[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1997年 大問二 空所補充問題

空所補充問題
■第1段落
1:1 Just before he died, Aldous Huxley was on the brink of an enormous breakthrough, on the verge of creating a great synthesis between science, religion, and art.
1:1 オールダス=ハックスレイは死の直前まさに大発見をしようとしていた。今にも科学、宗教、芸術の偉大な統合を創出しようとしていたのである。
1:2 Many of his ideas are illustrated in his last novel, Island.
1:2彼の考えの多くは最後の小説『島』の中で説明されている。
1:3 Although Island is not very significant as a work of art, it is very exciting as an essay on what man is capable of becoming.
1:3 『島』は芸術作品としてはさほど重要ではないが、人間の可能性という点に関するエッセーとしては大変面白い。
1:4 The most revolutionary ideas in it are those (1) (1. connecting 2. pertaining 3. conforming) to education, for the educational system in Huxley’s utopia is aimed at radically different goals from the educational system of our own society.
1:4 この作品で述べられている最も画期的な考えは、教育に関係のあるものである。というのは、ハックスレイの理想郷における教育制度は、我々の現在の社会の教育制度とは根本的に違う目標を掲げているのだ。
・解答 (1)2
Connect to「~をつなげる」
pertain to「(直接)関係のある(=relate)」
conform「順応する」
4行目後半部分から読み取れる。

■第2段落
2:1 In our own society we see two sharply different approaches to education.
2:1 現代社会においては、鋭く対立する二つの教育方法がある。
2:2 On the one hand, there are those who are (2) (1. opposed 2. devoted 3. unaccustomed) to passing on· the knowledge that children need in order to live in our industrialized society.
2:2 一方には、この工業化社会に生きるために必要な知識を子供たちに伝えることに身を捧げている人たちがいる。
2:3 They are not especially imaginative or creative, nor do they often question why they are teaching the things they teach.
2:3 彼らは特に空想的でも創造的でもないし、彼らが今教えている事柄はなぜ教えなければならないのだろうというような疑問を抱くことなどめったにない。
2:4 Their chief concern is with efficiency, that is, with implanting the greatest number of facts into the greatest possible number of children, with a (3) (1. minimum 2. maximum 3. loss) of time, expense, and effort.
2:4 彼らの主たる関心事は効率である。すなわち、最小限の時間、費用、努力で、いかにして可能なかぎり大勢の子供たちに最大限の事実を教えこむかということである。
2:5 On the other hand, there is a minority of humanistic ally oriented educators who have as there.
2:5他方には、少数だが人道主義的志向の教育者がいる。
2:6 Goal the creation of better human beings, or in psychological terms, self-actualization and self-transcendence.
2:6 彼らは教育の目標として、よりよい人間の創造、心理学の用語で言えば、自己実現と自己超越を挙げている。
・解答 (2)2 (3)1
(2)
Be opposed to「に反対である」
be devoted to「に一身を捧げる」
be unaccustomed to「に不慣れである」
この次の文から文意を読み取る
(3)
「効率」重視であるため、最小限の時間等がカギである。

■第3段落
3:1 Classroom learning often has as its unspoken goal the reward of pleasing the teacher.
3:1 教室内の学習では教師が喜んでくれるというご褒美が暗黙のうちに目標となることがよくある。
3:2 Children in the usual classroom learn very quickly that creativity is punished, while repeating a memorized response is rewarded, and concentrate on what the teacher wants them to say, rather than understanding the problem.
3:2 通常の教室では子供たちは独創性は罰せられ、一方、応答を記憶して繰り返すことは褒められるということを非常に素早く学習し、問題を理解しようとするよりも、教師が望んでいることを言うことに集中する。
3:3 Since classroom learning (4) (1. prevails 2. touches 3. focuses) on behavior rather than on thought, the child learns exactly how to behave while keeping his thoughts his own.
3:3教室内の学習では、思考より品行が焦点になっているので子供たちは自分の考えを人に知らさないで、振る舞い方のみを正確に覚える。
・解答 
(4)3
Prevail「打ち勝つ」
Touch「達する」
Focus「焦点をあてる」
3行目後半から読み取れる。

