[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2000年 大問二 内容一致問題

内容一致問題
[21] By starting out the article with Kevin Carter’s photograph, the authors are generally concerned with
1. the strength and merit of photojournalism.
2. the eloquence and immediacy of photographs.
3. the social and political meanings behind the photograph.
4. the disaster and suffering in the Sudan.

・解答 [21]―3
>[21]書き出しにケビン=カーターの写真を引用した筆者の関心事を選ぶ。3は「その写真の背後にある社会的・政治的意味」本文全体に通じる主題である。
1.「写真報道ジャーナリズムの長所と短所」
2.「写真の雄弁性と速攻性」
4.「スーダンの災害と苦しみ」

■第6段落
6:1 Watching and reading about suffering, especially suffering that exists [11] ( 1. in the past 2. nowhere 3. somewhere else), has become a form of entertainment.
6:1不幸を見たり読んだりすることは、特にどこか別の場所に存在している不幸については、娯楽の一形態となっている。
6:2 Images of trauma are part of our political economy.
6:2 ショッキングな映像は我々の政治経済学の一部なのである。
6:3 Papers are sold, television pro­grams gain [12] (1. audience share 2. no program 3. less time), careers are advanced, jobs are created, and prizes are awarded through the consumption and appropriation of images of suffering.
6:3 不幸を写した画像を消費し、流用することで、新聞は売れ、テレビ番組は視聴率を稼ぎ、職業的地位は向上し、仕事が生み出され、賞が与えられるのである。

6:4 Kevin Carter won the Pulitzer Prize, but his victory, substantial [13] (1. for 2. as 3. like) it was, was won because of the misery (and probably death) of a nameless little girl.
6:4 ケビン=カーターはピューリッツァー賞を受賞したが、彼の勝利は、それが重要なことだったとはいえ、名もなき少女の不幸(そしておそらくは死)によって獲得されたものである。
6:5 That [14] (1. least 2. more 3. less) dubious side of the appropriation of human misery in the globalization of cultural processes is what must be addressed.
6:5文化的経過の世界化の中で、人間の不幸を不当に利用するという、そのようなより疑わしい側面にこそ取り組まなければならないのである。
[22] According to the article, serious forms of suffering
1. tend to unite people together to overcome it.
2. can be a source of profitmaking and personal advancement.
3. cause political and economic problems to emerge.
4. can be best captured by photographers.

・解答 [22]―2
>[22]深刻な不幸の形態とは何か。
2.「利益を上げることや個人的な地位向上の要因になりうる」第6段第2文(Images of…)および第3文(Papers are…)参照。
1.「それを克服するために人々を団結させる傾向がある」
3.「政治的・経済的問題を発生させる」
4.「写真家によってよく表現されうる」

■第2段落
2:1 When the photograph first appeared, it accompanied a story of the famine that has once again [1] (1. moved 2. solved 3. resulted from) political violence and the chaos of civil war in the southern Sudan.
2:1 この写真が初めて登場したとき、スーダン南部での政治的暴力と内戦の混乱からまたもや生じた飢饉の話が写真についていた。
2:2 The Times’ self-congratulatory account fails to adequately evoke the image’s shocking effect.
2:2 『タイムズ』紙の自画自賛めいたその説明は、その写真のもつ衝撃的な効果を十分に呼び起こしてはいない。
2:3 The child is [2] (1. much 2. hardly 3. a little) larger than an infant; she is naked; she appears bowed over in weakness and sickness, incapable, it would seem, [3] (1. from 2. of 3. for) moving; she is unprotected.
2:3 その子供の体はほとんど幼児同然の大きさしかない。彼女は裸で、衰弱と病気でうつぶせているように見え、動けないようであり、無防備である。
2:4 No mother, no family, no one is present to prevent her from being attacked by the vulture, or succumbing to starvation and then being eaten.
2:4母も、家族も、いや誰一人として、ハゲワシに攻撃されること、あるいは飢死してついには食べられてしまうことから彼女を守る者はそこにいない。
2:5 The image suggests that she has been abandoned.
2:5 その画像から彼女は置き去りにされたと伺える。
2:6 Why?
2:6 それはなぜか。
2:7 The reader again is led to imagine various [4] ( 1. scenarios 2. styles 3. col­lections) of suffering: she has been lost in the chaos of forced uprooting; her family has died ; she has been deserted near death in order for her mother to [5] ( 1. keep up with 2 .get rid of 3. hold on to) more viable children.
2:7 ここで再度読者はさまざまな不幸のシナリオを想像させられるのである。強制退去の混乱の中で迷子になってしまった。家族が死んでしまった。
あるいは、もっと生き延びる見込みのある子供らを母親が手放さないためにこの子が瀕死の状態で見捨てられた、などというふうに。
2:8 The image’s great success is that it causes the reader to want to know more.
2:8 この画像の成功の大きな点は読者にさらなる情報を知りたいと思わせるところにある。

