[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1998年 大問二 内容一致問題

内容一致問題
(21) In this passage, the author takes up the story of the oyster to suggest that
1. the oyster has the ability to integrate errors and otherness into its own system.
2. people can utilize an accidental occurrence to create something valuable.
3. people should seek out errors and accidents as a way to be creative.
4. the oyster uses grit and mucous to produce a beautiful pearl out of a foreign irritation.

・解答 (21)2
(21)
筆者がカキを用いて伝えたかったことは
1.カキは、独自のシステムにエラーや他者を統合する能力を持っています。
2.人々は貴重な何かを作成するために、偶発的発生を利用することができます。
3.人々が創造的にするための方法として、エラーや事故を模索する必要があります。
4.カキは、外国の刺激から美しい真珠を生産するためにグリットと粘液を使用しています。
筆者がカキを例示として伝えたかった事柄を選ぶ。2.「人は不測の事態を利用して価値のあるものを創造することができる」

■第7段落
7:1 Often the process of our artwork is thrown onto a new track by the inherent balkiness of the world.
7:1 我々の芸術的制作活動の過程は、世の常である、急に物事が進まなくなる事態によって、方針転換を迫られることがしばしばある。
7:2 Murphy’s Law states that if anything can go wrong, it will.
7:2 失敗するかも知れないものは失敗する、とマーフィーの法則にある。
7:3 Performers experience this daily and hourly.
7:3 役者達はこのことを毎日、毎時間経験している。
7:4 When dealing with instruments, tape recorders, projectors, computers, sound systems, and theater lights, there are inevitable breakdowns before a performance.
7:4 楽器、テープレコーダー、投影機、コンピューター、音響システム、劇場照明を扱うとき、必ず上演前に故障が発生するのである。
7:5 A performer can become sick.
7:5 ある役者は具合が悪くなる。
7:6 A valued assistant can quit at the last minute, or lose his girlfriend and become mentally incapacitated.
7:6 ある大切な助手が土壇場になって辞めてしまったり、ガールフレンドを失って精神的に不能になってしまうこともある。
7:7 Often it is these very accidents that give rise to the most (6) (1. ingenuous 2. indigenous 3. ingenious) solutions, and sometimes to off-the-cuff creativity of the highest order.
7:7 多くの場合、非常に巧みな解決策や、時には即興で最高級の独創性を生み出すもととなるのは、まさにこのような事故なのである。
(22) What is the author’s ultimate purpose in referring to Murphy’s Law?
1. To suggest that problems are inevitable.
2. To suggest that problems lead to chaos.
3. To convince us that all artists and performers experience accidents.
4. To lead us to his point about creative solutions.

・解答 (22)4
(22)
22)マーフィーの法則に言及する際の著者の究極の目的は何ですか?
1.問題が避けられないことを示唆する。
2.問題が混乱につながることを示唆する。
3.すべてのアーティストやパフォーマーは、事故を経験していることを、私たちを説得します。
4.創造的な解決策についての彼のポイントに私たちを導く
「マーフィーの法則」とは「失敗しそうなものは失敗する」という経験から生まれた知恵。筆者がそれを引用した「最終的な(ultimate)」目的を選ぶ。4.「(失敗を肯定的に考えることによる)創造的な解決についての筆者の論点に我々を導くため」

■第8段落
8:1 Equipment breaks down, it is Sunday night, the stores are all closed, and the audience is arriving in an hour.
8:1設備が故障したが日曜の夜であり、店は全部閉まっており、観客は1時間後にやって来る。
8:2 You are forced to do a little bricolage, improvising some new and crazy device.
8:2 そこでちょっとしたブリコラージュ、つまり即興の斬新で奇抜な工夫をせざるを得なくなる。
8:3 Then you attain some of your best moments.
8:3 そのとき、最高の瞬間に達することがある。
8:4 Ordinary objects or trash suddenly become valuable working materials, and your perceptions of what you need and what you don’t need (7)( 1. adversely 2. radically 3. momentarily) shift.
8:4 ありふれた物やがらくたが、突然価値ある仕事の道具に変わり、何が必要で何が必要でないかという認識が根本的に変わる。
8:5 Among the things I love so much about performing are those totally unforeseen, impossible calamities.
8:5演じることに関して私が大好きなことのひとつは、そのような全く思いがけない、起こるはずのない災難である。

