[responsivevoice_button voice="UK English Female" buttontext="Listen to Post"]

年中無休の家庭教師 毎日学習会

慶應義塾大学SFC 環境情報学部 英語 2002年 大問一 内容一致問題

内容一致問題
■第2段落
2:1 Recently, a number of researchers have begun a systematic study of happiness.
2:1最近、多くの研究者が幸福についての系統的な研究を始めている。
2:2 Dozens of investigators around the world have asked a cross-section of several hundred thousand people to reflect on their happiness and satisfaction with life — or what psychologists call “subjective well-being.”
2:2世界中の何十人もの研究者が、各社会層にわたる数10万の人々に、生活における幸福や満足について―あるいは心理学者たちが「主観的幸福」と呼んでいることについて考えてみることを依頼した。

2:3 In the U.S., the National Opinion Research Center at the University of Chicago has surveyed a representative sample of roughly 1,500 people a year since 1957; the Institute of Social Research at the University of Michigan has carried out similar studies.
2:3 アメリカでは、シカゴ大学のナショナルオピニオンリサーチセンターが、1957年以来、毎年抽出標本として選ばれた約1,500人を調査している。またミシガン大学のインスティテュート・オブ・ソーシャルリサーチも同じような調査を行っている。
2:4 Government-funded efforts have also studied the moods of European citizens.
2:4政府が資金を出している活動でも、ヨーロッパ人の心的状態の研究を行っている。
[21] The phrase “subjective well-being” in the second paragraph of the article refers to
1. the qualitatively established scale for measuring ht1ma11 happiness.
2. the scientifically evaluated chemical basis for happiness.
3. tl1e psychological theory of e111otional well-being.
4. the personal evaluation of one’s emotional well-being.

・解答 [21]―4
>[21]第2段のsubjective well-being「主観的幸福」とは何を表すのかを選ぶ。
1.「人間の幸福をはかるための、質的に確立された基準」
2.「科学的に評価される、幸福の化学的基礎」
3.「感情的幸福についての心理学的学説」
4.「感情的な幸福についての個人の評価」
第2段第2文(Dozens of…)にあるように、研究者が生活への幸福感や満足を自分で考えてみるように求めていることより、4が適切。1~3のような客観的な尺度に基づくものではない。

■第5段落
5:1 How can social scientists measure something as hard to pin down as happiness?
5:1幸福ほど明確な定義づけが難しいことがらを、社会科学者たちはどうやって判断できるのだろうか。
5:2 Most researchers simply ask people to report their feelings of happiness or unhappiness and to [3](1. count 2. assess 3. realize) how satisfying their lives are.
5:2 ほとんどの研究者は、人々に、自分の幸福感や不幸な気持ちを伝えたり、自分の生活がどれくらい満足のいくものかを評価することをただ、依頼するだけである。
5:3 Such self-reported well-being is moderately consistent over years of retesting.
5:3 そのような自ら告げる幸福というものは、何年間もの期間にわたる再調査でもだいたい一貫している。
5:4 Furthermore, those who say they are happy and satisfied seem happy to their close friends and family members and to a psychologist interviewer.
5:4 さらに、自分は幸福であり満足していると言う人は、親しい友人や家族からみても、また心理学者の面接官からみても、幸福にみえる。
5:5 Their daily mood ratings reveal more positive emotions, and they smile more than those who call themselves unhappy.
5:5彼らの毎日の気分を評価すると、自分を不幸だ、と言う人よりもはっきりとした感情を示しており、よく笑う。
5:6 Self-reported happiness also links to other [4](1. indicators 2. futures 3. formations) of well-being.
5:6 また自ら告げる幸福は、幸福を示す他のものにもつながっている。
5:7 Compared with the depressed, happy people are less self-focused, less hostile and abusive and less susceptible to disease.
5:7憂うつな人に比べ、幸福な人は自己中心的でなく、人に敵意を抱いたりののしったりせず、また病気にかかりにくい。
[22] The question asked in the fifth paragraph of the article, “How can social scientists measure something as hard to pin down as happiness?” suggests that
1. scientists do not yet have the tools to analyze emotio11s.
2. scientists have developed a variety of objective surveys on happiness.
3. happiness is subjective, so science may have difficulty with a definition.
4. happiness is objective, and therefore science can offer an accurate picture.

