[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2001年 大問一 本文対訳

本文
■第1段落
1:1 Around the year 1500, King James IV of Scotland ordered that a baby be raised in isolation to see what language he would develop if left on his own.
1:1西暦1500年ごろ、スコットランド王ジェームズ4世は、赤ん坊が一人で放って置かれたときにどのような言語が発達するかを調べるため、ある赤ん坊を独りきりにして育てるように命じた。
1:2 The King speculated that the child would speak Hebrew, presumably the original tongue of all humankind.
1:2王は、おそらく全人類の最初言語であるヘブライ語をその子供が話すようになるだろうと推測した。
1:3 This experiment came to a bad end.
1:3 この実験は悪い結果に終わった。
1:4 The baby wasted away from lack of affection.
1:4 その赤ん坊は愛情の不足から衰弱してしまった。

■第2段落
2:1 Today linguists agree that King James was wrong: a child is not born with knowledge of a specific language.
2:1 今日、言語学者はジェームズ王が間違っていたことを皆認めるだろう。子供は特定の言語の知識を持って生まれてくるのではない。
2:2 We know that language develops as a child interacts with adults.
2:2 言語は子供が大人と相互に影響し合いながら発達するものであることを我々は知っている。
2:3 However, exactly what happens in the process of language acquisition [1](1. regains 2. retains 3. remains) a matter of debate.
2:3 しかし、言語習得の過程で厳密に何が起こっているかということは依然として議論の的である。
2:4 Somehow, virtually all children acquire a means of communication so complex that no one has ever fully described the grammatical rules for even a single language.
2:4 どういうわけかたった一つの言語の文法規則でさえ十分に記述した人がいないほど複雑な意思疎通の一つの手段を、事実上すべての子供が獲得するのである。

■第3段落
3:1 How do children do it?
3:2 どうやって子供達はそれをするのだろうか。
3:2 It is possible that Project Washoe may indicate an answer.
3:2 プロジェクト・ワシューが一つの答えを示している可能性がある。
3:3 This project was an attempt to teach a form of human language, namely American Sign Language, or ASL, to a chimpanzee named Washoe.
3:3 このプロジェクトは人間の言語の一つの形態、すなわちアメリカサインランゲージつまりASLを、ワシューという名のチンパンジーに教える試みであった。
3:4 She acquired about 240 signs and produced them in sequences.
3:4彼女は約240の身ぶりを習得し、それらを連続して示した。
3:5 Her progress in learning ASL could help answer the question by [2] (1. pulling 2.switching 3. Shedding) light on the origins of language.
3:5彼女のASL習得の過程は、言語の起源に光を当てることによってその疑問の解明に寄与するものであった。
3:6 Until she began signing, it was assumed that sometime after our ancestors diverged from Washoe’s ancestors about six million years ago, we evolved an anatomical structure that enabled us to develop language.
3:6彼女が身ぶりを使い始めるまでは、我々の祖先がワシューの祖先から約600万年前に枝分かれした後のある時期に、我々は言語発達を可能にする解剖学的構造を進化させたと考えられていた。
3:7 But if Washoe could learn a human sign language it meant that the common ancestor of both humans and chimps also must have had the [3] (1. capacity 2. longing 3. admiration) for gestural communication.
3:7 しかし、もしワシューが人間の手話を学ぶことができるのなら、それは人間とチンパンジーの両方に共通する祖先が、身ぶりによるコミュニケーション能力を有していたに違いないということを意味していた。

■第4段落
4:1 What does this have to do with the mystery of child language acquisition?
4:1 このことは子供の言語習得の謎とどういう関係があるのだろうか。
4:2 If we knew that our ancestors developed language through cognition and learning, then it [4] (1. denies 2. follows 3. proves) that modern human children probably do the same thing.
4:2 もし我々の祖先が認識と学習によって言語を発達させたということがわかっているならば、当然、現代の人間の子供もおそらく同じことをするということになる。
4:3 Children must use the same [5] (1. applications 2. rules 3. strategies) to learn language — observation, imitation, and play — that they use to learn other skills, like tying their shoes or playing the piano.
4:3子供は言語を学習するのに同じ方策、観察、模倣、遊びなどの方法を用いるはずであるが、それらは靴のひもを結んだりピアノを弾いたりというような他の技術を学ぶ時に用いるような方策である。
4:4 Language, of course, is more complicated than shoe tying and more universal than piano playing, so somewhere along the [6] (1. avenue 2. way 3. street) humans must have developed a specialized way of learning in order to acquire language.
4:4 もちろん言語というものは靴のひもを結ぶことよりも複雑で、ピアノを弾くことよりもより普遍的であるので、その過程のどこかで人間は言語を習得するために専門的な学習方法を発達させたに違いない。

