[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2012年 大問二 内容一致問題

内容一致四択問題

■ 第1段落
1:1選挙運動のボランティアがあなたの家の玄関先に現れ,来るべき選挙で投票に行くようにあなたに迫ると,投票に行く可能性が10%高まり,そして家族の他の人が投票する可能性は6%高まる。
1:1 If a campaign volunteer shows up at your door, urging you to vote in an upcoming election, you are 10 percent more likely to go to the poll―sand others in your household are 6 percent more likely to vote.
1:2使い慣れない言葉を思い出そうとする場合,思い出せる可能性は,一つには,似た音がする言葉のネットワーク上のどこにその言葉が位置するかによって決まる。
1:2 When you try to recall an unfamiliar word, the [31](1.fact 2. assumption 3. likelihood) you’ll remember it depends partly on its position in a network of words that sound similar.
1:3 また,身体の細胞がガンの突然変異をしたとき,その娘細胞は,変異したガン細胞を運ぶことになる。ガンになるかどうかは,その細胞が細胞増殖のネットワーク上のどの位置にいるかによって大部分決まる。
1:3 And when a cell in your body develops a cancerous mutation*, its daughter cells** will carry that mutation; whether you get cancer depends largely on that cell’s position in the network of cellular reproduction.

■ 第2段落
2:1 こうした現象がどれほど無関係に思えるとしても,一つの学問分野がこれらすべてを明らかにするのに役立ってきた。
2:1 [2](1. However 2. Despite 3. Whatever) unrelated these phenomena may seem, a single scholarly field has helped illuminate all of them.

2:2ネットワークの研究が,ウィルスや考え方や情報がどのように人から人へと広まっていくのかを明らかにすることができ,肥満,自殺,腰痛の拡大を追跡可能にできるのである。
2:2 The study of networks can illustrate how viruses, opinions, and news spread from person to person and can make it possible to track the spread of obesity, suicide, and back pain.
2:3 ネットワーク科学が株価傾向を予測したり,交通システムを設計したり,ガンを探知したりする手段を指し示しているのである。
2:3 Network science points toward tools for predicting stock-price trends, designing transportation systems, and detecting cancer.

[51] Why does the author introduce three different examples (voting, word recall, and cancerous mutation) in the 1st paragraph?
1. To show that the problem explored in this article is complicated.
2. To suggest that seemingly different phenomena can be guided by a similar principle.
3. To propose that different academic fields should collaborate to solve human problems.
4. To demonstrate that human behaviors are beyond explanation.

・解答 [51]―2
>[51]「筆者はなぜ第1段で3つの異なる事例(投票,言葉を思い出すこと,ガンの突然変異)を紹介しているのか」
1.「この文章で探られる問題が複雑であることを示すため」
2.「一見異なる現象が,類似した原理によって導かれうることを示すため」
3.「さまざまな学問分野が共同して人間の問題を解決すべきであると提案するため」
4.「人間の行動は説明がつかないことを証明するため」
第2段第1文に「こうした現象がどれほど無関係に思えるとしても,一つの学問分野がこれらすべてを明らかにするのに役立ってきた」とある。よって,正解は2であるとわかる。

■ 第3段落
3:1 かつては社会学者が人々のネットワークを研究する一方,物理学者やコンピュータ科学者が自分自身の学問分野で異なる種類のネットワークを研究してきた。
3:1 It [33](1. often is 2. used to be 3. never could be) that sociologists studied networks of people, while physicists and computer scientists studied different kinds of networks in their own fields.
3:2 しかし社会科学者は,より大規模で精緻なネットワークを理解しようと努めるにつれ,物理学に目を向けてこのような複雑性に適した手段を手に入れようとしてきた。
3:2 But [34](1. as 2. though 3. unless) social scientists sought to understand larger, more sophisticated networks, they looked to physics for methods suited to this [35](1. flexibility 2. complexity 3. equality).
3:3 そしてそれは双方向の通路なのだ。ネットワーク科学は「物理学者と分子生物学者が敬意を込めて社会科学者の研究を引用し,彼らの発想を借用しているのを見られるまれな分野の一つなのです」と,ニコラス=クリスタキスは語る。この人物は,ハーバード大学の医師・医療社会学者であり,『つながり:私たちの社会的なネットワークのもつ驚くべき力と,それがいかに私たちの暮らしを形作るか」(訳注:邦訳の書名は『つながり:社会的ネットワークの驚くべき力」)の共著者である。
3:3 And it is a two-way street: network science “is one of the rare areas where you see physicists and molecular biologists respectfully citing the work of social scientists and borrowing their ideas,” says Nicholas Christakis, a physician and medical sociologist at Harvard and coauthor of Connected: The Surprising Power of Our Social Networks and How They Shape Our Lives.

