[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 1999年 大問二 内容一致問題

内容一致問題
■第2段落
2:1 Science considers anthropomorphism toward animals a grave mistake, even a sin.
2:1 科学では、動物に対する擬人観は重大な誤りであり、罪でさえあると考える。
2:2 It is common in science to speak of “committing” anthropomorphism.
2:2 科学においては擬人観「を犯す」という表現を使うことは普通のことである。
2:3 The term originally was religious, referring to the (1)(1. modifying 2. shaping 3.assigning) of human form or characteristics to God — the hierarchical error of acting as though the merely human could be (2)(1. divine 2. secular 3. religious) — hence the connotation of sin.
2:3 その用語は本来宗教的なものであり、人間の姿や特徴を神に割り当てること―人間にすぎないものがあたかも神聖なものになりうるかのように振る舞うという階層の誤り―を指すものであったが、それゆえに罪という響きを含むのである。
2:4 In the long article on anthropomorphism in the 1908 Encyclopedia of Religion and Ethics, the author (Frank B. Jevons) writes: “The tendency to (3)(1. personify 2. imitate 3. create) objects — whether objects of sense or objects of thought — which is found in animals and children as well as in savages, is the origin of anthropomorphism.”
2:4 1908年の『宗教・倫理百科』にある擬人観(神人同形説)についての長い論説の中で、著者(フランク=B.ジェボンズ)は次のように書いている。「対象を―それが感覚の対象であれ思考の対象であれ―擬人化するという傾向は、未開人だけでなく動物や子供にも見られるものだが、それは擬人観(神人同形説)の生まれる源である」
2:5 Men, the idea goes, create gods in their own image.
2:5 その考えによると、人間は自分自身の像の中に神を創り出すという。
2:6 The best-known example of this tendency comes from the Greek author Xenophanes (fifth century B.C.).
2:6 この傾向の最もよく知られている例はギリシアの作家クセノパネス(紀元前5世紀)によって述べられている。
2:7 He notes that Ethiopians represent the gods as black, Thracians depict them as blue-eyed and red-haired, and “if oxen and horses … had hands and could paint” their images of gods would depict oxen and horses.
2:7 エチオピア人は神を黒人として表現しており、またトラキア人は神を青い目、赤い髪をしているように描写していると彼は述べている。また「もし牛や馬が手を持ち絵が描けたなら」、彼らの神の像は牛や馬の姿で描かれるであろうとも述べている。

2:8 The philosopher Ludwig Feuerbach concluded that God is nothing but our (4)(1. injection 2. projection 3. introspection), on a celestial screen, of the essence of man.
2:8哲学者ルートビッヒ=フォイエルバッハは、神は天のスクリーンに映した人間の本質の投影にすぎないと結論づけている。
2:9 In science, the sin against hierarchy is to assign human characteristics to animals.
2:9科学においては、階級組織に反する罪は人間の特徴を動物に割り当てることである。
2:10 Just as humans could not be like God, now animals cannot be like humans (note who has taken God’s place).
2:10人間が神のようになり得ないのと同様、動物は人間のようにはなれないのである(誰が神に取って代わったかということに注意せよ)。
(21) The author quotes Xenophane’s remarks in order to
1. indicate that the essence of man is to be found on a celestial screen.
2. explain that humans have the tendency to create gods with the same characteristics as themselves.
3. show that oxen and horses would create gods in their own image if they were competent enough.
4. argue that imagination plays an important role in creating the images of gods.

・解答 (21)2
(21) 2.「(著者がクセノパネスの言葉を引用しているのは)人間が自分たちと同じ特徴を用いて神を創造する傾向を持っているということを説明する(ためである)」Xenophanes「クセノパネス(ギリシアの詩人、哲学者)」第2段第5文(Men, the idea goes…)で「人間は自分自身の像の中に神を創り出す」と述べられており、クセノパネスの見解(第2段第7文; He notes that…)はその具体例である。

■第3段落
3:1 Young scientists are indoctrinated with the gravity of this error.
3:1若い科学者はこの誤りの重大さをたたき込まれる。
3:2 As animal behaviorist* David McFarland explains, “They often have to be specially trained to (5)(1. describe 2.accept 3. resist) the temptation to interpret the behavior of other species in terms of their normal behavior-recognition mechanisms.”
3:2動物についての行動主義者ディビッド-マクファーランドは「彼らはしばしば他の種の行動を自分の通常の行動認識メカニズムの見地から解釈しようとする誘惑に抵抗するように、特別に訓練されなければならない」と説明している。