■第4段落
4:1 Thought, (5) (1. on the contrary 2. in fact 3. in contrast) , is often inimical to extrinsic learning.
4:1 確かに外からものを教えこむ(非本質的な教育)際には、思考は邪魔になる。
4:2 The effects of propaganda, indoctrination, and operant conditioning all disappear with insight.
4:2 プロパガンダ、教化。オペラント条件づけなどの効果は洞察力によりすべてなくなってしまう。
4:3 Take advertising, for example.
4:3 広告を例に考えてみよう。
4:4 The simplest medicine for it is the truth.
4:4 広告に対する最も簡単な治療薬は真実である。
4:5 You may worry about subliminal advertising and motivational research, but all you need are the data which prove that a particular brand of toothpaste stinks, and you’ll be able to resist all the advertising in the world.
4:5 閾外広告や購買動機調査に悩まされている人もいるかもしれないが、あるメーカーの歯磨き粉は悪臭を放つということを証明するデータさえあれば、世間にあふれているすべての広告に抵抗できるようになる。
4:6 As another example of the destructive effect of truth upon extrinsic learning, a psychology class played a joke on their professor by secretly conditioning him while he was delivering a lecture on conditioning.
4:6 外からものを教えこもうとする学習に対して真実がもつ破壊的効果の例をもう一つ挙げよう。心理学の教室で教授が条件づけの講義をしている最中に、学生たちは教授をこっそりと条件づけるいたずらをした。
4:7 The professor, without realizing it, learned to nod (i.e., acquired the habit of nodding) more and more, and by the end of the lecture he was nodding continually.
4:7 教授は気づかないうちにますますうなずくようになった(すなわち、うなずく癖がついてしまった)。そうして、講義の終わりごろにはしょっちゅううなずいているようになってしまった。
4:8 As soon as the class told the professor what he was doing, however, he stopped nodding, and of course after that no amount of smiling on the part of the class could make him nod again.
4:8 しかし、教授に学生たちが教授のしていることを伝えると、教授はうなずくのをやめた。そして、それ以後はもちろん、学生がいくら微笑んでも教授をうなずかせることはできなかった。
4:9 Truth made the learning (6) (1. accumulate 2. progress 3. disappear) .
4:9 真実を知ることによって学習したことは消え失せてしまった。
4:10 Extending this point, we ought to ask ourselves how much classroom learning is actually supported by ignorance, and would be destroyed by insight.
4:10 このことからさらに言えば、教室内の学習のいかに多くの部分が無知によって実際に支えられており、そして、洞察力があれば、いかに多くの部分が破壊されることになるだろうかと自らに問いかけるべきであろう。
・解答 (5)2 (6)3
(5)
on the contrary「それどころか」
in contrast「(前文を受けて)(それと)対照的に」
(6)
accumulate「蓄積する」
progress「前進する」
4段落のここまでの内容を把握すると答えは3が最適。

■第5段落
5:1 The difference between the intrinsic and the extrinsic aspects of a college education is (7) (1. illustrated 2. falsified 3. exasperated) by the following story about Upton Sinclair.
5:1 大学教育の本質的な面と非本質的な面の相違は、アプトン=シンクレアに関する次の話によって説明されている。
5:2 When Sinclair was a young man, he found that he was unable to raise the tuition money needed to attend college.
5:2 若いころシンクレアは大学に通うための授業料を工面することができなかった。
5:3 Upon careful reading of the college catalogue, however, he found that if a student failed a course, he received no credit for the course, but was obliged to take another course in its place.
5:3 しかし、彼は大学要覧を丹念に読んで、学生が講座を落とすとその講座の単位は取れないが、その講座の代わりに別の講座を取ることを義務付けられていることを見つけた。
5:4 The college did not charge the student for the second course, reasoning that he had already paid once for his credit.
5:4 その際大学は、その学生がすでに単位取得のための費用を支払っているとの理由で学生に授業料を請求しない。
5:5 Sinclair took advantage of this policy and got a free education by (8) (1, unwittingly 2. deliberately 3. carelessly) failing all his courses.
5:5 シンクレアは、この方針をうまく利用して、計画的にすべての講座を落とすことによって、ただで教育を受けた。
・解答 (7)1 (8)2
(7)
falsify「(理論などの)誤りを実証する」
exasperate「怒らせる」
(8)
deliberately「意識的(計画的)に」
5段落を総括的に理解すると、シンクレアの意図がわかる。