[52] The phrase “two-way street” as used in the 3rd paragraph is closest in meaning to
1. divergence.
2. reciprocity.
3. monoculture.
4. rapidity.

・解答 [52]―2
>[52]「第3段で使われているような『双方向の通路」という言葉に最も意味が近いのは(    )である」
1.「相違,発散」
2.「相互利益,相互依存」
3.「単一栽培」
4.「急速性」
「双方向の通路」というのだから,お互いに行き来して利益が得られる,ということ。それに最もふさわしいのは2であるが,reciprocityという語は,かなり高度な語彙である。

[53] Network science is described as one of the rare areas in the 3rd paragraph because
1. social scientists, physicists, and molecular biologists compete against each other to develop a strong theory.
2. social scientists find it difficult to use ideas borrowed from the field of molecular biology to account for the complexity of human behavior.
3. researchers in social science and molecular biology look to each other crossing disciplinary boundaries to approach network issues.
4. molecular biologists think that ideas in social science are more powerful and persuasive than those in their own field.

・解答 [53]―3
>[53]「ネットワーク科学が『まれな分野の一つ」と第3段で述べられているのは(    )からである」
1.「社会科学者,物理学者,分子生物学者が互いに競争しあって強力な理論を生み出している」
2.「社会科学者が分子生物学の分野から借り入れた発想を使って人間行動の複雑性を説明するのは難しいとわかる」
3.「社会科学と分子生物学の研究者が互いに学問の境界を越えてネットワーク問題に取り組むことに目を向けている」
4. 「分子生物学者が社会科学の発想は自分自身の分野の発想よりも強力で説得力があると考えている」
第3段第3文に「物理学者と分子生物学者が敬意を込めて社会科学者の研究を引用し,彼らの発想を借用しているのが見られる」とある。これに最も近いのは,3である。

■ 第4段落
4:1 ネットワークの基本要素は単純である。それは連絡路(「結合」とも呼ばれる)によって結ばれた結節点からなる。
4:1 The basic elements of a network are simple: it consists of nodes*** connected by links (also called “ties”).
4:2 しかし結節点と連絡路の数が増えるにつれ,ネットワークの取りうる形態の数は劇的に増大する。
4:2 But as the numbers of nodes and links increase, the number of possible forms of the network grows dramatically.
4:3同様に,結節点と連絡路が表せるものには数え切れないほどの可能性がある。
4:3 [36](1. Conversely 2. Otherwise 3. Likewise), there are innumerable possibilities for what a node and a link can represent.

4:4構造的には簡潔であるが,分析するには信じがたいほどに複雑なものとして,ネットワークは非常に多くの問題に対する解答を握っているので,それを研究する学者の数はハーバード大学だけでも3桁に届くかもしれない。
4:4 Structurally simple, yet analytically incredibly complex, networks hold the answers to so many questions that at Harvard alone, the number of researchers studying them may reach three digits.
4:5 この活力あふれる分野の最新研究の一例をこれから示そう。
4:5 Here is a sampling of the newest work in this [37](1. unchanging 2. unfashionable 3. dynamic) field.

[54] What is meant by “structurally simple, yet analytically incredibly complex” in the 4th paragraph?
1. Nodes and links in a network are simple in structure, but one cannot make a scientific analysis of the structure.
2. The basic structure of a network is simple, but what nodes and links can represent is virtually unlimited.
3. The theory of social networks has simple parts and components, but one cannot analyze their functions because of the great number of nodes and links.
4. The phenomenon under consideration is simple, but the number of researchers makes it complicated with their own interpretations of nodes and links.

・解答 [54]―2
>[54] 「第4段の『構造的には簡潔であるが,分析するには信じがたいほどに複雑な」という語句は何を意味しているのか」
1. 「ネットワーク内の結節点と連絡路は,構造的には単純であるが,その構造を科学的に分析することはできない」
2. 「ネットワークの基本構造は単純であるが,結節点と連絡路が表せるものはほとんど無制限である」
3. 「社会的なネットワークの理論は単純な部分と構成要素をもっているが,結節点と連絡路の数が大変多いので,その機能を分析することはできない」
4. 「考慮されている現象は単純であるが,究者の数のせいで,節点と連絡路についての独自の解釈があるため,それが複雑化している」
第4段第3文に 「結節点と連絡路が表せるものには数え切れないほどの可能性がある」と記述されている。これは 「ほとんど無限の可能性」と同意であるから,正解は2であるとわかる。

