[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 総合政策学部 英語 2014年 大問二 内容一致問題

内容一致四択問題

■ 第1段落
1:1 もし人権が通貨であるとするなら,過去数十年間にわたって国際機関によって採択された人権条約と法的拘束力のない国際文書の数の総インフレのおかげで,その価値は急低下することになろう。
1:1 If human rights were a currency, its value would be in free fall, thanks to a gross inflation in the number of human rights treaties and nonbinding international instruments adopted by international organizations over the last several decades.
1:2今日,この通貨は時に,市民の保護より,独裁制の隠れ養をあがなうことになる可能性の方が高い。
1:2 These days, this currency is sometimes more likely to buy [31](1. cover 2. front 3. back) for dictatorships than protection for citizens.
1:3人権はかつて人間の自由と尊厳の最も基本的な原理を大切に納めておくものだった。今日,それには国際的な連帯の権利から平和を求める権利までどんなものでも入れられるのである。
1:3 Human rights once enshrined the most basic principles of human freedom and dignity; today, they can include anything from the right to international solidarity to the right to peace.

■ 第10段落
10:1 膨張し,希釈された人権の概念は,反自由主義的な国家が核心的な自由から,国家に具体的な義務を課すことのない,曖昧で概念の不明瞭な権利へと焦点をずらすことを可能にする。
10:1 The expanded and diluted notion of human rights allows illiberal states to change the focus from core freedoms to vague and conceptually unclear rights that place no concrete obligations on states.

10:2 そうした美辞麗句によって,人権侵害はその実体に応じて精査することができなくなってしまう。
10:2 Enabled by such rhetoric, no human rights violation can stand scrutiny on its own merits.
10:3 それどころか,人権侵害は相対化され,政治的に都合がよい場合には,知的に解体され捨てられてしまう。
10:3 Instead, human rights violations are [45](1. relativized 2. cited 3. observed)―intellectually dismembered and discarded when it is politically expedient.
10:4 この世界では開発援助の削減は,北朝鮮の拷問とちょうど同じように人権侵害のレッテルを貼られることもありうる。
10:4 In this world, cuts in development aid can be labeled human rights violations just like torture in North Korea.
10:5 決定的なことに,人権をめぐるこの破廉恥な政略は独裁国家が批判をかわすのに手を貸すのである。
10:5 Crucially, this unprincipled politics of human rights helps authoritarian states deflect criticism.
10:6 2007年に,西半球最悪の人権記録の一つを保持しているキューバは,自国の人権記録を監視するための特定の命令を打ち切るよう,うまく大多数のHRC加盟国を言いくるめたのだった。
10:6 In 2007, Cuba, which has one of the worst human rights records in the Western Hemisphere, succeeded in persuading a majority of HRC members to axe the specific mandate for monitoring its own human rights record.
10:7 それゆえに,独裁制諸国が新たな,曖昧で抽象的な権利を支援しているらしきことによって,互いに振りまきあう称賛は,単なる空疎な美辞麗句ではなく,現実の政治的な利得を生みうるのである。
10:7 The praise authoritarian states shower on one another for [46](1. negatively 2. conversely. supposedly) upholding new, vague and abstract rights are therefore not just empty rhetoric but can produce real political gains.

[51] the “right to international solidarity” and the “right to peace” are used as examples to illustrate that
1. some human rights are ill-defined and permit interpretive overreach.
2. the number of human rights has been decreasing substantially.
3. some human rights are opposed by illiberal states.
4. important rights have recently been added to the basic human rights.

・解答[51]―1
>[51]「『国際的な連帯の権利』や『平和を求める権利』が実例として使われているのは,(    )ことを例証するためである」
1.「一部の人権は定義がまずく,解釈論的な逸脱を許す」
2.「人権の数はかなり減少してしまっている」
3.「一部の人権は反自由主義国によって反対されている」
4.「重要な権利が近年基本的な人権に加えられてきた」
第1段最終文後半に「今日,人権には国際的な連帯の権利から平和を求める権利までどんなものでも入れられるのである」とあり,「どんなもの(=とても人権とはいえないもの)」の例として「国際的な連帯の権利」や「平和を求める権利」が例示されているとわかる。また,これらはいわゆる第3世代の人権で,第10段より都合よく解釈されることがわかる。よって,正解は1に決まる。