■第5段落
5:1 You may think that linguists welcomed Project Was hoes attempt to map out a likely pathway for the evolution of human language.
5:1人間の言語発達のありそうな道筋を精密に示そうというプロジェクト・ワシューの試みを言語学者らが歓迎していた、とあなたは考えるかもしれない。
5:2 But this pathway pointed in a direction that utterly [7] (1. Supported 2.contradicte 3. reinforced) a theory of language acquisition that was widely accepted in the 1960s.
5:2 しかしこの道筋は、1960年代に広く受け入れられていた言語習得の理論とは全く食い違った方向を向いていた。

■第6段落
6:1 The theory, first advanced by Noam Chomsky, a well-known linguist at the Massachusetts Institute of Technology, argued that language is acquired independently from other cognitive abilities.
6:1 マサチューセッツ工科大学の有名な言語学者であるノーム=チョムスキーによって最初に唱えられたその理論は、言語は他の認識の能力とは無関係に習得されると主張するものであった。
6:2 According to him, the rules of language are so complex, and the adult speech is so disordered, that a child couldn’t possibly learn language by imitation.
6:2彼によると、言語の法則は非常に複雑であり、また成人の話し方は非常に秩序が乱れているので、子供が模倣によって言語を学ぶのは不可能であるという。
6:3 [8] (1. In the same way 2. Instead 3. Nontheless), the rules of language had to be encoded in the brain.
6:3 そうではなく、言語の法則は脳の中に符号化されなければならないのである。

■第7段落
7:1 Chomsky suggested that there is a “deep structure” of meanings that all languages have in common.
7:1 すべての言語が共通して持つ、意味の「深い構造」があるとチョムスキーは示唆している。
7:2 Those meanings are transformed into the words of different languages by means of a “universal grammar.”
7:2 それらの意味は「普遍的な文法」によって異なる言語の言葉に変形される。
7:3 He claimed that once this grammar was mapped out, it would [9](1. reveal 2. conceal 3. modify) the logical properties that govern the infinite variety of Sentences that can be formed.
7:3 いったんこの文法が精密に示されれば、形成できる文の無限の多様性を支配する論理的特質が明らかになるであろう。
7:4 This mapping task, however, proved almost impossible.
7:4 しかしこの図示する作業はほとんど不可能であるということが判明している。
7:5 Every time the “universal grammar” encountered a new language it had to be revised.
7:5 「普遍的な文法」は、新たな言語に出くわすたびに改定されなければならなかった。
7:6 One attempt to describe French in this fashion required twelve thousand items just to classify its verb structures.
7:6 この方法でフランス語を説明する試みを一回行ってみても、その動詞の構造を分類するだけで1万2千の項目が必要になった。

■第8段落
8:1 [10](1.Unexpectedly 2. Fortunately 3. Obviously), if a universal grammar did exist, no human two­year-old would be able to learn such a complex system.
8:1 明らかに、たとえ普遍的な文法が存在するとしても、2歳の人間がそのような複雑な体系を学ぶことはできないであろう。
8:2 So Chomsky suggested that every child is born with a “language acquisition device” that already has the universal grammar built in.
8:2 したがってチョムスキーは、すべての子供は普遍的文法をすでに内蔵した「言語習得装置」を持って生まれるということを示唆した。
8:3 According to Chomsky, the universal grammar was part of a child’s genetic makeup, making language unique to humans.
8:3 チョムスキーによると、普遍的な文法は子供の遺伝子構造の一部であり、言語を人間特有のものにしているのだという。

