[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2013年 大問一 内容一致問題

内容一致四択問題

■ 第1段落
1:1 イスラエルの監獄で服役している3人の男が最近,ユダヤ系イスラエル人の仮釈放判事の前に現れた。
1:1 Three men serving time in Israeli prisons recently appeared before a Jewish Israeli parole judge.
1:2 3人の囚人は少なくとも判決の刑期の3分の2を終えていたが,仮釈放会議は3人のうちたった一人にしか自由を認めなかった。
1:2 The three prisoners had completed at least two-thirds of their sentences, but the parole board granted freedom to only one of them.
1:3 どの囚人だと思うか。
1:3 Guess which one:
1:4事例1(午前8時50分審理):詐欺で,刑期30カ月のアラブ系イスラエル人
1:4 Case 1 (heard at 8:50 a.m.): An Arab Israeli serving a 30­month sentence for fraud.
1:5事例2(午後3時10分審理):暴行で刑期16カ月のユダヤ系イスラエル人。
1:5 Case 2 (heard at 3:10 p.m.): A Jewish Israeli serving a 16­month sentence for assault.
1:6事例3(午後4時25分審理):詐欺で刑期30カ月のアラブ系イスラエル人。
1:6 Case 3 (heard at 4:25 p.m.): An Arab Israeli serving a 30­month sentence for fraud.

■ 第2段落
2:1 There was a pattern to the judge’s decisions, but it wasn’t related to the men’s [1] (] 1. educational 2. ethnic 3. employment) backgrounds, crimes or sentences.
2:2 研究者が1100件以上の仮釈放決定を分析することによって発見したところでは,その本質はタイミングであった。
2:2 It was all about timing, as researchers discovered by analyzing more than 1,100 parole decisions.

2:3 判事は事案の約3分の1に仮釈放を認めたが,仮釈放の確率は一日の間に激しく変動した。
2:3 Judges approved parole in about a third of the cases, but the probability of being paroled
fluctuated [2] (1. minimally 2. wildly. randomly) throughout the day.
2:4 早朝に出頭した囚人はその時間帯の約70%で仮釈放を認められたが,一方その日遅くに出頭した囚人が仮釈放になったのは,その時間帯の10%に満たなかった。
2:4 Prisoners who appeared early in the morning received parole about 70 percent of the time, while those who appeared late in the day were paroled less than 10 percent of the time.
2:5 結果として,その日釈放されたのは午前8時50分に出頭した男だけだった。午後4時25分に出頭した男は,同じ罪を犯し,同じ判決を受けていたのに,である。
2:5 As a result, it was only the man at 8:50 a.m. who was set free that day, even though the
man at 4:25 p.m. had committed the same crime with the Same Sentence.

[21] Why does the 1st paragraph make note of whether the men were Jewish Israeli or Arab Israeli?
1. To add human interest to the article.
2. It might adversely affect the judge’s ruling.
3. To show that some of the men were foreigners.
4. Jewish and Arab cultures “ink about time differently.

・解答 [21]―2
>[21]「なぜ第1段は男たちがユダヤ系イスラエル人かアラブ系イスラエル人かに注目したのか」
1. 「本文に人間的な興味を加えるため」
2. 「それが判事の決定に悪影響を及ぼすかもしれない」
3. 「男たちのうち数人は外国人であることを示すため」
4. 「ユダヤとアラブの文化は時間について違った考え方をしている」
第2段冒頭に「判事の決定には、あるパターンがあった」とあるように,研究はパターンを明らかにすべくなされたのである。そのパターンの要素として、第1段に「民族」があげられていたのである。よって、正解は、民族が決定のパターンの要因かもしれないと考えたから、といった意味になっているものだと考えられる。このような検討にふさわしいものは、2である。

