規の弁護士と医師のほぼ半数を女性が占める。
1:6 Today, women comprise nearly half of the newly minted attorneys and physicians starting work each year.
1:7同じ50年間に,賃金の変化も生じた。
1:7 Over the same fifty-year period, there has been a transformation of wages, too.
1:8 1950年には女性の平均収入は男性の3分の2でしかなかった。
1:8 In 1950, median earnings of women were only two-thirds those of men.
1:9今日,女性は,男性に対する支払いの80%を得るのである。
1:9 Today, women earn 80 percent of what men are paid.

■ 第2段落
2:1最後の文を再読してほしい。
2:1 Reread that last sentence.
2:2平均して,男性が得る1ドルごとに,女性には80セント支払われる。
2:2 On average, for every dollar a man earns, a woman gets paid 80 cents.
2:3 こんなことは本当でありうるだろうか。
2:3 Can this possibly be true?
2:4考えてほしいのは,こういう事柄である。雇用者の費用の70%近くは,労働が占める。
2:4 Consider this fact: Nearly 70 percent of employers’ costs are accounted for by labor.
2:5 1ドルかかるところ,80セントで女性だけを雇った雇用者は男性だけを雇う雇用者に比べて労働コストを20%切りつめられるだろう。
2:5 An employer who hired only women at 80 cents on the dollar could cut labor costs by 20 percent [32] (1. in spite of 2. relative to 3. similar to) an employer who hires only men.
2:6 これによって,販売高の約14%の付加的利益が生じるであろう。それにより,典型的な会社の得られる利益は3倍になるだろう。
2:6 This would yield added profits of about 14 percent of sales―which would triple the profit earned by the typical firm.
2:7 もし女性が男性より,支払いが20%少なくてすむのなら,どんな雇用者であれ,女性以外の誰かを雇えるのだろうか。
2:7 If women are paid 20 percent less than men, how could any employer possibly [33] (1. expect 2. afford 3. refuse) to hire anyone but women?

■ 第3段落
3:1 この時点で,心の中で「確かに,性別以外に,収入のこうした性差を説明するのに役立ちうる男女間の差異がある」と言っているかもしれない。
3:1 At this point you may be saying to yourself, “Surely, there are differences between men and women other than their sex that can help account for this gender gap in earnings.”
3:2 またそれは正しいだろう。
3:2 And you would be correct.
3:3収入は経験や,教育,結婚状況,年齢の反映である。
3:3 Earnings are a reflection of experience, education, marital status, and age.
3:4 しかしこうした変数がすべて調整されても,全国的なデータ,たとえば合衆国国勢調査局,あるいは労働統計局のデータは依然として,男女の賃金の間の説明のつかない差異が残存していることを示している。
3:4 But even when all of these variables have been controlled, nationwide data, such as from the U.S. Census Bureau or the Bureau of Labor Statistics, still show that unexplained differences between the pay of men and women persist.
3:5同じ尺度の個人的特徴をもつ男性は,女性より少なくとも10%余分に給料をもらっているし,一部の研究では差がその2倍になっている。
3:5 Men with the same measured individual characteristics are paid at least 10 percent more than women, and some studies find a difference twice [34] (1.. that 2. as 3. much) size.

■ 第4段落
4:1多くの評者に広まった意見では,男女の賃金間の説明のつかない差異は主に,女性差別の結果だということだ。
4:1 The widespread opinion of many observers is that the unexplained gap between the pay of men and women is chiefly the result of discrimination against women.
4:2説明は簡単である。
4:2 The reasoning is simple.
4:3大半の事業主あるいは経営幹部は男性であり,男性を雇うか女性を雇うかを選ぶことになれば、「同窓生組織」が男性に有利に働く。
4:3 Most business owners or senior managers are men, and [35] (1. over 2. for 3. given) a choice between hiring a man or a woman, the “old-boy network” operates in favor of the man.
4:4 こうした見方によれば、低賃金に甘んじて、初めて女性が就職できることになる。
4:4 According to this view, women can get the job only if they agree to accept lower wages.