■第6段落
6:1 The phrase “earning a degree” summarizes the (9) (1. merits 2. credits 3. evils) of extrinsically oriented education.
6:1 「学位を稼ぐ」という言葉が、非本質的なものを志向する教育の悪い面を端的に言い表している。
6:2 The student automatically gets his degree after investing a certain number of hours at the university, referred to as credits.
6:2 学生は大学で過ごすある決められた時間、すなわち、単位と言われるものに投資した後に自動的に学位を取得する。
6:3 All the knowledge taught in the university has its “cash value” in credits, with little or no distinction made between various subjects taught at the university.
6:3 大学で教えられるすべての知識は、大学で教えられているさまざまな科目間の違いにほとんど、いや全く関わりなく、単位取得においては「現金価値」がある。
6:4 Since only the final degree is considered to have any real value, leaving college before the completion of one’s senior year is considered to be a waste of time by society and a minor tragedy by parents.
6:4最終的に手にする学位のみが真の価値をもつので、最上級学年を終えないで大学を去ることは社会からは時間の無駄と考えられ、両親からはちょっとした悲劇だと考えられている。
6:5 You have all heard of the mother (1O) (1. reinforcing 2. bemoaning 3. advocating) her daughter’s foolishness in leaving school to get married during her senior year since the girl’s education had been “wasted.”
6:5 娘の教育は「無駄だった」と言って、最上級学年で結婚するために大学を中退するという娘の愚行を嘆き悲しむ母親の声を、あなたがたはみな聞いたことがあるだろう。
6:6 The learning value of spending three years at the university has been completely forgotten.
6:6 大学で3年間過ごして学んだという価値はすっかり忘れられている。
・解答 (9)3 (10)2
(9)
merit「利点」
credit「信用」
evil「悪い」
(10)
Reinforce「補強する」
bemoan「を嘆き悲しむ」
advocate「主張する」

■第7段落
7:1 In the ideal college, there would be no credits, no degrees, and no required courses.
7:1 理想的な大学では、単位、学位、さらには必修科目などというものはないであろう。
7:2 A person would learn what he wanted to learn.
7:2人は学びたいと思うものを学ぶであろう。
7:3 A friend and I attempted to put this ideal into action by starting a series of seminars called “Freshman Seminars — Introduction to the Intellectual Life.”
7:3 友人と私は、一連のセミナー「新入生セミナ―知的生活入門」を始めることによってこの理想を実現しようとした。
7:4 We announced that the course would have no required reading or writing and give no credits, and that whatever was discussed would be· of the student’s own choosing.
7:4 このセミナーには読書や作文の課題はなく、単位もない。しかも討論の題は学生自身の選択による、と発表した。
7:5 We also stated who we were a professor of psychol­ogy and a practicing psychiatrist, expecting that the description of the seminar and of our own interests would indicate to the student who should come and who should not.
7:5 私たちは心理学の教授と開業している精神科医であると自己紹介もした。セミナーの説明と私たちが何に興味を抱いているかを知らせることによって学生はセミナーに出るか出ないかを決めるであろうと期待して。
7:6 The students who came to this seminar came (11)(1. at 2. of 3. for) their own volition and were at least partially responsible for its successes and failures.
7:6 このセミナーに来た学生は自分自身の意志で決断してやってきたのであり、成功するか失敗するかの責任を少なくとも一部は負っていた。
7:7 The exact opposite holds true for the classical schoolroom — it is compulsory; people have been forced into it one way or another.
7:7 伝統的な教室ではその正反対のことがあてはまる―すなわち、必修なのだ。どちらにせよ、学生は教室の中に入らされるのだから。
・解答 (11)2
(11)
of one’s own voition「自分自身の意志(決断、選択)で」

■第8段落
8:1 In the ideal college, intrinsic education would be available to anyone who wanted it-since anyone can improve and learn.
8:1 理想的な大学においては、望む学生には本質的な教育が受けられるだろう。人はだれでも向上し学ぶことができるのだから。
8:2 The college would be (12)( 1. unanimous 2. unitary 3. ubiquitous) — that is, not restricted to particular buildings at particular times, and the teachers would be any human beings who had something that they wanted to share with others.
8:2 大学は到る所にあると言えよう―それは換言すれば、大学は特定の建物の中に、特定の時間に限定されるのではないということで、また教師は他人と分かち合いたい何かがある人間ならだれでもよいだろう。
8:3 The college would be life-long, for learning can take place all through life.
8:3 大学は生涯続く。なぜなら学習は一生を通して行われることもあるからである。
・解答 (12)3
(12)
unanimous「満場一致で」
unitary「単位1の」
ubiquitous「(同時に)到る所にある、遍在する(=universal)」
言い換えがあるので、その内容を読んで選択肢を選ぶ。