■ 第3段落
3:1 人権の支持者たちはこうした規制の急増に懸念をもつべきである。
3:1 Supporters of human rights should worry about this explosion of regulation.
3:2 人権を要求するには,まず人権が理解可能でなくてはならない。行政的な規制の現在の官僚主義的混乱を考慮すれば,これは無理な注文である。
3:2 If people are to demand human rights, then they must first be able to understand them―[34](1. a big shot 2. a tall order 3. a magic number) given the current bureaucratic tangle of administrative regulation.
3:3 この問題を作り出しているのは,特定の人権に対する相容れない規範の採択である。
3:3 [35](1. Adopting 2. Solving 3. Compounding) this problem is the adoption of conflicting norms on particular human rights.
3:4 例えば,1948年の世界人権宣言は,無条件に「何人も思想,表現の自由という権利を有する」と述べている。
3:4 For example, the 1948 Universal Declaration of Human Rights states, without qualification, that “everyone has the right to freedom of opinion and expression.”
3:5 しかし冷戦の間,共産主義国家の扇動によって,いまでも国際的な人権体系の中心にある市民的及び政治的権利に関する国際規約(ICCPR)といった国際協定は,表現の自由との原初的な対立の解決方法について明瞭な指針は何もないまま,ある種の「ヘイトスピーチ」を禁じたのだった。
3:5 Yet during the Cold War, at the instigation of communist states, conventions such as the International Covenant on Civil and Political Rights (ICCPR), which is still [36](1. on 2. at 3. by) the heart of the international human rights system, prohibited certain forms of ” hate speech,” with no clear guidelines on how to resolve the inherent conflict with freedom of expression.
3:6 この法的,道徳的な混乱の結果として生じるのは,今や時に人権は自由な言論を保護するというより,制限するのに使われるということなのだ。
3:6 The consequence of this legal and moral confusion is that human rights are now sometimes [37](1. invoked 2. provoked 3. revoked) to restrict rather than protect free speech.

3:7 いくつかの国連加盟国は,エジプトやパキスタンを含め,宗教にかかわる侮蔑的な発言は, ICCPRのもとで禁じられている宗教的な憎悪の擁護に当たると主張している。
3:7 Several UN member states, including Egypt and Pakistan, insist that derogatory statements about religion [38](1. contradict 2. rationalize 3.constitute) advocacy of religious hatred, which is prohibited under the ICCPR.

[52] What is the point of mentioning “hate speech” in the 3rd paragraph?
1. Human rights function to protect freedom of speech.
2. Hate speech may be morally wrong, but legally prohibiting it restricts freedom of expression.
3. Human rights should be interpreted differently according to different norms.
4. Hate speech belongs to the 1948 Universal Declaration of Human Rights as a symbolic right.

・解答[52]―2
>[52]「第3段で『ヘイトスピーチ』に言及しているのは何のためか」
1.「人権は言論の自由を守るために機能している」
2.「ヘイトスピーチは道徳的に誤っているかもしれないが,法的にそれを禁ずることは表現の自由を制限することになる」
3.「人権の解釈は,規範が違えばさまざまであるのが当然だ」
4.「ヘイトスピーチは象徴的な権利として,1948年の世界人権宣言に帰属する」
第3段の[37]を含む文に「この法的,道徳的な混乱(= ヘイトスピーチの禁止)の結果として生じるのは,今や時に人権は自由な言論を保護するというより,制限するのに使われるということなのだ」と述べられているとおり,ヘイトスピーチの禁止は「言論の自由の制限要因」になる,ということである。よって,正解は2に決まる。

■ 第4段落
4:1 人権の急増をどう説明できるだろうか。
4:1 What explains the proliferation of human rights?
4:2 その過程は一つには,自分の主張を人権問題として認知してもらう切り札を探している特別な利益団体による善意の陳情によって,押し進められてきた。
4:2 The process has been driven partly by well-meaning lobbies for special interest groups that are looking for the trump card of having their cause recognized as a human rights issue.

4:3 国際人権運動家や,国際機関,官僚的な領域の拡大を求める国際組織の技術官僚も,役割を果たしてきた。
4:3 International human rights advocates, some national governments, and technocrats in international organizations seeking larger bureaucratic domains have also played a role.

[53]According to the article, which of the following is a factor that triggered the proliferation of human rights?
1. Special interest groups wanted their causes recognized as human rights issues.
2. Some states made derogatory statements about religion, leading to religious hatred.
3. International human rights advocates stopped seeking to expand human rights law.
4. The international Covenant on Civil and Political rights prohibited hate speech.

