[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1999年 大問一 本文対訳

本文
■第1段落
1:1 In the early 1960s, the concept of self-organizing systems began to take hold.
1:1 1960年代の初期、組織を自己形成する生命体という概念が定着し始めた。
1:2 About that time, atmospheric chemist James Lovelock had an (1) ( 1 .erroneous 2. illuminating 3. alternative) insight into the organization of living systems that led him to formulate a model that is perhaps the most surprising and most beautiful expression of self-organization —the idea that the planet Earth as a whole is a living, self-organizing system.
1:2 その頃、大気化学者であるジェームス=ラブロックは、生命体の形成に対して啓蒙的な洞察を行い、それにより彼は、自己組織形成のおそらく最も驚異的で最も美しい表現法であるモデル―つまり地球は全体として自己組織形成をする一つの生命体であるという概念を形成するに至ったのである。
■第2段落
2:1 The origins of Lovelock’s daring (2) (1. hypothesis 2. method 3. attempt) lie in the early days of the NASA space program.
2:1 ラブロックの大胆な仮説の発端は、初期のNASA宇宙計画にある。
2:2 While the idea of the Earth being alive is very ancient and speculative theories about the planet as a living system had been formulated several times, the space flights during the early 1960s (3) (1. enabled 2. urged 3. required) human beings for the first time to actually look at our planet from outer space and perceive it as an integrated whole.
2:2 地球が生きているという概念は遠く古代からあり、また地球は生命体であるとする推論が形成されたことは何度もあったが、1960年代初頭の宇宙飛行によって、人間は初めて外側から自分の惑星を実際に見ることができ、そしてそれを一つに統合されたものとして認識することができたのである。
2:3 This perception of the Earth in all its beauty — a blue-and-white globe floating in the deep darkness of space — moved the astronauts deeply and, as several have (4)( 1. since 2. hence 3. thereby) declared, was a profound spiritual experience that forever changed their relationship to the Earth.
2:3 地球の最高に美しい姿を、つまり青と白の球体が宇宙の深い暗闇に浮かぶ姿を認識したことは、宇宙飛行士たちを深く感動させたし、またそれ以来何人もの飛行士たちが述べているように、彼らの地球との関係を永遠に変化させるような深い精神的経験であった。
2:4 The magnificent photographs of the whole Earth that they brought back provided the most powerful symbol for the global ecology movement.
2:4 彼らが持ち帰った地球全体の壮観な写真は、地球環境保護運動に対して最も強力なシンボルを提供したのである。
■第3段落
3:1 While the astronauts looked at the planet and beheld its beauty, the environment of the Earth was also examined from outer space by scientific instruments, and so were the environments of the moon and the nearby planets.
3:1宇宙飛行士たちが地球を見てその美しさを眺めている間に、地球の環境もまた科学機器によって大気圏外から調査されており、また月や近くの惑星の環境も同様であった。
3:2 During the 1960s the Soviet and American space programs launched over fifty space probes, most of them to explore the moon but some traveling beyond to Venus and Mars.
3:2 1960年代の間、ソ連とアメリカの宇宙計画によって50以上の観測衛星が打ち上げられた。そのほとんどは月の探索のためのものであったが、いくつかは金星や火星にまで行くものであった。
■第4段落
4:1 At that time NASA invited James Lovelock to the Jet Propulsion Laboratories in Pasadena, California, to help them design instruments for the (5)( 1. proof 2. anticipation 3. detection) of life on Mars.
4:1 その頃、NASAはジェームス=ラブロックをカリフォルニア州パサデナにあるジェット推進研究所に招いた。火星の生命探知機器の設計を援助してもらうためである。
4:2 NASA’s plan was to send a spacecraft to Mars that would search for life at the landing site by perform­ing a series of experiments with the Martian soil.
4:2 NASAの計画は、宇宙船を火星に送り、その宇宙船が火星の土を用いた一連の実験を行うことによって着陸地点での生命の存在を調査するというものであった。
4:3 While Lovelock worked on technical problems of instrument design, he also asked himself a more general question: How can we be sure that the Martian way of life, if any, will reveal itself to tests based on Earth’s lifestyle?
4:3 ラブロックは、機器の設計における技術的な問題に取り組む一方で、より一般的な疑問を自らに投げかけてもいた。それは、火星での生命がたとえあるにせよ、そのあり方が地球の生命形態に基づくテストによって明らかになるなどとどうして確信できるのだろうか、ということだった。
4:4 Over the following months and years this question led him to think deeply about the nature of life and how it could be recognized.
