[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2001年 大問二 内容一致問題

内容一致問題
■第1段落
1:1 The Roman poet Catullus lamented the death of a pet sparrow, probably a house sparrow or a tree sparrow.
1:1 ローマの詩人カトウルスは、ペットのスズメの死を悲しんだ。それは、おそらくイエスズメかスズメであろうと思われるが
1:2 In either case, a present-day Catullus would have ample cause for lamentation.
1:2、いずれにせよ、現代のカトゥルスならば悲しむのに十分な理由があるだろう。
1:3 Both kinds of sparrows are among the many species of birds, insects and plants that have declined dramatically in Northern Europe during the past 25 years.
1:3 どちらの種類のスズメも、ここ25年の間に北ヨーロッパにおいて著しく減少している多くの鳥や虫や植物の種のうちの一つなのである。
[21] In the 1st paragraph, the author refers to the Roman poet Catullus in order to
1. show that understanding ancient literature is important for science.
2. highlight that ancient Romans had environmental concerns.
3. highlight the decline of small farmland birds in contemporary Northern Europe.
4. show that two species of sparrows have been expelled from the British countryside.

・解答 [21]―3
>[21]第1段で詩人カトゥルスについて述べた理由を選ぶ。
3.「現代の北ヨーロッパで農地に生息する小型の鳥が減少していることを強調する(ため)」カトゥルスの話は、現在の環境問題、とりわけ鳥類の種の減少という本文の主題に対する導入部の役割を果たしている。

■第4段落
4:1 Rachel Carson’s classic 1963 books Silent Spring [3](1. announced 2. alerted 3. altered) the public to the toxic side effects sofa insecticides, such as DDT, that had fueled the green revolution.
4:1 1963年に書かれたレイチェル=カーソンの古典的な著書『沈黙の春』は、緑の革命の原動力となったDDTのような殺虫剤の有毒な副作用について人々に警告した。

4:2 Traces of these chemicals were found to persist in the food chain, reaching higher [4](1. worries 2. concentrations 3. weights), and hence having more severe effects, at successive levels in the food chain.
4:2 これらの微量の化学物質が食物連鎖の中に残存し、より高い濃度に達してゆくことで、結果として、食物連鎖の後の方の段階でより深刻な影響を持つことが知られている。
4:3 They were identified as the cause of rapid population decline in birds of prey, such as falcons and hawks, through the thinning of eggshells.
4:3 それらは、ハヤブサやタカのような猛禽が、卵の殻が薄くなったために急速に個体数が減少していることの原因として確認されている。
4:4 The offending chemicals have now been [5](1. phased out 2. accumulated 3. retained) in the United Kingdom and many other countries, but their use is still increasing in some parts of the world.
4:4 それらのやっかいな化学物質は、現在、イギリスや他の多くの国で段階的に使用が禁止されているが、世界のいくつかの地域ではそれらの使用がなおも増加しつづけている。

■第5段落
5:1 The new losses in biodiversity are sometimes called the “second Silent Spring.”
5:1 種の多様性が新たな形で失われてきている事態は、しばしば「第2の沈黙の春」と呼ばれる。
5:2 However, although they are [6](1. comparable 2. concerned 3. associated) with the intensification and industrialization of agriculture, they involve more subtle and indirect effects than the poisoning of wildlife by insecticides.
5:2 しかしながら、それらは農業の集約化や工業化と結びつけて考えられているものの、野生生物を殺虫剤で汚染することよりももっと微妙で間接的な影響と関係しているのである。

5:3 In general terms, intensification refers to making the greatest possible proportion of primary production available for human consumption.
5:3一般的な観点からすれば、農業の集約化とは、人間の消費に有効な一次生産の比率を可能なかぎり高めることを指している。
5:4 To the [7](1. area 2. amount 3. extent) that this is achieved, the rest of nature is bound to suffer.
5:4 このことが達成されれば、他の自然は当然損害を被ることになる。
[22] In the 5th paragraph, the author refers to the “second Silent Spring” to draw a comparison between
1. Rachel Carson’s observations of nature and Catullus’ lamentations over sparrows.
2. the destruction of biodiversity due to insecticides and that due to agricultural intensification.
3. the environmental effects on birds of prey as opposed to sparrows.
4. farm conservation policies in Britain and those in other European countries.