3:3 In his recent book The New Anthropomorphism, behaviorist John S. Kennedy laments, “The scientific study of animal behavior was inevitably marked from birth by its anthropomorphic parentage and to a significant extent it still is.
3:3行動主義者ジョン=S.ケネディは、最近の著書『新しい擬人観』の中で次のように嘆いている。「動物の行動に関する科学的研究は、誕生のときから擬人観的な出自によって必然的に特徴づけられ、またかなりの程度、今でもそうである。
3:4 It has had to struggle to free itself from this erroneous approach and the struggle is not over.
3:4 この誤った研究方法から抜け出すべく奮闘する必要が続いており、その闘いはまだ終わっていない。
3:5 Anthropomorphism (6)(1. remains 2. restructures 3. recognizes) much more of a problem than most of today’s neobehaviorists believed….
3:5擬人観は今日の新行動主義者の大部分が信じているよりもはるかに大きな問題であるままである…。
3:6 If the study of animal behavior is to mature as a science, the process of (7)1. cancellation 2. liberation 3. interference) from the delusions of anthropomorphism must go on.”
3:6 もし動物の行動に関する研究が科学として成熟しようとするものであるならば、擬人観の妄想からの解放の過程が進まなければならない」

3:7 His hope is that “anthropomorphism will be brought under control, even if it cannot be cured completely.
3:7彼が望むのは「たとえ完全に治癒できなくても擬人観を統制下に置かれるようにする。
3:8 Although it is probably programmed into us genetically as well as being learned culturally, that does not mean the disease is untreatable.”
3:8擬人観は教養上学習されるだけでなく、おそらく遺伝学上我々の脳の中にプログラムされているのであろうが、それはその病気が治療できないという意味ではない」ということである。

(22) Which of the following statements best represents John S. Kennedy’s views on anthropomorphism?
1. The study of animal behavior has to overcome the problem of anthropomorphism in order to mature as a science.
2. Scientists who have been engaged in the study of animal behavior have failed to bring anthropomorphism under control and they never will in the future.
3. The time will come in the future when scientists will realize the importance of training young scientists to overcome the temptation to personify animals and their behavior.
4. In the future, the study of animal behavior will develop to such an extent that scientists will be able to overcome anthropomorphic mistakes.

・解答 (22)1
(22)ジョン=S.ケネディの擬人観に対する見解を最もよく表したものを選ぶ。
1.「動物の行動についての研究は、科学として成熟するためには擬人観の問題を克服しなければならない」第3段第3文(In his recent…)以下にケネディの言葉が書かれているが、第6文(If the study…)に、「もし動物の行動の研究が科学として成熟しようとするものであるならば、擬人観の妄想からの解放の過程が進まなければならない」とあり一致。
2.「動物行動の研究に携わっている科学者は、擬人観を統制下に置くことに失敗しており、また今後もそのままであろう」第3段末尾のケネディの言葉(anthropomorphism will be brought…)「擬人観はたとえ完全に治癒できなくても統制下に置かれるようになる」に反する。
3.「動物や動物の行動を擬人化する誘惑に打ち勝つように若い科学者を訓練する重要性に科学者が気づく時が、将来やって来るだろう」第3段第2文(As animal behaviorist…)に似た記述があるが、これはDavid McFarlandの見解である。
4.「将来、動物行動の研究は、科学者が擬人観の誤りを克服できる程度にまで発展するであろう」to such an extent that~「するほどの程度にまで」第3段末尾のケネディの言葉の中に「擬人観はたとえ完全に治癒できなくても統制下に置かれるようになる」とあるが、これを「擬人観の誤りを克服できる」とまでは解釈できない。

■第4段落
4:1 To accuse a scientist of anthropomorphism is to make a severe criticism of unreliability.
4:1 擬人観を理由に科学者を非難することは、信頼性の欠如を厳しく批判するということである。
4:2 It is regarded as a species-confusion, a forgetting of the line between subject and object.
4:2擬人観は種の混同として、主体と客体の境界線を忘れていることとしてみなされる。
4:3 To assign thoughts or feelings to a creature known incapable of them would, indeed, be a problem.
4:3思考や感情を持つことができないとわかっている動物にそれらを当てはめようとすることは実際に問題であろう。
4:4 But to ascribe to an animal emotions such as joy or sorrow is only anthropomorphic error if one knows that animals cannot feel such emotions.
4:4 しかし喜びや悲しみのような感情が動物にあると考えることは、動物がそのような感情を感じ得ないということを知っているのであれば、擬人観的な誤りにすぎないのである。
4:5 Many scientists have made this decision, but not on the basis of evidence.
4:5 多くの科学者はこのような決定を下しているが、それは証拠に基づくものではない。