■ 第12段落
12:1 ブドウ糖の恩恵は,本文冒頭で言及したイスラエルの仮釈放会議の研究では紛れもなかった。
12:1 The benefits of glucose were [18] (1. unmistakable 2. inconsequential. unobservable) in the study of the Israeli parole board mentioned at the beginning of this article.
12:2 午前半ばに,仮釈放会議は休憩することになり,判事はサンドイッチと果物を一つ振る舞われるようになった。
12:2 In midmorning, the parole board would take a break, and the judges would be served a sandwich and a piece of fruit.
12:3 休憩直前に出頭した囚人は,仮釈放を得られる可能性はほぼ20%にすぎなかったが直後に出頭した者は,おおよそ65%の可能性になった。
12:3 The prisoners who appeared just before the break had only about a 20 percent chance of getting parole, but the ones appearing right after had around a 65 percent chance.
12:4 さらに時が過ぎていくと,午前中には確率は再び下降し,実際囚人たちは昼食直前に判事の前に出るのを嫌がった。その時期に仮釈放になる可能性は,たったの10%であった。
12:4 The odds dropped again as the morning wore on, and prisoners really didn’t want to appear just before lunch: the chance of getting parole at that time was only 10 percent.
12:5 昼食後は,それが60%まで跳ね上がったが,といってもほんの短期間だけであった。
12:5 After lunch it soared up to 60 percent, but only [19] (1. somewhat 2. briefly. nominally).
12:6 午後3時10分に出頭したユダヤ系イスラエル人の囚人が,暴行罪の刑からの仮釈放を与えられなかったのを覚えているだろうか。
12:6 Remember that Jewish Israeli prisoner who appeared at 3:10 p.m. and was denied parole from his sentence for assault?
12:7 彼は不運にも,昼食後の審理の6事例目であった。
12:7 He had the misfortune of being the sixth case heard after lunch.

12:8 しかし同じ犯罪で同じ刑に服していたもう一人のユダヤ系イスラエル人の囚人は幸運にも午後1時27分に出頭し,昼食後最初の事例となって,彼には仮釈放が与えられたのだった。
12:8 But another Jewish Israeli prisoner serving the same sentence for the same crime was lucky enough to appear at 1:27 p.m., the first case after lunch, and he was rewarded with parole.
12:9 彼には司法制度が機能している好例に思われたに違いないが,実はそれはおそらく事件の詳細よりも,判事のブドウ糖値の方により関係していたのである。
12:9 It must have seemed to him like a fine example of the justice system at work, but [20](1. in addition 2. in actuality 3 . In sum,) it probably had more to do with the judge’s glucose levels than the details of his case.

[22] What reason does the article suggest for the man from Case 2 being denied parole?
1. He had not completed enough of his sentence.
2. He was the victim of ethnic discrimination.
3. He had his hearing at the wrong time.
4. He was a dangerous violent of ender.

・解答 [22]―3
>[22]「本文は事例2の男が仮釈放を認められなかったのはどうしてであると示唆しているか」
1. 「彼は刑期を十分に勤めていなかったから」
2. 「彼は民族差別の犠牲者だったから」
3. 「彼は悪い時期に聴聞を受けたから」
4. 「彼は危険な暴力的な犯罪者だから」
最終段に「午後3時10分に出頭したユダヤ系イスラエル人の囚人が、暴行罪の刑からの仮釈放を与えられなかったのを覚えているだろうか。彼は不運にも、昼食後の審理の6事例目であった」とあるから、「時期が悪かった」のである。よって正解は3に決まる。

■ 第4段落
4:1決断疲労は,自我消耗と呼ばれる現象に関する最新の発見であり,その言葉は,自我はエネルギーの転移に依存するというジークムント=フロイトの思想に敬意を表して造語されたものである。
4:1 Decision fatigue is the newest discovery [4] (1. challenging 2. involving. intensifying) a 4:1 phenomenon called ego depletion, a term coined in honor of Sigmund Freud’s idea that the ego depended on the transfer of energy.
4:2 この思想は世紀末までおおよそ無視されていたが,その頃にロイ=バウマイスターというアメリカ人研究者が,自分のところの大学院生を使って精神訓練の研究を始めたのだった。
4:2 This idea was generally ignored until the end of the century, when an American researcher named Roy Baumeister began studying mental discipline with hisI graduate students.

