[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1995年 大問一 内容一致問題

内容一致問題
[1] According to the article, which of the following statements is true?
1. Displays, which are used to transmit information, are the only source of information among animals.
2. Displays, which are used among animals for communicative purposes, developed in the course of evolution.
3. Human beings have succeeded in developing a highly specialized mode of communication known as displays.

・解答 [1]2
文章によると、どの選択肢が正しいか?
1 情報伝達に用いられる誇示とは動物の唯一の情報源である
2 動物間の意思疎通に用いられる誇示は進化において発達した
3 人間は誇示として知られている専門的な意思疎通方法を開発することに成功した
[1]1.the only source~がおかしい。3. Human beings「人間」は言語があるため、あまりdisplays「誇示」をする必要はない。

■第2段落
2:1 The information involved in animal communication can come from many sources; any facet of the environment (1)( 1. created 2. perceived 3. imagined) is considered information.
2:1動物のコミュニケーションに含まれる情報の源は数多い。環境のなかに認められる面相はいかなるものでも情報と考えられる。
2:2 In linguistic communication the primary function of words is to convey information.
2:2 言語によるコミュニケーションにおいては、単語の第一の機能は情報を伝えることにある。
2:3 Similarly, animals (including man) have modes of behaviour that, in the course of evolution, were selected for their value in providing vehicles for conveying information.
2:3 同様に、(人間を含めて)動物は、情報を伝える媒体として価値があるために進化の過程で選択されてきたいくつかの行動様式をもっている。
2:4 During the evolutionary process some of these vehicles also (2)(1. remained 2. retained 3. underwent) more direct functions, but many became specialized for a communicative function alone.
2:4 しだいに進化発展するうちに、これらの伝達手段のいくつかは、さらに直接的な機能を保持したが、多くはコミュニケーション機能のみのために特殊化した。
2:5 These communicative acts, known as displays, include various posturings and movements; sounds; particular ways of making contact among individuals; the release of specialized chemicals called pheromones; and even electrical discharges.
2:5 誇示として知られるこのコミュニケーションの動作には、さまざまな姿勢や動きがある。音、個体と個体の間で連絡をとる特別手段、フェロモンと呼ばれる特殊な化学物質の放出、放電等まである。
2:6 Displays have been studied as important means for transmitting information in animal communication.
2:6 誇示は、動物のコミュニケーションで情報を伝える重要な方法として研究されている。
2:7 There are, of course, other information sources in animals, some of which have also undergone evolutionary (3)(1.specification 2. specialization 3. generalization) toward a communication function.
2:7 もちろん、動物にはそのほかにも情報源があり、そのうちのあるものはコミュニケーション機能を果たすように発展して特殊化している。
2:8 Among them are what may be called badges — i.e., attributes that are merely structural and nonbehavioral in nature: the red breast of the robin, the red underside of the breeding male stickleback fish, and the mane of the male lion.
2:8 その中には、象徴とでもいえるものがある。すなわち、本来は単に構造上のもので動作ではない属性である。こま鳥の赤い胸、卵を抱いている雄のトゲウオの赤いわき腹、雄ライオンのたてがみといったようなものである。

2:9 Many other sources of information can be found in the repeated forms of interaction that develop during prolonged relationships between two individuals and in individual expectations about the nature of the roles in which they encounter others, both familiar associates and strangers.
2:9 そのほか数多くの情報源が、2つの個体の間に続けられる関係により発達し、繰り返し行われる相互作用の型のなかに、またなじみの仲間や見知らぬ者の両者を含めて他者と出会うなかで果たされる役割の性質に関するそれぞれの予想のなかに発見できる。
2:10 The activities of individuals who interact socially provide a constant and usually rich information source, but, in the study of nonhuman communication, the bulk of systematic research thus far has been (4)(1. directed 2. induced 3. stipulated) toward displays and badges; it is, therefore, these highly specialized categories that are of the greatest concern here.
2:10 打ち解けて相互作用する個体の活動は絶えず豊富な情報源を提供する。しかし、人間以外のコミュニケーションの研究において、これまでの系統的な研究の大部分は誇示と象徴に向けられてきた。したがって、ここで最も関心があるのはこの高度に特殊化された部門ということになる。
[2] Badges are different from displays in that
1. the former are behavioral whereas the latter are structural.
2. the former are nonbehavioral whereas the latter are behavioral.
3. the former are structurally simpler than the latter.