■ 第5段落
5:1 しかし、このことを考えてほしい。40年以上にわたって、人種や性別によって労働要員を差別することは違法だったのだ。
5:1 Consider this fact, however: For more than forty years, it has been illegal to discriminate in the workforce on the basis of race or gender.
5:2法廷で解釈されたとおり、今では法は、もしも職場で女性あるいは少数者に対する低賃金が統計的に出現していれば、雇用者は差別を犯していると推定され、そうでないことを証明しなければならない、と述べている。
5:2 As interpreted by the courts, the law now says that if the statistical appearance of lower wages for women or minorities is present in a workplace, the employer is presumed to be guilty of discrimination and must prove [36] (1. otherwise 2. it 3. so).
5:3連邦政府機関が、ここであれどこか他であれ、法の執行に完壁な仕事をしているとは誰も思っていないけれど、連邦の役人がどれほど近視眼的だったとしても、持続する20%の賃金格差が注目から逃れうると考えるのは難しい。
5:3 No one thinks that federal agencies do a perfect job at enforcing the law here or elsewhere, but it is hard to believe that a persistent 20 percent pay difference could escape the notice of even the most [37] (1. oversight 2. farsighted 3. nearsighted) federal bureaucrat.

■ 第6段落
6:1何が起きているのかがかいま見え始めるのは、経済学者が個別の会社の給料支払い記録を調べて、会社の位置、労働の種類、被用者責任、その他の要因に関して具体的かつ詳細に記された、実際の従業員情報を用いるときである。
6:1 A hint of what might be going on begins to emerge when economists study the payroll records of individual firms, using actual employee information that is specific and detailed regarding location of the firm, type of work, employee responsibilities, and other factors.
6:2 こうした分析で、いわゆる男女間賃金格差がはるかに小さく、たいていたったの5%であり、また多くの場合、格差はまったくないことが明らかになる。
6:2 These analyses reveal that the so-called wage gap between men and women is much smaller―typically [38] (1. as much as 2. no more than 3. no less than) 5 percent―and often there is no gap at all.
6:3会社の段階のデータと全国データ間の際だった対立が示唆するのは、あからさまな性差別以外に、ここでは何かが作用しているらしいということである。
6:3 The sharp contrast between firm-level data and nationwide data suggests that something may be at work here besides outright gender discrimination.

■ 第7段落
7:1 その何かは、実際は3つである。
7:1 That something is actually three things.
7:2第一に、女性の賃金は、子どもがいるかどうかに対してきわめて敏感に反応する。
7:2 First, women’s pay is extremely sensitive to whether or not they have children.
7:3 たとえば、英国では、この問題が集中的に研究されているが、同国では女性が得る平均賃金は第1子の誕生の少し前に下がり始め、その子がティーンエイジャー(13〜19歳)になるまで下落し続ける。
7:3 In Britain, for example, where this issue has been studied intensively, the average pay earned by a woman begins to fall shortly before the birth of her first child and continues to drop until the child becomes a teenager.
7:4収入は第1子が20歳くらいを過ぎると回復し始めるとはいえ、完全に元どおりになることは決してない。
7:4 Although earnings begin to [39] (1. revive 2. accumulate 3. level off) once the first child passes the age of twenty or so, they never fully recover.
7:5母親となることに関連する収入減は3分の1近くになり、子どもの巣立ち後に回復するのは、その下落の3分の1でしかない。
7:5 The earnings drop associated with motherhood is close to one-third, and only one-third of that drop is regained after [40] (1.. the bottle 2. the container 3. the nest) is empty.
7:6 アメリカのデータは、大西洋のこちら側でも同様の傾向が存在することを示唆している。
7:6 American data suggest that the same pattern is present on [41] (1. the coverage 2. this side 3. the region) of the Atlantic.

