[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2000年 大問一 本文対訳

本文
The Child Prodigy* of 1997-9[8](El Niño in 1997-98)
1997年から98年の神童(1997年から98年のエルニーニョ)
■第1段落
1:1 Just under a year ago, a sharp drop in equatorial Pacific sea surface temperatures indicated the end of the 1997-98 El Niño.
1:1 ほんの1年足らず前、赤道直下の太平洋の海面温度が急激に低下し、1997年から98年のエルニーニョは終わりを告げた。
1:2 Called by someone “the climate event of the century,” it was by several measures the strongest on record.
1:2 それはある人によって「気象上の今世紀最大の出来事」と呼ばれ、いくつかの基準に照らしても、記録に残る最も強烈なものであった。
■第2段落
2:1 Identifying why it was so strong challenges our [1] (1. interest 2. objective 3. understanding) of the physical mechanisms responsible for El Niño.
2:1 それがどうしてそれほど強烈なものであったかを確認することは、エルニーニョの原因となっている物理学的メカニズムを理解することを必要とする。
2:2 This is more than simply an academic question: the 1997-98 El Niño severely disrupted global weather patterns and Pacific marine ecosystems, and by one estimate caused $33 billion in damage and cost 23,000 lives [2](1. locally 2. worldwide 3. in the space).
2:2 これは単なる学問上の疑問というだけで済むものではない。1997年から98年のエルニーニョは、地球規模の気候形態や太平洋の生態系を崩壊させ、またある算定ではそれが330億ドルの被害を生み、世界中で2万3千人の命が犠牲になったという。
2:3 There were warnings of a coming El Niño before it occurred.
2:3 エルニーニョの到来はその発生以前から兆候があった。
2:4 But although many computer forecast models predicted that 1997 would be warm in the tropical Pacific up to three seasons in advance, none predicted the rapid development or ultimate intensity of the event before it began.
2:4 しかし、予報型の多くのコンピュータが1997年は熱帯地方の太平洋が暖かくなると3シーズンも前から予想したが、その現象が急激に発達しきわめて強烈なものになるとあらかじめ予想したコンピュータはなかった。
2:5 Clearly we have much to learn from this experience.
2:5 この経験から学ぶべきことがたくさんあることは明らかである。

■第3段落
3:1 El Niño, Spanish for ‘the child’ (and specifically the Christ child), is the name Peruvian fishermen gave to coastal sea temperature [3](1. silence 2. coldness 3. warmings) that first appeared around Christmas time.
3:1 エルニーニョはスペイン語で「子供」(具体的には幼児キリスト)を意味するが、それは、クリスマスの時期に最初に現れた沿岸地方の海水温度の上昇に対してペルー人の漁師たちがつけた名前である。
3:2 Now El Niño more generally refers to a warming of the tropical Pacific basin that occurs roughly [4] (1. every 2. any 3. some) three to seven years in association with a weakening of the trade winds.
3:2現在ではもっと一般的に、エルニーニョというのは、およそ3年から7年に一度、貿易風の弱まりに伴って発生する熱帯地方の太平洋海域における温度上昇のことを指す。
3:3 The opposite side of El Niño, La Niña, is characterized by stronger-than-normal trade winds and unusually cold sea-surface temperatures in the tropical Pacific.
3:3 エルニーニョの逆の現象であるラニーニャは、通常よりも強い貿易風と、熱帯地方の太平洋の海面温度が異常に低いことが特徴である。
3:4 Both El Niño and La Niña are [5] (1. disrupted 2. exchanged 3. accompanied) by swings in atmospheric pressure between the eastern and western Pacific.
3:4 エルニーニョ、ラニーニャとも、太平洋の東部と西部の間の気圧変動を伴う。
3:5 These swings are known as the Southern Oscillation.
3:5 このような変動は南方振動として知られている。
3:6 These phenomena are collectively [6] (1. preferred 2. referred to 3. gathered) as ENSO or El Niño/Southern Oscillation.
3:6 これらの現象はまとめてENSO(エンソ)あるいはエルニーニョ/南方振動と呼ばれる。
3:7 At the moment, a strong La Niña is evident in the tropical Pacific, with several (but not all) forecast models predicting a return to [7] (1. abnormal 2. formal 3. normal) by the end of 1999.
3:7現在、熱帯地方の太平洋で強いラニーニャ現象が起こっているが、いくつかの(すべてではないが)予測機器は1999年末までには正常な状態に戻ると予想している。