・解答 [2]2
象徴と誇示は以下の点で違う
1 前者は行動であるが、後者は構造である
2 前者は行動ではないが、後者は行動である
3 前者は後者よりも構造的に簡単である
[2] badgesとdisplaysの違いは、第2段に述べられている。

■第3段落
3:1 Because the complexity of social interactions makes experimental manipulation difficult, human understanding of the signalling in the social life of animals remains largely based upon inference.
3:1社会的相互作用の複雑さが実験のための細工を困難にしているために、動物の社会生活における合図に関する人間の理解は依然としてほとんど推論の域にとどまっている。
3:2 It is difficult to repeat an example many times with rigid control of all (5)(1. variations 2. variables 3. functions) except the one being investigated, and attempts to structure the testing situation to simplify the form of interaction often obviate the interaction.

3:2現に調査中のものを除くすべての変数を正確にコントロールしながら何度も繰り返すということは大変困難なことである。相互作用の型を簡素化するために実験の構造を組み立てようとすると相互作用が除去されてしまうということもしばしばある。
3:3 Displays are universal among animals of any degree of structural complexity, however, so that they would not have been evolved and retained if they lacked important function.
3:3 しかし、構造的にある程度複雑ないかなる動物の間にも、誇示は普通的に見られる。したがって、誇示が重要な機能に欠けるならば、進化し保持されるようなことはなかったであろう。
3:4 But the function of a display is likely to differ, depending upon the individuals involved.
3:4 しかし、誇示の機能は関係する個体によって違いがあるらしい。
3:5 A small bird seeing an approaching hawk, for example, may utter a vocal display indicating the high probability that it (the communicator) is, or soon will be, engaged in an attempt to escape.
3:5例えば、タカが近づいてくるのを見たある小鳥は、自分(コミュニケーションの発信者)は逃げる、あるいは間もなく逃げようとしているという高い可能性を示すような、声による誇示行動をするかもしれない。
3:6 Other small birds, upon hearing the vocalization, may seek cover immediately.
3:6 その発声を聞いた他の小鳥たちは、ただちに隠れ場所を探すであろう。
3:7 Hence, the function of the vocalization is to give them a better opportunity to remain alive and not to increase the immediate chances of survival of the communicator — indeed, its chances for survival may slightly decrease.
3:7 というわけで発声の機能は彼らに生き延びる機会を与えるものであり、コミュニケーションの発信者が生き延びる機会を増すためのものではない。それどころか生き延びる機会は少し減るであろう。

3:8 The display functions for the communicator (6)(1. in that 2. for which 3. for whom) it protects individuals whose continued existence provides a benefit to him greater than the cost of using the display.
3:8この場合の誇示行動は、それによって払う犠牲よりもそれによって救われ生き延びる小鳥たちを守り、その方が発信者にとって益が大であるという点において、発信者に対して機能を果たすということになる。
3:9 These individuals may be his offspring or associates whose similar responses to the environment will provide him future protection and, through their alertness in the future, make it possible for him to spend less time (7) ( 1. glancing 2. looking 3. scanning) his surroundings for predators.
3:9 この救われた小鳥たちは、発信者の子どもか仲間であるかもしれない。彼らが環境に対して示す同じような反応が、将来自分を守ることになろう。そして、将来警報を発することによって、彼らの周囲に捕食者がいないかどうか入念に調べるのに長い時間をかけないで済むようにしてくれるであろう。
[3] The study of nonhuman communication has neglected social aspects of animal interaction because
1. social interactions are so complex that it is difficult for researchers to conduct an experiment in scientifically rigorous manner.
2. social interactions are universal among animals of any degree of structural complexity.
3. it is difficult for researchers to design an experiment in such a way that it reveals the universal nature of interaction.

・解答 [3]1
ヒト以外での意思疎通の研究は、動物の相互作用のための社会的側面を無視している、なぜならば
1 社会的相互作用は、研究者が科学的に厳密な方法で実験を実施することが非常に複雑だからだ
2 社会的相互作用は、構造の複雑任意の程度の動物間普遍的なものだからだ
3 研究者が相互作用の普遍性を明らかにするように実験を設計することは困難だからだ
[3] 第3段の冒頭に正解が求められる。rigorous「厳密な、正確な」

[4] When the article states that “attempts to structure the testing situation to simplify the form of interaction often obviate the interaction,” it means that such attempts
1. exaggerate the very interaction that is being investigated.
2. misinterpret the very interaction that is being investigated.
3. preclude the very interaction that is being investigated.

