[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1998年 大問二 本文対訳

本文
■第1段落
1:1 We all know how pearls are made.
1:1我々は皆、真珠がどのように作られるのかを知っている。
1:2 When a grain of grit accidentally slips into an oyster’s shell, the oyster (1)( 1. digests 2. encloses 3 .endangers) it, secreting more and more of a thick, smooth mucous that hardens in microscopic layer after layer over the foreign irritation until it becomes a perfectly smooth, round, hard, shiny thing of beauty.
1:2砂粒が真珠貝の殻の中に偶然入り込むと、貝はそれを取り込み、濃いなめらかな粘液をどんどん分泌する。その液は外界からの刺激物の表面に非常に薄い層となって重なりながら固まり、やがては完璧になめらかで丸く固い、光り輝く美しい物になる。
1:3 The oyster thereby transforms both the grit and itself into something new, transforming the (2) (1. irrigation 2. interaction 3. intrusion) of error or otherness into its system, completing the gestalt accord­ing to its own oyster nature.
1:3真珠貝はそれによって砂と自分自身の両方を新しい物に作り替える。つまり誤りや異物の侵入を自分の組織に作り替え、自分自身の貝としての性質に応じた形態を完成するのである。
■第2段落
2:1 If the oyster had hands, there would be no pearl.
2:1 もし真珠貝に手があれば真珠は生まれない。
2:2 Because the oyster is forced to live with the irritation for an extended period of time, the pearl comes to be.
2:2真珠貝が長期にわたる外界からの刺激と共に生きていかざるを得ないがゆえに、真珠は存在するに至るのである。
■第3段落
3:1 In school, in the workplace, in learning an art or sport, we are· taught to fear, hide, or avoid mistakes.
3:1学校で、職場で、また芸術やスポーツを習う際に、我々は間違いを恐れたり隠したり避けたりすることを教えられる。
3:2 But mistakes are of incalculable value to us.
3:2 しかし間違いは我々にとって計り知れないほど価値のあるものである。
3:3 There is first the value of mistakes as the raw material of learning.
3:3 まず学習の素材としての価値がある。
3:4 If we don’t make mistakes, we are (3) (1. difficult 2. impossible 3. unlikely) to make any­thing at all.
3:4 もし間違いというものを犯さなければ、我々は何も作ることができないであろう。
3:5 Tom Watson, for many years the head of IBM, said, “Good judgment comes from experience.
3:5 長年IBMの社長を務めたトム=ワトソンは、「優れた判断は経験によって得られる。
3:6 Experience comes from bad judgment.”
3:6 経験はまずい判断によって得られる」と述べている。
3:7 But more important, mistakes and accidents can be the irritating grains that become pearls; they present us with unforeseen opportunities, they are (4) (1. fresh 2. ambitious 3. misleading) sources of inspiration in and of themselves.
3:7 しかしより重要なことは、間違いや不測の事態というものは、刺激を与える砂粒であり、やがては真珠になるのだということである。それらは思いもよらぬ機会を我々に与えてくれる。それらはそれ自体がおのずと着想を生む新たな源になる。
3:8 We come to regard our obstacles as ornaments, as opportunities to be exploited and explored.
3:8 我々は障害を勲章として、活用し探究するべき会としてとらえるようになる。
■第4段落
4:1 Seeing and using the power of mistakes does not mean that anything goes.
4:1間違いのもつ力を理解し活用するということは、何をしても構わないという意味ではない。
4:2 Practice is rooted in self-correction and refinement, working toward clearer and more reliable technique.
4:2 より明確で確かな技術をめざし、自己修正と改善に根ざして実行する。
4:3 But when a mistake occurs, we can treat it either as an invaluable piece of data about our technique or as a grain of sand around which we can make a pearl.
4:3 しかし間違いが起こったときには、それを我々の技術の貴重なデータのひとつとして、あるいは真珠を作ることのできる砂粒として扱うことができる。
■第5段落
5:1 Freud illuminated the fascinating way in which slips of the tongue (5) (1. recall 2. reveal 3. recognize) unconscious material.
5:1 フロイトは、失言が無意識下にあるものを現す興味深い様子を解明した。
5:2 The unconscious is the very bread and butter of the artist, so mistakes and slips of all kinds are to be treasured as priceless information from beyond and within.