■第9段落
9:1 The ideal college would be a kind of educational retreat in which you could try to find yourself; find out what you like and want, what you are and are not good at.
9:1 理想的な大学は自己発見を試みることのできる一種の隠れ家のようなものであるかもしれない。つまり、自分の好きなもの、欲するものを見つけ、自分は何が得意で、何が不得意かを見つけだす場であるかもしれない。
9:2 People would take various subjects, attend various seminars, not quite sure of where they were going, but moving toward the discovery of vocation, and once they found it, they could then make good use of technological education.
9:2学生は多様な科目を取り、さまざまなセミナーに出席するが、自分がどこへ向かって進んでいるのかあまりよくわからない。しかし、天職の発見に向けて動いている。一度天職を発見すればそのときこそ彼らは技術に関する教育を十分に活用することが可能となろう。
9:3 The chief goals of the ideal college, in other words, would be the discovery of identity, and (13) (1. with 2. for 3. against) it, the discovery of vocation.
9:3 理想的な大学の第一の目的とは、別の言葉で言えば、アイデンティティの発見であり、それによる天職の発見である。
・解答 (13)1
(13)
With「同伴の前置詞」
For「目的の前置詞」
Against「反対、対抗の前置詞」
このitは「言葉」を示す。
authenticity「信頼できること、真正なこと」

■第10段落
10:1 What do we mean by the discovery of identity?
10:1 アイデンティティの発見とはどのようなことであろうか。
10:2 We mean finding out what your real desires and characteristics are, and being able to live in a way that expresses them.
10:2 自分の真に欲するものは何か。自分の特徴は何かを見つけだし、それらを表現できるように生きていけるということである。
10:3 You learn to be authentic, to be honest in the sense of allowing your behavior and your speech to be the true and spontaneous expressions of your inner feelings.
10:3 真実に生きること、すなわち自分の行動や言動が内なる感情の偽りのない自発的な表現となるという意味で正直になることを学ぶ。
10:4 Most of us have learned to (14)(1. avoid 2. find 3.expect) authenticity.
10:4 我々の多くは真実を避けていく術を学んでしまった。
10:5 You may be in the middle of a fight, and your guts are writhing with anger, but if the phone rings, you pick it up and sweetly say hello.
10:5 けんかの真っ最中で、はらわたが怒りで煮えくり返っていたとしても、電話が鳴れば、それを取って優しくもしもしと言うであろう。
10:6 Authenticity is the (15) (1. reproduction 2. induction 3. reduction) of phoniness toward the zero point.
10:6 真実とは、いんちきをゼロの点まで削減したものである。
・解答 (14)1 (15)3
(14)
Avoid「よける」
5行目が例示になっているので、参考にする。
(15)
reproduction「再生、生殖」
induction「誘導、導入」
reduction「縮小、削減」
いんちきを0まで~するには3がよくあてはまる。

■第11段落
11:1 Some people seem to know what they want, and they seem to know equally clearly what they don’t want.
11:1 自分のしたいことがわかっているような人がいる。彼らには自分がしたくないことも同様にはっきりとわかっているようだ。
11:2 Their inner preferences tell them that one color doesn’t go with another, and that they don’t want wool clothing because it makes them itch, or that they dislike superficial sexual relations.
11:2 彼らの内なる好みは、彼らに、ある色は別の色と調和しないとか、むずむずするので毛の衣類はいやだとか、あるいは表面的な性的関係は嫌いだとかを教える。
11:3 In contrast, other people seem to be empty, (16) (1. in contact 2. out of touch 3. in comparison) with their own inner signals.
11:3 それに対して、虚ろで、自分自身の内なる合図とは連絡が取れないでいるような人もいる。
11:4 They eat, defecate, and go to sleep by the clock’s cues, rather than by the cues of their own bodies.
11:4 彼らは自分自身の体が発する合図よりも時計による合図によって食べ、排便し、就寝する。
11:5 They use external criteria for everything from choosing their food (“it’s good for you”) and clothing (“it’s in style”) to questions of values and ethics (“my daddy told me to”).
11:5 彼らは食物の選択(「それは体にいいから」)や着るもの(「それは流行だから」)から価値判断や倫理観(「父がそうしろと言った」)まで、すべてに外部の基準を用いる。
・解答 (16)2
(16)
in contact with~「と接触して」
out of touch with~「と接触しないで、連絡が取れないで」
in comparison with~「と比較して」
1,2行目と3、4行目の内容が対照的であることがヒントである。