・解答 [4]3
記事において、「頻繁に相互作用を回避相互作用の形を簡素化するための試験状況を構築しようとする試み」とは、以下のような試みのようなものである
1 研究されている強い相互作用を誇張する
2 研究されている強い相互作用を誤解する
3 研究されている強い相互作用を妨げる
[4] 第3段第2文参照。obviate~「~を除去する」preclude~「~を排除する」

[5] A vocal display of a small bird in the presence of a dangerous predator may
1. decrease the chances of survival of the communicator.
2. decrease the chances of survival of other small birds which may hear it.
3. decrease the chances that the predator will attack.

・解答 [5]1
危険な捕食者がいる状況で、小鳥の声の誇張は~
1 コミュニケーションの発信者の生存確率を減少させるかもしれない
2 声を聴いた他の小鳥の生存確率を減少させる
3 捕食者の攻撃確率を減少させる
[5] 第3段第7文、Hence, the function~以下の文を熟読する。

■第5段落
5:1 Second, communication permits animals to identify one another.
5:1第二に、コミュニケーションによって動物はお互いに相手を特定できるようになる。
5:2 Individuals can thus select information of importance to them — usually from members of their own species and often particular individuals.
5:2 そうして、自分の仲間の種や特定の個体から発せられる重要な情報を選択できるようになる。
5:3 Special cases exist, however; members of different species that normally coexist in the same environment may attend each other’s signal.
5:3 しかし、次のような特殊な場合もある。通常同一の環境に共存する異なる種のものがお互いの合図の場に居合わせる場合である。
5:4 Thus, the maximum alarm communicated by one songbird when it discovers a falcon or hawk in its environment is attended by all other songbirds species in the area.
5:4 そのような場合、ハヤブサもしくはタカを周囲に発見した鳴き鳥によって発せられる最大限の警報は、その地域のすべての鳴き鳥の耳に入る。
5:5 In addition, by facilitating identification, communication acts at a premating level to help maintain reproductive isolation among species.
5:5 加えて、特定化を容易にすることにより、コミュニケーションは各種の間で孤立した生殖を維持するために交尾前に作用する。

[6] According to the article, which of the following statements is true?
1. Vocalization of songbirds of a certain species is never attended by members of different species.
2. Vocalization of a songbird always indicates that the communicator is about to flee from its predator.
3. Vocalization helps species to isolate themselves from other species for the purpose of reproduction.

・解答 [6]3
文章によると、どの選択肢が正しいか。
1 ある種の鳥の鳴き声は、違う種の鳥は理解できない
2 コミュニケーションの発信者の小鳥の声は、捕食者から逃げようとしていることを示している
3 鳴き声は、生殖の目的において他の種から孤立するための手助けとなる。
[6] 第3段参照。1.attend「(結果として~に)伴う」はしばしば受身で用いて前置詞はwith、by。2.always indicates that the communicator is about to flee~が、第3段には、indicating the high probabilityとある。3.第5段最終文と一致。

■第6段落
6:1 Third, communication reduces the amount of actual fighting and fleeing among animals, an excess of which could (10)(1. dislocate 2. disrupt 3. distribute) social encounters.
6:1 第三に、コミュニケーションは動物の実際の闘争や避難の回数を減ずる。それが過度であると社交的な出会いの場を途絶させるのである。
6:2 In functionally aggressive encounters, such as territorial or dominance disputes, this reduction is achieved by threat displays that often lead to some form of capitulation by one opponent before fighting occurs.
6:2 なわ張りや支配の問題のような、機能的に攻撃的な出会いにおいては、闘争が始まる前にどちらかが降伏するというような形にしばしばなる、おどし的誇示行動によってこの減少は達成される。
6:3 In less aggressive circumstances, communication enables animals to appease and (11)(.1. reassure 2. confirm 3. assess) one another that each is not likely to be initially aggressive in his present state.
6:3 より攻撃的でない状況においては、コミュニケーションによって動物たちはお互いに自分は現在の状況においては最初に攻撃をしかけることはないということを相手に保障したり、なだめたりする。

6:4 Fourth, communication aids in (12) (1. positing 2. contracting 3. synchronizing) the behaviour of individuals who must come into appropriate physiological states in order to breed.
6:4 第四に、コミュニケーションは、子を産むのに適切な生理的状態になる動物の行動に同時性をもたせるのを助ける。
6:5 This is necessary within pairs and, in some species, among whole colonies of pairs.
6:5 これはつがいの中で、またある種においては、すべてのつがいの集団の中で必要なことである。
[7] In extremely aggressive encounters of animals, threat displays may lead to
1. negotiation between both parties involved.
2. surrender of one opponent under certain conditions.
3. signaling each other that they are not going to initiate aggressions.