5:2無意識は芸術家にとってまさにバター付パンであり、ゆえにあらゆる種類の間違いや不注意は、内界・外界からの大変貴重な情報として重んじなければならない。
■第6段落
6:1 As our craft and life develop toward greater clarity and deeper individuation, we begin to have an eye for spotting these essential accidents.
6:1我々の技術や生活はより大きな明確さ、より強い個別化に向いて発展していくものであるから、我々はこれらの重要な出来事を発見する目をもち始める。
6:2 We can use the mistakes we make, the accidents of fate, and even weaknesses in our own makeup that can be turned to advantage.
6:2我々は自分の犯す間違いや運命的な事態、また利益に変えてしまえる自分自身の性質の弱点も利用することができる。

■第7段落
7:1 Often the process of our artwork is thrown onto a new track by the inherent balkiness of the world.
7:1 我々の芸術的制作活動の過程は、世の常である、急に物事が進まなくなる事態によって、方針転換を迫られることがしばしばある。
7:2 Murphy’s Law states that if anything can go wrong, it will.
7:2 失敗するかも知れないものは失敗する、とマーフィーの法則にある。
7:3 Performers experience this daily and hourly.
7:3 役者達はこのことを毎日、毎時間経験している。
7:4 When dealing with instruments, tape recorders, projectors, computers, sound systems, and theater lights, there are inevitable breakdowns before a performance.
7:4 楽器、テープレコーダー、投影機、コンピューター、音響システム、劇場照明を扱うとき、必ず上演前に故障が発生するのである。
7:5 A performer can become sick.
7:5 ある役者は具合が悪くなる。
7:6 A valued assistant can quit at the last minute, or lose his girlfriend and become mentally incapacitated.
7:6 ある大切な助手が土壇場になって辞めてしまったり、ガールフレンドを失って精神的に不能になってしまうこともある。
7:7 Often it is these very accidents that give rise to the most (6) (1. ingenuous 2. indigenous 3. ingenious) solutions, and sometimes to off-the-cuff creativity of the highest order.
7:7 多くの場合、非常に巧みな解決策や、時には即興で最高級の独創性を生み出すもととなるのは、まさにこのような事故なのである。

■第8段落
8:1 Equipment breaks down, it is Sunday night, the stores are all closed, and the audience is arriving in an hour.
8:1設備が故障したが日曜の夜であり、店は全部閉まっており、観客は1時間後にやって来る。
8:2 You are forced to do a little bricolage, improvising some new and crazy device.
8:2 そこでちょっとしたブリコラージュ、つまり即興の斬新で奇抜な工夫をせざるを得なくなる。
8:3 Then you attain some of your best moments.
8:3 そのとき、最高の瞬間に達することがある。
8:4 Ordinary objects or trash suddenly become valuable working materials, and your perceptions of what you need and what you don’t need (7)( 1. adversely 2. radically 3. momentarily) shift.
8:4 ありふれた物やがらくたが、突然価値ある仕事の道具に変わり、何が必要で何が必要でないかという認識が根本的に変わる。
8:5 Among the things I love so much about performing are those totally unforeseen, impossible calamities.
8:5演じることに関して私が大好きなことのひとつは、そのような全く思いがけない、起こるはずのない災難である。
8:6 In life, as in a Zen koan, we create by shifting our perspective to the point at which interruptions are the answer.
8:6禅宗の公案にあるように、人生において我々は、妨害物が解答になるような観点へと、見方を変えることによって物事を創作するのである。
8:7 The (8) (1. sharpening 2. relaxation 3. redirec­tion) of attention involved in incorporating the accident into the flow of our work frees us to see the interruption with new eyes, and find the alchemical gold in it.
8:7不測の事態を自分の仕事の流れの中に組み込むことに伴う注意の向け直しをすることで、我々は妨害物を自由に新しい目で見、錬金術による金をその中に見出すことができるようになる。
■第9段落
9:1 Once I was preparing for a full evening poetry performance, with multiscreen slide projections and electronic music I had composed on tape for the occasion.
9:1 かつて私は夜の詩の発表会の準備をした。それはマルチスクリーンのスライド投影と、その時のために自分で作曲して、テープに入れておいた電子音楽を用いるものであった。
9:2 But in the course of overrehearsing during the preceding week, I managed to give myself a case of laryngitis, and woke up the morning of the performance with a ruined voice and a high fever.