8:6 In life, as in a Zen koan, we create by shifting our perspective to the point at which interruptions are the answer.
8:6禅宗の公案にあるように、人生において我々は、妨害物が解答になるような観点へと、見方を変えることによって物事を創作するのである。
8:7 The (8) (1. sharpening 2. relaxation 3. redirec­tion) of attention involved in incorporating the accident into the flow of our work frees us to see the interruption with new eyes, and find the alchemical gold in it.
8:7不測の事態を自分の仕事の流れの中に組み込むことに伴う注意の向け直しをすることで、我々は妨害物を自由に新しい目で見、錬金術による金をその中に見出すことができるようになる。
(23) The author loves the “unforeseen, impossible calamities” of performing because they
1. inspire him to improvise.
2. remind him of a Zen koan.
3. allow him to polish his performance.
4. allow him to face obstacles realistically.
23)著者は、実「予期しない、不可能な災害」を愛して使っていた、なぜならそれらは
1.即興するために彼を鼓舞。
2.禅の公案の彼を思い出させます。
3.彼は彼のパフォーマンスを磨くことができます。
4.彼は現実的障害に直面することができます

・解答 (23)1
(23)calamity「災難」inspire~to…「~を激励して…させる」improvise「即興で行う」第8段第2~5文参照。
(24) According to the author, in what way are mistakes like alchemy?
1. They are mystical occurrences understood only by a few.
2. They allow accidents to flow naturally into our work.
3. They incorporate secret knowledge.
4. They can change ordinary situations to precious opportunities.
筆者によればどのように錬金術のようなミスはおこるか
1彼らは少数だけ理解神秘的な出現する。
2.彼らは、事故が私たちの仕事に自然に流れることを可能にします。
3.彼らは秘密の知識を組み込みます。
4.彼らは貴重な機会に、通常の状況を変更することができます

・解答 (24)4
(24)「筆者によれば、間違いはどのようにして錬金術のようになるか」が問いの意味。第8段最終文のincorporating…our workは「不測の事態を自分の仕事の流れの中に組み入れてしまうこと」であり、選択肢2の「不測の事態を自然に仕事の中に流れ込ませる(発生させる)」とは意味が異なる。4は、この段の第2~5文の主旨に一致。

■第9段落
9:1 Once I was preparing for a full evening poetry performance, with multiscreen slide projections and electronic music I had composed on tape for the occasion.
9:1 かつて私は夜の詩の発表会の準備をした。それはマルチスクリーンのスライド投影と、その時のために自分で作曲して、テープに入れておいた電子音楽を用いるものであった。
9:2 But in the course of overrehearsing during the preceding week, I managed to give myself a case of laryngitis, and woke up the morning of the performance with a ruined voice and a high fever.
9:2 しかしその前の週に何度もリハーサルをしているうちに、ものの見事に喉頭炎の症状が現れ、発表会の朝目覚めると声がかれ、高熱が出ていた。
9:3 I was (9) (1. ready 2. forced 3. obliged) to cancel, but in the end decided that would be no fun.
9:3 私は会を中止する覚悟はできていたが、最後にはそれでは面白くないと判断した。
9:4 Instead I dropped my attachment to my music and preempted the sound system for use as a public address system.
9:4 その代わりに私は音楽への執着をやめ、音響設備を場内放送設備として使用してしまうことにした。
9:5 I sat in an old wicker wheelchair and croaked into a microphone.
9:5 私は古い枝編み細工の車椅子にすわり、マイクにしわがれ声を発した。
9:6 My soft, spooky, obsessive, guttural voice, amplified, became an instrument of qualities that totally surprised me, releasing me to find a hitherto unsuspected depth in my own poetic line.
9:6 くすんだ幽霊のような、ものにとりつかれたような、がらがら声はアンプによって増幅され、自分でも全く驚くような質の楽器と化し、私自身の詩行にそれまで思いもかけなかったような深みを発見させてくれた。

(25) When the author says, “I dropped my attachment to my music,” he implies that
1. he no longer enjoyed playing music, so he stopped doing it.
2. he began to dislike the music he had written, so he decided to do something different.
3. he no longer felt bound by the expectation of what his performance should be.
4. he considered cancelling his performance.

・解答 (25)3
(25)
「私は私の音楽に私」の添付ファイルをいれた」と筆者がいう時、この隠喩は
1.彼はもはや音楽を楽しんないので、彼はそれをやって停止しました。
2.彼は彼が書いた音楽を嫌うようになったので、彼は別の何かを行うことを決めました。
3.彼はもはや彼のパフォーマンスはどうあるべきかの期待によって拘束されなかったと感じました。
4.彼は彼のパフォーマンスをキャンセルする考え
第9段第4文以降参照。I dropped my…「私は(準備していた)音楽に対する執着を捨てた」3.「彼はもはや期待していた発表会の形にとらわれなくなった」

(26) Which of the following statements best reflects the author’s view of the “traditional attitude” toward mistakes?
1. Mistakes are like pearls, a jewel hidden in an accident.
2. Mistakes are indispensable.
3. Mistakes are like sin, and should be prevented.
4. Mistakes can lead to further errors.