・解答 [22]―3
>[22]第5段の「幸福ほど明確な定義づけが難しいことがらを、社会科学者たちはどうやって評価できるのだろうか」という問いが示唆しているものを選ぶ。
something hard to pin down「明確な定義づけをすることが難しいもの」これにas ~ as happiness「幸福と同じくらい、幸福のような」という比較構文が組み合わさっている。
1.「科学者たちは、感情を分析する手段をまだ得ていない」
2.「科学者たちは、幸福に関するさまざまな客観的調査を発展させた」
3.「幸福は主観的なものであり、それゆえ科学では定義づけることが困難である」
4.「幸福は客観的なものであり、それゆえ科学は正確な全体像を提供することができる」

■第6段落
6:1 Researchers have found that the even distribution of happiness cuts across almost all demographic classifications of age, economic class, race and educational level.
6:1研究者たちは、年齢、経済的階級、人種や教育水準による人口統計学上の分類のほぼすべての範囲にわたって、幸福の分布が均一であることを発見した。

6:2 In addition, almost all [5](1. research 2. study 3.real) strategies for assessing subjective well-being turn up similar findings.
6:2 さらに、主観的幸福を評価するほぼすべての研究方策で、同じような研究結果になることがわかっている。
[23] The main concept in the sixth paragraph is
1.a sense of persona l happiness is dependent on an individual’s ethnicity and social status.
2.a sense of personal happiness has a direct relation to an individual’s level of education.
3.a sense of well-being is determined by demographic classification.
4.a sense of well-being is independent of an individual’s demographic background.

・解答 [23]―4
>[23]第6段の主な概念を選ぶ。
1.「個人の幸福感は、その人の民族性や社会的地位に左右される」
2.「個人の幸福感は、その人の教育水準と直接の関係がある」
3.「幸福感は、人口統計学上の分類によって決定される」
4.「幸福感は、個人の人口統計学的背景には影響されない」
第6段冒頭文(Researchers have…)では、「研究者たちは、年齢、経済的階級、人種や教育水準による入口統計学上の分類のほぼすべての範囲にわたって、幸福の分布が均一であることを発見した」とある。even distribution「均一な分布」cuts across~「あらゆる~にまたがる」

[24] The key concept behind the graphs under “Probing for Happiness” is
1. despite differing methods all surveys depend on personal response.
2. images are more effective than words when estimating global happiness.
3. scales of subjective well-being are constructed by national representation.
4. similar results arise in surveys when life nears ideal conditions.

・解答 [24]―1
>[24]Probing for Happiness「幸福の調査」の下にあるグラフの背後にある主要な概念を選ぶ。
1.「方法は異なるが、調査はすべて一人一人の応答に依存している」
2.「世界規模の幸福を算定する際には、画像の方が言葉よりも効果的である」
3.「主観的幸福の算定基準は、国家の代表によってつくられる」
4.「生活が理想的な状態に近づくと、類似した結果が調査に現れる」
問題の“Probing for Happiness”というタイトルの下に書かれた説明文に、「すべての質問は本質的に、つまるところ自分の生活についてどう感じているかを人に尋ねるということになる」とある。1が適切。

■第6段落
6:1 Researchers have found that the even distribution of happiness cuts across almost all demographic classifications of age, economic class, race and educational level.
6:1研究者たちは、年齢、経済的階級、人種や教育水準による人口統計学上の分類のほぼすべての範囲にわたって、幸福の分布が均一であることを発見した。
6:2 In addition, almost all [5](1. research 2. study 3.real) strategies for assessing subjective well-being turn up similar findings.
6:2 さらに、主観的幸福を評価するほぼすべての研究方策で、同じような研究結果になることがわかっている。