9:2 しかしその前の週に何度もリハーサルをしているうちに、ものの見事に喉頭炎の症状が現れ、発表会の朝目覚めると声がかれ、高熱が出ていた。
9:3 I was (9) (1. ready 2. forced 3. obliged) to cancel, but in the end decided that would be no fun.
9:3 私は会を中止する覚悟はできていたが、最後にはそれでは面白くないと判断した。
9:4 Instead I dropped my attachment to my music and preempted the sound system for use as a public address system.
9:4 その代わりに私は音楽への執着をやめ、音響設備を場内放送設備として使用してしまうことにした。
9:5 I sat in an old wicker wheelchair and croaked into a microphone.
9:5 私は古い枝編み細工の車椅子にすわり、マイクにしわがれ声を発した。
9:6 My soft, spooky, obsessive, guttural voice, amplified, became an instrument of qualities that totally surprised me, releasing me to find a hitherto unsuspected depth in my own poetic line.
9:6 くすんだ幽霊のような、ものにとりつかれたような、がらがら声はアンプによって増幅され、自分でも全く驚くような質の楽器と化し、私自身の詩行にそれまで思いもかけなかったような深みを発見させてくれた。
■第10段落
10:1 A “mistake” on the violin : I have been playing some pattern : 1, 2, 3, 6 ; 1, 2, 3, 6.
10:1 バイオリンにまつわる「間違い」のひとつを挙げよう。私はあるパターンを1・2・3・6、1・2・3・6と演奏している。
10:2 Suddenly I make a slip and play 1, 2, 3, 7, 6.
10:2突然私は間違えて1・2・3・7・6と弾いてしまう。
10:3 It doesn’t matter to me at the time whether I have broken a rule or not; what matters is what I do in the next tenth of a second.
10:3 そのとき私が規則を破ったかどうかが重要なのではない。重要なのは次の10分の1秒の間にどうするかなのである。
10:4 I can adopt the traditional attitude, treating what I have done as (10) (1. a mistake 2. and improvisation 3. and innovation): Don’t do it again, hope it doesn’t happen again, and in the meantime, feel guilty.
10:4今やってしまったことを間違いとして扱い、慣例的な態度を取ることはできる。つまり二度とやっちゃいけない、二度と起こりませんようにと思い、そのうち罪悪感を感じるようになる。
10:5 Or I can repeat it, amplify it, and develop it further until it becomes a new pattern.
10:5 あるいはそれを繰り返し、増幅し、さらに発展させて新しいパターンにすることもできる。
10:6 Or beyond that I can drop neither the old pattern nor the new one but discover the unforeseen context that includes both of them.
10:6 またあるいはそれを越えて、従来のパターンも新しいパターンも省くことなく、両方を含んだ思いもかけない曲の流れを発見することもできる。
■第11段落
11:1 An “accident” on the violin: I am playing outdoors at night, in misty hills.
11:1 バイオリンにまつわる「不測の事態」のひとつを挙げよう。私は夜、戸外で、霧のかかった丘で演奏している。
11:2 Romantic?
11:2 ロマンチックだろうか?
11:3 Yes.
11:3 そう、そのとおり。
11:4 But also humid.
11:4 しかし同時に湿気が多い。
11:5 The cold and the humidity take all the poop out of the bottom string, which suddenly (11)(1. tightens 2. thickens 3. slackens) and goes out of tune.
11:5 寒さと湿気のために最低音の弦がすっかりだめになり、弦は突然ゆるんで調子がはずれてしまう。
11:6 Out of tune with what?
11:6 調子は何からはずれているのか?
11:7 Out of tune with my (12) (1. preposterous 2. preconceived 3. presumptuous) bench mark of “in tune.”
11:7 私が「調子が合っている」と前もって考えている基準から、調子がはずれているのである。
11:8 Again I can take the same three approaches.
11:8 私はここでもう一度先ほどと同じ3つの方法を講じることができる。
11:9 I can tune it back up and pretend that nothing happened.
11:9調律しなおし、何事もなかったようなふりをすることもできる。
11:10 I can play the flabby string as is, finding the new harmonies and tex­tures it contains.