過度に攻撃的な動物どうしの接触では、誇示は~
1 当事者間の交渉を導く
2 ある条件下での一方の降伏を導く
3 侵略する気がないことを信号として送ろうとする
・解答 [7]2
[7] 第6段第2文以下の文参照。aggressive「侵略的、攻撃的な」capitulation「(条件つき)降伏、服従」

■第10段落
10:1 One interesting aspect of birdsong is the occurrence of dialectal differences (regional variations) among populations of a single species living in different areas.
10:1 鳥の鳴き声で一つの面白い面は、同一種の鳥でも地域によって方言(地域差)があるということだ。
10:2 Several such changes that are known to occur between adjacent populations of the South American rufous-collared sparrow correlate with relatively major habitat changes.
10:2 南アメリカの首が赤茶けた輪になっている雀で、近隣のものの中で生じるということが知られているそのような変化(方言)は、比較的大きな生息地の変化と相互関係がある。

10:3 Very few dialectal changes occur over an enormous range on the Argentine pampas, but in this case the habitat of the species also changes little.
10:3 アルゼンチンの大草原パンパの広大な地域では方言の変化はわずかしかないが、この場合は、種の生息地の環境もあまり変わらない。
10:4 The habitat changes markedly in the Andes mountains over short distances, however, as elevation rapidly increases, and, (19)(1. concurrently 2. additionally 3. jointly), many more dialectal changes occur there in birds’ songs.
10:4 しかし、アンデス山中では生息地の環境は短距離のうちに大きく変わる。例えば、海放が急速に上がると、それと同時に、鳥の鳴き声に、地域による大きな変化が生じる。
10:5 The suggested function of the correlations between display and features of the habitat is that they provide markers that identify populations adapted to different local conditions; such markers would permit more appropriate selection of mates than would otherwise occur, at least in the marginal areas between populations.
10:5 誇示行動と生息地の間には機能上相互関係がありそうだということは、その土地土地によって異なる条件に適応しているそこの住人だという目印を提供していることになる。そのような目印があることによって、ない場合よりもより適切なつがいの相棒の選択が可能になるのであろう。少なくとも2種類の住人たちの生息地が重なる周辺地域においてはそうである。
10:6 It has been suggested that a similar (20)(1. structural 2. marginal 3. functional) explanation may by involved in the evolution of human dialects.
10:6 人間の方言の発達の場合にも同じような機能があるとの説明ができそうである。
[8] In general, dialectal differences among songbirds seem to be related to
1. changes in habitat.
2. changes in climate.
3. changes in elevation.

一般的に、小鳥の方言(変化)の違いは~に関連する
1 生息地の変更
2 機構の変化
3 標高の変化
・解答 [8]1
[8] 第10段第1・2文参照。in different areasとかcorrelate with relatively major habitat changesとある。habitat「(動植物の)生息地」

[9] The fact that there are dialectal differences among birds of a single species suggests that
1. songbird dialects are inherited.
2. songbird dialects are species specific.
3. songbird dialects are learned.

単一種の鳥の中で方言の違いがあるという事実が~だと提唱されている
1 方言は受け継がれる
2 方言は特定の種のものである
3 方言は学習される
・解答 [9]3
[9] 本文中に明確な手がかりはないが、suggests that~と設間にあるとおり、第10段を読んで常識的に解答する。learned「後天的な」

[10] Which of the following phrases would best state the topic of this article?
1. Functions of displays and badges in animal communication
2. Maintenance of social groups in animals
3. Evolution of displays in animal communication

・解答 [10]1
[10]
この文章の題名はどれか?
1 動物のコミュニケーションの誇示の機能と象徴
2 動物社会の維持
3 動物のコミュニケーションの誇示の進化
この文章は、「動物のコミュニケーションにおける誇示行動と象徴の機能」について述べている。

copyright 2016/Everyday school