・解答
次の文のうちどれが「伝統的な態度」の著者の見解を誤って反映していますか?
1.間違いは、真珠のような事故に隠された宝石です。
2.間違いが不可欠です。
3.間違いは罪のようなものであり、防止する必要があります。
4.間違いは、さらにエラーが発生することができます。
 (26)3
(26)traditional attitude「慣例的な(従来通りの)態度」第10段第4文参照。Don’t do it again…は、「あやまちであり、避けるべき」という態度を表す。

■第10段落
10:1 A “mistake” on the violin : I have been playing some pattern : 1, 2, 3, 6 ; 1, 2, 3, 6.
10:1 バイオリンにまつわる「間違い」のひとつを挙げよう。私はあるパターンを1・2・3・6、1・2・3・6と演奏している。
10:2 Suddenly I make a slip and play 1, 2, 3, 7, 6.
10:2突然私は間違えて1・2・3・7・6と弾いてしまう。
10:3 It doesn’t matter to me at the time whether I have broken a rule or not; what matters is what I do in the next tenth of a second.
10:3 そのとき私が規則を破ったかどうかが重要なのではない。重要なのは次の10分の1秒の間にどうするかなのである。
10:4 I can adopt the traditional attitude, treating what I have done as (10) (1. a mistake 2. and improvisation 3. and innovation): Don’t do it again, hope it doesn’t happen again, and in the meantime, feel guilty.
10:4今やってしまったことを間違いとして扱い、慣例的な態度を取ることはできる。つまり二度とやっちゃいけない、二度と起こりませんようにと思い、そのうち罪悪感を感じるようになる。
10:5 Or I can repeat it, amplify it, and develop it further until it becomes a new pattern.
10:5 あるいはそれを繰り返し、増幅し、さらに発展させて新しいパターンにすることもできる。
10:6 Or beyond that I can drop neither the old pattern nor the new one but discover the unforeseen context that includes both of them.
10:6 またあるいはそれを越えて、従来のパターンも新しいパターンも省くことなく、両方を含んだ思いもかけない曲の流れを発見することもできる。
■第13段落
13:1 The history of science, as we well know, is liberally (15) ( 1. peppered 2. preoccupied 3. prepared) with stories of essential discoveries seeded by mistakes and accidents: Fleming’s discovery of penicillin, thanks to the dust-borne mold that contaminated his petri dish; Roentgen’s discovery of X-rays, thanks to the careless handling of a photographic plate.
13:1科学の歴史には、周知の通り、間違いや不測の事態がもとになって重要な発見ができたという逸話が散りばめられている。空気によって運ばれるカビがペトリ皿を汚染したおかげでフレミングがペニシリンを発見したこと。感光板を不注意に操作したおかげでレントゲンがエックス線を発見したことなどである。
13:2 Time after time, the quirks and mishaps that one might be tempted to reject as “bad data” are often the best.
13:2何度もあることだが、「悪いデータ」だとして拒絶したくなるかもしれないような運命のいたずらや災難がしばしば最良のものとなる。
13:3 Many spiritual traditions point up the vitality we gain by reseeding the value of what we may have rejected as insignificant: “The stone which the builders refused,” sing the Psalms of David, “has come to be the cornerstone.”
13:3多くの宗教上の言い伝えは、我々が重要でないとして拒絶していたかもしれないものの価値を見直すことによって得られる活力について強調している。「建築工が拒否した石は、隅石となった」と詩篇にうたわれている。

(27) The author uses the examples of Fleming and Roentgen to suggest that
1. serendipitous blunder is essential to important scientific discovery.
2. scientists need accidents in order to be inspired.
3. quirks and mishaps are unavoidable in scientific experiments.
4. scientific discoveries can result from quirks and mishaps.


著者は、~ことを示唆してフレミングとレントゲンの例を使用しています
1.偶然失態は、重要な科学的発見に不可欠です。
2.科学者は順番に事故が触発される必要があります。
3.癖や事故は、科学的な実験では避けられません。
4.科学的発見は、癖や事故に起因することができます。
解答 (27)4
(27)フレミングやレントゲンの例を用いて筆者が伝えたかった事柄を選ぶ。第13段参照。4.「科学的発見は運命のいたずらや災難から生じうる」1や2のように「必要」だと言っているのではない。

(28) In this essay the quote from the “Psalms of David” is used to illustrate
1. the author’s faith that what appears to be useless could become essential.
2. the author’s religious conviction that all our work is guided by a master plan.
3. the author’s belief in the importance of spiritual traditions in everyday work.
4. the author’s notion that great results grow from small beginnings.

