[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1996年 大問二 本文対訳

本文
■第1段落
1:1 Festivals are collective phenomena and serve purposes rooted in group life.
1:1祭りは集団的な現象であり、集団生活に根ざしている目的に役立つ。
1:2 Systems of reciprocity and of shared responsibility ensure the continuity of and participation in the festival through the distribution of prestige and production.
1:2相互関係の仕組みと責任を分かち合う仕組みは、威信と生産の分配を通して祭りの継続性と祭りへの参加を保証する。
1:3 Most festivals provide the opportunity for individual religious devotion or individual performance, and this opportunity is a primary motive for the occasion.
1:3 ほとんどの祭りが、個人的な宗教上の献身や個人的な演技を行う機会を与えてくれる。そして、この機会を得られるということが祭典を行う主要な動機となる。
1:4 Other unstated but important purposes are the expression of group identity through ancestor worship or memorialization, the performance of highly valued skills and talents, or the articulation of the group heritage.
1:4 その他のまだ述べていない大切な目的には、祖先崇拝や祖先を記念する式、高く評価される技術や才能を発揮する演技、あるいは集団的世襲財産の明確な表現などを通して集団としての同一性を表現するということが挙げられる。
1:5 Rarely do such events use the term festival, employing (1)(1. merely 2. thereby 3. instead) a name related to the stated purposes or core symbols of the event: Mardi Gras (Catholic), Sukkot (Jewish), Holi (Hindu), Namahage (Japanese), Cowboy Reunion (American), Feast of Fools (French).
1:5 そのような行事に「祭り」という言葉が用いられることはまれである。「祭り」という代わりに、その行事の公式的な目的、あるいは行事の核心的象徴と関係した名前がつけられる。マルディーグラ〔告解火曜日〕(カトリック教)、スコウト〔仮庵の祭〕(ユダヤ教)、ホリー祭(ヒンズー教)、なまはげ(日本)、カウボーイーリユニオン(アメリカ)、愚人祭(フランス)などである。
1:6 Those events that do have festival in their titles are generally contemporary modern constructions, (2)(1. employing 2. strengthening 3. producing) festival characteristics but serving the commercial, ideological, or political purposes of self-interested authorities or entrepreneurs.
1:6 「~祭」をその名前にもつ行事は一般的に近現代につくられたものであって、祭りの特徴を取り入れてはいるが、私利をはかる当局や企業家の商業的、イデオロギー的、あるいは政治的目的に役立っている。
■第2段落
2:1 (3)(1. Change 2. Consideration 3. Coinage) of terminology also raises the question of festival’s relationship to ritual.
2:1用語について考察すると祭りと儀式の関係という問題も生じてくる。
2:2 The separation of the two types of symbolic enactment evolved as a consequence of modern religious systems’ attempts to obliterate native religions.
2:2 この二つの形の象徴的な再現の分離は、土着の宗教を痕跡も残さぬように消してしまおうとする現代宗教組織の試みの結果として徐々に進んだ。
2:3 Quite commonly, however, indigenous practices (4)(1. survived 2. predominated 3. died down) under a new name, disguising their origins.
2:3 しかし、大変一般的なこととして、土着の慣習はその起源をおおい隠し新しい名前のもとに生き残った。
2:4 These became known as festival or fiesta, in contrast to ritual, which became the serious occasions focusing on male authority legitimated by modern official religion.
2:4 これらは、儀式とは対照をなして、祭りとか聖日として知られるようになった。一方、儀式は現代の公的宗教によって合法化され、男性の権威者に焦点を合わせたおごそかな場となった。
2:5 In an effort to denigrate indigenous religious practices, modern religion thus assigned festival to a position (5)(1.through 2. crucial to 3.peripheral to) the core of ritual life.
2:5土着の宗教的慣習を誹謗することに努めながら、現代宗教はこのようにして儀式の世界の中核から外れたところに祭りを位置づけたのだった。
2:6 The most recent modern religions, such as Protestantism, completely dissociate festival from religion, and it then becomes a secular event.
2:6 プロテスタントのような最も新しい現代宗教は宗教から祭りを完全に分離した。そこで祭りは宗教と関係のない世俗的な行事となった。
2:7 As a result, ritual is associated with official religion, whereas festival designates occasions considered to be pagan, recreational, or for children.