■第7段落
7:1 Interviews with representative samples of people of all ages, for example, reveal that no time of life is especially happier or unhappier.
7:1例えば、あらゆる年齢層から選ばれた抽出標本の人との面接では、人生には特に幸せである、あるいは幸せでない時期があるわけではないということがわかっている。

7:2 [6](1. Simultaneously 2. Similarly 3.Definitely), men and women are equally likely to declare themselves “very happy” and “satisfied” with life, according to a statistical digest of 146 studies compiled by researchers at Arizona State University.
7:2同様に、アリゾナ州立大学の研究者たちがまとめた146の研究の統計学的要録によると、男性も女性も同じように自分は「とても幸福」で人生に「満足している」と言うことが多い。
7:3 Other researchers at the University of Northern British Columbia and the University of Michigan summarizing surveys of 18,000 university students in 39 countries and 170,000 adults in 16 countries have supported these findings.
7:3 ノーザンブリティッシュコロンビア大学とミシガン大学の他の研究者たちは、39カ国の大学生1万8千人と16カ国の成人17万人の調査をまとめ、これらの研究結果を立証している。

■第8段落
8:1 Ethnicity also gives little clue to subjective well-being.
8:1民族性にもまた、主観的幸福につながる手がかりはほとんどない。

8:2 African-Americans are only slightly less likely to feel “very happy” when compared to European-Americans.
8:2 アフリカ系アメリカ人は、ヨーロツパ系アメリカ人と比べて「とても幸福」と感じないことはほんのわずかだけである。
8:3 The National Institute of Mental Health found that the rates of depression and alcoholism among blacks and whites are roughly equal.
8:3国立精神衛生研究所は、黒人と白人のうつ病やアルコール中毒の比率はおおむね等しいことを発見している。
8:4 Social psychologists at the University of California have also found that people in [7](1. discovered 2. aristocrat 3.disadvantaged) groups maintain self-esteem by valuing things at which they excel, by making comparisons within their own groups and by blaming problems on external sources such as prejudice.
8:4 カリフォルニア大学の社会心理学者もまた、恵まれない境遇の集団にいる人は、自分がすぐれていることがらを評価することによって、また自分の集団の中で比較することによって、そして問題を差別のような外的要因のせいにすることによって、自尊心を保っているということを発見した。

■第9段落
9:1 Wealth is also a poor [8](1. predictor 2. fortune-teller 3. future) of happiness.
9:1財産もまた、幸福かどうかを予測する手段としてはあてにならない。

9:2 People have not become happier over time as their cultures have increased in wealth.
9:2人は自分の文化が裕福になったからといって、やがてより幸福になっているというわけではない。
9:3 Even though Americans earn twice as much in today’s dollars as they did in 1957, the proportion of those telling interviewers from the National Opinion Research Center that they are “very happy” has declined from 35 to 29 percent.
9:3 アメリカ人は1957年当時よりも今日2倍のドルを稼いでいるが、ナショナルオピニオンリサーチセンターの面接官に自分は「とても幸福」だと答えた人の比率は、35パーセントから29パーセントに減少している。

■第10段落
10:1 Even very rich people — those surveyed among Forbes magazine’s 100 wealthiest Americans — are only slightly happier than the average American.
10:1非常に裕福な人々―フォープズ誌のもっとも裕福なアメリカ人100人の中で調査された人々であるが―でさえ、平均的なアメリカ人よりもわずかに幸福であるにすぎない。

10:2 Those whose income has increased over a ten-year period are not happier than those whose income is stagnant.
10:2 10年聞にわたって収入が増えた人も、収入が停滞している人より幸福であるというわけではない。
10:3 Indeed in most nations the [9](1. collaboration 2. equation 3. correlation) between income and happiness is negligible — only in the poorest countries, such as Bangladesh, is income a good measure of emotional well-being.
10:3実にほとんどの国で、収入と幸福の相関性は無視できるほど小さいものである。もっとも、バングラデシュのような最貧国だけは、収入は感情的な幸福の有効な尺度であるが。
[25] The graphs above HAPPINESS APPEARS CONSISTENT seem to illustrate
1. that personal satisfaction rises in relation to personal success.
2. that personal satisfaction and happiness are statistically opposite.
3. that rates of happiness vary according to age, family and work.
4. that rates of happiness remain the same regardless of specific circumstances.