・解答[53]―1
>[53]「本文によれば,次のうちどれが人権の急増を起こした要因であるか」
1.「特殊な利益団体が自分の主張を人権問題として認知してもらうことを望んだ」
2.「一部の国家が,宗教的な憎悪へとつながる,宗教にかかわる侮蔑的な発言を行った」
3.「国際的な人権運動家が人権法規を拡大しようと努めるのをやめた」
4.「市民的及び政治的権利に関する国際規約がヘイトスピーチを禁じた」
「人権の急増を起こした要因」については,第4段に述べられている。第2文に「その過程(=人権の急増)は一つには,自分の主張を人権問題として認知してもらう切り札を探している特別な利益団体による善意の陳情によって,押し進められてきた」とある。この文が正しく読めれば,正解は1だとわかる。

■ 第6段落
6:1 フリーダムハウスの指標で「自由」に格付けされている諸国は,自由な言論や拷問を受けない自由といった,いわゆる第1世代の権利を中心とする人権に対して積極的な取り組みを行う傾向がある。
6:1 States ranked “free “in Freedom House’s index tend to take a robust approach to human rights centered on what are called first-generation rights, such as free speech and freedom from torture.
6:2 こうした国々は,住居や健康といった生活の質にかかわる問題を含む,いわゆる第2世代の権利に対して必ずしも反対しているわけではないけれども,いわゆる第3世代の権利について,しばしば懐疑的である。
6:2 Although these countries are not necessarily opposed to what are called second-generation rights, which include quality of life issues such as housing and health, they are frequently skeptical about what are referred to as third-generation rights.
6:3 この後者の範疇は個別的な利益よりは集団的な利益を保護する定義が定かでない権利を含むと共に,発展の権利,国際連帯の権利,平和の権利を含む。
6:3 This latter category encompasses ill-defined rights that protect collective rather than individual interests and includes the right to development, the right to international solidarity, and the right to peace.

[54] Which of the following best characterizes third-generation rights?
1. They include most of the second-generation rights such as housing and health.
2. They encompass all types of human rights including those f or both groups and individuals.
3. They include rather vague rights such as the rights to development and peace.
4. They are the most advanced human rights, embracing both first-generation and second-generation rights.

・解答[54]―3
>[54]「次のうちどれが,第3世代の人権の特徴を最もよく表しているか」
1.「それらは住居や健康といった第2世代の権利の大半を包含している」
2.「それらは,集団と個人の人権を含め,あらゆる種類の人権を包含する」
3.「それらは,発展や平和を求める権利といったかなり曖昧な権利を包含している」
4.「それらは最も進歩した人権であり,第1世代と第2世代の権利を包含している」
第3世代の人権については,第6段に記述され,その最終文に「この後者の範疇(=第3世代の人権)は個別的な利益よりは集団的な利益を保護する定義が定かでない権利を包含し,発展の権利,国際連帯の権利,平和の権利を含む」とある。よって,その特徴は「はっきりと定義できない」ことだとわかる。それを端的に表現しているのは,3である。

■ 第7段落
7:1 逆に,「部分的に自由な」国々と「自由のない」国々は第3世代の権利の主要な支持者となったのである。
7:1In contrast, “partly free” and “not free” states have become the main proponents of third generation rights.
7:2 当然,その大半にとっては,このような関与は実際には,ほとんど無意味である。なぜなら自国で法の支配を守らない国々が国際的な法的義務を真剣に受け止めることなどほとんどないからである。
7:2 For most of them, of course, these commitments in practice mean very little, since countries that do not adhere to the rule of law at home [41](1.freely 2. strictly. rarely) take international legal obligations seriously.
7:3 しかし,こうした新たな人権の擁護者として姿を現すことによって,そうした国々は自由主義諸国を道徳的に優位な立場からたたき落とし,自らの政治的な正当性を強化しようと努めるのである。
7:3 But by presenting themselves as the champions of these new human rights, they seek to knock liberal states off the moral high ground and shore up their own political legitimacy.

[55] As stated in the 7th paragraph, non-free states support third-generation rights
1.not because the rights are important to abide by, but because they want to use them to secure stronger political positions.
2. not because the rights are based on the international consensus, but because international obligations override the rule of law at home.
3. not because the rights are what non-free states seek, but because free states hold higher moral standards.
4. not because non-free states can be the champions of new human rights, but because they want to increase their popularity at home.