■第12段落
12:1 Another goal which our schools and teachers should be (17) (1. revealing 2. provoking 3. pursuing) is the discovery of vocation, of one’s fate and destiny.
12:1 学校や教師が追求すべきもう一つの目的は、天職、生徒の宿命と運命を発見することである。
12:2 Part of learning who you are, part of being able to hear your inner voice, is discovering what it is that you want to do with your life.
12:2 自分を知ることの一部、自分の内なる声を聞くことができることの一部は、生涯をかけて自分がやりたいことは何であるかを発見することにつながる。
12:3 Finding one’s identity is almost (18)(1. synonymous 2. incompatible 3. coinciding) with finding one’s career, revealing the altar on which one will sacrifice oneself.
12:3 自分のアイデンティティを発見するということは、自分の職業を見つける、つまり、自分を捧げる祭壇を明らかにすることとほとんど同義である。
12:4 Finding one’s lifework is a little like finding one’s mate.
12:4 自分の一生の仕事を見つけることは、自分の配偶者を見つけることと少し似ている。
12:5 One custom is for young people to “play the field,” to have lots of contacts with people, a love affair or two, and perhaps a serious trial marriage before getting married.
12:5 ある慣習では若者は「大勢の異性と交際し」、人々とたくさんの関係を持ち、一度や二度の恋愛を経験し、ことによると、結婚前に真剣に試験的結婚をすることになっている。
12:6 In this way they discover what they like and don’t like in members of the opposite sex.
12:6 このようにして彼らは異性と一緒にいて自分の好き嫌いを発見する。
12:7 As they become more and more conscious of their own needs and desires, those people who know themselves well enough eventually just find and recognize one another.
12:7 自分の必要とするものや欲するものが意識されるにつれて、自分自身を十分に知る者同志がお互いを発見し認めるようになる。
12:8 Sometimes very similar things happen when you find your career, your lifework.
12:8 時として、非常によく似たことが職業や生涯にわたる仕事を見つけるときにも起こる。
12:9 It feels right and suddenly you find that twenty-four hours a day aren’t long enough, and you begin lamenting the shortness of human life.
12:9 まさにぴったりと感じられ、突然1日が24時間では不十分であることに気づき、人間の一生の短さを嘆き始める。
・解答 (17)3 (18)1
(17)
reveal「明らかにする」
provoke「刺激してさせる」
pursue「追跡する」
目的にかかる動詞なので、3が最適。
(18)
synonymous「同義の」
incompatible「相容れない」
coinciding「符合する」
4行目に例示があるので、それとあった内容にする。

■第13段落
13:1 Schools should be helping people to look within themselves, and from this self-knowledge derive a set of values.
13:1 学校は生徒が自分の内部を見つめる手助けをするべきである。この自己を知るということから価値観が生まれる。
13:2 Yet values are not taught in our schools today.
13:2 しかし今日、価値観は学校では教えられていない。
13:3 This may be a (19)( 1. leftover 2. turnover 3. holdover) from the religious wars in which the church and the state were made separate and the rulers decided that the discussion of values would be the church’s concern, while the secular schools would concern themselves with other problems.
13:3 これはたぶん、教会と国家が分けられ、支配者によって価値観に関する議論は教会のやること、一方、非宗教的な学校はもっと別の問題に関わることと決められた宗教戦争の名残であろう。
13:4 Perhaps it is just as (20) (1. good 2. well 3. fine) that our schools, with their grievous lack of a real philosophy and of suitably trained teachers, do not teach values.
13:4 ひょっとしたら、真の哲学も適切な訓練を受けた教員も存在しないというひどい状態では、現在の学校は、価値なんか教えないほうがよいかもしれない。
・解答 (19)3 (20)2
(19)
leftover「(通例複数形で)残り物、残飯」
turnover「転覆、総売上高」
holdover(from)「(~の)名残、遺物」直後のfromに着目。
(20)
it is just as well that~「のほうがよい」thatの代わりにifでも同じ意味。

copyright 2016/Everyday school