・解答 [25]―4
>[25]「幸福は一貫して変わらないように思える」という解説文の上にあるグラフが示していることがらを選ぶ。
1.「個人の満足はその人の成功に関連して増加する」
2.「個人の満足と幸福は統計上反対である」
3.「幸福の比率は、年齢や家庭、仕事によって変わる」
4.「幸福の比率は、特定の境遇とは関係なく同じままである」
問題文中p.7のグラフをみると、男女(MALE, FEMALE)、年齢(AGE)、収入(INCOME)によって満足度や幸福度がほとんど変化していないことが読み取れることから、4が最適。本文第6~10段にも詳しく述べられている。

■第13段落
13:1 In a large number of studies, four traits [12](1.diminish 2. evaluate 3.characterize) happy people.
13:1 数多くの研究の中で、幸福な人を特徴づけている4つの特色がある。
13:2 First, especially in individualistic Western cultures, they like themselves.
13:2 第一に、特に個人主義の西洋文化において、幸福な人は自分自身が好きである。
12:3 They have high self-esteem and usually believe themselves to be more ethical, more intelligent, less prejudiced, better able to get along with others and healthier than the average person.
13:3 高い自尊心をもち、平均的な人に比べて自分はより道徳的で、頭がよく、差別されておらず、他人とのつき合いがうまく、健康であると信じていることが多い。

13:4 Second, happy people typically feel personal control.
13:4 第二に、概して幸福な人は自己支配権を感じている。
13:5 Those with little or no control over their lives — such as prisoners, nursing home patients, severely impoverished groups or individuals, and citizens of totalitarian regimes — suffer lower morale* and worse [13](1. happiness 2. health 3. success).
13:5 自分の生活に対する支配権がほとんど、あるいは一切もてない人、例えば囚人、老人ホームの入所者、非常に困窮した集団や何人、全体主義体制の国民のような人は、士気の低下や健康状態の悪化に悩む。
13:6 Third, happy people are usually optimistic.
13:6 第三に、幸福な人はたいてい楽観的である。
13:7 Fourth, most happy people are extroverted*.
13:7 第四に、幸福な人はほとんどが外向型である。
13:8 Although one might expect that introverts* would live more happily in the calmness of their less stressed, contemplative lives, extroverts are happier — whether alone or with others.
13:8 内向型の人はストレスが少ない静けさのなか、瞑想にふける生活の中でより幸福に暮らすだろうと思うかもしれないが、外向型の人の方が、一人であれ他の人と一緒であれ、幸福なのである。
[26] According to the various studies n1entioned in this article, which of the following is a key trait of happiness?
1. Wealth
2. Self-esteem
3. Self-actualization
4. Subjectivity

・解答 [26]―2
>[26]「この論文で述べられているさまざまな研究によると、次のうちどれが幸福の重要な特色か」が問いの意味。第13段(In a large number of…)で幸福を特徴づける4つの特色が述べられている。第3文(They have…)では、その特色の第1番目としてhigh self-esteem「高い自尊心」をもつことが挙げられている。このことから2が最適。4のSubjectivityは「主観性」の意味で、一見正解に思えるが、「主観的な幸福」の調査・研究がこの本文のテーマであるというだけで、「幸福の特色」が「主観的」なのではない。3.Self-actualization「自己実現」