2:7 その結果、儀式は公的宗教と結びつき、一方祭りは非宗教的、娯楽的あるいは子供のためのものと考えられるような場を意味するようになった。
2:8 Like play and creativity, festival explores and (6)(1. copes 2. experiments 3. defines itself) with meaning.
2:8芝居や創造的活動と同様に、祭りは意味について探査をし実験を試みた。
2:9 Both forms utilize multiple codes and channels.
2:9 どちらの形も多数の決まりごとと伝達経路を利用する。
2:10 Examples of contemporary festivals and holidays with ancient roots include celebrations of saints’ days, the Virgin Mary, Christmas, the new year, Easter, May Day, and Halloween, all of which represent a fusion of early Indo-European and/or Native American religious rituals with modern religion and culture.
2:10古代に起源を有する現代の祭りや休日(聖日)の例をみると、聖人たちの日、聖母マリアの日、クリスマス、新年、イースター(復活祭)、メーデー、ハロウィーンなどのお祝いがあり、それらのすべては初期のインドーヨーロッパ語族そして/あるいはアメリカの先住民の宗教的儀式が現代の宗教や文化と融合したものであることを示している。
■第3段落
3:1 Ritual and festival occur in modern cultures as separate events, but older religions integrate the calendrical rites we are (7)(1. following 2. combining 3. labeling) festival into the larger ritual cycle.
3:1儀式と祭りは現代文化では別々の行事として行われるが、古い時代の宗教は今日私たちが「祭り」と呼んでいる暦の上の儀式をもっと大きな儀式の周期の中に統合していた。
3:2 For this reason, much of the literature on religion, ritual, festival, fiesta, or carnival does not distinguish between the two related forms.
3:2 こういうわけで、宗教、儀式、祭り、フイエスタ、カーニパル等に関する文献の多くは、このお互いに関係のある二つの形を区別していない。
■第4段落
4:1 Two symbolic processes contribute heavily to the festival mystique: the manipulation of temporal reality and transformation.
4:1 象徴を用いるこつの進行過程が祭りの神秘的な雰囲気に大きく寄与している。それは、「時」に関する現実と変容の巧みな扱い方である。
4:2 The temporal reality of festival incorporates time in at least two dimensions.
4:2 祭りの中での「時」に関する現実は、「時」を少なくとも二つの面で組み入れている。
4:3 In the first, the principles of periodicity and rhythm define the experience.
4:3 まず第一に、周期性とリズムの原則がこの(祭りという)体験を限定する(という面がある)。
4:4 Not surprisingly, this cyclic pattern is associated with the cycles of the moon in cultures (8)(1. in which 2. of which 3. by which) the lunar calendar is or has been used in recent history.
4:4 驚くまでもなくこの周期的パターンは、(その文化の中で)太陰暦の使われている、もしくは最近まで使われていた文明においては月の周期と結びついている。
4:5 With the passage of time festival occurs again and again, marking the cycles of the moon, the annual repetition of the seasons, and the movements of the planets governing the solar calendar.
4:5時の経過とともに祭りは繰り返され、月の周期、年々の季節の繰り返し、太陽暦を支配する天体の動きなどがしるしづけられる。
4:6 Festival occurs calendrically, either on a certain date each month or on a specific date or periodic time each year.
4:6毎月のある特定の日、一年の中の特別の日や定期的な時期といったように、祭りは暦に従って行われる。
4:7 The cycles of time are the justification for festival, independent of any human agent.
4:7時の周期が祭りを行う根拠であり、人間の主体的な行動とは無関係である。
4:8 Unlike rites of passage, which move individuals through time, festival yokes the social group to this cyclic force, (9)(1. breaking 2. establishing 3. changing) contact with the cosmos and the eternal process of time.
4:8時の流れの中で個々人の位置を移動させる通過儀礼とは異なり、祭りは、社会集団をこの周期的なカに結びつけ、宇宙や「時の永遠の経過」との接点をつくりだすのである。
■第5段落
5:1 In the second of these dimensions of temporality, expressions of tradition and change confront each other.
5:1 「時」に関する面の第二に、伝統の表現と変化の表現が互いに対立するということがある。
5:2 Meaning in festival derives from (10)(1. experience 2. natural power 3. establishment) : thus, festival emphasizes the past.