■第4段落
4:1 The general mechanisms underlying ENSO involve large-scale ocean-atmosphere interactions and equatorial ocean dynamics.
4:1 ENSOの基礎となる全般的なメカニズムは、大規模な海洋・大気間の相互作用と赤道付近の海洋のエネルギーが関係している。
4:2 But each El Niño and La Niña is unique in the [8](1. combination 2. division 3. category) of its strength, duration and pattern of development.
4:2 しかしエルニーニョやラニーニャの一つ一つは、その強さ、持続期間、発達の形態の組み合わせが違う。
4:3 Irregularity in the ENSO cycle can be seen both in the record dating back to the middle of the last century, and in other supporting data, such as lake sediments*, coral growth rings and tree rings, going back hundreds or [9](1. less 2. more 3. even) thousands of years.
4:3 ENSOの周期の不規則性は前世紀の半ばにまでさかのぼる記録においてもみられるし、また湖の堆積物や環礁や年輪といったような、何百年あるいは何千年も前の他のデータにも裏づけられる。
4:4 So, in principle, it should not be surprising that an unusually strong El Niño occurs every so often.
4:4 したがって、原則的には、異常に強烈なエルニーニョがときどき発生することは驚くべきことではないはずである。

■第5段落
5:1 Nonetheless, the 1997-98 El Niño was an unusual one.
5:1 とはいっても、1997年から98年にかけてのエルニーニョは異常なものだった。
5:2 It developed so rapidly that every month between June and December 1997 set a new [10] (1. annually 2. monthly 3. weekly) record high for sea-surface temperatures in the eastern equatorial Pacific.
5:2 それはきわめて急速に発達したため、1997年の6月から12月までの毎月、太平洋東部の赤道付近の海面温度の月間値は最高記録を更新した。
5:3 Anomalies (that is, deviations from normal) in December 1997 were the highest ever recorded along the Equator in the eastern Pacific.
5:3 1997年12月の偏差(つまり標準値からのずれ具合のこと)は、太平洋東部の赤道付近でかつて記録されたうちでは最も激しいものであった。
5:4 Moreover, before 1997-98, the previous record setting El Niño occurred in 1982-83.
5:4 さらに、1997年から98年にかけての現象よりも以前、1982年から83年にかけて記録的なエルニーニョが発生している。
5:5 These two ‘super El Niños’ were [11] (1. similar 2. different 3. separated) by only 15 years, compared with a typical 30-40 year gap between such events earlier this century.
5:5 これら2つの「スーパー・エルニーニョ」は、今世紀初頭の同様の現象の際にみられたような、30~40年という典型的な間隔と比較しても、15年というわずかな間隔でしかなかったのである。

■第6段落
6:1 Several factors may have contributed to the [12] (1. strength 2. Weakness 3. Calmness) of the 1997-98 El Niño.
6:1 1997年から98年のエルニーニョの強さには、いくつもの要因が関与したのだろう。
6:2 One is chaos, which some theories invoke to account for the irregularity of the ENSO cycle.
6:2一つはENSOの周期の不規則性を説明するためにいくつかの理論で引き合いに出される無秩序というものである。
6:3 Nonlinear resonances involving ENSO and the seasonal cycle have received special attention, but other chaotic interactions may affect ENSO as well.
6:3 ENSOや季節の周期に関わる非直線的な共鳴振動はすでにかなり注目されてきたが、他の無秩序な相互作用もまた、ENSOに影響を及ぼすことがある。
6:4 In 1997-98, events possibly acted together to produce an extraordinarily strong El Niño simply due to the underlying tendency towards chaos in the climate system.
6:4 1997年から98年にかけては、複数の現象が同時に作用して異常に激しいエルニーニョ現象を生み出したが、おそらくそれは単に気象体系に潜在する無秩序への傾向が原因である。
6:5 A related issue is [13] (1. another 2. that 3. in case) of weather ‘noise.’
6:5関連した問題に気象の「ノイズ(雑音)」がある。
6:6 Weather phenomena, inherently unpredictable more than about two weeks [14] (1. in advance 2. ago 3. later), are a source of random forcing in the climate system.
6:6気象現象は、本来約2週間以上前に予知することはできず、気象体系に無原則に入り込む力のもとになっている。
6:7 In the tropical Pacific, weather events occurring at the right time, and on time and space scales [15] (1. for 2. in 3. to) which the ocean is sensitive, can markedly alter the evolution of the ENSO cycle.
6:7熱帯地方の太平洋では、まさにうってつけのときに発生し、海に影響を与えやすいような時間と空間の規模の気象現象は、ENSOの周期の発達を著しく変化させることがあるのである。