[23]According to the article, who coined the term “decision fatigue?”
1. It is not stated.
2. Sigmund Freud.
3. Roy Baumeister.
4. Jean Twenge.

・解答 [23]―1
>[23]「本文によれば、誰が「決断疲労」という言葉を造語したのか」1. 「記述がない」
2. 「ジークムント=フロイト」
3. 「ロイ=バウマイスター」
4. 「ジーン=トウウェンジ」
第4段の「この思想は世紀末までおおよそ無視されていたが、その頃にバウマイスターが一連の実験で、知能訓練について自分のところの大学院生を使って研究し始めたのだった」という記述からは、バウマイスターが名付けたのであろうと強く推測されるのだが、はっきり彼が造語したとは書かれていない。迷うところだが、決定的な記述がない以上、1を選ぶのが妥当であろう。

■ 第6段落
6:1 「終わり頃には,言われたら何でもしていたでしょうね」と,トゥウェンジは新たに同僚となった人たちに語った。
6:1 By the end, you could have [6] (1. changed 2. talked. 3. invited) me into anything,” Twinge told her new colleagues.
6:2 その症状は彼らにもおなじみのことであるように思え,それで彼らはひらめいた。
6:2 The symptoms sounded familiar to them too, and gave them an idea.
6:3 彼らはいろいろな小物を購入し,それを実験の被験者に提示した。
6:3 They purchased a range of simple products and presented them to their experimental subjects.
6: 被験者は,実験の見返りに,実験終了時に品物を一つもらえるが,まずは連続して選択をしないといけないと告げられた。
6:4 The subjects were told that, in return for doing the experiment, they would [7] (1. have 2. expect. 3. get) to keep one item at the end of the experiment, but first they had to make a series of choices.
6:5 ペンかろうそくか。
6:5 Would they prefer a pen or a candle?
6:6 バニラの匂うろうそくかアーモンドの匂いのものか。
6:6 A vanilla scented candle or an almond scented one?
6:7 ろうそくかTシャツか。
6:7 A candle or a T-shirt?
6:8 黒のTシャツか赤のか。
6:8 A black T-shirt or a red T-shirt?
6:9 一方で,対照群の「決断不要者たち」は同じ長さの期間をこうした同じ品物すべてを,何も選択することなくどれにするか熟慮するのに費やした。
6:9 [8](1. Meanwhile 2. Furthermore 3. All the same), a control group of “nondeciders” spent an equally long period contemplating all these same products without having to make any choices.

6:10 後になって参加者全員に,自制心を量る共通検査が課せられた。できる限り長く手を氷水につけておくのである。
6:10 Afterward, all the participants were given a common test of self-control: holding your hand in ice water for as long as you can.
6:11 手を引っ込めたいという衝動が起きるから,手を水につけておくには自制心が必要になる。
6:11 The impulse is to pull your hand out, so self-discipline is needed to keep the hand underwater.
6:12 決断を経た人々ははるかに早くやめてしまった。彼らは28秒もったが,決断しなかった人の平均67秒の半分以下だったのである。
6:12 The deciders gave up much faster; they lasted 28 seconds, less than half the 67-second average of the nondeciders.
6:13 すべてそういった選択を行ったことが,彼らの意志力をしぼり取ってしまったように見える。
6:13 Making all those choices had apparently [9] (1. bolstered 2. restored 3. sapped) their willpower.
6:14 決断疲労が起きたのだ。
6:14 They had decision fatigue.