5:2 祭りの意義は経験に由来する。そこで、祭りは過去を重視する。
5:3 Yet festival happens in the present and for the present, directed toward the future.
5:3 しかし、祭りは現在行われ、さしあたり未来に向けられている。
5:4 Thus, the new and different are legitimate dimensions of festival, contributing to its vitality.
5:4 そこで、新しいこと、今までと違うことは祭りの道理にかなった面となり、祭りの活力のもととなる。
■第6段落
6:1 In the festival environment, principles of reversal, repetition, juxtaposition, condensation, and excess flourish, leading to communication and behavior that (11)(1. abides by 2. incorporates 3. contrasts with) everyday life.
6:1 祭りという環境の中では逆転、反復、並列、凝縮、過剰の原理が羽振りをきかせ、日常生活とは対照的な意思伝達や行動へと人々を導く。
6:2 These principles can be applied to every code in use for communication.
6:2 以上の原理は意思伝達のために用いられるすべての決まりごとに当てはめることができる。
6:3 Repetition, for example, operates (12)(1. although 2. so that 3. unless) the sound of drums, fireworks, or singing voices may be continuous throughout an event, or the major visual symbol such as an image of a bear or the symbol of corn or the cowboy/gaucho may be shown in many circumstances.
6:3例えば、反復は太鼓の音、花火、あるいは歌声が催しの始めから終わりまで継続するように作用するし、熊の像、トウモロコシのシンボルやカウボーイやガウチョなどの大きな視覚に訴えるシンボルが多くの状況の中で見えているように作用する。
■第7段落
7:1 Festival use of symbolic form has captured the interest of a number of scholars in different disciplines, from Jane Ellen Harrison to Victor Turner and Mikhail Bakhtin, all of whom noted the transformative potential in rites and festivals.
7:1 祭りが象徴的表現形式を用いることは、ジェーン=エレン=ハリソンからヴィクター=ターナーやミハイル=パフチンまで様々な分野の大勢の学者たちの興味を引いた。彼らは皆、儀式や祭りのもつ、ものを変える潜在能力に注目した。
7:2 Transformation in festivals takes the form of symbolic manipulation using the principles listed above.
7:2祭りにおける変容は、先に列挙したような原則を用いて象徴を巧みに扱うという形をとる。
7:3 Among the most common is inversion, the reversal of the established social order, (13)(1. including 2. maintaining 3. furthering) social hierarchy and gender roles.
7:3中でも一般的なのは「転倒」で、これは社会的階層制度や男女の役割を含む、すでに確立している社会秩序の逆転のことである。
7:4 In hierarchical societies, symbolic inversion creates an upside-down world with the “inferior” at the top and the “superior” at the bottom, or it declares (14)(1. the social structure 2. inversion 3. egalitarianism) to be in order for the duration of the festival.
7:4 階級組織制度のある社会では象徴的な逆転は、「下位者」が頂点に立ち、「上位者」が底辺にくるといったような上下が逆の世界を創りだしたり、平等主義が祭りの期間中は合法であると宣言したりする。
7:5 Special characters such as clowns may assume the role of agent in bringing about the symbolic action.
7:5 道化役のような特別の人物が象徴的な行為を行う代理人の役目を引き受けることもあろう。
7:6 In societies in which egalitarianism is the stated form, symbolic inversion may create a (15)(1. demolition 2. royalty 3. reorientation) of queens and princesses, demonstrating the reversal from egalitarianism to aristocracy and from a male-dominated to a female-dominated social structure.
7:6平等主義が定着している社会では、象徴的な逆転は女王や王妃の王権を創りだすかもしれない。これは平等主義から貴族主義、男性中心の社会構造から女性中心の社会構造への逆転を表している。
7:7 Competitions in festival serve the same purpose, creating competitive performers and dividing them into the victorious and the defeated, creating differentiation out of sameness.
7:7祭りの中で行われる競争も、競争者を勝者と敗者に分け同一性から差異を創りだすため、(逆転という)同じ目的にかなっている。
■第8段落
8:1 The principle of juxtaposition permits the enactment of cultural themes that may be deeply rooted in concepts of (16)(1. difference 2. maintenance 3. structure) and contrast or may derive from oppositions or conflicts in social experience.