4:6 The situation is not so much that emotion is denied but that it is regarded as too dangerous — such a minefield of (8)(1. relativity 2. objectivity 3.subjectivity) that no investigation of it should take place.
4:6感情の存在が否定されているというよりはむしろ、感情は危険すぎる―主観性という地雷の埋まった危険地帯である―ので、それについての調査は行うべきではないとみなされている、というのが状況なのである。
4:7 As a result, all but the most prominent scientists (9)(1. obtain 2. risk 3. establish) their reputations and credibility in venturing into this area.
4:7 その結果、最も著名な科学者でない限りは、この領域に入るにあたっては自らの評判と威信を危険にさらすことになるのだ。
4:8 Thus many scientists may actually believe that animals have emotions, but be unwilling not only to say that they believe it, but unwilling to study it or encourage their students to investigate it.
4:8 こうして、多くの科学者が実際には動物が感情を持つと信じているかもしれないが、自分がそれを信じていると進んで言うことをしないだけでなく、進んでそれを研究したり門下の学生にそれを調査させたりすることもしないであろう。
4:9 They may also (10)(1. defend 2. attack 3. copy) other scientists who try to use the language of the emotions.
4:9 彼らはまた感情に関する用語を使おうとする他の科学者を攻撃するかもしれない。
4:10 Nonscientists who seek to retain scientific credibility must tread carefully.
4:10 科学的な信頼性を保持しようとする自然科学以外の学者は、慎重に進まなければならない。
4:11 An administrator at one internationally known animal training institute remarked, “We don’t take a position on whether animals have emotions, but I’m sure if you talked to any one of us we’d say ‘Sure they have emotions.’
4:11 ある国際的に知られた動物訓練施設の管理者は次のように発言している。「我々としては動物が感情を持つかどうかについて一定の見解を取ることはしませんが、あなた方が我々のうちの誰に聞いても、我々は『もちろん動物は感情を持っている』と答えるはずだと思いますよ。
4:12 But as an organization we would not want to be (11)(1. depicted 2. anticipated 3. rejected) as saying they have emotions.”
4:12 しかし一つの組織として我々は我々が動物は感情を持つと言っていると語られるのはありがたくないですね」

(23) According to the article, many scientists
1. have accumulated enough evidence to show that animals cannot feel joy or sorrow as humans do.
2. claim, without providing evidence, that ascribing emotions to animals is “anthropomorphic error.”
3. have succeeded in differentiating between animal emotions and human emotions.
4. know for sure that animals do not have emotions such as joy or sorrow, and therefore it is anthropomorphic error to ascribe emotions to them.

・解答 (23)2
(23)第4段第5文(Many scientists…)に「多くの科学者がこのような決定を下しているが、それは証拠に基づくものではない」とあり、これに一致するのは2のみで、あとは反する。各選択肢の訳の下線部に注目。
1.「(多くの科学者は)動物が人間のように喜びや悲しみを感じることはできないということを示す十分な証拠を積み重ねてきている」
2.「(多くの科学者は)動物に感情があるとすることは「擬人観の誤り」であると、証拠を出すことなしに主張している」
3.「(多くの科学者は)動物の感情と人間の感情を区別することに成功している」
4.「(多くの科学者は)動物が喜びや悲しみのような感情を持っていないことを確実に知っており、ゆえに動物に感情があるとすることは擬人観の誤りである」

(24) In this article, an administrator at an internationally known animal training institute is quoted as saying that they do not take a position on whether animals have emotions.This remark suggests that people in the institute
1. tend to be hypocritical in their attitude toward prominent scientists in this field.
2. do not wish to risk the reputation of their institute by saying that animals have emotions.
3. are uncertain about how much they should commit themselves to conducting research on emotions in animals.
4. are not generally interested in the issue about whether animals have emotions.

・解答 (24)2
(24)設問文は「この本文において、国際的に知られた動物訓練施設の管理者は、自分たちは動物が感情を持つかどうかについての見解は取らないと言ったことが引用されている。この意見は、この施設の人々が…だということを暗示している」である。2は「動物が感情を持つと発言することによって自分たちの施設の評判を危険にさらしたくない」の意味。第4段最終文(But as an organization…)の発言を丁寧に読むこと。組織としての意見とメンバー個人としての意見を慎重に区別した発言であることがわかるだろう。