■第5段落
5:1 How can social scientists measure something as hard to pin down as happiness?
5:1幸福ほど明確な定義づけが難しいことがらを、社会科学者たちはどうやって判断できるのだろうか。
5:2 Most researchers simply ask people to report their feelings of happiness or unhappiness and to [3](1. count 2. assess 3. realize) how satisfying their lives are.
5:2 ほとんどの研究者は、人々に、自分の幸福感や不幸な気持ちを伝えたり、自分の生活がどれくらい満足のいくものかを評価することをただ、依頼するだけである。
5:3 Such self-reported well-being is moderately consistent over years of retesting.
5:3 そのような自ら告げる幸福というものは、何年間もの期間にわたる再調査でもだいたい一貫している。
5:4 Furthermore, those who say they are happy and satisfied seem happy to their close friends and family members and to a psychologist interviewer.
5:4 さらに、自分は幸福であり満足していると言う人は、親しい友人や家族からみても、また心理学者の面接官からみても、幸福にみえる。
5:5 Their daily mood ratings reveal more positive emotions, and they smile more than those who call themselves unhappy.
5:5彼らの毎日の気分を評価すると、自分を不幸だ、と言う人よりもはっきりとした感情を示しており、よく笑う。
5:6 Self-reported happiness also links to other [4](1. indicators 2. futures 3. formations) of well-being.
5:6 また自ら告げる幸福は、幸福を示す他のものにもつながっている。
5:7 Compared with the depressed, happy people are less self-focused, less hostile and abusive and less susceptible to disease.
5:7憂うつな人に比べ、幸福な人は自己中心的でなく、人に敵意を抱いたりののしったりせず、また病気にかかりにくい。
■第15段落
15:1 Whatever the reason, the close personal relationships that characterize happy lives are also correlated with health.
15:1理由が何であれ、幸福な人生を特徴づける親しい人間関係は健康にも関連している。

15:2 Compared with loners, those who can name several [15] (1.aged 2.intimate 3.social) friends are healthier and less likely to die prematurely.
15:2弧独を好む人に比べ、数名の親しい友人の名を挙げられる人は、健康で、早死にすることが少ない。
15:3 For nine out of ten people, the most significant alternative to aloneness is marriage.
15:3 10人中9人の人にとって、孤独にとって代わるもっとも重要なものは結婚である。
15:4 Although a broken marriage can cause much misery, a good marriage apparently is a strong source of support.
15:4破綻した結婚が多くの不幸を引き起こすこともあるが、うまくいった結婚は明らかに強い支えのもととなる。
15:5 During the 1970s and 1980s, 39 percent of married adults told the National Opinion Research Center they were “very happy,” as compared with 24 percent of those who had never married.
15:5 1970年代と1980年代には、ナショナルオピニオンリサーチセンターに対し、結婚した成人の39パーセントが、自分は「とても幸福」だと述べているが、それに比べて結婚したことがない人でそう答えたのは24パーセントであった。
15:5 In other surveys, only 12 percent of those who had divorced [16](1. perceived 2. correlated 3. persuaded) themselves to be “very happy.”
15:5他の調査においては、離婚したことのある人の中で、自分は「とても幸福」だと思っている人はたった12パーセントだけであった。
15:6 The happiness gap between the married and never married was similar for men and women.
15:6結婚している人と結婚をしたことがない人との間の幸福の差は、男性と女性で類似している。
■第16段落
16:1 Religiously active people also report greater happiness.
16:1宗教上で活動的な人もまた、幸福がより大きいことを示している。
16:2 One survey found that highly religious people were twice as likely as those lowest in spiritual commitment to declare them very happy.
16:2 ある調査では、非常に信心深い人は、信仰への傾倒が低い人に比べ、自分をとても幸福だ、という人が2倍もいた。
16:3 Other surveys, including a collaborative study of 166,000 people in 16 nations, have found that reported happiness and life satisfaction [17] (1. rise 2. relate 3.register) with the strength of religious affiliation and frequency of attendance at worship services.
16:3 16カ国における16万6千人のある共同研究を合む他の調査でも、幸福や生活への満足は、宗教に加入することの度合いや礼拝の参加回数とともに増すことがわかっている。
16:4 Some researchers believe that religious affiliation [18] (1. equates 2. encourages 3. evolves) greater social support and hopefulness.
16:4宗教への加入がより大きな社会的支持と有望さを高めると信じる研究者もいる。
[27] According to the research mentioned in this article, one of the objectively demonstrated benefits associated with subjective well-being is
1. a happy marriage.
2. religious faith.
3. close friends.
4. better health.