■ 第8段落
8:1女性が被る出産賃金減少はさまざまな原因から生じる。
8:1 The parenthood pay declines suffered by women stem from a variety of sources.
8:2責任と労働時間の減少を伴う「ママさん路線」に乗せられる人もあれば、最初の子どもが生まれた頃に異なる雇用者のもとに移って、より柔軟な労働時間が提供されるが、その分、低賃金にもなる仕事をする人もいる。
8:2 Some are [42] ( 1. put on 2. put out . put off) the “mommy track,” with reduced responsibilities and hours of work; others move to different employers around the time their first child is born, taking jobs that offer more flexible work schedules but offer [43] (1. characteristically 2. unduly 3. correspondingly) lower pay as well.
8:3全体に、平均的な技能があり、24歳で子どもをもつ女性は、職歴を通じて受け取る報酬が子どものいない人に比べて,100万ドル近く少なくなると予想できる。
8:3 Overall, a woman with average skills who has a child at age twenty-four can expect to receive nearly $1 million less compensation over her career, [44] (1. as 2. compared to 3. over) one who remains childless.
8:4男性では,同様の影響が見られないことは,強調しておく価値がある。
8:4 It is worth emphasizing that no similar effect is observed with men.
8:5 それどころか,実は子どもをもつ男性は子どもをもたない男性よりも多くの給与を支払われていることを示す多少の証拠もある。
8:5 In fact, there is some evidence that men with children are actually paid more than men without children.
8:6 こうした知見から強く示唆されるのは,大半の人には何ら驚くことのない事実,つまり,女性が幅広く労働力に加わったにもかかわらず,女性は家庭での子どもの世話に第一義的責任を保持しており,その結果,職業があおりを受けるということである。
8:6 These findings strongly suggest a fact that will [45] (1. consider 2. show 3. come) as no surprise to most people: Despite the widespread entry of women into the labor force, they retain the primary responsibility for child care at home, and their careers suffer as a result.

■ 第9段落
9:1男女の賃金格差を説明するのに効いてくる第二の要因は,職業選択ということである。
9:1 The second factor at work in explaining male-female wage differences is occupational selection.
9:2女性に比べ,男性は危険だったり,不快だったりする有給雇用に集まる傾向がある。
9:2 Compared to women, men tend to be concentrated in paid employment that is dangerous or unpleasant.
9:3商業的漁業,建設,警察,消防,トラックの運転,採掘などは,ほんの一例に過ぎないが,これらは平均よりはるかに危険であり,男性が優勢な職業である。
9:3 Commercial fishing, construction, law enforcement, firefighting, truck driving, and mining, to name but a few, are occupations that are much more dangerous than average and are dominated by men.
9:4結果として,業務中の全死者の92%が男性である。
9:4 As a result, men represent 92 percent of all occupational deaths.
9:5危険な業務では,いわゆる補償的差額,つまり,仕事中に亡くなったり,怪我をしたりする特別な危険を引き受けることに対する割増賃金が提供される。
9:5 Hazardous jobs offer what is known as a compensating differential, extra pay for [46] (1. avoiding 2. assuming 3. allowing) the differential risk of death or injury on the job.
9:6釣り合いがとれていると,こうした割増賃金は危険の増加分を埋め合わせるにすぎない。
9:6 In equilibrium, these extra wages do no more than offset the extra hazards.
9:7 だから,実測賃金は職業の教育面やその他の要件に比して,高く見えるけれども,見かけは当てにならないのである。
9:7 So even though measured earnings look high relative to the educational and other requirements of the jobs, appearances are deceiving.
9:8危険に応じた調整をした後では,その給与の価値は実際は,それほど危険でない雇用を上回ることはまったくないのであるが,高額の給料の見かけは,測定された性差に寄与するのである。
9:8 After [47] (1. adjusting for 2. minimizing 3. dealing with) risk, the value of that pay is really no greater than for less hazardous employment―but the appearance of higher pay contributes to the measured gender gap.