■第5段落
5:1 From the belief that anthropomorphism is a desperate error, a sin or a disease, flow further research (12)(1.taboos 2. incentives 3. interests), including rules that dictate use of language.
5:1擬人観が絶望的な誤り、罪、あるいは病いであるという信念から、言語の用法を決定する法則を含む、研究上のタブーがさらに発生する。
5:2 A monkey cannot be angry; it exhibits aggression.
5:2 猿が腹を立てるはずはない。攻撃性を示しているだけだ。
5:3 A crane does not feel affection; it (13)1.conceals 2. displays 3. prohibits) courtship or parental behavior.
5:3 鶴は愛情を感じることはない。求愛や親としての行動を示しているだけだ。
5:4 A cheetah is not frightened by a lion; it shows flight behavior.
5:4 チーターはライオンを恐れてなどいない。それは逃走行動を示しているだけだ、などである。
5:5 In keeping with this, Frans de Waal’s use of the word reconciliation in reference to chimpanzees who come together after a fight has been criticized: Wouldn’t it be more objective to say “first postconflict contact”?
5:5 この意見に同調して、フランス=ド=ワールが「和解(reconciliation)」という言葉をチンパンジーが喧嘩の後に寄り添うことについて述べるのに使用したことが、批判されてきている。「闘争後の最初の接触」と言う方が客観的ではないか、というのだ。

5:6 In the struggle to be objective, this kind of language employs distance and the refusal to (14)(1. maneuver 2. manage 3. identify) with another creature’s pain.
5:6客観的であろうとする努力のうちに、この種類の言葉は疎遠さ、および他の動物の苦痛に共感を持つことの拒否を含んでしまう。
(25) With regard to rules dictating use of language, the author seems to hold the view that
1. the use of the term reconciliation by Frans de Waal should rightly be criticized because it is impossible to observe chimpanzees’ motivation for their behavior.
2. to say “first postconflict contact” is preferable because it sounds more suitable for scientific writing.
3. the use of objective language such as first “postconflict contact” makes it difficult for us to have empathy toward animals.
4. scientists should try to avoid the use of subjective language such as reconciliation in order to be more objective.

・解答 (25)3
(25)用語の使用についての著者の見解を選ぶ問題。用語に関しては第5段(From the belief…)で述べられているが、筆者の見解と言えるのはその最終文(In the struggle…)のみであり、それ以外は「擬人観を誤りだとする信念による規則」の紹介である。
1.「フランス=ド=ワールによる「和解」という言葉の使用は、その行動を取るチンパンジーの動機を観察することが不可能であることから、当然批判されるべきである」
2.「『争いの後の最初の接触』と言う方が、科学的な記述としてはよりふさわしく響くので適切である」
3.「『争いの後の最初の接触』というような客観的な語法は、我々が動物に対して共感を持つことを難しくしてしまう」が第5段最終文に一致。
4.「科学者は、より客観的になるために、『和解』というような主観的な語の使用を避けるべきである」は第5段第5文(In keeping…)に類似した記述があるが、筆者の見解には反する。

■第6段落
6:1 Against this scientific orthodoxy, the biologist Julian Huxley has argued that to imagine oneself into the life of another animal is both scientifically (15)(1. avoidable 2. predictable 3. justifiable) and productive of knowledge.
6:1 この科学的正統主義に反し、生物学者ジュリアン=ハクスレーは、他の動物の生活に自分自身を当てはめて想像することは科学的に見て正当であり、知識を生み出すものであると主張している。