11:10 たるんだ弦をそのまま弾き、それに含まれる新しいハーモニーや特徴を発見することもできる。
11:11 A low, thick string, when it goes flabby, not only becomes lower in pitch, but because of the flabbiness will give to the bow’s weight much more (13)( 1. easily 2. seriously 3. deeply) and will produce (if lightly touched) more breathy and resonant tones than a normal string.
11:11低音の太い弦は、たるむと調子が低くなるだけでなく、たるみのために、弓の重さが正常な弦に比べてたやすく増し、(軽く触れた場合には)かすれた反響するような音を出してしまう。
11:12 I can have a lot of fun down there in the viola’s tonal sub-basement.
11:12私はビオラの最低音よりさらに低音域のところで大いに楽しむことができる。
11:13 Or I can detune it even further, until it comes into some new and interesting harmonic relation with the other strings.
11:13 もしくは、何か新しくて面白いハーモニーの関係が他の弦との間に生まれるまで、さらに調子を下げることもできる。
11:14 Now I have, instantly, a brand-new instrument with a new and different sonic shape.
11:14 その時には、新しくて今までと違う形の音が出る、全く新しい楽器がその場で出来るのである。
■第12段落
12:1 An “accident” in computer graphics: I am playing with a paint program, which enables me to create visual art on the screen and then store it on disk as data that can be called up later.
12:1 コンピューター・グラフィックにまつわる「不測の事態」のひとつを挙げよう。私は絵画のプログラムを操作している。それを使うと画面上で視覚芸術を創作し、後で呼び出せるデータとしてディスクに保存できるというものである。
12:2 I intend to call up the art I was working on yesterday, but I hit the wrong key and call up the zip code index of my mailing list.
12:2私は昨日作製した作品を呼び出そうとしているが、キーを打ち間違えてしまい、住所録の郵便番号の目次を開いてしまう。
12:3 The thousands of zip codes, (14) (1. having transformed 2. trans- formed 3. transforming) into a single glowing screen of abstract color and pattern, turn out as a startling and beautiful scene of otherworldly microscopic life.
12:3 その何千という郵便番号は、抽象的な色や模様のあるひとつの輝くスクリーンに形を変え、別世界のミクロの生活の、びっくりするような美しい光景となって姿を現す。
12:4 From this serendipitous blunder evolves a technique that I use to create dozens of new artworks.
12:4非常に多くの新たな芸術作品を創作するのに私が用いる技術は、このような思わぬ発見をする大失敗から発展するのである。

■第13段落
13:1 The history of science, as we well know, is liberally (15) ( 1. peppered 2. preoccupied 3. prepared) with stories of essential discoveries seeded by mistakes and accidents: Fleming’s discovery of penicillin, thanks to the dust-borne mold that contaminated his petri dish; Roentgen’s discovery of X-rays, thanks to the careless handling of a photographic plate.
13:1科学の歴史には、周知の通り、間違いや不測の事態がもとになって重要な発見ができたという逸話が散りばめられている。空気によって運ばれるカビがペトリ皿を汚染したおかげでフレミングがペニシリンを発見したこと。感光板を不注意に操作したおかげでレントゲンがエックス線を発見したことなどである。
13:2 Time after time, the quirks and mishaps that one might be tempted to reject as “bad data” are often the best.
13:2何度もあることだが、「悪いデータ」だとして拒絶したくなるかもしれないような運命のいたずらや災難がしばしば最良のものとなる。
13:3 Many spiritual traditions point up the vitality we gain by reseeding the value of what we may have rejected as insignificant: “The stone which the builders refused,” sing the Psalms of David, “has come to be the cornerstone.”
13:3多くの宗教上の言い伝えは、我々が重要でないとして拒絶していたかもしれないものの価値を見直すことによって得られる活力について強調している。「建築工が拒否した石は、隅石となった」と詩篇にうたわれている。
■第14段落
14:1 The power of mistakes enables us to (16) (1. reinvent 2. retain 3. reframe) creative blocks and turn them around.
14:1 間違いがもつ力によって、我々は創造力のブロックを組み直し、向きを変えることができる。
14:2 Sometimes the very sin of omission or commission for which we’ve been kicking ourselves may be the seed of our best work.
14:2時として、我々が悔やむ怠慢の罪や遂行の罪そのものが、最高の仕事をする源になることもある。
14:3 The troublesome parts of our work, the parts that are most baffling and frustrating, are in fact the growing edges.