■ 第6段落
6:1 その書物は読者にその分野を案内し,医学,生物学,社会学人類学政治学,経済学,数学,さらにその先の発見を見せてくれる。
6:1 The book guides readers through the field, [39](1. presenting 2. presents 3. presented) findings from medicine, biology, sociology, anthropology, political science, economics, mathematics, and beyond.
6:2筆者は笑い,音楽の好み,性行動,ナッツアレルギーの不安の広がり方を論じる。
6:2 The authors discuss the spread of laughter, tastes in music, sexual behavior, and anxiety over nut allergies.
6:3筆者は,多くの現象のネットワークの構造を慎重に比較し,アメリカ合衆国上院議員の投票パターンと,牝牛間の社会的な結びつきの間の強い類似性を見出したある研究に注目する。
6:3 The authors note one study that carefully compared the structure of networks of many phenomena and found a strong similarity between the voting patterns of U.S. senators and social bonding among cows.
6:4彼らは日本の生物学者中垣俊之の,ある種のカビがネットワークの形で広がっていくことによって,目的地までのすべての可能な通路を探るのに「力を合わせる」ことができ,迷路を抜ける最短の通路を発見するのに,大学院生よりも効率がよいという発見も報告している。
6:4 They also report on Japanese biologist Toshiyuki Nakagaki’s findings that a kind of mold**** can “collaborate” by spreading out in the form of a network to explore all possible paths to a goal, and that it is more efficient than his graduate students in finding the shortest route [40](1. on 2. beyond 3. through) a maze.
6:5同書は,彼の追跡研究も示していて,それによると,そのカビは英国と日本の鉄道網の地図を作るのが,人間と同じかそれ以上にうまかったのである。
6:5 The book also presents his follow-up studies, in which the mold was as good as or better than humans at creating maps for railway systems in Great Britain and Japan.
6:6 こうした研究は,ネットワークがもっている問題解決能力を示すものだと,彼らは語る。
6:6 These studies, they say, demonstrate the problem-solving power [41](1. capable of 2. possessed by 3. used for) networks.

[55] Toshiyuki Nakagaki’s study as mentioned in the 6th paragraph
1. clarified the effect of mold on human behavior.
2. demonstrated how humans are superior to mold in their problem-solving power.
3. solved the problems of railway systems in Great Britain and Japan.
4. demonstrated the problem-solving power of networks.

・解答 [55]―4
>[55] 「第6段で言及されているような中垣俊之の研究は(    )」
1. 「人間の行動にカビが及ぼす効果を明らかにした」
2. 「人間が問題解決能力においてカビにどのように勝るのかを証明した」
3. 「英国と日本の鉄道網の問題を解決した」
4. 「ネットワークの問題解決能力を証明した」
第6段最終文に 「こうした研究は,ネットワークがもっている問題解決能力を示すものだと,彼らは語る」とある。よって,正解は4であるとわかる。

■ 第8段落
8:1 しかしクリスタキス―ファウラー共同研究の核心は,人間の社会的ネットワークを通じて何が広がっていくのかに関する独創的な研究である。
8:1 But the core of the Christakis-Fowler collaboration is original research on what spreads through human social networks.
8:2 1948年から続いているフラミンガム心臓研究のデータを用いて,2人は(12,000人以上の外部ネットワークにつながった)5,124人の間の,5万以上の社会的な結合を図示した。
8:2 [43](1. By 2. Of 3. With) data from the Framingham Heart Study, which has been going on since 1948, they mapped more than 50,000 social ties among 5,124 people (who were connected to an external network of more than 12,000 people).

8:3 その研究は健康指標のあらゆるものを追跡し,被験者に余すところのない一連の行動――食事と運動,薬物,喫煙,感情――について質問を行ったので,それは豊かな情報源となった。
8:3 Because the study tracked all manner of health markers and asked subjects about an exhaustive list of behaviors―diet and exercise, medications, smoking, emotions―it was [44](1. a rich 2. a prosperous 3. an affluent) source of data.

[56] Which of the following is not true of the Framingham Heart Study as mentioned in the 8th paragraph?
1. Over 12,000 people took part.
2. It began over 60 years ago.
3. Christakis and Fowler did not lead the study.
4. It included data on the kind of food one eats.