6:2 Huxley introduced one of the most extraordinary accounts of a deep and emotional tie between a human being and a free-living lioness, Joy Adamson’s Living Free, as follows:
6:2 ハクスレーは、ある人間と自由生活性の雌ライオンとの間の深く情緒的な絆についての最も並外れた説明の一つであるジョイ=アダムソン著『リビングーフリー』を次のように紹介している。
6:3 When people like Mrs.Adamson (or Darwin for that matter) interpret an animal’s gestures or postures with the aid of psychological terms — anger or curiosity, affection or jealousy — the strict behaviorist (16)1. relieves 2. deprives 3. accuses) them of anthropomorphism, of seeing a human mind at work within the animal’s skin.
6:3 アダムソン夫人(もしくはこの問題に関してはダーウィン)のような人々が動物の身ぶりや姿勢を、怒りや好奇心や愛情や嫉妬のような心理学的用語の助けを得て解釈するとき、厳格な行動主義者は彼らが擬人観を持っており、人間の精神が動物の皮の内側に機能しているように見ていると言って非難する。
6:4 This is not necessarily so.
6:4必ずしもそのとおりではない。
6:5 The true ethologist* must be evolution-minded.
6:5本当の動物行動学者は発展的な心を持っていなければならない。
6:6 After all, he is a mammal.
6:6結局は彼も哺乳類なのだ。
6:7 To give the fullest possible interpretation of behavior he must have (17)(1. recourse 2. resistance 3. immunity) to a language that will apply to his fellow-mammals as well as to his fellow­man.
6:7行動についての可能な限りの解釈を行うためには、自分と同類である人間にと同様、自分と同類の哺乳類にも当てはまる言語に頼らなければならない。
6:8 And such a language must employ subjective as well as objective terminology — fear as well as impulse to flee, curiosity as well as exploratory urge, maternal solitude in all its modulations in welcome addition to goodness knows what complication of behaviorist terminology.
6:8 そしてそのような言語は客観的な用語だけでなく主観的な用語も含む。すなわち「逃走への衝動」だけでなく「恐怖」も、「探検の衝動」だけでなく「好奇心」も、行動主義の専門用語の訳のわからぬ複雑さに加えてあらゆる抑揚で言われる「母親の孤独」という言葉も。
(26) Which of the following statements is in accordance with Julian Huxley’s position on anthropomorphism?
1. In order to provide a satisfactory interpretation of animal behavior, the use of objective terms should be encouraged while that of subjective terms should be restricted as much as possible.
2. Mrs. Adamson’s interpretation of a free-living lioness is nothing but a typical example of anthropomorphism which any scientist should try to avoid.
3. The use of psychological terms in interpreting animal behavior is not to be criticized; rather it might even be necessary.
4. Mrs. Adamson’s account of her relationship with a free-living lioness is so moving that scientists who have read it would take no notice of its anthropomorphic nature.

・解答 (26)3
(26)ジュリアン=ハクスレーの見解に沿うものを選ぶ。第6段第1文(Against…)よりハクスレーは「他の動物の生命に自分自身を当てはめて想像することは科学的に見て正当であり、知識を生み出すものである」と主張している。
1.「動物の行動について満足のいく解釈をするためには客観的な用語の使用が奨励されるべきであり、主観的な語の使用は極力制限されるべきである」第6段引用部分の最終文(And such a language…)に反する。
2.「アダムソン夫人の自由生活性の雌ライオンに関する解釈は、いかなる科学者も避けなければならない擬人観の典型例にすぎない」第6段の引用部分参照。この第1文後半(the strict behaviorist…)でアダムソンに対してこのような批判が起こるだろうことを述べているが、彼女の意見ではない。
3.「動物の行動を解釈する際に心理学用語を使用することは批判されるべきものではない。むしろそれは必要でさえあるかもしれない」第6段の引用部分の第1文(When people like…)よりアダムソンが心理学用語を援用し、ハクスレーはこれを支持していることがわかる。
4.「アダムソン夫人が自由生活性の雌ライオンとの関係を述べたものは大変感動的であるので、それを読んだ科学者はその擬人観的性質に注意を払わなくなるだろう」第6段の引用部分の第1文後半で、アダムソンの解釈はその擬人観的性質が非難されるだろうことが述べられている。

■第8段落
8:1 The real problem underlying many of the criticisms of anthropomorphism is actually anthropocentrism.
8:1 擬人観への批判の多くの根底にある真の問題は、実は人間中心主義である。
8:2 Placing humans at the center of all interpretation, observation, and concern, and dominant men at the center of that, has led to some of the worst errors in science, whether in astronomy, psychology, or animal behavior.
8:2人間をすべての解釈や観察や関心の中心に置くこと、そして有力な人間をその中心に据えることは、天文学であれ心理学であれ動物行動学であれ、科学における最悪の誤りをもたらしてきているのである。

8:3 Anthropocentrism treats animals as (18)(1. superior 2. inferior 3. compatible) forms of people and denies what they really are.
8:3 人間中心主義は、動物を人の下等な形とみなし、その本当の姿を否定するものである。
8:4 It reflects a passionate wish to (19)(1. differentiate 2. alienate 3. dismiss) ourselves from animals, to make animals other, presumably in order to maintain humans at the top of the evolutionary hierarchy and the food chain.
8:4 それはおそらく人間を進化の階層社会と食物連鎖のトップに位置づけておくために自分たちを動物と区別し、動物を別の物としておきたいという熱心な願望を映し出している。
8:5 The notion that animals are wholly other from humans, despite our common ancestry, is more (20) (1. likely 2. rational 3. irrational) than the notion that they are like us.
8:5 我々が共通の祖先を持つにもかかわらず、動物が全く人間と異なるという考えを抱くのは、動物が我々と似ているという考えよりも理性を欠くものである。
(27) Which of the following statements best reflects the author’s opinion regarding anthropocentrism?
1. No scientists would accept anthropocentrism because it supports the idea that humans are at the top of the evolutionary hierarchy.
2. The development of science would have been accelerated if scientists had realized the value of anthropocentrism.
3. Scientists will never be able to overcome the problems of anthropocentrism.
4. Anthropocentrism has been responsible for misleading scientists in serious ways.