[24] Why did the “nondeciders” discussed in the 6th paragraph find it easier to keep their hands in the ice water?
1. They were naturally more strong-willed
2. They had not made any decisions.
3. They were reluctant to make any trade-offs
4. They were not trying to keep any products

・解答 [24]―2
>[24]「なぜ第6段で論じられている『決断不要者」の方が氷水に手を漬けているのを,たやすいと思ったのか」
1. 「彼らは元来,意志がより強かったから」
2. 「彼らは決断を下さなかったから」
3. 「彼らは考量を一切したくなかったから」
4. 「彼らは品物を何も取っておこうとしなかったから」
設問[8]を含む文に「『決断不要者たち』は同じ長さの期間をこうした同じ品物すべてを,何も選択することなくどれにするか熟慮するのに費やした」とある。よって,選択=決断することなく時間を過ごしていたために決断疲労が起きなかったとわかる。そのような意味になっているのは2である。

■ 第7段落
7:1 いったん精神的に消耗すると,比較考量をしようとしなくなることが判明している。
7:1 It turns out that once you’re mentally depleted, you become reluctant to make trade-offs.
7:2 買い物をしているなら,たった一つの次元,例えば価格しか見なくなりがちである。「一番安いものを下さい」である。
7:2 If you’re shopping, you’re liable to look at only one dimension, like price: “just give me the cheapest.”
7:3 あるいは,品質をみるのに没頭する。「最高のものがほしい」である。
7:3 Or you indulge yourself by looking at quality: “I want the very best.”
7:4 決断疲労によって,販売時期の決め方を知っている市場の商人たちに,弱みにつけ込まれやすくなってしまうのである。
7:4 Decision fatigue leaves you [10] (1. indifferent 2. vulnerable. resistant) to marketers who know how to time their sales.

[25] Using the phenomenon described in the article, how could marketers take advantage of customers?
1. By announcing a surprise early-morning sale.
2. By emphasizing the trade-offs between price and quality.
3. By beginning an unannounced sale late in the day.
4. By offering expensive products at low prices.

・解答 [25]―3
>[25]「どのように市場の商人たちは,本文に記述されている現象を用いて顧客の弱みにつけ込むことができるか」
1. 「意表をつく早朝販売を告知することによって」
2. 「価格と品質の間の妥協点を強調することによって」
3. 「その日遅くに予告なしの販売を行うことによって」
4. 「高価な賞品を低価格で提供することによって」
第7段最終文に「決断疲労によって,販売時期の決め方を知っている市場の商人たちに,弱みにつけ込まれやすくなってしまうのである」とある。ということは,決断疲労に陥った頃を見計らって販売すれば,売りたいものを買ってもらえる,ということになる。それにふさわしい販売方法は3と判断できる。

■ 第8段落
8:1 買い物はとりわけ貧しい人々にとって,疲弊を招くことがある。彼らは続けざまに比較考量に苦しまなければいけないからである。
8:1 Shopping can be especially tiring for the poor, who have to struggle continually with trade-offs.
8:2 先進国の人々の大半は,多くの時間を,セッケンを買う余裕があるかどうかに悩んで過ごしたりはしないだろうが,インドの農村ではそれは,消耗させる選択になりうる。
8:2 Most of us in developed countries won’t spend a lot of time agonizing over whether we can afford to buy soap, but it can be a depleting choice in rural India.
8:3 ある経済学者が北西インドの20ヶ村の人々に,アメリカドル20セント未満相当額で,2個のブランド品のセッケンを買う機会を提供した。
8:3 An economist offered people in 20 villages in northwestern India the chance to buy a couple of bars of brand-name soap for the equivalent of less than 20 US cents.
8:4 それは通常価格より大幅な値引きであったが,それでもなおその価額は最貧の10ヶ村の人々にとっては大負担であった。
8:4 It was a [11] (1. scant 2. shallow 3. steep) discount off the regular price, yet even that sum was a strain for the people in the 10 poorest villages.
8:5 セッケンを買ったかどうかにかかわらず,意思決定行為によって彼らは,どれだけ長く柄を握っていられるかの検査で後に測定したところでは,意志力が弱まってしまっていた。
8:5 Whether or not they bought the soap, the act of making the decision left them with less willpower, as measured afterward in a test of how long they could squeeze a hand grip.
8:6 ほんの少しだけ豊かな村では,人々の意志力は有意に影響されることはなかった。
8:6 In the slightly more [12] (1. sanitary 2. affluent 3. determined) villages, peoples willpower wasn’t affected significantly.
8:7 より多くの資金をもっているがゆえに,彼らはセツケンと,例えば食物や薬との利益を考量するのに同じだけの労力を費やす必要はなかったのである。
8:7 Because they had more money, they didn’t have to spend as much effort weighing the merits of the soap versus, say, food or medicine.