・解答 [27]―4
>[27]「この論文に述べられている研究によると、客観的に証明されている、主観的幸福に関係のある利益のひとつは…」に続くものを選ぶ。第5段最終文(Compared with the…)参照。憂うつな人に比べ、幸福な人はless susceptible to disease「病気にかかりにくい」と述べている。1のa happy marriage「幸せな結婚」と3のclose friends「親しい友人」については第15段(Whatever the reason…)に、また2のreligious faith「宗教的信仰」については第16段において述べられているが、これらは幸福を生み出す要因と考えられ、幸福が生み出す利益ではないので、不適切。

■第17段落
17:1 Researchers on happiness are now beginning to examine happy people’s exercise routines, worldviews and goals.
17:1幸福についての研究者たちは、現在、幸福な人々の運動の日課や世界観、目標について調査を始めようとしている。
17:2 It is possible that some of the [19](1. traditions 2. customs 3. patterns) discovered in the research may offer clues for transforming circumstances and behaviors that work against well-being into ones that promote it.
17:2 その研究で発見される傾向のいくつかは、幸福とは逆の働きをする状況や行動を、幸福を促進するものへと変化させるための手がかりを提供してくれるかもしれない。
17:3 Ultimately, then, the scientific study of happiness could help us understand how to build a world that[20] (1. enhances 2. evaluates 3. examines) human well-being and to aid people in getting the most satisfaction from their circumstances.
17:3 そして最終的には、幸福に関する科学的研究は、人間の幸福を高めてくれる世界をどのように構築するか、また人が自分のおかれた境遇から最大の満足を得られるよう、いかに援助するかを理解する手助けとなりうるのである。

[28] According to the conclusion of this article, the ultimate goal of the research into happiness is
1. to find concrete ways to help people gain satisfaction in their lives.
2. to promote greater frequency of attendance at worship . services.
3. to establish a connection between exercise and well-being.
4. to find clues to understand tl1e happiness gap.

・解答 [28]―1
>[28]「この論文の結論によると、幸福の研究の最終的な目標は…」に続くものを選ぶ。
1.「人々が生活の中で満足を得る助けとなる具体的方法を見つけること」
2.「礼拝への参加回数が増えるように促すこと」
3.「運動と幸福との関係を確立すること」
4.「幸福の相違を理解する手がかりを見つけること」
本文最終文(Ultimately,…)の内容に1が一致する。

■第9段落
9:1 Wealth is also a poor [8](1. predictor 2. fortune-teller 3. future) of happiness.
9:1財産もまた、幸福かどうかを予測する手段としてはあてにならない。

9:2 People have not become happier over time as their cultures have increased in wealth.
9:2人は自分の文化が裕福になったからといって、やがてより幸福になっているというわけではない。
9:3 Even though Americans earn twice as much in today’s dollars as they did in 1957, the proportion of those telling interviewers from the National Opinion Research Center that they are “very happy” has declined from 35 to 29 percent.
9:3 アメリカ人は1957年当時よりも今日2倍のドルを稼いでいるが、ナショナルオピニオンリサーチセンターの面接官に自分は「とても幸福」だと答えた人の比率は、35パーセントから29パーセントに減少している。
■第7段落
7:1 Interviews with representative samples of people of all ages, for example, reveal that no time of life is especially happier or unhappier.
7:1例えば、あらゆる年齢層から選ばれた抽出標本の人との面接では、人生には特に幸せである、あるいは幸せでない時期があるわけではないということがわかっている。