4:4 その後の数カ月間、そして数年間、彼はこの疑問に導かれて、生命の本質について、またそれはいかに認識されうるのかについて深く考えるようになった。
■第5段落
5:1 In contemplating this problem, Lovelock found that the fact that all living organisms take in energy and matter and discard waste products was the most general characteristic of life he could (6)( 1. identify 2. modify 3. codify).
5:1 この問題をじっくり考えるうち、ラブロックは、すべての生命体がエネルギーや物質を取り入れて老廃物を捨てるという事実が、自分が確認しうるうちで最も一般的な生命の特徴であることを発見した。
5:2 He first thought that one should be able to express this key characteristic mathematically in terms of entropy, but then his reasoning went in a different direction.
5:2彼は最初、この重要な特徴をエントロピーの観点から数学的に表現できるはずだと考えたが、その後彼の推論は異なる方向へ進んで行った。
5:3 Lovelock assumed that life on any planet would use the atmosphere and oceans as fluid media for raw materials and waste products.
5:3 ラブロックは、いかなる惑星の生命体も、大気と海を原料と老廃物との間の流動的な媒体として利用すると仮定した。
5:4 Therefore, he speculated, one might be able, somehow, to detect the existence of life by analyz­ing the chemical composition of a planet’s atmosphere.
5:4 ゆえに、惑星の大気の化学的構成を分析することによって生命の存在をどうにか発見できるかもしれないと彼は考えた。
5:5 Thus if there was life on Mars, the Martian atmosphere should (7) (1. remove 2. repel 3. reveal) some special combination of gases, some characteristic “signature” that could be detected even from Earth.
5:5 したがって、もし火星に生命が存在するならば、火星の大気は何らかの特殊な気体の化合物、すなわち地球からでも検出することのできるある独特の特性を示すはずである、と。
■第6段落
6:1 These speculations were (8)( 1. rejected 2 .confirmed 3.discovered) dramatically when Lovelock and a colleague, Dian Hitchcock, began a systematic analysis of the Martian atmosphere, using observations made from Earth, and compared it with a similar analysis of the Earth’s atmosphere.
6:1 ラブロックとその同僚であるディアン=ヒッチコックが地球からの観測結果を用いて火星の大気の系統的な分析を始め、そしてそれを地球の大気についての類似した分析と比較したとき、これらの推測は劇的に確証された。
6:2 They dis­covered that the chemical compositions of the two atmospheres are (9) (1. strikingly 2. slightly 3. arguably) different.
6:2彼らは、それら2カ所の大気の化学的構造が著しく異なっていることを発見したのである。
6:3 While there is very little oxygen, a lot of carbon dioxide (C02) and no methane in the Martian atmosphere, the Earth’s atmos­phere contains massive amounts of oxygen, almost no C02, and a lot of methane.
6:3 火星の大気中には酸素がほとんどなく、二酸化炭素が多く、メタンがないのに対し、地球の大気は大量の酸素を含み、二酸化炭素はほとんど含まず、メタンを多く含んでいる。
■第7段落
7:1 Lovelock realized that the (10) (1. assumption 2. tendency 3.reason) for that particular atmospheric profile on Mars is that on a planet with no life, all possible chemical reactions among the gases in the atmosphere were completed a long time ago.
7:1 ラブロックは、火星についてのそのような特殊な大気データが出たことの理由は、生命が存在しない惑星では、大気中の気体間で起こりうるすべての化学反応がはるか昔に完了しているということであると気づいた。
7:2 Today no more chemical reactions are possible on Mars; there is complete chemical equilibrium in the Martian atmosphere.
7:2現在では火星においてはもはや化学反応は起こり得ない。火星の大気は完全な化学的平衡状態にあるのである。
■第8段落
8:1 The situation on Earth is exactly the opposite.
8:1地球での状況はそれとは正反対である。
8:2 The terrestrial atmosphere contains gases like oxygen and methane, which are very likely to react with each other but coexist in high propor­tions, resulting in a mixture of gases far from chemical equilib­rium.
8:2地球の大気は酸素やメタンのような気体を含んでおり、それらは互いに非常に反応しやすいが高い比率で共存し、その結果化学的平衡にはほど遠い気体の混合状態となる。
8:3 Lovelock realized that this special state must be due to the presence of life on Earth.
8:3 ラブロックはこの特殊な状態は地球上の生命の存在によるものに違いないと認識した。
8:4 Plants produce oxygen constantly and other organisms produce other gases, so that the atmospheric gases are being replenished continually while they (11) (1. subdue 2. undergo 3. resist) chemical reactions.