8:1並列の原理は、差異や対比の概念に深く根ざした文化的テーマ、あるいは社会的経験における反対や対立に由来する文化的テーマの再現を可能にする。
8:2 For example, until the modern era, most societies were preoccupied with survival and thus concentrated attention on fertility rites and reproductive acts, emphasizing gender differences.
8:2例えば、現代に至るまでは、ほとんどの社会は生き延びることに心を奪われて、男女の差を強調することにより繁殖力を求める儀式や再生産的な行為に専念した。
8:3 Today festivals continue to represent an opportunity for the enactment of gender roles and for courtship and romance.
8:3今日でも祭りは、男女の役割の再現や、求愛や情事の機会をひきつづき表現している。
■第9段落
9:1 Almost any theme selected by festival will be repeated in many codes, and most behaviors and actions can be found (17)(1. in excess 2. in a clear-cut fashion 3. in some special festivals).
9:1祭りに選ばれるほとんどすべてのテーマは、多くの慣例の中で繰り返されるであろう。またほとんどの振舞いや所作は過剰に見いだすことができよう。
9:2 Symbolic forms permit the communication of a larger quantity of cultural knowledge because symbols condense messages and carry multiple meanings, offering some ambiguity in meaning.
9:2象徴的な表現形式は、意味の暖昧さを生み出すこともあるが、象徴が伝えたいことを凝縮し多くの意味を伝えるのでより多量の文化的知識を伝えることを可能にする。
9:3 Among the most dramatic symbols associated with festival are masks and costumes.
9:3祭りと結びついた最も劇的な象徴には、仮面や衣装がある。
9:4 They (18)(1. take off 2. keep out 3. draw upon) both the familiar and the strange but distinctly transform the human inside into a message bearer — carrying information that may be supernatural, exotic, or mysterious in nature.
9:4仮面と衣装は馴染み深いもの、馴染みのないものの両方を利用し、人間の内面をはっきりとメッセージの伝達人に変える。そして、神秘的・異国的、あるいは自然界の不可思議な情報を伝える。
■第10段落
10:1 Scholarly interpretations of festival stress the licensed relaxation of norms and rules, a (19)(1. stipulation 2. negation 3. creation) of the social order that opens doors of risk and confronts destruction and recreation.
10:1祭りに関する学術的な解釈では、規範や規則の例外的に許された緩和、すなわち冒険の機会を与え破壊と再生とを対立させる社会秩序の否定(という側面)が強調される。
10:2 Closely associated are themes of revitalization, suggesting that the principles of excess, reversal, repetition, juxtaposition and condensation lead participants to experience transformation and regeneration.
10:2密接に結びついていることが再生のテーマであり、過剰、逆転、反復、並列、凝縮の原理は参加者を変容と再生の体験へと導くことを示唆している。
10:3 This may take many forms: personal affirmation, political action, courtship and marriage, social revitalization, and so on.
10:3 このことは個人的な断言、改治的行動、求愛と結婚、社会復興、等々多くの形をとるであろう。
■第11段落
11:1 Taken as a whole, festival facilitates regeneration through rearrangement of structures, thus creating new frames and processes: consequently, it can strengthen the identity of the group and thus its power to (20)(1. act 2. balance off 3. disappear) in its own interest, or it can contribute to the articulation of social issues and possibly conflict if more than one interpretation prevails on the same subject.
11:1全体として、祭りは社会構造の再配列を通して刷析を促進し、新しい構造と過程を創りだす。その結果、祭りは集団のアイデンティティを強め、さらに集団自体の利益に従って行動する力を強化する。あるいは、祭りは同じ一つの問題に関して二つ以上の解釈がゆきわたっている場合に、社会問題やあるいは衝突を明確に表現するのに寄与する。
11:2 Because of the social power of these regenerative forms, however, festival thrives in both ancient and modern societies, always enacting social life and shaping the expressive enterprise of human society.
11:2 しかし、これらの刷新的な形態がもつ社会的パワーがあるがゆえに、祭りは古代社会でも現代社会でも盛んである。そして常に社会生活を再現し、人間社会における表現に関する企てを具体化しているのである。

copyright 2016/Everyday school