・解答 (27)4
(27)人間中心主義に関して筆者の見解に沿うものを選ぶ。第8段第2文(Placing humans…)に「すべての解釈や観察や関心の中心に人間を置くこと、そして有力な人間をその中心に据えることは、天文学であれ心理学であれ動物行動学であれ、科学的な最悪の誤りにつながってきているのである」とある。
1.「人間中心主義は人間が進化的階層の頂点に位置するという考えを支持するものなので、受け入れる科学者はいない」
2.「もし科学者が人間中心主義の価値に気づいていれば、科学の発達は加速されていたであろう」はこれに反する。
3.「科学者は人間中心主義の問題を克服することは決してできないだろう」も記述なし。
4.「人間中心主義は科学者をきわめて誤った方向に導いた原因となっている」のみが一致する。

(28) The author seems to support which of the following statements about scientists?
1. Young scientists should be trained in such a way that they will not fall into the trap of anthropomorphism.
2. Scientists who have received proper training will be careful enough to avoid using psychological terms in describing emotions in animals.
3. Only the most prominent scientists should be allowed to go into the study of emotions in animals.
4. Scientists should realize that anthropocentrism, rather than anthropomorphism, is the real problem in science.

・解答 (28)4
(28)筆者が支持する内容の文を選ぶ。
1.「若い科学者は擬人観のわなにはまらないような方法で訓練されねばならない」
2.「適切な訓練を受けた科学者は、十分に注意し、動物の感情を表す心理学用語の使用を避けるようになる」第3段第12文(Young scientists…)にこれに近い記述があるが、人間中心主義を批判する筆者の立場(27)のチェック参照)に反する。
3.「最も著名な科学者だけが動物の感情を研究するのを許されるべきだ」第4段第7文(As a result…)に「最も著名な科学者以外は、この領域に入るにあたって……が危険にさらされる」とあるが、これは「だけが許されるべき」という見解ではなく、現状に対する批判である。
4.「擬人観よりもむしろ人間中心主義が科学における真の問題であるということを、科学者は気づくべきだ」第8段第1文(The real problem…)に一致。

■第2段落
2:1 Science considers anthropomorphism toward animals a grave mistake, even a sin.
2:1 科学では、動物に対する擬人観は重大な誤りであり、罪でさえあると考える。
2:2 It is common in science to speak of “committing” anthropomorphism.
2:2 科学においては擬人観「を犯す」という表現を使うことは普通のことである。
2:3 The term originally was religious, referring to the (1)(1. modifying 2. shaping 3.assigning) of human form or characteristics to God — the hierarchical error of acting as though the merely human could be (2)(1. divine 2. secular 3. religious) — hence the connotation of sin.
2:3 その用語は本来宗教的なものであり、人間の姿や特徴を神に割り当てること―人間にすぎないものがあたかも神聖なものになりうるかのように振る舞うという階層の誤り―を指すものであったが、それゆえに罪という響きを含むのである。
2:4 In the long article on anthropomorphism in the 1908 Encyclopedia of Religion and Ethics, the author (Frank B. Jevons) writes: “The tendency to (3)(1. personify 2. imitate 3. create) objects — whether objects of sense or objects of thought — which is found in animals and children as well as in savages, is the origin of anthropomorphism.”
2:4 1908年の『宗教・倫理百科』にある擬人観(神人同形説)についての長い論説の中で、著者(フランク=B.ジェボンズ)は次のように書いている。「対象を―それが感覚の対象であれ思考の対象であれ―擬人化するという傾向は、未開人だけでなく動物や子供にも見られるものだが、それは擬人観(神人同形説)の生まれる源である」