14:3仕事の面倒な部分、最も厄介で腹立たしい部分が、実は成長しつつあるへりの部分なのである。
14:4 We see these opportunities the instant we (17) (1. deduce 2. drop 3. delineate) our preconceptions and our self-importance.
14:4我々が先入観やうぬぼれを捨てれば、これらの機会はすぐに見えてくる。
■第15段落
15:1 Life throws at us innumerable irritations that can be mobilized for pearl making, including all the irritating people who come (18) (1. on our 2. our 3. on the) way.
15:1 人生は真珠を作るために役立つ、いらいらするようなことを無数に我々に投げつけてくる。
15:2 Occasionally we are stuck with a petty tyrant who makes our life hell.
15:2 それは我々が出くわす、いらいらするような人々すべても含んでいる。
15:3 Sometimes these situations, while miserable at the time, cause us to sharpen, focus, and mobilize our inner resources in the most surprising ways.
15:3 時には我々の生活を地獄のようにしてしまう二流の暴君によって困らされることがある。そのときは悲惨でも、時としてこのような状況のおかげで、我々は最も驚くべき方法で内なる力量を研ぎすまし焦点を合わせ、運用することができるのである。
15:4 We become, then, no longer victims of circumstance, but able to use circumstance as the vehicle of creativity.
15:4 そのとき我々はもはや境遇の犠牲者ではなく、境遇を創造力を発揮する手段として利用することができるようになる。
15:5 This is the well-known principle of jujitsu, taking your opponent’s blows and using their own energy to deflect them to your advantage.
15:5 これは柔術のよく知られている原理で、敵の攻撃をとらえ、そのエネルギーを逆に利用して自分に有利な方へもっていく、というものである。
15:6 When you fall, you raise yourself by pushing against the spot where you fell.
15:6 倒れた時は、倒れた地点を押し下げることによって身を起こすのである。
■第16段落
16:1 The Vietnamese Buddhist poet-priest, Thich Nhat Hanh, devised an interesting telephone meditation.
16:1 ベトナムの仏教詩人兼僧であるニャット=ハイン師は、電話による興味深い瞑想法を考案した。
16:2 The sound of the telephone ringing, and our semiautomatic instinct to jump up and answer it, seem the very opposite of meditation.
16:2 電話が鳴る音や、半ば自動的に飛び上がって電話に出ようとする本能は、瞑想とは全く逆のもののように思われる。
16:3 Ring and reaction bring (19) (1. in 2. out 3. along) the essence of the choppy, nervous character of the way time is lived in our world.
16:3 呼び出し音とそれに対する反応は、この世界での時の過ごし方の、ゆらぎやすく神経質な性質をよく表している。
16:4 He says use the first ring as a reminder, in the midst of whatever you were doing, of mindfulness, a reminder of breath, and of your own center.
16:4 彼は、最初のベルは、何をしている最中であっても注意深くあることを思い出す合図として、呼吸することを思い出す合図、自分自身の中心を思い出す合図として利用せよ、と述べている。
16:5 Use the second and third rings to breathe and smile.
16:5 2回目と3回目のベルは呼吸をして微笑むために利用せよ。
16:6 If the caller wants to talk, he or she will wait for the fourth ring, and you will be ready.
16:6 掛け手が話したいと思っているのなら4回目のベルまで待つであろうし、そのときには心の準備ができるだろう、と。
16:7 What Thich Nhat Hanh is saying here is that mindfulness, practice, and poetry in life are not to be reserved for a time and place where everything is perfect ; we can use the very instruments of society’s nervous pressures on us to (20)( 1. relieve 2. retrieve 3. repress) the pressure.
16:7 ニャット=ハイン師がここで述べているのは、人生において注意深くすること、実行すること、詩を作ることを、すべてが完璧である時や場所のためにとっておくことはできないということである。社会による我々への神経質な圧力という、まさにその道具を利用して、その圧力を軽減することができるのである。
16:8 Even under the sound of helicopters-and this is a man who buried many children in Vietnam to the roar of helicopters and bombs he can say, “Listen, listen; this sound brings me back to my true self.”
16:8 ヘリコプターの音の下でさえも一彼はベトナムでヘリコプターと爆弾の轟音を聞きながら多くの子供達を埋葬した男であるが彼はこう言える。「聞け、聞くんだ。この音が私を本当の自分に戻してくれる。」

copyright 2016/Everyday school