■第9段落
9:1 Chomsky said that the language acquisition device — or “language organ” — was located in the left hemisphere of the brain, but there is no anatomical [11] (1. counterpart 2. hypothesis 3. evidence) to support this.
9:1言語習得装置、言い換えれば「言語器官」は左脳に位置するとチョムスキーは言ったが、このことを立証する解剖学的証拠はない。
9:2 But anatomy aside, the language device was a reasonable hypothesis for explaining how children acquired language.
9:2 しかし解剖学はさておき、その言語装置というのは子供が言語を習得する方法を説明するための理にかなった仮説であった。
9:3 What was not reasonable, however, was Chomsky’s [12] (1. suggestion 2. criticism 3. analogy) that such a device was unique to humans.
9:3 しかし理にかなっていないのはそのような装置が人間に特有のものであるとチョムスキーが示唆したことであった。
9:4 There simply wasn’t enough time, in the brief six­million year period since humans diverged from apes, for evolution to add on a completely new brain structure.
9:4人類がサルから枝分かれしてからの600万年という短期間に、全く新しい脳の構造に進化を加える十分な余裕は決してなかった。
9:5 This “add­on” scenario was at odds with the laws of biology.
9:5 この「付加」のシナリオは生物学の法則と一致しなかった。
9:6 The primate brain did not evolve like an ever-expanding house, adding on new rooms as it grew from monkey ancestor to ape ancestor to human.
9:6霊長類の脳は、サルの祖先から類人猿の祖先へ、そして人間へと変わっていくにつれて、新しい部屋を付加しながら膨張し続ける家のように進化したのではない。
9:7 Instead, evolution was continually [13](1.abandoning 2. reorganizing 3. eliminating) what it already had taking old structures and putting them to use for new mental tasks.
9:7 そうではなく、進化はすでに有するものを継続的に再編成していた。すなわち古い構造を用いて、新たな思考の仕事のために利用していたのである。

■第10段落
10:1 Supporters of the “language organ” theory still try to [14](1. reject 2. Support 3. reconcile) Chomsky’s theory with Charles Darwin’s theory of evolution.
10:1 「言語器官」理論の支持者は、依然としてチョムスキーの理論とチャールズ=ダーウィンの進化論とを一致させようとしている。
10:2 They argue that complex organs — the eye, for example — arise through an evolutionary process of natural selection.
10:2例えば目のような複雑な器官は、自然淘汰の進化の過程から発生したのだと彼らは主張している。
10:3 This is true, but organs such as the eye emerge over tens of millions of years not over a mere six million years.
10:3 このことは真実だが、目のような器官は何千万年もかかって発生するものであり、たかだか600万年のあいだに発生するものではない。
10:4 When it comes to closely related species that have recently descended from a common ancestor, one of them can’t possibly have enough time to develop an entirely new biological system.
10:4共通した祖先から最近派生した関係の深い種ということになると、それらの一つが、全く新しい生物学的な組織を発達させる十分な時間を有することは不可能である。
10:5 For example, if the African elephant has a trunk, you expect to find a trunk on its relative, the Indian elephant.
10:5例えば、アフリカゾウがもし鼻を持っていれば、あなたはその親戚であるインドゾウにも鼻がついていると予想するだろう。
10:6 The human and the chimpanzee descended from a common ancestor even more recently than the two elephant species.
10:6人間とチンパンジーは、その2つのゾウの種よりももっと最近になってからある共通の祖先から派生したのである。
10:7 Finding a language organ in humans but not in chimps would be like finding a trunk on only one of the elephants.
10:7人間の体内には言語器官を発見し、チンパンジーには発見できないことは、それらのゾウのうちの一方だけに鼻を発見するようなものである。