・解答[55]―1
>[55]「第7段で述べられているように,自由のない国々が第3世代の人権を支持しているのは(    )」
1.「その権利を守るのが重要だからではなく,その権利を使ってより強い政治的立場を確保しようとしているからである」
2.「その権利が国際的な合意に基づいているからではなく,国際的な義務は本国の法の支配に優先するからである」
3.「その権利は自由のない国々が探し求めていたものだからではなく,自由な国々がより高い道徳的な規準を保持しているからである」
4.「自由のない国々が新たな人権の擁護者になれるからではなく,本国での人気を上げたいと思っているからである」
第7段には「第3世代人権擁護の理由」として,最終文に「こうした新たな人権の擁護者として姿を現すことによって,そうした国々は自由主義諸国を道徳的に優位な立場からたたき落とし,自らの政治的な正当性を強化しようと努めるのである」とある。よって,その主目的は「政治的な正当性の強化」であると読み取れる。そのような目的を指摘しているのは,選択肢の中では1のみである。

■ 第8段落
8:1 HRCの直近の会期で何が起きたかを考えてみよう。キューバが2つの決議案の形で,第3世代の権利に関する決議案を提起するのに成功した時のことである。
8:1 Consider what happened at the most recent session of the HRC, when Cuba successfully sponsored resolutions on third-generation rights in the form of two resolutions:
8:2 それは(1)人権と国際的連帯と(2)平和の権利の推進という形であった。
8:2 (1) Human Rights and International Solidarity and (2) Promotion of the Right to Peace.
8:3 前者の決議案は,一つには開発援助を国家にとっての「人権」とすることを目指していたのだが,賛成32票・反対15票で通過成立した。
8:3 The former resolution, in part [42](1. shot 2. fired 3. aimed) at making development aid a “human right” for states, passed with 32 votes in favor and 15 against.
8:4 賛成32ヵ国のうち10ヵ国だけが「自由」(西欧諸国は1ヵ国もなし)な国で,15ヵ国は「一部自由」,7ヵ国は,エチオピアとモーリタニアを含めて「自由のない」国であった。
8:4 Of the 32 states in favor, only ten were “free” (none of them Western), 15 were “partly free” and seven, including Ethiopia and Mauritania, were “not free.”
8:5 「一部自由」のモルドバを除いて,反対票を投じた15ヵ国はすべて「自由」な国だった(ヨーロッパ諸国に加えて,アメリカ合衆国,日本,韓国)。
8:5 With the exception of “partly free” Moldova, the 15 countries that voted against were all “free” (European states joined by the United States, Japan, and South Korea).

[56] The main point of the 8th paragraph can be summarized as;
1. Free states employ third-generation human rights in their favor and make the basic human rights less solid.
2. Free states and non-free states have their own interests but use universal norms to decide on what rights to support
3. A non-free state like Cuba is capable of passing resolutions on third-generation human rights.
4. An increasing number of third-generation human rights have upgraded the universal basic human rights such as civil and political rights.

・解答[56]―3
>[56]「第8段の要旨は(    )のようにまとめられる」
1.「自由な国々は第3世代の人権を自分の好きなように使い,基本的人権を弱体化させている」
2.「自由な国々と自由のない国々は独自の利害があるけれども,普遍的な規範を使ってどのような権利を支持すべきかを決定している」
3.「キューバのような自由のない国は第3世代の人権に関する決議案を通すことができる」
4.「市民的,政治的自由といった普遍的な基本的人権を,ますます増えている第3世代の人権が更新してきた」
第8段に述べられているのは,①キューバが第3世代の人権に関して2つの決議案を提起した,②「開発援助を人権」にするという決議案が可決された,③賛成国は大半が自由のない国であり,④反対国は自由な国だった。ということである。ここから導けるのは,選択肢の中では,3しかない。

■ 第10段落
10:1 膨張し,希釈された人権の概念は,反自由主義的な国家が核心的な自由から,国家に具体的な義務を課すことのない,曖昧で概念の不明瞭な権利へと焦点をずらすことを可能にする。
10:1 The expanded and diluted notion of human rights allows illiberal states to change the focus from core freedoms to vague and conceptually unclear rights that place no concrete obligations on states.
10:2 そうした美辞麗句によって,人権侵害はその実体に応じて精査することができなくなってしまう。
10:2 Enabled by such rhetoric, no human rights violation can stand scrutiny on its own merits.