2:9 Why is this innocent victim of civil war and famine unprotected?
2:9 なぜこの罪のない内戦や飢饉の犠牲者は保護されないままなのか。
2:10 The vulture embodies danger and evil, but the greater dangers and real forces of evil are not in the “natural world”; they are in the political world, [6] (1. including 2. predicting 3. speaking of) those nearby in army uniforms or in government offices in Khartoum.
2:10 ハゲワシは危険と悪を具体化しているが、より大きな危険や本当の悪の力は自然界には存在しない。それらは、軍服を着た人々やハルツームの官庁にいる身近な人々を含む、政治の世界の中にある。

2:11 Famine has become a political strategy in the Sudan.
2:11 スーダンにおいて飢饉は政治的な戦略となっているのである。
[23] The authors consider Kevin Carter’s photograph to be powerful and successful because
1. it impressively captures the famine caused by political turmoils in the Sudan.
2. it has a vulture that embodies danger and evil.
3. it shows that an infant, the victim of civil war and famine, is unprotected.
4. it has a strong image that evokes a number of questions and speculations.

・解答 [23]―4
>[23]筆者がケビン=カーターの写真を力強くて成功したものとみなしている理由を選ぶ。
1.「スーダンの政治的混乱によって引き起こされた飢饉を印象的に捕らえている」
2.「危険と悪を具体化しているハゲワシが写っている」
3.「内乱と飢餓輩の犠牲者である幼児の無防備な状態を写している」
4.「数々の疑問や推測を呼び起こすような強烈な画像が写っている」
1~3とも本文の内容には合っているが、この写真は1~3のような特徴を備えた結果、4のような効果が生まれたといえる。第2段第8文(The image’s great success…)にも成功の理由を示す記述がある。

[24] The term “natural world” in the second paragraph is used in contrast to the political world in order to indicate that
1. real suffering is caused by people.
2. the vulture represents danger and evil in the actual political world.
3. there are two types of problems people confront.
4. natural factors explain the problem of famine in the Sudan.

・解答 [24]―1
>「24]第2段第10文にある“natural world”という語句は政治の世界と対照的に使われているが、何を示すために用いられているか。
1.「本当の苦しみは人間によって引き起こされる」第2段第10文には「より大きな危険や本当の悪の力は自然界には存在しない」とある。
2.「ハゲワシは実際の政治の世界での危険や悪を表している」
3.「人々が直面する問題は2種類ある」
4.「自然の要因がスーダンの飢餓置問題を説明している」

■第7段落
7:1 One message that comes across from viewing suffering from a distance is that [15] (1. based on 2. together with 3. for all) the havoc and chaos in Western society, we are somehow better than this African society.
7:1遠くから人の不幸を眺めることから伝わってくるメッセージの一つは、西欧社会の荒廃と混沌にもかかわらず、我々のほうがこのアフリカ社会よりも幾分ましであるということである。
7:2 We gain in moral status, and some of our organizations gain financially and politically, while those whom we represent, or appropriate, remain where they are, slowly dying, surrounded by [16] ( 1. vultures 2. chance 3. mistake).
7:2我々は道徳的地位において利益を得、また我々の組織のいくつかは経済的・政治的に利益を得ている。だが一方では我々が表現し、利用している人々はその場にとどまり、ハゲワシに囲まれてじわじわと死につつあるのである。
7:3 This “consumption” of suffering in an era of so-called “disordered capitalism” is not so very different from the late nineteenth-century view that the savage barbarism in non-Christian lands justified the valuing of our own civilization at a higher level of development — a view that authorized colonial exploitation.
7:3 このようないわゆる「乱れた資本主義」の時代における不幸の「消費」は、非キリスト教国の野蛮な未開状態が、我々の文明がより高い発達水準にあると評価するのを正当化したという、19世紀後半の考え方―つまり植民地開発を認めた考え方―と大差ないのである。