■第11段落
11:1 From the viewpoint of biologists, this has always been the problem with the language acquisition device.
11:1生物学者の見地からすると、このことは常に言語習得装置にかかる問題となっている。
11:2 Whenever we study [15] (1.account for 2. discount 3. calculate) its evolutionary development from ancestral species.
11:2我々が解剖学の一面を研究するといつでも、祖先の種からの進化的発達を説明しなければならない。
11:3 Linguists, however, did not consider evolutionary constraints.
11:3 しかし言語学者は進化の上での制約のことを考えてはいなかった。
11:4 They simply assumed a discontinuity between humans and apes and worked on the assumption that human language stood [16] (1. outside 2. inside 3. beside) the animal kingdom.
11:4彼らはただ人間と類人猿との間の「断絶」を想定し、人間の言語は動物界の外側に位置するという想定で取り組んでいた。
11:5 To Chomsky, human language bore no relation to any other form of animal communication.
11:5 チョムスキーにとって、人間の言語は他のいかなる動物の意思疎通形態とも関連を持たなかったのである。

■第12段落
12:1 It is easy to see how Chomsky reached this conclusion.
12:1 チョムスキーがこのような結論に達した経緯は簡単にわかる。
12:2 He did not study language as social communication, namely, the face-to-face interactions between humans that integrate words, intonation, and body language.
12:2彼は社会的意思疎通、つまり単語やイントネーションやボディランゲージを統合する人間同士の間での直接の相互作用として言語を研究したのではない。
12:3 The way people speak is [17] (1. based upon 2. similar to 3. different from) the visual grammar of ASL.
12:3人の話し方はASLの「視覚的な」文法に類似している。
12:4 In ASL I can color the sentence “I feel good” with different shades of meaning — from “cautiously good” to “unbelievably good” — by altering the height or speed of my sign.
12:4 ASLでは、「私は気分が良い」という文に、身ぶりの高さや速さを変えることによって、「おそらく気分が良い」から「信じられないくらい良い」に至るまで、いろいろな意味の濃淡をつけることができる。
12:5 When speaking English, I can use tone and facial expression to color the word “good” with the same shadings.
12:5英語を話す時には、「良い」という言葉に同じ濃淡をつけるのに語調や顔の表情を利用することができる。

■第13段落
13:1 By focusing on words on the page, Chomsky [18] (1. placed 2. removed 3. interpreted) language from its social context.
13:1書面に書かれた言葉に焦点を当てることによって、チョムスキーは言語をその社会的状況から取り除いた。
13:2 All the face-to-face signaling behaviors we share with chimpanzees were considered unimportant; the idea of a chimpanzee learning language was considered [19] (1.absurd 2. ambiguous 3. acceptable).
13:2我々がチンパンジーと共有する、差し向かいで行う身ぶり動作のすべては、重要でないとみなされた。チンパンジーが言語を学ぶという考えはばかげているとみなされたのである。
13:3 Chomsky said it was like an island of birds that had the power to fly but had never done so; if chimps had an innate capacity to use language, they’d already be talking in the wild.
13:3 チョムスキーは、それは飛ぶ能力を持ちながら、一度も飛ぼうとしたことがない鳥の棲む島のようなものだと言った。もしチンパンジーが言語を使用する能力を生まれつき持っているならば、すでに野生のままで会話をしているであろう、というのである。

■第14段落
14:1 Of course chimpanzees have been using gestural communication in the wild for millions of years, and their dialects of hand movement, facial expression, and body language look like the nonverbal elements of human language.
14:1 もちろん、チンパンジーは身ぶりによるコミュニケーションを、何百万年もの間自然の中で使用してきており、手の動きや顔の表情やボディランゲージによる彼らの通用語は、人間の言語のうちの非言語の要素のように見える。
14:2 Those of us in Project Washoe looked at chimpanzee gesture and saw the roots of human language.
14:2 プロジェクト・ワシューに関わった我々メンバーは、チンパンジーの身ぶりを見て人間の言語のルーツを目にした。
14:3 But Chomsky had already [20] (1. disputed 2. proved 3. decided) that human gesture is not linguistic.
14:3 しかしチョムスキーは、人間の身ぶりは言語ではないとすでに決めてしまっていた。
14:4 So whatever chimpanzees were doing in the wild, their gestural dialects could not be related in any way to human language.
14:4 したがって、チンパンジーが自然の中で何をしようとも、彼らの身ぶりによる通用語は、人間の言語とはいかようにも関係づけることはできなかったのである。

copyright 2016/Everyday school