7:2 [6](1. Simultaneously 2. Similarly 3.Definitely), men and women are equally likely to declare themselves “very happy” and “satisfied” with life, according to a statistical digest of 146 studies compiled by researchers at Arizona State University.
7:2同様に、アリゾナ州立大学の研究者たちがまとめた146の研究の統計学的要録によると、男性も女性も同じように自分は「とても幸福」で人生に「満足している」と言うことが多い。
7:3 Other researchers at the University of Northern British Columbia and the University of Michigan summarizing surveys of 18,000 university students in 39 countries and 170,000 adults in 16 countries have supported these findings.
7:3 ノーザンブリティッシュコロンビア大学とミシガン大学の他の研究者たちは、39カ国の大学生1万8千人と16カ国の成人17万人の調査をまとめ、これらの研究結果を立証している。
■第16段落
16:1 Religiously active people also report greater happiness.
16:1宗教上で活動的な人もまた、幸福がより大きいことを示している。

16:2 One survey found that highly religious people were twice as likely as those lowest in spiritual commitment to declare them very happy.
16:2 ある調査では、非常に信心深い人は、信仰への傾倒が低い人に比べ、自分をとても幸福だ、という人が2倍もいた。
16:3 Other surveys, including a collaborative study of 166,000 people in 16 nations, have found that reported happiness and life satisfaction [17] (1. rise 2. relate 3.register) with the strength of religious affiliation and frequency of attendance at worship services.
16:3 16カ国における16万6千人のある共同研究を合む他の調査でも、幸福や生活への満足は、宗教に加入することの度合いや礼拝の参加回数とともに増すことがわかっている。
16:4 Some researchers believe that religious affiliation [18] (1. equates 2. encourages 3. evolves) greater social support and hopefulness.
16:4宗教への加入がより大きな社会的支持と有望さを高めると信じる研究者もいる。
■第6段落
6:1 Researchers have found that the even distribution of happiness cuts across almost all demographic classifications of age, economic class, race and educational level.
6:1研究者たちは、年齢、経済的階級、人種や教育水準による人口統計学上の分類のほぼすべての範囲にわたって、幸福の分布が均一であることを発見した。
6:2 In addition, almost all [5](1. research 2. study 3.real) strategies for assessing subjective well-being turn up similar findings.
6:2 さらに、主観的幸福を評価するほぼすべての研究方策で、同じような研究結果になることがわかっている。
■第8段落
8:1 Ethnicity also gives little clue to subjective well-being.
8:1民族性にもまた、主観的幸福につながる手がかりはほとんどない。

8:2 African-Americans are only slightly less likely to feel “very happy” when compared to European-Americans.
8:2 アフリカ系アメリカ人は、ヨーロツパ系アメリカ人と比べて「とても幸福」と感じないことはほんのわずかだけである。
8:3 The National Institute of Mental Health found that the rates of depression and alcoholism among blacks and whites are roughly equal.
8:3国立精神衛生研究所は、黒人と白人のうつ病やアルコール中毒の比率はおおむね等しいことを発見している。
8:4 Social psychologists at the University of California have also found that people in [7](1. discovered 2. aristocrat 3.disadvantaged) groups maintain self-esteem by valuing things at which they excel, by making comparisons within their own groups and by blaming problems on external sources such as prejudice.
8:4 カリフォルニア大学の社会心理学者もまた、恵まれない境遇の集団にいる人は、自分がすぐれていることがらを評価することによって、また自分の集団の中で比較することによって、そして問題を差別のような外的要因のせいにすることによって、自尊心を保っているということを発見した。
■第11段落
11:1 Are people in rich countries happier, by and large, than the people in not so rich countries?
11:1概して裕福な国の人は、それほど裕福でない国の人よりも幸福であろうか。
11:2 It appears in general that they are, but the margin may not be very large.
11:2一般にその通りであるように思えるが、その格差はあまり大きくないかもしれない。