2:5 Men, the idea goes, create gods in their own image.
2:5 その考えによると、人間は自分自身の像の中に神を創り出すという。
2:6 The best-known example of this tendency comes from the Greek author Xenophanes (fifth century B.C.).
2:6 この傾向の最もよく知られている例はギリシアの作家クセノパネス(紀元前5世紀)によって述べられている。
2:7 He notes that Ethiopians represent the gods as black, Thracians depict them as blue-eyed and red-haired, and “if oxen and horses … had hands and could paint” their images of gods would depict oxen and horses.
2:7 エチオピア人は神を黒人として表現しており、またトラキア人は神を青い目、赤い髪をしているように描写していると彼は述べている。また「もし牛や馬が手を持ち絵が描けたなら」、彼らの神の像は牛や馬の姿で描かれるであろうとも述べている。
2:8 The philosopher Ludwig Feuerbach concluded that God is nothing but our (4)(1. injection 2. projection 3. introspection), on a celestial screen, of the essence of man.
2:8哲学者ルートビッヒ=フォイエルバッハは、神は天のスクリーンに映した人間の本質の投影にすぎないと結論づけている。
2:9 In science, the sin against hierarchy is to assign human characteristics to animals.
2:9科学においては、階級組織に反する罪は人間の特徴を動物に割り当てることである。
2:10 Just as humans could not be like God, now animals cannot be like humans (note who has taken God’s place).
2:10人間が神のようになり得ないのと同様、動物は人間のようにはなれないのである(誰が神に取って代わったかということに注意せよ)。
■第3段落
3:1 Young scientists are indoctrinated with the gravity of this error.
3:1若い科学者はこの誤りの重大さをたたき込まれる。
3:2 As animal behaviorist* David McFarland explains, “They often have to be specially trained to (5)(1. describe 2.accept 3. resist) the temptation to interpret the behavior of other species in terms of their normal behavior-recognition mechanisms.”
3:2動物についての行動主義者ディビッド-マクファーランドは「彼らはしばしば他の種の行動を自分の通常の行動認識メカニズムの見地から解釈しようとする誘惑に抵抗するように、特別に訓練されなければならない」と説明している。

3:3 In his recent book The New Anthropomorphism, behaviorist John S. Kennedy laments, “The scientific study of animal behavior was inevitably marked from birth by its anthropomorphic parentage and to a significant extent it still is.
3:3行動主義者ジョン=S.ケネディは、最近の著書『新しい擬人観』の中で次のように嘆いている。「動物の行動に関する科学的研究は、誕生のときから擬人観的な出自によって必然的に特徴づけられ、またかなりの程度、今でもそうである。
3:4 It has had to struggle to free itself from this erroneous approach and the struggle is not over.
3:4 この誤った研究方法から抜け出すべく奮闘する必要が続いており、その闘いはまだ終わっていない。
3:5 Anthropomorphism (6)(1. remains 2. restructures 3. recognizes) much more of a problem than most of today’s neobehaviorists believed….
3:5擬人観は今日の新行動主義者の大部分が信じているよりもはるかに大きな問題であるままである…。
3:6 If the study of animal behavior is to mature as a science, the process of (7)1. cancellation 2. liberation 3. interference) from the delusions of anthropomorphism must go on.”
3:6 もし動物の行動に関する研究が科学として成熟しようとするものであるならば、擬人観の妄想からの解放の過程が進まなければならない」
3:7 His hope is that “anthropomorphism will be brought under control, even if it cannot be cured completely.
3:7彼が望むのは「たとえ完全に治癒できなくても擬人観を統制下に置かれるようにする。
3:8 Although it is probably programmed into us genetically as well as being learned culturally, that does not mean the disease is untreatable.”
3:8擬人観は教養上学習されるだけでなく、おそらく遺伝学上我々の脳の中にプログラムされているのであろうが、それはその病気が治療できないという意味ではない」ということである。
■第6段落
6:1 Against this scientific orthodoxy, the biologist Julian Huxley has argued that to imagine oneself into the life of another animal is both scientifically (15)(1. avoidable 2. predictable 3. justifiable) and productive of knowledge.
6:1 この科学的正統主義に反し、生物学者ジュリアン=ハクスレーは、他の動物の生活に自分自身を当てはめて想像することは科学的に見て正当であり、知識を生み出すものであると主張している。
6:2 Huxley introduced one of the most extraordinary accounts of a deep and emotional tie between a human being and a free-living lioness, Joy Adamson’s Living Free, as follows:
6:2 ハクスレーは、ある人間と自由生活性の雌ライオンとの間の深く情緒的な絆についての最も並外れた説明の一つであるジョイ=アダムソン著『リビングーフリー』を次のように紹介している。
6:3 When people like Mrs.Adamson (or Darwin for that matter) interpret an animal’s gestures or postures with the aid of psychological terms — anger or curiosity, affection or jealousy — the strict behaviorist (16)1. relieves 2. deprives 3. accuses) them of anthropomorphism, of seeing a human mind at work within the animal’s skin.
6:3 アダムソン夫人(もしくはこの問題に関してはダーウィン)のような人々が動物の身ぶりや姿勢を、怒りや好奇心や愛情や嫉妬のような心理学的用語の助けを得て解釈するとき、厳格な行動主義者は彼らが擬人観を持っており、人間の精神が動物の皮の内側に機能しているように見ていると言って非難する。
6:4 This is not necessarily so.
6:4必ずしもそのとおりではない。
6:5 The true ethologist* must be evolution-minded.
6:5本当の動物行動学者は発展的な心を持っていなければならない。
6:6 After all, he is a mammal.
6:6結局は彼も哺乳類なのだ。
6:7 To give the fullest possible interpretation of behavior he must have (17)(1. recourse 2. resistance 3. immunity) to a language that will apply to his fellow-mammals as well as to his fellow­man.
6:7行動についての可能な限りの解釈を行うためには、自分と同類である人間にと同様、自分と同類の哺乳類にも当てはまる言語に頼らなければならない。
6:8 And such a language must employ subjective as well as objective terminology — fear as well as impulse to flee, curiosity as well as exploratory urge, maternal solitude in all its modulations in welcome addition to goodness knows what complication of behaviorist terminology.
6:8 そしてそのような言語は客観的な用語だけでなく主観的な用語も含む。すなわち「逃走への衝動」だけでなく「恐怖」も、「探検の衝動」だけでなく「好奇心」も、行動主義の専門用語の訳のわからぬ複雑さに加えてあらゆる抑揚で言われる「母親の孤独」という言葉も。
■第9段落
9:1 But even if they were not like us at all, that is no reason to avoid studying them for their own sakes.
9:1 しかしたとえ動物が我々と全く似ていないとしても、彼ら自身のために彼らの研究をすることを避けるというのは道理にかなっていない。
9:2 The point has been made by J. E. R. Staddon that “psychology as a basic science should be about intelligent and adaptive behavior, wherever it is to be found, so that animals can be studied in their own right, for what they can teach us about the nature and evolution of intelligence, and not as if they were people or tools for the solution of human problems.”
9:2 J.E.R.スタドンは次のように指摘している。「基本的な科学としての心理学は、動物が本来の価値において研究されるよう、どこで発見されるものにせよ知的で順応性のある行動を扱うべきである。それは動物が人間や人間の問題解決の道具であるかのようにではなく、知能の性質と進化について彼らが我々に教えてくれることのためにである」
9:3 The knowledge obtained from such study, whether or not it contributes to the solution of human problems, is still knowledge.
9:3 そのような研究から得られた知識は、それが人間の問題の解決に貢献しようがしまいが、あくまで知識である。
(29) The author seems to be in sympathy with the views expressed by which of the following people?
1. David McFarland and John S. Kennedy.
2. Frank B. Jevons and John S. Kennedy.
3. Ludwig Feuerbach and David McFarland.
4. Julian Huxley and J. E. R. Staddon.