■第7段落
7:1 One notable source of weather in the tropics is the Madden Julian Oscillation(MJO), a wave-like disturbance in the atmosphere with a period of 30-60 days that originates over the Indian Ocean.
7:1熱帯地方の気象の注目すべき源の一つに、マデン・ジュリアン振動(MJO)があるが、それはインド洋に端を発し、30日から60日の期間にわたって波状に大気が乱れる現象である。
7:2 It could have been that the ocean got a healthy kick from the MJO at just the right time to send it on a course towards record [16] (1. cold 2. low 3. high) temperatures.
7:2記録的な高温を生む経過につながるまさにうってつけの時期に海洋がMJOからかなりの影響を受けたということが可能性としてある。
7:3 The tropical Pacific was preconditioned for the beginning of an EI Nino by the build-up of excess heat in the western equatorial Pacific due to stronger than normal trade winds in 1995-96.
7:3熱帯地方の太平洋は、1995年から96年に通常よりも貿易風が強まったため、赤道付近の西太平洋に過剰な熱が形成され、エルニーニョが始まる条件は整っていた。
7:4 However, beginning in late 1996, the MJO was particularly energetic, and several cycles of the wave amplified through nonlinear ocean-atmosphere interactions [17](1. since 2. as 3. because) they passed over the western Pacific.
7:4 しかし、1996年後半からのMJOは特に強く、いくつかの波の周期は、太平洋西部を通過する際に、海洋と大気の非直線的な相互作用によって増大した。
7:5 This set in motion a series of positive feedbacks between the ocean and the atmosphere which reinforced initial MJO-induced warming.
7:5 このことによって海洋と大気の相互作用が増大し始め、MJOが引き起こした最初の温度上昇が補強された。

■第8段落
8:1 Another [18] (1. possibility 2. advantage 3. source) is that the ENSO cycle may be interacting with the Pacific Decadal* Oscillation (PDO) — which, as the name [19] (1. compels 2. implies 3. occasions), is a naturally occurring oscillation of the coupled ocean-atmosphere system in the Pacific with a period of several decades.
8:1 もう一つの可能性としては、ENSOの周期がパシフィック・デカダル振動(PDO)と相互に作用しているかもしれないということがある。それはその名が示すとおり、数十年にわたって、太平洋における海洋と大気の連結システムが自然に振動することである。
8:2 In association with the PDO, sea surface temperatures have generally been higher in the tropical Pacific from the mid-1970s.
8:2 PDOと関連して、1970年代半ばから熱帯地方の太平洋の海面温度が概して上昇してきている。
8:3 Since then, there have been more EI Nanos than La Niña’s.
8:3 それ以来、ラニーニャよりもエルニーニョのほうがより頻繁に発生している。
8:4 The early 1990s was a [20] (1. length 2. duration 3. period) of extended warmth in the tropical Pacific, and two super EI Nanos occurred.
8:4 1990年代の初めは熱帯地方の太平洋が広範囲にわたって高温になった時期であり、二度のスーパー・エルニーニョが発生した。
8:5 The PDO may be one of the reasons for the observed decadal changes of the ENSO cycle, because it affects the background conditions on which ENSO events develop.
8:5 PDOはENSO周期が10年規模で変動するのが観測される原因の一つかもしれない。なぜなら、それはENSOの現象が発達する背景的条件に影響を与えるからである。
8:6 From that perspective, the strength of the 1997-98 EI Nino may be but one manifestation of a linkage between internal and decadal climate variations in the Pacific.
8:6 その観点からすると、1997年から98年にかけてのエルニーニョの強烈さは、太平洋における気候の年ごとの変動と10年ごとの変動との関連性を明示したものの一つにすぎないかもしれない。

*prodigy: something wonderful and marvelous
*sediments: organic matter deposited by water
*decadal: of decade

copyright 2016/Everyday school