7:4 Both are [17] (1. forms 2. aware 3. igno­rant) of cultural representation in which the moral, the commer­cial, and the political are deeply involved in each other.
7:4両者とも、その中に道徳、商業、政治が互いに深く関わった文化の表現形態である。
7:5 The point is that the image of the vulture and the child carries cultural entailments, including the brutal history of colonialism as well as the dubious cultural baggage of the more recent programs of “modernization” and globalization (of markets and financing), that have too often [18] ( 1. improved 2. worsened 3. overcame) human problems in sub-Saharan Africa.
7:5重要なのは、ハゲワシと子供の画像は文化的内含を伴っているということである。それは植民地主義の残忍な歴史、およびより近年の(市場と財政の)「現代化」と世界化の計画といういかがわしい文化的な荷物を含むものであり、またそれはアフリカのサハラ以南の人々の問題をあまりにも頻繁に悪化させてきたものである。

[25] The authors refer to colonial exploitation in the late 19th century in the seventh paragraph, in order to demonstrate that
1. Western society has been dominant over African society since the age of colonialism.
2. Westerners tend to believe that their civilization is superior to that of Africa.
3. people in the media consume others’ suffering today in the Same way pagan lands were colonized in the past.
4. the same attitude is found working both in justifying the colonial exploitation in the 19th century and in consuming today’s suffering.

・解答 [25]―4
>[25]第7段で筆者が19世紀の植民地開発について述べることによって示そうとしている事柄を選ぶ。
4.「19世紀の植民地開発を正当化すること。そして現在人々の不幸を消費していることの両方に、同じ態度が作用しているのがみられる」第7段第3文(This“consumption”of…)参照。「このようないわゆる『乱れた資本主義』の時代における不幸の『消費』は、非キリスト教国の野蛮な未開状態がより高い発達水準にある我々の文明の価値を正当化したという。19世紀後半の考え方―つまり植民地開発を認めた考え方―と大差ないのである」とある。ここでいう「消費」(consumption)とは、人々の不幸な状態がメディアなどの画像を通して商品のように消費され、経済的・政治的利益の追求に利用されていることを述べた表現である。
1.「植民地主義時代以来、西洋社会がアフリカ社会より優位に立っているということ」
2.「西洋人は、自分たちの文明がアフリカの文明より優れていると思いがちだ」3.「メディアの人々は、異教徒の土地が過去に植民地にされたのと同じ方法で、今日、他の人々の苦しみを消費している」

[26] What is the author’s main point about the image of the child and the vulture in the photograph?
1. The image implies that Westerners have something to do with the human problem in the photograph in the form of colonialism in the past, and modernization and globalization now.
2. The image suggests that the child is abandoned and that she is unprotected.
3. The image was horrible, and Kevin Carter was not able to overcome the burden of horror. So he committed suicide.
4. The image can be effectively used to heighten moral sentiment to mobilize support for social action.

・解答 [26]―1
>[26]写真の子供とハゲワシについての、筆者の主な論点を選ぶ。
1.「西欧人が過去においては植民地主義という形で、そして現在では現代化や世界化という形で、写真の中にある人類の問題と関わりがあるということをその画像は意味している」第7段第3文(前問25で解説)、さらに最終文(The point is that…)参照。
2.「その画像は、子供が見捨てられ、保護されていないことを示唆している」
3.「その画像はひどいもので、ケビン=カーターは、恐怖の負担に耐えることができず自殺した」
4.「その画像は、社会的行動への支持を集めるため、道徳的感傷を高めるために効果的に使うことができる」