■ 第10段落
10:1給与に影響する第三の重要要因は,労働時間である。
10:1 The third key factor influencing pay is hours of work.
10:2有給労働で週当たり50時間以上働く可能性は,男性が女性の2倍を上回る。
10:2 Men are more than twice as likely as women to work in excess of fifty hours a week in paid employment.
10:3一般に,男性の平均有給週労働は,女性より約15%長い。
10:3 Overall, the average paid workweek for men is about 15 percent longer than it is for women.
10:4 また,男性は,女性より,パートタイム労働でなく,常勤労働に従事することも多いので賃金格差はここでも大変に大きくなりうる。
10:4 Men are also more likely than women to be in full-time, rather than part-time, paid employment, and the wage differences here can be huge.
10:5 たとえば,週当たり平均44時間の労働は,週当たり34時間労働に対して,性別にかかわらず2倍を超える給料を生じる。
10:5 Working an average of forty-four hours per week versus thirty-four hours per week, for example, yields more than twice the pay, [48] (1. sensitive to 2. considering 3. regardless of) gender.
10:6有給労働時間のこうした相当な性別格差は一つには「ママさん路線」現象のためであるが,残る問題は,これが雇用者の方での差別を生じるのか,あるいは女性による選択の結果なのか,ということである。
10:6 This substantial gender gap in hours of paid work is due in part to the “mommy track” phenomenon, but the question that remains is, does this constitute discrimination on the part of employers, or is it the result of choices by women?

■ 第11段落
11:1 その質問にははっきり答えることはできないとはいえ,職業選択の違いが差別によって生じると信じるだけの理由はある。
11:1 Although we cannot answer that question definitively, there is reason to believe that some differences in occupational choice are due to discrimination.
11:2 たとえば,最も給料の高いブルーカラー労働は,通常は労働組合のある職業であり,産業別,職業別組合は,女性を組合員とすることに反対してきた長い歴史がある。
11:2 For example, the highest-paying blue-collar jobs are typically union jobs, and industrial and crafts unions have had a long history of opposition to women as members.
11:3あるいは,医療を考えてみよう。
11:3 Or consider medicine.
11:4女性は皮膚科や放射線科といった専門分野でははるかに数が多くなってきているが,そうした分野では日程がより柔軟な傾向があり,労働時間を制限することができ,パート勤務が可能である。
11:4 Women are becoming much more numerous in specialties such as dermatology and radiology, where schedules tend to be more flexible, hours of work can be limited, and part-time practice is feasible.
11:5 しかし多くの医師は,女性が給料の高い外科分野で目立って少数であるのは一つには女性差別のせいであり,女性による職業選好の反映のせいではないと論じるであろう。
11:5 But many physicians would argue that the noticeable underrepresentation of women in the high-paying surgical specialties is partly the result of discrimination against women, [49] (1. thus 2. rather than 3. when) reflecting the occupational choices preferred by women.
11:6 もしこの議論が正しいなら,所定の専門分野にいる女性が,その分野の男性と同じだけ支払いを受けるとしても,高給与の地位から女性が排除されることによって,平均賃金が低下し,生活を苦しくすることとなろう。
11:6 If this argument is correct, then even if women in a given specialty are paid the same as men in that specialty, the exclusion of women from high-paying slots will lower their average wages and make them worse off.

■ 第12段落
12:1職場の性差別がどの程度なのかは,当分ははっきり片がつくことはなさそうである。
12:1 The extent of gender discrimination in the workplace is [50] (1. assumed 2. inclined 3. unlikely) to be definitively settled anytime soon.
12:2測定された賃金格差はたとえそれが経験,教育,その他の要因を説明するものであっても,明らかに同じ資格の男女間の真の賃金格差を過大に言うものである。
12:2 Measured earnings differences, even those that account for experience, education, and other factors, clearly overstate the true pay gap between equally qualified men and women.
12:3 しかし,同様に明らかながら,通常女性に課せられる育児負担がより重いものであることを考慮すれば,同じ給与を受け取っても,それは同一労働に対するものではないのである。
12:3 Just as surely, however, given the heavier parenting demands typically made on women, even when they receive equal pay, it is not for equal work.

copyright 2016/Everyday school