・解答 (28)1
(28
このエッセイ「ダビデの詩篇」からの引用で~は説明するために使用されます
1何が不可欠になる可能性が役に立たないように思われる.著者の信仰。
2すべての私たちの仕事は、マスタープランに案内される作者の宗教的信念。
3日常の仕事で精神的な伝統の重要な.著者の信念。
4素晴らしい結果が小さな始まりから成長する作者の概念。
第13段最終文参照。1.「一見無用に見えるものが不可欠なものになることもあるという筆者の信念」であり。第13段の内容にも、それ以前の文脈にも一致。Psalms of David「詩篇」旧約聖書中の一書。

■第16段落
16:1 The Vietnamese Buddhist poet-priest, Thich Nhat Hanh, devised an interesting telephone meditation.
16:1 ベトナムの仏教詩人兼僧であるニャット=ハイン師は、電話による興味深い瞑想法を考案した。
16:2 The sound of the telephone ringing, and our semiautomatic instinct to jump up and answer it, seem the very opposite of meditation.
16:2 電話が鳴る音や、半ば自動的に飛び上がって電話に出ようとする本能は、瞑想とは全く逆のもののように思われる。
16:3 Ring and reaction bring (19) (1. in 2. out 3. along) the essence of the choppy, nervous character of the way time is lived in our world.
16:3 呼び出し音とそれに対する反応は、この世界での時の過ごし方の、ゆらぎやすく神経質な性質をよく表している。
16:4 He says use the first ring as a reminder, in the midst of whatever you were doing, of mindfulness, a reminder of breath, and of your own center.
16:4 彼は、最初のベルは、何をしている最中であっても注意深くあることを思い出す合図として、呼吸することを思い出す合図、自分自身の中心を思い出す合図として利用せよ、と述べている。
16:5 Use the second and third rings to breathe and smile.
16:5 2回目と3回目のベルは呼吸をして微笑むために利用せよ。
16:6 If the caller wants to talk, he or she will wait for the fourth ring, and you will be ready.
16:6 掛け手が話したいと思っているのなら4回目のベルまで待つであろうし、そのときには心の準備ができるだろう、と。
16:7 What Thich Nhat Hanh is saying here is that mindfulness, practice, and poetry in life are not to be reserved for a time and place where everything is perfect ; we can use the very instruments of society’s nervous pressures on us to (20)( 1. relieve 2. retrieve 3. repress) the pressure.
16:7 ニャット=ハイン師がここで述べているのは、人生において注意深くすること、実行すること、詩を作ることを、すべてが完璧である時や場所のためにとっておくことはできないということである。社会による我々への神経質な圧力という、まさにその道具を利用して、その圧力を軽減することができるのである。

16:8 Even under the sound of helicopters-and this is a man who buried many children in Vietnam to the roar of helicopters and bombs he can say, “Listen, listen; this sound brings me back to my true self.”
16:8 ヘリコプターの音の下でさえも一彼はベトナムでヘリコプターと爆弾の轟音を聞きながら多くの子供達を埋葬した男であるが彼はこう言える。「聞け、聞くんだ。この音が私を本当の自分に戻してくれる。」
(29) In this essay, the passage about the poet-priest, Thich Nhat Hanh, is not meant to illustrate
1. the importance of meditation to lessen nervous pressures of everyday life.
2. that anything can be used to our advantage if we are not shackled by preconceptions.
3. the way the telephone can be used as an instrument of meditation.
4. that poetry and creativity should be practiced when we feel calm.


このエッセイでは、詩人、司祭、ティク・ナット・ハン、約通路は、~を説明することを意図していません
1.瞑想の重要性は、日常生活の神経の圧力を軽減します。
2私たちは先入観によって縛られていない場あい、私達に有利に使用することができます。
3電話が瞑想の道具として使用することができます。
4私たちは穏やかな感じたときにその詩と創造を実践する必要があります。
解答 (29)4
(29)ニャット=ハイン師の記述の意図に合わないものを選ぶ。4.「詩作や創造は精神が落ちついている時になされるべきものである」で。最終段第7文(What…)の内容に不一致。

(30) Which of the following would make a suitable title for this essay?
1. Poetry, Process, and Performance
2. The Creative Potential of Error
3. A Cultural View of Mistakes
4. The Wisdom of Oysters


文章にタイトルをつけるとしたらどれか
1.詩、プロセス、およびパフォーマンス
2.間違いが持つ創造の力
3.間違った文化の観点
4.カキの知恵
解答 (39)2
(30)2.「間違いがもつ創造の力」

copyright 2016/Everyday school