・解答 [56]―1
>[56] 「次のうちどれが,第8段で言及されているフラミンガム心臓研究に当てはまらないか」
1. 「12,000人を超える人々が参加した」
2. 「60年以上前に始まった」
3. 「クリスタキスとファウラーは研究を主導していなかった」
4. 「どんな食事をしたかというデータが含まれていた」
第8段第2文には 「(12,000人以上の外部ネットワークにつながった)5,124人の間の、5万以上の社会的な結合」とあり、参加者は5,124人(かそれ以上)であることがわかる。だが、12,000人を超えるかどうかは本文からは不明である。よって、正解は1。

■ 第9段落
9:1 2人の男たちは彼らの発見を派手に公表し始めた。2007年の『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』の論文は,人々が一見すると友人の体重増加によって影響されて自分自身も肥満になるというように,肥満が社会的なネットワークを通じて広まると報告した。
9:1 The two men started publishing their findings with a splash: a 2007 article in the New England Journal of Medicine reporting that obesity spreads through social networks, as people are apparently influenced by friends’ weight gain to become fat themselves.
9:2 さらに込み入っているのは,肥満は3段階離れたところまで及ぶという彼らの発見である。
9:2 More [45](1. irrelevant 2. perplexing 3. obvious) is their finding that obesity spreads through up to three degrees of separation.
9:3被験者がやはり研究範囲にいる友人を決め,その友人の友人が肥満になれば,最初の被験者が肥満になる確率はおよそ20%上昇した。
9:3 If a subject named a friend who was also in the study, and that friend’s friend became obese, the first subjects chances of becoming obese were roughly 20 percent greater.
9:4影響はもう1段階向こうまで及び(例えば,夫の友人の友人,すなわち3段階離れたところ),危険性は10%大きくなった。
9:4 Across one more degree of influence (for instance, husband’s friend’s friend―i.e, three degrees away), the risk was 10 percent greater.

9:5体重増加は友人集団の中を,例えば,食事や運動行動の変化や,体重に関する社会規準の調整といった,何らかの目に見えない仕組みによって移動していくように見える。
9:5 Weight gain appears to move through friend groups [46](1. versus 2. via 3. without) some unseen mechanism such as changed eating or exercise behavior, or adjustment of social norms regarding weight.

[57] According to Christakis & Fowlers study on obesity, which of the following is true?
1. If your cousin’s mother is fat, you have a 30% greater risk of becoming fat.
2. If your friend’s brother is fat, you have a 10% greater risk of becoming fat.
3. If your friend’s fathers coworker is fat, you have a 10% greater risk of becoming fat.
4. If your mother’s friend has a fat daughter, you have a 20% greater risk of becoming fat.

・解答 [57]―3
>[57] 「肥満についてのクリスタキスとファウラーの研究によれば、次のうちどれが正しいか」
1. 「あなたのいとこの母が肥満なら、あなたが肥満になる危険性は30%高まる」
2. 「あなたの友人の兄弟が肥満なら、あなたが肥満になる危険性は10%高まる」
3. 「あなたの友人の父の同僚が肥満なら、あなたが肥満になる危険性は10%高まる」
4. 「あなたの母の友人に肥満の娘がいたら、あなたが肥満になる危険性は20%高まる」
第9段第3・4文参照。2段階の距離なら20%、3段階の距離なら10%危険性が高まる。1. クリスタキスとファウラーの研究で30%という数字は出てこないので、誤り。2.「あなたの友人の兄弟」は、2段階の距離なので20%高まる。よって、誤り。3.「あなたの友人の父の同僚」は,3段階の距離なので10%高まる。よって、正しい。4.「あなたの母の友人の肥満の娘」は3段階の距離なので10%高まる。よって、誤り。

■ 第12段落
12:1彼らの想定しているようなネットワークベースの公衆衛生上の介入には正確な知識が必要である。
12:1 Precise knowledge is needed for the type of network-based public-health interventions they envision.
12:2何が作用するのか――肥満の事例であれば,まあ,健康的なレシピを配布するとか,フェイスブックやツイッターに,「ランニングに行った後はすごく気分がいい」と投稿して友人に運動を促すとかいったこと――を知るのに加えて,そうした介入には誰が最も影響力があるかを知る必要があり,またこれは目的ごとに変わってしまうかもしれないのである。
12:2 In addition to knowing what works―in the case of obesity, perhaps distributing healthy recipes, or posting on Facebook or Twitter that you “feel so great after going for a run” to encourage friends to exercise―such interventions require knowing who is most influential, and this may vary from purpose to purpose.
12:3 クリスタキスとファウラーは,ネットワークベースのワクチン接種キャンペーンは,最も多くの社会的な接触をもつ人を標的にすると,全体に及ぶワクチン接種を狙いとするキャンペーンより,費用対効果が3倍高くなるだろうと書いている。
12:3 Christakis and Fowler write that a network-based vaccination campaign, [48](1. consulting 2. excluding 3. targeting) people with the most social contacts, could be three times more cost-effective than a campaign that aims for universal vaccination.
12:4後者のようなキャンペーンでは,ワクチン接種が過剰になる。社会的なネットワークで中核になる人物だけに免疫をもたせることで,最小限の薬剤を施して最大限の効果をあげることが可能になるだろう。
12:4 Campaigns of the latter type over-vaccinate; immunizing only people who are hubs in social networks would enable administering a minimum of doses for maximum effect.