■第9段落
9:1 The photograph is a professional transformation of social life, a politically relevant rhetoric, a constructed form that ironically naturalizes experience.
9:1 この写真は専門家による社会生活の変形であり、政治に関係したレトリックであり、皮肉にも経験を自然なものとみなす、一つのつくられた形なのである。
9:2 As Michael Shapiro puts it,
… representation is the absence of presence, but because the real is never wholly present to us — how it is real for us is always [20](1. cut 2. gone 3. mediated) through some representational practice — we lose something when we think of representation as mimetic (or the exact copy of reality) …
9:2 マイケル=シャピロも言ったように、「…表現することは実在の欠如である。しかし、現実の全体は決して我々に提示されないのであるから―我々にとっての現実のありようは常に何らかの表現上の操作を通じて伝えられているので―表現を模倣(もしくは真実の忠実なコピー)とみなすとき、我々は何かを失うのである…」
[27] What do the authors mean by the phrase “a constructed form that ironically naturalizes experience” in the ninth paragraph?
1. Despite our natural desire to understand reality, we don’t wish to take reality as it is.
2. The photograph is a professional and natural representation of social life.
3. Photographs can capture reality as it is and purify our experience.
4. Photographs cannot capture reality as it is, yet we accept a photo image as constructing a natural experience.

・解答 [27]―4
>[27]第9段の「皮肉にも経験を自然なものとみなす、一つのつくられた形」とはどういう意味かを選ぶ。
4.「写真というものは現実をそのままとらえることはできないが、我々は写真による画像を、自然の経験を構成するものとして受け入れている」第9段冒頭(The photograph is…)に「この写真は専門家による社会生活の変形である」と述べられているし、また同段のマイケル=シャピロ氏の言葉の中にもhow it is… practice「我々にとっての現実のありようは常に何らかの表現上の操作を通じて伝えられている」とある。
1.「現実を理解しようとする我々の自然な願望にもかかわらず、我々は現実をそのまま受け入れたくはない」
2.「その写真は社会生活を専門的に自然に表現したものだ」
3.「写真は現実をそのままとらえ、我々の経験を浄化することができる」

[28] This passage suggests that consumption of suffering in Western society today results in
1. accelerating the process of professional and political transformation.
2. producing moral fatigue, exhaustion of empathy, and political despair.
3. promoting so-called “disordered capitalism.”
4. increasing the number of people who are sympathetic about the deprived people.

・解答 [28]―2
>[28]今日の西欧社会における不幸の消費がどのような結果になっているかを選ぶ。
2.「道徳観の麻痺、共感の枯渇、政治的絶望を生み出す」第8段最終文(Thus, our…)の内容に一致する。
1.「専門的・政治的変形の過程を加速する」
3.「いわゆる“乱れた資本主義”を促進する」
4.「恵まれない人々に同情的な人の数を増やす」

■第8段落
8:1 Another effect of the world’s political and economic appropria­tion of images of such serious forms of suffering at a distance is that it has desensitized the viewer.
8:1離れた場所でのそのような深刻な形態の不幸を表す画像を、世界が政治的・経済的に悪用することのもう一つの影響は、それを見る者の感覚を鈍らせているということである。
8:2 Viewers are overwhelmed by the sheer number of brutal massacres.
8:2 おびただしい数の残忍な虐殺を見せられた人々は圧倒される。
8:3 There is too much to see, and there appears to be too much to do anything about.
8:3 目に余るものであり、どうにもしようがないほどひどいもののように見える。
8:4 Thus, our epoch’s dominating sense that complex problems can be neither understood nor fixed [19] (1. strikes 2. works 3. conflicts) with the massive globalization of images of suffering to produce moral fatigue, exhaustion of empathy, and political despair.
8:4 このようにして、複雑な問題は理解することも解決することもできないという我々の時代の支配的な感覚が、不幸を写す画像の大規模な世界化とともに作用し、道徳観の麻痺、共感の枯渇、政治的絶望を生むのである。
■第3段落
3:1 The photograph has been [7] (1. taken 2. kept back 3. reprinted) many times, and it has been duplicated in advertisements for a number of nongovernmental aid agencies that are raising funds to provide food to refugees.
3:1 その写真は何度も再版され、難民への食糧供給の資金を集めている多数の非政府組織の援助団体の宣伝のために複製されてきた。
3:2 This is a classic instance of the use of moral sentiment to mobilize support for social action.
3:2 これは、社会的行動への援助を結集させるために道徳的感傷を利用する古典的な例である。
3:3 One [8] (1. should appreciate 2. cannot look at 3. will evaluate) this picture without wanting to do something to protect the child and drive the vulture away, or, as one aid agency puts it, to prevent other children from succumbing in the same heartlessly inhuman way by giving a donation.
3:3人はこの写真を見ると必ず、その子供を守ってハゲワシを追い払うために何かをしたいと思うか、あるいはある援助団体も言っているように、寄付することによって、他の子供たちが同様の冷酷非情な状態で死ぬのを防ぎたいと思うであろう。