■ 第9段落
9:1 研究者は,この種の決断疲労は人々を貧困の中に封じ込める主因であると論じている。
9:1 Researchers argue that this sort of decision fatigue is a major factor trapping people in poverty.
9:2 経済状況のためにきわめて多くの比較考量を強いられるせいで彼らは学校,労働,その他の中産階級へと自分たちを押し上げてくれるかもしれない活動に使う意志力が低下する。
9:2 [13](1. Although 2. Until 3. Because) their financial situation forces them to make so many trade-offs, they have less willpower to devote to school, work and other activities that might get them into the middle class.
9:3 研究に次ぐ研究から,自制心の低下が他の多くの問題と同様に,低収入とも相関することが示されてきた。自制心の減退は「当然だとは言えない貧困」という概念,生活保護を受ける母親が食料クーポンを使ってジャンクフードを買っているというイメージが典型であるが,そうした考えに結びついてきた。しかし,研究者たちは乏しい予算で終日,決断を行う人に同情を寄せるように求める。
9:3 Study after study has shown that low self-control correlates with low income as well as with a host of other problems. Lapses in self-control have led to the notion of the “undeserving poor”―epitomized by the image of the welfare mom using food stamps to buy junk food―but researchers urge sympathy for someone who makes decisions all day on a [14](1. tight 2. narrow 3. tense) budget.
9:4 ある研究では,貧しい人とお金持ちが買い物に行くと,貧しい人々は買い物をしている間に何か食べる可能性がはるかに高いということが示された。
9:4 In one study, it was found that when the poor and the rich go shopping, the poor are much more likely to eat during the shopping trip.
9:5 これで彼らの人格の弱さが確認されたように思えるかもしれないがもしスーパーマーケットへ行くことで,貧しい人々にお金持ちよりも決断疲労がたくさん起きることになるのなら,というのもそれぞれの買い物にははるかに多く,頭の中で比較考量が必要になるからであるが,そうであれば彼らがレジにやってくる頃には,そこに並んでいるチョコレートやキャンディに抗うだけの意志力は彼らには残っていないだろう。
9:5 This might seem like confirmation of their weak character, but if a trip to the supermarket induces more decision fatigue in the poor than in the rich―because each purchase requires more mental trade-offs by the time they reach the cash register, they’ll have less willpower left to resist the chocolate bars and candies displayed there.

9:6 こうした品目が「衝動買い商品」と呼ばれるのは,十分に理由がある。
9:6 Not for [15] (1. anything2. something. nothing) are these items called “impulse purchases.”

[26]Which of the following is the best summary of the problem addressed in the 8th and 9th paragraphs?
1. Rich people often look down on poor people for their poor hygiene without appreciating the cost of toiletries.
2. Rich people often look down on poor people, thinking that they simply lack willpower, without understanding their difficult lives.
3. Poor people are poor because they have weak characters, which causes many problems in their personal and financial lives.
4. Poor people have less willpower due to the strain of living in poverty which makes it difficult to succeed.