10:3 それどころか,人権侵害は相対化され,政治的に都合がよい場合には,知的に解体され捨てられてしまう。
10:3 Instead, human rights violations are [45](1. relativized 2. cited 3. observed)―intellectually dismembered and discarded when it is politically expedient.
10:4 この世界では開発援助の削減は,北朝鮮の拷問とちょうど同じように人権侵害のレッテルを貼られることもありうる。
10:4 In this world, cuts in development aid can be labeled human rights violations just like torture in North Korea.
10:5 決定的なことに,人権をめぐるこの破廉恥な政略は独裁国家が批判をかわすのに手を貸すのである。
10:5 Crucially, this unprincipled politics of human rights helps authoritarian states deflect criticism.
10:6 2007年に,西半球最悪の人権記録の一つを保持しているキューバは,自国の人権記録を監視するための特定の命令を打ち切るよう,うまく大多数のHRC加盟国を言いくるめたのだった。
10:6 In 2007, Cuba, which has one of the worst human rights records in the Western Hemisphere, succeeded in persuading a majority of HRC members to axe the specific mandate for monitoring its own human rights record.
10:7 それゆえに,独裁制諸国が新たな,曖昧で抽象的な権利を支援しているらしきことによって,互いに振りまきあう称賛は,単なる空疎な美辞麗句ではなく,現実の政治的な利得を生みうるのである。
10:7 The praise authoritarian states shower on one another for [46](1. negatively 2. conversely. supposedly) upholding new, vague and abstract rights are therefore not just empty rhetoric but can produce real political gains.

[57] In what sense do the authors use the term “rhetoric” as used in the 10th paragraph?
1. Rhetoric is nothing but rhetoric and does not have political power.
2. Rhetoric is a means of rationalization which can produce political advantage.
3. Rhetoric is a powerful tool, but does not change the essence of things.
4. Rhetoric is a figure of speech, but can curb the proliferation of human rights.

・解答[57]―2
>[57]「筆者はどのような意味で第10段で使われているような『美辞麗句』という言葉を用いているのか」
1.「美辞麗句は,美辞麗句にすぎず,政治的な力はない」
2.「美辞麗句は政治的な利益を生み出しうる合理化の手段である」
3.「美辞麗句は有力な手段であるが,事態の本質を変えることはできない」
4.「美辞麗句は言葉のあやであるけれど,人権の急増を抑えることができる」
第10段第2文のsuch rhetoric「そのような美辞麗句」とは,第1文に述べられる「膨張し,希釈された人権の概念」を賞賛することである。このような「美辞麗句の性質」は,最終文に「単なる空疎な美辞麗句ではなく現実の政治的な利得を生みうる」と説明されている。このような記述に内容的にふさわしいのは2以外にない。

■ 第11段落
11:1 不幸にも,人権社会の多くは権利の急増に懸念を表明するのに尻込みしてきたばかりでなく,しばしばその事態を主導してきた。
11:1 Unfortunately, much of the human rights community has not only shied away from expressing qualms about rights proliferation, it has often led the process.

11:2 しかしこの取り組みは,自由主義国と反自由主義国とを分け隔てる核心的自由を前進させるのに役立たなかった。
11:2 But this approach has not helped advance the core freedoms that make the difference between liberal and non-literal states.
11:3 フリーダムハウスによれば,基本的な市民権自由権の尊重が地球全体で減少するのは連続7年目である。
11:3 According to Freedom House, global respect for basic civil and political rights is in decline for the seventh consecutive year.
11:4 もちろん,反自由諸国が去勢したいと思っているのは,まさにそうした基本権なのである。
11:4 Of course, it is exactly those basic rights that non-free states want to neuter.
11:5 あらゆるものが人権であると定義することができると,そうした権利を侵すことにかかる割増金は低くなる。
11:5 [47](1. Unless 2. When 3. Though) everything can be defined as a human right, the premium on violating such rights is cheap.
11:6 株を上げて,人権の有効性を確保するためには,人権を擁護する者は,しばしば少ない方が得なのだということを知る必要がある。
11:6 To raise the stock and ensure the effectiveness of human rights, their defenders need to acknowledge that less is often more.

[58] Which of the following is NOT appropriate as an implication of “less is often more” in the 11th paragraph? Putting human rights in a narrower range would make
1. people respect human rights more.
2. the enforcement of human rights law more feasible.
3. it difficult for non-free states to use human rights to rationalize their claims.
4. free states support the activities of the Human Rights Council.