・解答 (29)4
(29)「次の中の誰によって表明された意見に、筆者は共鳴していると思われるか」David McFarlandは第3段第2文(As animal behaviorist…)、John S. Kennedyは第3段第3文(In his recent book…)に見解が紹介されている。いずれも擬人観を強く否定しており筆者の見解に反する。Frank B. Jevonsは第2段第4文(In the long article…)で擬人観を定義している。Ludwig Feuerbachの見解は第2段第8文(The philosopher…)だが、神に関する見解であり筆者の見解とは抵触しない。Julian Huxleyは第6段全体にその見解が紹介されており、それ以降の記述からも筆者の見解と一致する。またJ. E. R. Staddonの見解は最終段第2文(The point has been…)であり、筆者の見解を補強するために引用されていると言える。

(30) One of the important points made by the author is that
1. humans and other animals share common ancestry, and therefore it is scientifically acceptable to use language which is applicable to both of them.
2. humans are at the top of the evolutionary hierarchy, and therefore they should be treated as such in scientific investigations.
3. humans and other animals behave differently, and therefore it is scientifically unacceptable to describe their behavior using the same language.
4. emotions in animals are not directly observable, and therefore all but the most prominent scientists should refrain from venturing into this area of study.

・解答 (30)1
(30)筆者が指摘した重要な点は何かを選ぶ。
1.「人間と他の動物は祖先が共通であり、それゆえ両方に適用可能な言語を用いることは科学的に受け入れられる」
2.「人間は進化の階級の頂点におり、それゆえ科学的に研究されるべきである」
3.「人間と他の動物では異なった行動をする。よって両者の行動を表現するのに同じ言語を用いることは科学的に許されない」
4.「動物の感情は直接には観察できない。よって最も著名な科学者を除いてはこの領域の研究に立ち入るのを控えるべきである」

copyright 2016/Everyday school