・解答 [26]―4
>[26]「第8・9段で取り組まれている問題の要約として,次のうちどれが最もよいか」
1. 「お金持ちはしばしば貧乏な人を,洗面用具の費用を正しく評価することなく衛生状態が悪いといって見下す」
2. 「お金持ちは,貧乏な人はまったく意志力に欠けると考えて,困難な暮らしを理解せずに,彼らを見下す」
3. 「貧乏な人が貧しいのは,彼らの性格がひ弱でそのために多くの問題が個人的なあるいは経済的な生活上で生じてくるからである」
4. 「貧乏な人は,貧困な暮らしをしている重圧のせいで意志力が低下しそのため成功することが困難になってしまう」
第8・9段で述べられていたのは,貧しいゆえに,ちょっとしたものを買うのにも苦心し,そのせいで意志力の低下が生じ,それが貧困を脱することを一層困難にするのである,という事態である。それを的確に指摘しているのは,4であると判断できる。

■ 第10段落
10:1 ただこれだけの理由で,甘いお菓子がレジで目につくように大きく扱われているわけではない。
10:1 This isn’t the only reason that sweet snacks are featured prominently at the cash register.
10:2 意志力が低下すると,人々はとりわけ糖分一発をすぐ提供してくれるものなら何にでも弱くなってしまう。
10:2 With their willpower reduced, people are especially vulnerable to anything offering a quick hit of sugar.

10:3 スーパーマーケットははるか昔にこれを考えついたが,それがなぜなのかを研究者が発見したのは,つい最近のことにすぎなかった。
10:3 While supermarkets figured this out a long time ago, only recently did researchers discover [16] (1. how 2. why. when).

[27]Which of the following is NOT a reason that supermarkets place chocolate and candy near the cash register according to the article?
1. People with decision fatigue will be enticed in to buying them.
2. Decisive people will be enticed in to buying them.
3. People often crave sugar when they are mentally depleted.
4. Supermarkets have many years of experience recommending this.

・解答 [27]―2
>[27]「本文によると,次のうちスーパーマーケットがチョコレートやキャンディをレジの近くに置いている理由だと言えないものはどれか」
1. 「決断疲労に陥っている人々は,それらを買うように誘われてしまう」
2. 「決断力のある人々は,それらを買うように誘われてしまう」
3. 「人々はしばしば,精神的に消耗していると砂糖がたまらなくほしくなる」
4. |スーパーマーケットはこれを勧めてきた長年の経験がある」
第9段の最終から2文目に「それぞれの買い物に,頭の中でより多くの比較考量が必要になるため,彼らがレジにやってくる頃には,そこに並んでいるチョコレートやキャンディに抗うだけの意志力は彼らには残っていないだろう」とあるので,「決断疲労」のために,レジのそばに食べ物を置いておくとそれが売れるということがわかる。第10段第2文には「意志力が低下すると,人々はとりわけ糖分一発をすぐ提供してくれるものなら何にでも弱くなってしまう」とあり,また最終文前半に「スーパーマーケットは,はるか昔にこれがわかっていた」とある。よって,1,3,4はいずれも理由となるので,正解は2に決まる。

■ 第11段落
11:1 脳もそれ以外の身体と同じく,あらゆる種類の食品から作られる単純な糖であるブドウ糖からエネルギーを得ている。
11:1 The brain, like the rest of the body, derives energy from glucose, the simple sugar manufactured from all kinds of foods.
11:2 これが自制心の改善につながるかどうかを確かめるために,バウマイスター研究室の研究者たちは砂糖かダイエット用甘味料のどちらかを混ぜたレモネードを使った一連の実験で,脳に燃料補給してみた。
11:2 To establish whether this could cause an improvement in self-control, researchers at Baumeister’s lab tried refueling the brain in a series of experiments involving lemonade mixed either with sugar or with a diet sweetener.
11:3 砂糖入りレモネードは,ブドウ糖をどっと供給した。砂糖なしの方は同じだけの量のブドウ糖は供給することはないが味はとてもよく似ていた。
11:3 The sugary lemonade provided a burst of glucose; the sugarless variety tasted quite similar without providing the same burst of glucose.