・解答 [22]―2
>[22]第5段で「第2の沈黙の春」について述べているのは、何と何を比較するためかを答える。第4段第1文(Rachel Carson’s classic…)に、「『沈黙の春』は殺虫剤の有毒な副作用について警告している」とあり、「第2の沈黙の春」について述べた第5段第2文(However, although they…)では、「種の多様性の新たな損失は農業の集約化や工業化と結びつけて考えられている」と述べている。したがって2の「殺虫剤による種の多様性の破壊と、農業の集約化による種の多様性の破壊」が最適。due to~「~による」that=the destruction of biodiversity

■第6段落
6:1 Can we be sure that the bird declines in the United Kingdom are caused by agricultural intensification?
6:1 イギリスにおける鳥の減少は、本当に農業の集約化が原因であると言えるだろうか。
6:2 Although the cause of these declines has not been proven, there are some suggestive figures.
6:2 これらの減少の原因は証明されてはいないものの、示唆に富んだ数字がいくつかある。
6:3 For example, annual BTO censuses of 42 species of breeding birds show that 13 species living [8](1. exclusively 2. prevalently 3. geographically) in farmland declined by an average of 30% between 1968 and 1995, while 29 species of birds that can live anywhere have increased by an average of 23%.
6:3例えば、繁殖している42種の鳥についてのBTOによる年間調査によると、もっぱら農地だけに生息する13種が1968年から1995年の間に平均30パーセント減少したのに対し、どこにでも生息できる29種の鳥は平均23パーセント増加しているのである。

[23] According to the figures in the 6th paragraph, which of the following is correct?
1. A total of 42 species of birds declined over the last 27 years.
2. In 1995, farmland species declined by a total of 53%.
3. A total of 29 species of birds decreased by 23%.
4. The birds increased or decreased in number depending on their habitats.

・解答 [23]―4
>[23]第6段中の数値に照らして正しいものを選ぶ。
4.「鳥の数は生息地によって増えたり減ったりした」第6段では、農地だけに棲む13種が30パーセント減少し、どこにでも棲める29種が23パーセント増加したとある。

■第7段落
7:1 The changes in British agriculture over the past 30 years, which have many parallels with other parts of the world, have sought to increase production and productivity.
7:1 ここ30年間のイギリスにおける農業の変化―世界の他の地域でも同様の変化が見られる―は、生産高および生産性を高めることを目標としてきた。

7:2 The success of the green revolution in achieving this is undeniable.
7:2緑の革命がこのことの達成に成功したことは否定できない。
7:3 In spite of rapid population growth, about 25% more food per person is produced now than 30 years ago.
7:3 急速な人口増加にもかかわらず、現在では、30年前に比べて1人あたり約25パーセント多くの食料が生産されているのである。
7:4 However, the need to conserve wildlife [9](1. in comparison with 2. in opposition to 3. in harmony with) agriculture is beginning to be recognized.
7:4 しかしながら、農業とうまく調和をとりながら野生生物を保護することの必要性が認識され始めている。
7:5 Reforms have been proposed that will reduce the incentive for production and allow other important considerations, such as environmental benefits, to come into play.
7:5生産をかりたてる刺激を弱め、環境に対する利益といった他の考慮すべき重要事項を実践に移そうとする改革が提案されている。
7:6 But the proposals as they stand are [10](1. totally clear 2. virtually silent 3. completely sound) about what environmental benefits are expected and how they will be achieved.
7:6 しかし現在のままでは、それらの提案は、どのような環境上の利益が期待され、またそれらがどのように達成されるのかということについては、事実上何も語っていない。
[24] In the 7th paragraph, the term “green revolution” refers to
1. the technological changes in agriculture over the past 30 years. ­
2. the peaceful change of power in former Eastern European countries.
3. the victory of the Green Party in EU elections.
4. the increasing world awareness of environmental issues.