8:4 植物は常に酸素を生成し、他の生物は他の気体を生成して、その結果大気を構成する気体は化学反応を受けながらも常に補給され続けるのである。
8:5 In other words, Lovelock recognized the Earth’s atmosphere as (12) (1. a closed 2. a finite 3. an open) system, far from equilibrium, characterized by a constant flow of energy and matter.
8:5言い換えれば、ラブロックは、地球の大気は平衡状態にはほど遠くて変化を受けやすい成り立ちをしており。それはエネルギーや物質の絶え間ない流れによって特徴づけられるということを認識したのである。
8:6 His chemical analysis identified the very hallmark of life.
8:6彼の化学的分析は、まさに生命の証を特定したのである。
■第9段落
9:1 This insight was so (13) (1. progressive 2. painful 3. momentous) for Lovelock that he still remembers the exact moment when it occurred:
9:1 この洞察はラブロックにとって非常に重大であったので、それが起こったまさにその瞬間を彼はいまだに記憶している。
9:2 For me, the personal revelation of Gaia came quite suddenly like a flash of enlightenment.
9:2 私にとって、直接に与えられたガイアという天啓は全く突然に、悟りの一瞬のようにやって来た。
9:3 I was in a small room on the top floor of a building at the Jet Propulsion Laboratory in Pasadena, California.
9:3 私はカリフォルニア州パサデナのジェット推進研究所の最上階の小さな部屋にいた。
9:4 It was the autumn of 1965… and I was talking with a colleague, Dian Hitchcock, about a paper we were preparing….
9:4 1965年秋のことだった…そして私は同僚のディアン=ヒッチコックと、2人で準備していた論について話していた…。
9:5 It was at that moment that I glimpsed Gaia.
9:5 私がガイアを見たのはその時だった。
9:6 An awesome thought came to me.
9:6 畏敬の念を起こさせるような考えが私の頭に浮かんだ。
9:7 The Earth’s atmosphere was an extraordinary and unstable mixture of gases, yet I knew that it was constant in composition over quite long periods of time.
9:7地球の大気は複数の気体の異常で不安定な混合であるが、私はそれがきわめて長い年月にわたって構成が変化しないことを知っていた。
9:8 Could it be that life on Earth not only made the atmosphere, but also (14) (1. froze 2. regulated 3. generated) it — keeping it at a constant composition, and at a level favorable for organisms?
9:8 それはもしかすると地球上の生命は大気を生成するだけでなくそれを調節することもしている、つまり大気を一定の構成に保ち、生物に都合のよい水準に保っているということなのだろうか。
■第10段落
10:1 The process of self-regulation is the key to Lovelock’s idea.
10:1 自己調節の過程はラブロックの概念にとってのカギである。
10:2 He knew from astrophysics that the heat of the sun has increased by 25 percent since life began on Earth and that, in spite of this increase, the Earth’s surface temperature has remained constant, at a level (15) ( 1 .ready 2 . profitable 3. comfortable) for life, during those four billion years.
10:2彼は天体物理学によって、太陽の熱は地球上に生命が誕生してから25パーセント上昇したこと、またこの上昇にもかかわらず地球の表面温度はこの40億年の間、生物にとって快適な水準のままずっと一定していることを知っていた。
10:3 What if the Earth were able to regulate its temperature, he asked, as well as other planetary conditions — the composition of its atmosphere, the salinity of its oceans, and so on — just as living organisms are able to self-regulate and keep their body temperature and other variables constant?
10:3 仮に地球がちょうど生物が自分の体温やその他変化しやすいものを自分で調節して一定に保つことができるのと同じように、地球の他の状況―大気の構成や海の塩度など―のみならず自らの温度をも調節することができるとしたらどうだろう、と彼は問うてみた。
10:4 Lovelock realized that this hypothesis amounted to a radical break with conventional science:
10:4 ラブロックはこの仮説が従来の科学との根本的な断絶につながることに気づいた。
10:5 Consider Gaia theory as an alternative to the conventional wisdom that sees the Earth as a dead planet made of inanimate rocks, ocean, and atmosphere, and merely inhabited by life.
10:5 ガイア理論を従来の知識、つまり、地球が生命のない岩や海や大気から成り、単にそこに生物が住んでいるだけの死んだ惑星であるとみなす知識に代わるものとしてみなせ。
10:6 Consider it as a real system, comprising all of life and all of its environment tightly (16) (1. wound 2. coupled 3. as­sociated) so as to form a self-regulating entity.