11:3 In Portugal, for example, only one in ten people reports being very happy, [10](1. whereas 2. whereby 3.wherefore) in the much more prosperous Netherlands the proportion of very happy people is four in ten.
11:3例えばポルトガルでは、10人中わずか1人だけがとても幸福であると述べているが、一方そこよりずっと裕福なオランダでは、とても幸福な人の比率は10人中4人になる。
11:4 Yet there are curious exceptions in this correlation between national wealth and well-being — the Irish during the 1980’s consistently reported greater life satisfaction than the wealthier West Germans.
11:4 しかし、この国家の豊かさと幸福の間の相関性には奇妙な例外がある。1980年代のアイルランド人は、より裕福な西ドイツ人よりも生活への大きな満足感を一貫して示していた。
11:5 Furthermore, other factors, such as civil rights, literacy and the duration of democratic government, all of which also [11](1. accept 2. promote 3.prove) a sense of life satisfaction, tend to go hand in hand with national wealth.
11:5 さらに、公民権や読み書き能力、民主政治期間のような他の要因は、そのすべてが生活への満足感を促すものであるが、国家の豊かさと密接な関連をもつ傾向がある。
11:6 As a result, it is impossible to tell whether the happiness of people in wealthier nations is based on money or is a byproduct of other important aspects of life.
11:6 その結果、裕福な国の人の幸福がお金に基づくものなのか、それとも生活上の他の重要な側面の副産物なのかを判断することはできない。
[29] Which of the following statements does not represent the views of tl1e research mentioned in this article?
1. Persona l happiness is not dependent 0n personal income.
2. Personal happiness is greatest in middle age.
3. Personal happiness is related to religious activity.
4. Personal happiness is not connected to nationality.

・解答 [29]―2
>[29]本文で述べられている見解を表していない文を選ぶ。
1.「個人の幸福はその人の収入に左右されない」第9段第1文(Wealth is…)の内容に一致。
2.「個人の幸福は中年のころがもっとも大きい」第7段第1文(Interviews with…)の「人生には特に幸せである、あるいは幸せでない時期があるわけではない」という記述に一致しない。
3.「個人の幸福は宗教的活動に関係がある」第16段第1文(Religiously…)の内容に一致。
4.「個人の幸福は国籍とは関係がない」第6段(Researchers have…)、第8段(Ethnicity also gives…)、第11段第2文(It appears in general…)などにおいて、幸福は人種、民族、国の違いなどで定義づけることはできないと述べられていることに一致する。

■第17段落
17:1 Researchers on happiness are now beginning to examine happy people’s exercise routines, worldviews and goals.
17:1幸福についての研究者たちは、現在、幸福な人々の運動の日課や世界観、目標について調査を始めようとしている。
17:2 It is possible that some of the [19](1. traditions 2. customs 3. patterns) discovered in the research may offer clues for transforming circumstances and behaviors that work against well-being into ones that promote it.
17:2 その研究で発見される傾向のいくつかは、幸福とは逆の働きをする状況や行動を、幸福を促進するものへと変化させるための手がかりを提供してくれるかもしれない。
17:3 Ultimately, then, the scientific study of happiness could help us understand how to build a world that[20] (1. enhances 2. evaluates 3. examines) human well-being and to aid people in getting the most satisfaction from their circumstances.
17:3 そして最終的には、幸福に関する科学的研究は、人間の幸福を高めてくれる世界をどのように構築するか、また人が自分のおかれた境遇から最大の満足を得られるよう、いかに援助するかを理解する手助けとなりうるのである。

[30] Which of the following would make the 1nost appropriate title for this article?
1. Better Health through Smiling
2. Demographics as a Basis for Happiness
3. Subjective Well-being for Objective Goals
4. Formula for Self-Esteem

・解答 [30]―3
>[30]本文にふさわしいタイトルを選ぶ。
1.「笑うことによる健康増進」
2.「幸福の基礎としての人口統計学」
3.「客観的目標のための主観的幸福」
4.「自尊心のための公式」
本文最終文や問題[28]にもあるように、主観的幸福の研究は、人々が幸福を得られる方法を見つけることが最終目標であるので、3が最適。

copyright 2016/Everyday school