・解答[58]―4
>[58]「次のうちどれが,第11段の『少ない方が得なことが多いのだ』の意味として適切ではないか。人権を狭い意味にしておくことは(    )ようにするであろう」
1.「人々が人権をより尊重する」
2.「人権法規の施行が実行しやすくなる」
3.「自由のない国々にとって人権を使って自分の主張を合理化することが難しくなる」
4.「自由な国々が人権理事会の活動を支援する」
「少ない方が得」というのは,この文脈で具体的にいえば「人権に当たるものが少なければ少ないほど,それだけ多くの人権が守られる」ということ。選択肢の中から「人権に該当するものを狭めることで,逆に人権がよく守られる」という主旨に関係の薄いものを選べばよい。それは,4である。

[59] Which of the following is suggested in the 11th paragraph?
1. Free states have not accelerated the process of human rights proliferation.
2. The line of demarcation between free states and non-free states has become clearer.
3. The international community respects basic human rights more than in the past.
4. It is getting easier to violate human rights without incurring severe penalty.

・解答[59]―4
>[59]「次のうちどれが第11段で示唆されているか」
1.「自由な国々は人権の急増の過程を加速してこなかった」
2.「自由な国と自由のない国の間の線引きはより明確になってきた」
3.「国際社会は基本的人権を過去以上に尊重している」
4.「厳罰を受けずに人権を侵害することはたやすくなりつつある」
第11段で述べられているのは,「人権の急増を,人権社会が許してきたばかりに,核心的な自由はむしろ後退してしまった」という事態である。「核心的な自由の後退」とは,とりもなおさず「人権侵害の先進」であるから,そのような事態を意味する4が正解である。

■ 第12段落
12:1 世界の人権尊重は,人権法規がより狭くより明瞭に定義された一連の権利に絞り込まれていたなら,多分より力を増していくことだろう。
12:1 Respect for human rights around the world would likely be stronger if human rights law had stuck to a narrower and more clearly defined group of rights.
12:2 人権運動家や国際機関の努力と力量は大いに注目の的となっていたことだろう。
12:2 The efforts and resources of human rights advocates and international institutions [48](1. must 2. would 3. Shouldn’t) have been much more targeted.

12:3 より大きな関心が集まることで,よりよい監視と強力な実施もまたなされていたかもしれない。
12:3 Greater focus might have also resulted in better monitoring and more robust enforcement.
12:4 反自由主義的な国家は,人権を主張することはおろか,人権に訴えて自由主義諸国を非合法だと言うこともできなかっただろう。
12:4 Illiberal states would not have been able to lay any claim to human rights―let alone invoke them to delegitimize liberal states.
12:5 自由主義諸国はまた,HRCとは違って,実際に改革を通じた改善の見込みを提供してくれる人権機関に力を集中してもよかったのだ。
12:5 Liberal states might have also concentrated their efforts on human rights institutions that, unlike the HRC, actually offer prospects of improvement through reform.
12:6 例えばストラスブールに本拠を置く欧州人権裁判所は,一つにはその解釈論的な逸脱によって,既存の権利の拡大と,新権利の創設を見てきたのだが,同裁判所は英国といった重要加盟国の信頼を失いつつある。
12:6 The Strasbourg-based European Court of Human Rights, for example, partly through its own interpretive overreach, which has seen it [49](1. legalize 2. expand 3. denounce) existing rights and invent new ones, is losing credibility in some important member states such as the United Kingdom.
12:7 欧州諸国はこれまで十分に欧州最古の人権機関の危機に対処してこなかったのだ。
12:7 European states have not done enough to address the crisis of Europe’s oldest human rights institution.

[60] Which of the following best describes the author’s position about human rights?
1. We should understand human rights in changing contexts.
2. We should limit the range of human rights in order to protect them.
3. We should differentiate human rights for free states from the ones for non-free states
4. We should create human rights enforcing institutions.

・解答[60]―2
>[60]「次のうちどれが人権に関する筆者の立場を最もよく言い表しているか」
1.「私たちは人権を変わりゆく事態の中で理解しなければならない」
2.「私たちは人権を保護するためにその範囲を制限しなければならない」
3.「私たちは自由な国のための人権を自由のない国のための人権から区別しなければならない」
4.「私たちは人権を施行する機関を創設しなければならない」
筆者の人権に対する立場を端的に物語るのは,第11段末尾の”less is often more”であろう。この真意を正しく「増えすぎてしまえば,得るものは少なくなるのだ」と読み取り,第12段第1文などと併せて「真の人権保護には,無条件に拡大した人権を絞り込むことが欠かせない」という筆者の主張をつかむことができるだろう。そのような意味になっている選択肢は2である。

copyright 2016/Everyday school