11:4 再三再四,砂糖は意志力の回復を生んだが人工甘味料は何の効果もなかった。
11:4 Again and again, the sugar restored willpower, but the artificial sweetener had no effect.
11:5 ブドウ糖は少なくとも決断疲労を緩和し,ときにはそれを完全にうち消すことにもなった。
11:5 The glucose would at least [17] (1. mitigate 2. instigate. 3. eradicate) the decision fatigue and sometimes completely reverse it.
11:6 回復した意志力は決断の質ばかりでなく,人々の自制心をも改善した。すなわち,選択を求められると非合理な偏見に抵抗し,経済的な決断を行うよう求められると,彼らはすぐに報酬を得られる方に行くのではなく,よりよい長期的な戦略を選択する可能性が高くなったのだった。
11:6 The restored willpower improved people’s self-control as well as the quality of their decisions; they resisted irrational bias when making choices, and when asked to make financial decisions, they were more likely to choose the better long-term strategy instead of going for a quick payoff.

[28] What was the purpose of the experiment described in the 11th paragraph ?
1. To determine if artificial sweeteners produce glucose.
2. To determine if lemonade helps people think.
3. To determine if sweet drinks make it hard to think.
4. To determine if glucose helps tired people think.

・解答 [28]―4
>[28]「第11段で述べられている実験の目的は何であったか」
1. 「人工甘味料はブドウ糖を作るかどうかを決定するため」2. 「レモネードは人々がものを考えるのに役立つかどうかを決定するため」
3. 「甘い飲み物がものを考えるのを難しくするかどうかを決定するため」
4. 「ブドウ糖は疲れた人々がものを考えるのに役立つかどうかを決定するため」
第11段では,砂糖入りレモネードと人工甘味料入りレモネードを使ってどちらが脳の回復に効くかを調べる実験がなされたことが記述されている。ポイントは,甘いものでも,ブドウ糖でないと効き目はない,というところであった。それが正確に指摘されているのは,4である。

■ 第12段落
12:1 ブドウ糖の恩恵は,本文冒頭で言及したイスラエルの仮釈放会議の研究では紛れもなかった。
12:1 The benefits of glucose were [18] (1. unmistakable 2. inconsequential. unobservable) in the study of the Israeli parole board mentioned at the beginning of this article.

12:2 午前半ばに,仮釈放会議は休憩することになり,判事はサンドイッチと果物を一つ振る舞われるようになった。
12:2 In midmorning, the parole board would take a break, and the judges would be served a sandwich and a piece of fruit.
12:3 休憩直前に出頭した囚人は,仮釈放を得られる可能性はほぼ20%にすぎなかったが直後に出頭した者は,おおよそ65%の可能性になった。
12:3 The prisoners who appeared just before the break had only about a 20 percent chance of getting parole, but the ones appearing right after had around a 65 percent chance.
12:4 さらに時が過ぎていくと,午前中には確率は再び下降し,実際囚人たちは昼食直前に判事の前に出るのを嫌がった。その時期に仮釈放になる可能性は,たったの10%であった。
12:4 The odds dropped again as the morning wore on, and prisoners really didn’t want to appear just before lunch: the chance of getting parole at that time was only 10 percent.
12:5 昼食後は,それが60%まで跳ね上がったが,といってもほんの短期間だけであった。
12:5 After lunch it soared up to 60 percent, but only [19] (1. somewhat 2. briefly. nominally).
12:6 午後3時10分に出頭したユダヤ系イスラエル人の囚人が,暴行罪の刑からの仮釈放を与えられなかったのを覚えているだろうか。
12:6 Remember that Jewish Israeli prisoner who appeared at 3:10 p.m. and was denied parole from his sentence for assault?
12:7 彼は不運にも,昼食後の審理の6事例目であった。
12:7 He had the misfortune of being the sixth case heard after lunch.
12:8 しかし同じ犯罪で同じ刑に服していたもう一人のユダヤ系イスラエル人の囚人は幸運にも午後1時27分に出頭し,昼食後最初の事例となって,彼には仮釈放が与えられたのだった。
12:8 But another Jewish Israeli prisoner serving the same sentence for the same crime was lucky enough to appear at 1:27 p.m., the first case after lunch, and he was rewarded with parole.
12:9 彼には司法制度が機能している好例に思われたに違いないが,実はそれはおそらく事件の詳細よりも,判事のブドウ糖値の方により関係していたのである。
12:9 It must have seemed to him like a fine example of the justice system at work, but [20](1. in addition 2. in actuality 3 . In sum,) it probably had more to do with the judge’s glucose levels than the details of his case.