12:5例えば,医療労働者が平均的な市民よりも多くのワクチン接種を受けるべく勧告することは,同じモデルに従っており,そうした労働者は病人に接することが多く,したがって感染をより広めやすいと考えるわけである。
12:5 For instance, recommendations that healthcare workers receive more vaccinations than average citizens follow a similar model, assuming that such workers will have more [49](1. sympathy for 2. contact with 3. knowledge about) sick people and thus are more likely to spread infections.
12:6 ネットワークベースの疾病予防キャンペーンが感染拡大を監視するのにつながりの多い人々を優先するなら,無作為の監視に比べ700倍も効率的になりうる。
12:6 A network-based disease prevention campaign, prioritizing well-connected people when monitoring infection’s spread, could be 700 times more efficient than random monitoring.

[58] According to the article, which of the following is the weakness of vaccination campaigns that aim to vaccinate everybody?
1. They waste time and money by giving too many vaccinations.
2. They are ineffective at stopping the spread of disease.
3. Some people refuse vaccinations because of Internet rumors.
4. They neglect to adequately protect healthcare workers.

・解答 [58]―1
>[58] 「本文によれば、次のうちどれが、全員接種を狙いとするワクチン接種キャンペーンの弱点か」
1. 「過剰なワクチン接種のために時間と資金を無駄にする」
2. 「疾病の拡大を押しとどめるのに効率が悪い」
3. 「インターネットの噂のせいでワクチン接種を拒む人がいる」
4. 「医療労働者を十分に保護しない」
第12段第4文に「後者(=全体に及ぶワクチン接種)のようなキャンペーンでは、ワクチン接種が過剰になる」とあるので、正解は1であるとわかる。

[59] According to the article, which of the following is not true of the nature of network science?
1. Network science is a new and emerging scientific discipline involving biological, social, physical, and other networks.
2. Network science seeks to discover common principles that govern network behavior.
3. Network science has emerged in diverse disciplines as a means of analyzing complex relational data.
4. Network science has successfully replaced the traditional theories of sociology, biology, and economics.

・解答 [59]―4
>[59] 「本文によれば、次のうちどれが、ネットワーク科学の本質に当てはまらないか」
1.「ネットワーク科学は,生物学的,社会的,物理的,その他のネットワークにかかわる,新しく現れてきた科学分野である」
2.「ネットワーク科学は,ネットワーク行動を統御する共通の原理を発見しようとする」
3.「ネットワーク科学は,複雑な関係をもったデータを分析する手段としてさまざまな分野で出現してきた」
4.「ネットワーク科学は,社会学,生物学,経済学の従来の理論に取って代わるのに成功した」
1は第3段の内容に一致する。2は第2段第1文の記述に一致する。3は第3・4段の主旨に一致する。4については,「従来の理論に取って代わるのに成功した」かどうか,本文に記述がない。よって,正解は4である。

[60] The original title for this article is “Networked.” Which of the following would make the best subtitle?
1. The collapse of the interdisciplinary approach
2. Is computer science taking over the social sciences?
3. Exploring the weblike structures that underlie everything
4. The dangers of modern social networking

・解答 [60]―3
>[60]「この文章の原題は『ネットワーク化』である。次のうちどれが副題として最もふさわしいか」
1.「学際的なアプローチの崩壊」
2.「コンピュータ科学は社会科学に取って代わりつつあるのか」
3.「あらゆるものの基礎にある網状組織の探究」
4.「現代の社会ネットワーク化の危険」
1.「崩壊」と逆に,本文で語られていたのは,学際的なアプローチの成功であった。よって,誤り。2.「コンピュータ科学」は本文の主要な論題ではないので,不適切。3. weblike structure「網状組織,網状構造」とは,つまりnetwork「ネットワーク,網状組織」のことだから,これが最もふさわしいと判断できる。4.「危険」については,本文では何も語られていない。よって,不適切。

copyright 2016/Everyday school