10:6 すべての生命、および自己調節を行う統一体を形成するために密接に関連したすべての環境を含んだ真の体系としてみなせ。
■第11段落
11:1 The space scientists at NASA, by the way, did not like Lovelock’s discovery at all.
11:1 ところで、NASAの宇宙科学者たちはラブロックの発見を全く好まなかった。
11:2 They had developed an impressive array of life-detection experiments for their Viking mission to Mars, and now Lovelock was telling them that there was really no need to send a spacecraft to the red planet in search of life.
11:2 彼らは見事に揃った生命探査の実験を、火星に向けてのバイキング任務のために、すでに展開していたが、ラブロックは彼らに、生命を探査するためにその赤い惑星に宇宙船を飛ばす必要は実際にはないのだと話していたのだ。
11:3 All they needed was a spectral analysis of the Martian atmosphere, which could easily be done through a telescope on Earth.
11:3必要なのは火星の大気のスペクトル分析だけであり、またそれは地球上の望遠鏡で容易に行えるというのである。
11:4 Not surprisingly, NASA (17) (1. disregarded 2. followed 3. solicited) Lovelock’s advice and continued to develop the Viking program.
11:4驚くにはあたらないことだが、NASAはラブロックの忠告を無視し、バイキング計画を進展させ続けた。
11:5 Their spacecraft landed on Mars several years later, and as Lovelock had (18) (1. predicted 2. wanted 3. wondered), it found no trace of life.
11:5数年後にその宇宙船は火星に着陸したが、ラブロックが予想していたとおり、生命の痕跡は発見できなかった。
■第12段落
12:1 In 1969, at a scientific meeting in Princeton, Lovelock for the first time presented his hypothesis of the Earth as a self-regulating system.
12:1 1969年、プリンストンでの学術会議で、ラブロックは初めて、一つの自己調節組織体としての地球という仮説を発表した。
12:2 Shortly after that a novelist friend, recognizing that Lovelock’s idea represents the renaissance of a powerful ancient myth, suggested the name “Gaia hypothesis” in honor of the Greek goddess of the Earth.
12:2 その後まもなく小説家である友人が、ラブロックの概念が力強い古代の神話の再興を象徴することに気づき、ギリシアの大地の女神に敬意を表して「ガイア説」と名づけてはどうかと提案した。
12:3 Lovelock gladly accepted the sugges­tion and in 1972 published the first extensive version of his idea in a paper titled “Gaia as Seen through the Atmosphere.”
12:3 ラブロックはその提案を喜んで受け入れ、1972年には、自らの概念を発展させた最初の報告を「大気を通して見られるガイア」と題した論文に発表した。
■第13段落
13:1 At that time Lovelock had no idea how the Earth might regulate its temperature and the composition of its atmosphere, (19) (1. provided 2. except 3. granted) that he knew that the self-regulating processes had to involve organisms in the bio­sphere.
13:1 その時ラブロックは、自己調節の過程が生物圏内にいる生物を含んでいなければならないことはわかっていたが、地球がどのように自らの温度や大気の構成を調節しているのかわからなかった。
13:2 Nor did he know which organisms produced which gases.
13:2 また彼はどの生物がどの気体を作り出すのかもわからなかった。
13:3 At the same time, however, the American microbiologist Lynn Margulies was studying the very processes Lovelock needed to understand — the production and removal of gases by various organisms, including especially the myriad bacteria in the Earth’s soil.
13:3 しかし同じ頃、アメリカの微生物学者リン=マーギュリスは、まさにラブロックが理解する必要のある過程を研究していた。それは特に地球の土中にいる無数のバクテリアを含む様々な生物による、気体の生成と除去についてである。
13:4 Margulies remembers that she kept asking, “Why does everybody agree that atmospheric oxygen … comes from life, but no one speaks about the other atmospheric gases coming from life?
13:4 「大気中の酸素が生物から出されたものであることは誰もが認めるのに、どうして大気中の他の気体が生物から出されているということを誰も言わないのか?」とマーギュリスは問い続けたことを覚えている。
13:5 Soon several of her colleagues recommended that she speak to James Lovelock, which led to a long and fruitful (20) (1. corre­lation 2. combination 3. collaboration) that resulted in the full scientific Gaia Hypothesis.
13:5 まもなく彼女の同僚のうち何人かがジェームス=ラブロックと話をすることを彼女に勧め、そのことがゆくゆくは完全な科学的ガイア説を生む長く実りのある協力につながったのである。

copyright 2016/Everyday school