[29] What did the author mean in the 12th paragraph when he suggested that “prisoners really didn’t want to appear just before lunch”?
1. The judge was getting hungry and likely looking forward to his midmorning snack.
2. The judge’s glucose levels were low and he was less likely to make good decisions.
3. The probability of being found guilty at that time was very high.
4. The probability of being denied parole at that time was very low.

・解答 [29]―2
>[29]「第12段で著者が『囚人たちは昼食直前に出頭したくはなかった』
言うとき,その言わんとすることは何であったか」
1. 「判事はお腹が減ってきて,たぶん午前半ばの軽食を楽しみに待っていた」
2. 「判事のブドウ糖の値は下がっていて,彼はよい判断ができそうになかった」
3. 「そのときに有罪だとされる確率はかなり高かった」
4. 「そのときに仮釈放が認められない確率はかなり低かった」
本文のように,囚人たちが昼食前に出頭したくない理由は,設問にあげられたprisoners really…の直前に示されているように「仮釈放が認められる確率が午前中に再び低下する」からであり,それは判事の糖分レベルが低下するからに他ならない。そのような内容をもっている選択肢は,2である。

[30]Which of the following is the best summary of the research presented in the article?
1. Ego depletion is an important new field of research, with applications to marketing, poverty relief, and criminal justice
2. Ego depletion is a serious problem that allows companies to take advantage of shoppers, causes the poor to make bad choices, and undermines court rulings.
3. Every time we make a decision, we lose willpower, hurting our ability to avoid trade-offs; this can, however, be helped by periodically eating when making decisions.
4. The more decisions we make, the more mental energy we lose, hurting our ability to make good decisions; this can, however, be helped by consuming sugar when making decisions

・解答 [30]―4
>[30]「次のうちどれが本文中に示されている研究の要約として,最もよいか」
1. 「自我消耗は重要な新研究分野であり,マーケティング,貧困からの解放,刑事司法に応用されている」
2. 「自我消耗は,企業に買い物客の弱みにつけ込ませたり,貧しい人々にまずい選択をさせたり,公判の決定の基礎を掘りくずしたりする重大な問題である」
3. 「意思決定をするたびごとに,私たちは意志力を失って,考量を行うのを避ける能力を傷めてしまう。しかしこれには,意思決定をする際に定期的に食事をとることで対処することができる」
4. 「意思決定をすればするほど,それだけ私たちは心理的な力を失っていく。しかし,これには意思決定をする際に糖分を取ることによって対処することができる」
1. with applications「応用,適用されて」となっているが,本文には「応用」の事例は示されていないので不適切。2. allows companies to take advantage of~「企業につけ込むのを認める」とある。確かに本文には商人が自我消耗を経験的に利用しているとは書かれているが,それが消費者につけ込み,ひいては貧しい人々に悪い選択をさせていることであるとまでは言えない。3. avoid trade-offs「考量を避ける」とあるが,本文にそうした能力に関する記述はないので誤り。4. 意思決定を繰り返すと,意志力が低下する。それは糖分を補給することで回復する,という研究の成果に一致する。Consume sugarは「糖分を消費する」ではなく「糖分をとる」の意であることに注意する。

copyright 2016/Everyday school