・解答 [24]―1
>[24]第7段中の「緑の革命」は何のことを指すのかを答える。
1. 「過去30年間の農業における技術的変化」緑の革命とは、1960~70年代の、品種改良・農薬などによる穀物の大増産をいう。第7段第1文(The changes in…)では、過去30年間の農業の変化は生産性を向上させようと努めてきた、と述べられている。

■第8段落
8:1 The United Kingdom has three agricultural schemes that could have benefits for [11](1.intensification 2. biodiversity 3. revolution).
8:1 イギリスでは、種の多様性に対して利益をもたらしうる3つの農業計画が立てられている。
8:2 Two of these schemes, the Environmentally Sensitive Areas and the Countryside Stewardship Scheme, both subsidize* farmers to preserve traditional landscape features.
8:2 これらの計画のうちの2つは、「環境上の影響を受けやすい地域」と「田園地方土地管理計画」であり、どちらも昔からある地形の特徴を保全するために農場経営者に補助金を出すものである。
8:3 Between them they cover about 12.5% of agricultural land.
8:3 3つの計画のうち、両者で農地の約12.5パーセントをカバーしている。
8:4 Unfortunately, there are few data to [12](1. demonstrate 2. experiment 3. authorize) whether or not these schemes have benefits for biodiversity, although some habitats have been preserved or restored.
8:4 いくつかの生息地は保護あるいは復旧されてはいるが、不運にもこれらの計画が種の多様性に利益をもたらしているのかどうかを実証するデータはほとんどない。
8:5 A third scheme, “set-aside,” subsidizes farmers to leave some fields uncultivated.
8:5 「農地使用差し止め」という第3の計画は、農場経営者に補助金を出し、いくつかの農地を休耕地にしておくというものである。
8:6 The available data show that set-aside can be beneficial for birds and other wildlife.
8:6入手可能なデータによると、農地使用差し止めは、鳥や他の野生生物に利益を与えうるものであることがわかっている。
8:7 But set-aside will probably be discontinued early in the 21st century.
8:7 しかし、農地使用差し止めは21世紀初頭におそらく中断されるであろう。
8:8 Although we can, as described above, devise schemes that may help a traditional environment or individual species to [13](1. recover 2. conserve 3. adhere), there appears to be no single program or combination of programs that can reverse the decline in a large general population such as farmland birds.
8:8昔からある環境や個々の種を回復させる助けになるような計画を上記のように考案することはできるが、農地に生息する鳥といった広く全般的な単位での個体数の減少を逆転させうる計画、あるいは計画の組み合わせは、一つもないように見える。
8:9 Therefore, the most general prescription seems to be to reverse the intensification of agriculture as a whole.
8:9 したがって、最も包括的な処方箋は、農業の集約化そのものを転換させることであるように思われる。
[25] Which of the following best summarizes the evaluation of the three schemes for biodiversity mentioned in the 8th paragraph?
1. The effectiveness of all three schemes has been evaluated by comprehensive data.
2. The “set-aside” scheme is the most effective to assure biodiversity for the long­term future.
3. The schemes are ineffective without the intensification of agriculture.
4. The beneficial effects of all three schemes are limited.

・解答 [25]―4
>[25]第8段で述べられている、種の多様性を守る3つの計画の評価について、最も適切に要点を述べている文を選ぶ。第8段の最後から2つ目の文(Although we can,…)に、全般的な個体数の減少を逆転できる計画はない、とあるので「3つの計画はすべて、有益な効果は限られている」とする4が最適。