■第9段落
9:1 The photograph is a professional transformation of social life, a politically relevant rhetoric, a constructed form that ironically naturalizes experience.
9:1 この写真は専門家による社会生活の変形であり、政治に関係したレトリックであり、皮肉にも経験を自然なものとみなす、一つのつくられた形なのである。
9:2 As Michael Shapiro puts it,
… representation is the absence of presence, but because the real is never wholly present to us — how it is real for us is always [20](1. cut 2. gone 3. mediated) through some representational practice — we lose something when we think of representation as mimetic (or the exact copy of reality) …
9:2 マイケル=シャピロも言ったように、「…表現することは実在の欠如である。しかし、現実の全体は決して我々に提示されないのであるから―我々にとっての現実のありようは常に何らかの表現上の操作を通じて伝えられているので―表現を模倣(もしくは真実の忠実なコピー)とみなすとき、我々は何かを失うのである…」
■第5段落
5:1 Those moral questions particular to Carter’s relationship (or nonrelations hip) to the dying child were only intensified when, on July 29, 1994, a few months after the Pulitzer Prize was given, The New York Times ran a death announcement for Kevin Carter, who had committed suicide at age thirty-three.
5:1 カーターとその瀕死の子供との関係(あるいは無関係)に特有のそれらの道徳的な疑問は、ピューリッツァー賞が贈られた数カ月後の1994年7月29日、33歳で自殺したケビン=カーターの死を『ニューヨーク・タイムズ』紙が伝えたときに、かえって強まった。

[29] Which one of the following is true according to the passage?
1. Carter’s photograph has been effective enough to make people donate.
2. Carter won the Pulitzer Prize solely due to the misery of a poor child, who was dying.
3. Carter’s photograph correctly represents human misery in the age of globalization.
4. Carter’s death is obviously related to the moral questions his photograph evoked.

・解答 [29]―1
>[29]本文の内容に一致する文を選ぶ。
1.「カーターの写真は人々に寄付をさせるのに十分な効果をもつものである」第3段最終文の内容に一致。
2.「カーターがピューリッツァー賞を取ったのは、ひとえに死にかかっている哀れな子供の惨状を撮ったがためである」(Solely due to~「ただ~が原因で」)その写真が広く関心を集めるのは、単に飢餓の状態を効果的に訴えているということだけでなく、問題25の解説中にもあるような、人々の不幸に対する西欧人の感覚が深く作用していることも原因といえるので、2は誤り。
3.「カーターの写真は世界化の時代における人間の惨状を正確に表現している」第9段の内容から、「正確に表現している」とはいえない。
4.「カーターの死は、彼の写真が喚起した道徳的疑問と明らかに関係している」第5段にそれをほのめかす記述があるが、「明らかに関係している」とまではいえない。

[30] The title of the passage, which captures the essence of the article, would be :
1. Famine in Sub­Saharan Africa
2. Photo-journalism: A Powerful Tool for Social Justice
3. The Problem of the Pulitzer Prize Winning Photograph
4. The Social Construction of Suffering

・解答 [30]―4
>[30]表題にふさわしいものを選ぶ。
4.「不幸の社会的構造」問題25・27の解説中にもあるように、人々の不幸が西欧人によって商品化され、経済的・政治的に利用されていることが本文で力説されている。
1.「アフリカのサハラ砂漠以南での飢館勤」
2.「写真報道のジャーナリズム:社会正義のための強力な道具」
3.「ピューリッツァー賞受賞写真の問題」

copyright 2016/Everyday school