■第9段落
9:1 A slightly more specific prescription comes from the habitat heterogeneity and lower intensive agriculture found in the concepts of organic farming.
9:1 わずかだがより明確な処方箋が得られるのは、生息環境の多様性、および有機農業の概念に見られる低集約的農業という考えからである。
9:2 Although several comparisons of organic and conventional farms have [14](1. recommended 2. Suggested 3. Guaranteed) that organic farming is good for biodiversity, this benefit probably relates to such features as crop diversity and maintenance of natural field borders rather than to any “belief” in organic farming.
9:2 有機農場と従来の農場とのいくつかの比較により、有機農業が種の多様性にとってよいものであると示唆されているが、このような利益はおそらく、有機農業に対するいかなる「信念」よりもむしろ、作物の多様性や自然の原野の境界線の維持というような特徴と関係している。

9:3 Although there have been no systematic comparisons of the biodiversity benefits of organic and other “wildlife friendly” farming methods, it seems that heterogeneous landscapes are good for birds.
9:3 有機農業と他の「野生生物にやさしい」農法とが、種の多様性に対してどのような貢献をしているかについての系統的な比較は今までなされていないが、多様性の保たれた地形は鳥のためによいように思われる。
[26] According to the 9th paragraph, which of the following is an example of a beneficial “heterogeneous landscape”?
1.Natural field borders.
2. Conventional farms.
3. Environmentally sensitive areas.
4. Bread­basket regions.

・解答 [26]―1
>[26]「第9段によると、有益な「多様な地形」の例は次のうちどれか」が問題文。heterogeneousとは「異種のものが混じり合った、不均質な」ことをいう。第9段第2文(Although several comparisons…)の後半に「このような利益はおそらく、作物の多様性や自然の原野の境界線の維持というような特徴と関係している」とあるので、1のNatural field borders「自然の原野の境界線」が適切。

■第10段落
10:1 On a larger scale, there are unresolved questions for conservation ecology about the [15](1. moral values 2. policy decisions 3. relative merits) of a less intensive, more environmentally friendly agriculture throughout the countryside on the Eastern European model versus a highly intensive agriculture in bread­basket regions with separate, large nature reserves on the North American model.
10:1 より大きな観点からすれば、田園地方全体にわたってより低集約的な、より環境にやさしい農業を展開する東欧型農業と、穀倉地帯で高度に集約的な農業をおこない、それとは別に大きな自然保護区域を設けておく北米型農業との優劣をめぐる、保護生態学上の問題がまだ解決されていない。
10:2 The United Kingdom is probably too small for the North American model, but one could imagine some form of it on a Europe wide basis, especially if reduced subsidies were to make agricultural production [16](1. unresponsive 2. unrealized 3.uneconomic) in some areas, and instead conservation were to be subsidized.
10:2 イギリスは北米型をとるにはおそらく狭すぎるが、ヨーロッパ全体を基礎とした一種の北米型という形態を想像することはできるだろう。とりわけ、もしも補助金が減少することで一部の地域での農業生産が経済に合わなくなり、逆に環境保全に補助金が出されるようなことになるとしたら。
[27] In the 10th paragraph, the Eastern European model of agriculture is compared with the North American model, in order to illustrate
1. a State planned economy versus a free market economy.
2. an agriculture for import versus an agriculture for export.
3. an uneconomic local agribusiness versus a government-subsidized agriculture.
4. an environmentally friendly agriculture versus an intensive agriculture.

・解答 [27]―4
>[27]第10段で東欧型の農業が北米型と比較されているのは何を説明するためかを答える。第10段第1文(On a larger…)では、東欧型を「環境に優しい(environmentally friendly)」、北米型を「高度に集約的な(highly intensive)」農業と述べているので、4が最適。

■第3段落
3:1 [2](1. Opposite 2. Particular 3. Parallel) changes have taken place in many other European countries, although these have not been documented in as much detail as in Britain, where censuses are carried out by the British Trust for Ornithology (BTO).
3:1同様の変化がヨーロッパの他の多くの国で起こっている。もっとも、これらの変化は、英国鳥類学トラスト(BTO)によって一斉調査が行われたイギリスほどには詳細に記録されてはいないが。

3:2 In all, 116 species of farmland birds — one fifth of European birds — are now of conservation concern.
3:2全体で、農地に生息する116種の鳥が―それはヨーロッパの鳥の5分の1であるが―現在、保護すべきものとして懸念されている。
[28] Which of the following is true about farmland birds according to the information given in this article?
1. All European countries have detailed documentation concerning the changes in farmland birds.
2. Only Britain has any documentation on the decline in bird numbers.
3. Similar changes in farmland birds have been documented in many European countries.
4. Similar schemes for increasing farmland birds have been documented in many European countries.

・解答 [28]―3
>[28]本文に照らして、農地に生息する鳥について正しい文を選ぶ。第3段第1文(Parallel changes have…)に、イギリスほどには詳細に記録されていないまでも、多くのヨーロッパ諸国で同じような変化が起こっていると述べられている部分から判断する。他の諸国では詳細ではないにせよ、何らかの記録を持っているものと推論できる。
1.「ヨーロッパの国々はすべて、農地に生息する鳥の変化に関する詳細な文書による証拠を持っている」「詳細な」という部分が不一致。
2.「イギリスだけが、鳥の減少についての記録を持っている」イギリスだけが記録を持っているわけではないので、不一致。

3.「農地の鳥に関する同じような変化が、多くのヨーロッパの国々で記録されている」本文に一致する。
4.「農地の鳥を増やすための同様の計画が多くのヨーロッパの国々で記録されている」計画の記録については言及されていないので、不一致。
■第5段落
5:1 The new losses in biodiversity are sometimes called the “second Silent Spring.”
5:1 種の多様性が新たな形で失われてきている事態は、しばしば「第2の沈黙の春」と呼ばれる。
5:2 However, although they are [6](1. comparable 2. concerned 3. associated) with the intensification and industrialization of agriculture, they involve more subtle and indirect effects than the poisoning of wildlife by insecticides.
5:2 しかしながら、それらは農業の集約化や工業化と結びつけて考えられているものの、野生生物を殺虫剤で汚染することよりももっと微妙で間接的な影響と関係しているのである。

5:3 In general terms, intensification refers to making the greatest possible proportion of primary production available for human consumption.
5:3一般的な観点からすれば、農業の集約化とは、人間の消費に有効な一次生産の比率を可能なかぎり高めることを指している。
5:4 To the [7](1. area 2. amount 3. extent) that this is achieved, the rest of nature is bound to suffer.
5:4 このことが達成されれば、他の自然は当然損害を被ることになる。
[29] In this article, what does the term “second Silent Spring” mean?
1. There are more subtle and indirect effects than the insecticide traces in the decline in the number of bird species.
2. A traditional environment is protected in the farmland to avoid a decline in bird numbers.
3. The side effects of insecticides damaged the intensification and industrialization of agriculture.
4. The decline in insect and plant populations in primary production farmland caused the decline of bird numbers.

・解答 [29]―1
>[29]本文では「第2の沈黙の春」とは何を意味するかを選ぶ。
1.「鳥の種の数の減少には、殺虫剤の痕跡よりも微妙で間接的な影響が存在している」第5段第2文の後半(they involve more…)の内容に一致する。

[30] Which of the following will make the most suitable title for this article?
1. Conflicts between Organic Farming and Intensive Agriculture
2. Maintaining Biodiversity in the 21st Century Farmland
3. The Green Revolution: Comparisons between US and EU Agriculture
4. Genetically Modified Crops: Friend or Enemy?

・解答 [30]―2
>[30]本文にふさわしいタイトルを選ぶ。本文第1~6段では、カーソンが問題にした殺虫剤の副作用による種の減少(「沈黙の春」)と近年における農業の集約化が原因と思われる種の減少(「第2の沈黙の春」)について紹介し、第7段以降は後者の問題の解決について論じている。このような本文の内容を過不足なくあらわすタイトルとしては、2の「21世紀の農地における種の多様性の維持」が最適。
1.「有機農業と集約農業との摩擦」3.「緑の革命:米国とEUの農業の比較」4.「遺伝子組み換え作物:味方か、それとも敵か」1、3、4はすべて本文の内容の一部にしか当てはまらないので、不適。

copyright 2016/Everyday school